ほんのわずかな救い 【レビュー】 金田一少年の事件簿R 雪鬼伝説殺人事件

犯人の動機

先週でほとんど明らかになった犯人の動機ですが今週は更に深堀していきます。
金田一少年の事件簿では「復讐」のための犯人が多く、そのため被害者よりも犯人により感情移入できる場合が多く感じます。
しかも事件当初の何件かの殺人で犯人は復讐の1部、あるいは全部を成し遂げています。

1部しか成し遂げていない場合は犯行が明るみになった時点で強引に復讐を成し遂げようとします。
全部成し遂げた場合は満足して自殺に及ぶ場合が多いです。

これはほとんど様式美のようになっています。一度ラストシーンでの犯人の行動パターンの統計を取ってみたいところです。

ほんのわずかな救い

結局犯人は大事な人を奪われ自分は殺人犯になってしまい実の所最悪の結末を迎えました。
ただ、たった一つ、実は恋人の死は事故であったと知ります。
追い詰められた末の自殺と思い込んでいた犯人にとっては救いになりました。
彼女が亡くなったという事実は一切変わりませんが、想像していた彼女の心と現実は違ったのです。

自殺ではなかったけど恨みを残して死んだかもしれない

しかし自殺で無かったとしても死の間際に自分を貶めた人たちに対する復讐の念を抱いていたかもしれません。
結局のところ復讐を目的とした殺人事件であり、その復讐に対して納得感ある理由がある以上、被害者が一人も出なくても後味の悪い切ない結末にしかならないわけです。
実の所わたしは、そういう切なさが金田一少年の事件簿の魅力だと感じています。
トリックを解読するまで頭脳を使ったら、そのあとは物語で心を使うのです。
この作品は頭脳も心も使わせる贅沢な作品であると思います。

-週刊少年マガジン 2014年14号 金田一少年の事件簿R-

 

【無料】試し読みや、期間限定で無料になっているコミックス表紙をずらっと並べました。


楽天koboの無料コミックス表紙を14日分並べました。
現在は毎週木曜日に大きく更新されるようです。(当社では毎日更新)
ページ内の表紙画像はアフィリエイトリンクです。
無料コミックス表紙一覧はこちら

 

【新刊】書店の漫画コーナーで、平積みの新刊表紙を見ながらブラブラする感覚をWEBで再現できるか挑戦しました。


明日発売の新刊コミックス表紙が全部見られます。
ブックマークして毎日見れば買い逃しがありません。
ページ内の表紙画像はアフィリエイトリンクです。
コミックス新刊表紙一覧はこちら

Pocket


↓似たような記事

コメントはこちらから

内容に問題がなければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください