サッカー漫画考察 サッカー漫画メシについて

サッカーに限らず、アスリートにとって自分の体作りに取って必要不可欠な、「バランスの良い食事」。少年向け、あるいは漫画=娯楽的な読み物というイメージからか、サッカー漫画に食事とか、身体をつくるメニュー的な話って、意外と出てこない印象を受けます。

とは言え、「アオアシ」の一条花は、アシトに対して、栗林晴久が感心するほどのバランスのいいメニューを考案してあげたりしていたり、「キャプ翼」の赤嶺真紀が日向小次郎に対して、「スポーツ選手にコーラはよくない」みたいなことを言ってこぼすシーンがあったりと、全く取り上げていない訳でもないようです(新しい作品だと、ジーコとアントラーズの選手のエピソードを絡めて、アスリートにスナック菓子は良くないみたいな話は良く出て来ますね)。

今回はタイトル通り、サッカー漫画に出てきた食事、「サッカー漫画メシ」を取り上げたいのですが、筆者自身は、年齢的にも体力的にも、また肉体的にもアスリートと言うには程遠い(笑)ので、アスリートメニューを摂取したところで、猫に小判になってしまうので、漫画作品中に出てきたメニュー等の一部にクローズアップし、実際に食してみた内容について記述させていただきます。

まず「ジャイキリ」達海猛が言うところの「俺のおすすめ朝食セット」。なんて事はない、タマゴサンドとドクターペッパーが1缶です。海外での(おそらく)一人暮らしが長かったためこのような組み合わせなのでしょう。個人的には「朝から炭酸飲料」というところに違和感を感じた通り、空きっ腹に炭酸飲料は強烈でした(笑)。飲んだ直後よりも、飲んで暫くしてからの胃への残留感を強く感じました(もしかしたら、この残留感で腹持ちよくさせてるのかも知れませんが)。

「アオアシ」の一条花の肉の焼き方。アシトの肉(カルビ)の焼き方がなってないと指摘したのち、自分で焼いて見せた時のセリフ「脂をもっとしっかり焼くことでおいしくなるし、胃への負担も減る!」「いわゆる片面8割裏面2割…」「表面をカリッとさせることで肉の食感にアクセントを。」の部分。何処か焼肉の正しいマナーみたいな感じですが、この焼き方を実践して焼いて食べてみると…なるほど、これが焼肉の味なんだ、と感心すること請け合いです。皆さんにも是非お勧めします。

 

追記

この原稿を書いた日の夕食がカレーだったのでおまけを。「BE BLUES」の中で、黒部監督が退任の際に部員たちに振舞った手作りカレーが美味しそうに見えましたが、部員たちはどのような味に感じたのでしょうか?少なくとも一生忘れられない味であったのではないかとは思いますが…。

 

【無料】試し読みや、期間限定で無料になっているコミックス表紙をずらっと並べました。


楽天koboの無料コミックス表紙を14日分並べました。
現在は毎週木曜日に大きく更新されるようです。(当社では毎日更新)
ページ内の表紙画像はアフィリエイトリンクです。
無料コミックス表紙一覧はこちら

 

【新刊】書店の漫画コーナーで、平積みの新刊表紙を見ながらブラブラする感覚をWEBで再現できるか挑戦しました。


明日発売の新刊コミックス表紙が全部見られます。
ブックマークして毎日見れば買い逃しがありません。
ページ内の表紙画像はアフィリエイトリンクです。
コミックス新刊表紙一覧はこちら

Pocket


↓似たような記事

コメントはこちらから

内容に問題がなければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください