神峰の感覚はプロであり、伊調はアマチュア? 【レビュー】 SOUL CATCHER(S) ソウル キャッチャーズ 第41話

ない と ある

伊調は音に足りないものがあって、そこに色を着けて完成させることが出来ると言う。
しかし神峰は音を奏でるときの人の心に余計なモノがあるんじゃないかと言う。

クリエイティブな仕事では要素を増やし過ぎないことが大切とされる傾向がある。
どんどん新しい要素を足していくのは素人だ。楽器を増やす、色を増やす、調味料を増やす、そういった足す事ばかりするとまとまりがなくなり作品として完成度が低くなる。

この観点から考えると神峰の感覚はプロであり、伊調はアマチュアであるかもしれない。

今週はこれから始まるアンサンブルコンテストの顔見せのような展開で、出演するライバルたちの凄さが一人一人語られていく。

来週から本番という感じだ。

-週刊少年ジャンプ 2014年15号 SOUL CATCHER(S)-

 

【無料】試し読みや、期間限定で無料になっているコミックス表紙をずらっと並べました。


楽天koboの無料コミックス表紙を14日分並べました。
現在は毎週木曜日に大きく更新されるようです。(当社では毎日更新)
ページ内の表紙画像はアフィリエイトリンクです。
無料コミックス表紙一覧はこちら

 

【新刊】書店の漫画コーナーで、平積みの新刊表紙を見ながらブラブラする感覚をWEBで再現できるか挑戦しました。


明日発売の新刊コミックス表紙が全部見られます。
ブックマークして毎日見れば買い逃しがありません。
ページ内の表紙画像はアフィリエイトリンクです。
コミックス新刊表紙一覧はこちら

Pocket


↓似たような記事

コメントはこちらから

内容に問題がなければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください