原人 【感想】刃牙道 第107話

武蔵とピクルの闘いも大詰め。 ピクルに馬乗りになりマウントポジションになった武蔵ですが、戦国時代の裸馬のほうがピクルより大人しいと余裕を見せます。 マウントポジションと馬乗りは全くの別物だと思うのですが、そこは刃牙の世界、何でもありです。 手刀を何度もピクルに見舞った武蔵ですが、ピクルの強靭な身体には大したダメージも与えられず、真剣での仕切り直しを要求します。 ピクルも素手なのにそれって、ちょっと卑怯じゃない?と思いつつも武蔵は試合巧者でも有名なので、そこも妙に納得させられます。 真剣であれば、ピクルはとっくに出血多量で動けなくなっているとの言い分ですが、もはや刃牙本来の武や強さの概念がどこかにいってしまい、全く別の作品にすら見えてきます。 ストーリーについていくのが精一杯です。 また、真剣でのピクル戦を行うのか、それとも本部、勇次郎、刃牙のいずれかが参戦するのか、板垣ワールドに置いて行かれないように、頑張ってついていこうと思います。

【無料】試し読みや、期間限定で無料になっているコミックス表紙をずらっと並べました。


楽天koboの無料コミックス表紙を14日分並べました。
現在は毎週木曜日に大きく更新されるようです。(当社では毎日更新)
ページ内の表紙画像はアフィリエイトリンクです。
無料コミックス表紙一覧はこちら

 

【新刊】書店の漫画コーナーで、平積みの新刊表紙を見ながらブラブラする感覚をWEBで再現できるか挑戦しました。


明日発売の新刊コミックス表紙が全部見られます。
ブックマークして毎日見れば買い逃しがありません。
ページ内の表紙画像はアフィリエイトリンクです。
コミックス新刊表紙一覧はこちら

Pocket


↓似たような記事

コメントはこちらから

内容に問題がなければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください