トイレに隠れてまでやり過ごそうとする斉木。さすがに頑張りすぎじゃないか。 【レビュー】 斉木楠雄のΨ難 第90話


”ここは便利な言葉「行けたら行く」で乗り切るか”

主人公がカラオケに誘われて思ったこと。
行きたくないがはっきり言うと角が経つので後で「やっぱり行けなかった」と言うパターンだろう。
こういう人間の細かいやり取りを小ネタのように入れる漫画を僕は割りと好きだ。
つい「確かに」とか「なるほど」と思ってしまう。

どうしてもカラオケを歌いたくない斉木。

トイレに隠れてまでやり過ごそうとする斉木。さすがに頑張りすぎじゃないか。
燃堂のジャイアン感が圧倒的でみんなが意識朦朧とするほどになっていたのは面白かった。

それにしても斉木が何故これほどカラオケを嫌がるのか興味ある。

-週刊少年ジャンプ 2014年15号 斉木楠雄のΨ難-

””は、集英社「斉木楠雄のΨ難」 作者:麻生周一 から引用

 

【無料】試し読みや、期間限定で無料になっているコミックス表紙をずらっと並べました。


楽天koboの無料コミックス表紙を14日分並べました。
現在は毎週木曜日に大きく更新されるようです。(当社では毎日更新)
ページ内の表紙画像はアフィリエイトリンクです。
無料コミックス表紙一覧はこちら

 

【新刊】書店の漫画コーナーで、平積みの新刊表紙を見ながらブラブラする感覚をWEBで再現できるか挑戦しました。


明日発売の新刊コミックス表紙が全部見られます。
ブックマークして毎日見れば買い逃しがありません。
ページ内の表紙画像はアフィリエイトリンクです。
コミックス新刊表紙一覧はこちら

Pocket


↓似たような記事

コメントはこちらから

内容に問題がなければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください