第4ラウンド開始。枠外が黒 【レビュー】 はじめの一歩 第1051話

ある時から言葉がカッコよくなった

今回のタイトルかっこいいなと思いました。「敵の名は混乱」というタイトルです。はじめの一歩はある時から言葉のチョイスがカッコ良くなりましたよね。中二病的とも言えますけど、板垣を時の神ウラヌスとか、一歩と宮田を風神・雷神に例えてみたり、この辺のセンスは結構好きです。どんどんこの調子でいって欲しいですね。

第4ラウンド開始。枠外が黒

回想シーンでもないのに枠外に黒を使っているシーンがありました。第4ラウンド開始のゴングが鳴った所です。一歩と対戦相手が対峙しているシーンです。このシーンで枠外が黒でした。この唐突な枠外黒が演出的に効いているなと感じました。どう効いているかと言うと対戦相手のゴンザレスが「すごく強く見える」という所です。多分枠外が白だったら締りのない画面になると思います。ゴンザレスのパンツが黒なのも関係有るかもしれません。

歴史的1シーンの如く

そして別の効果も感じました。
未来から過去の決定的なシーンを回想しているように一瞬見えるのです。これから始まる出来事は未来において決定的な出来事として記憶されるような事ですよと説明されたかの様に感じます。要するに「歴史的なラウンド」という暗喩です。はじめの一歩では昔からこういった技法を使っていたのでしょうか?
他の漫画では見かけない気がします。これからは注意深く見るようにします。

認め合う両者

ボクシングでも野球でも同じですが対戦しあう両者が相手を認め合うという表現はカッコイイと思います。既に一歩は世界ランカーであり世界中の誰でも一目置く存在になっています。お互いに相手を認めた上で行うハイレベルな戦い。最近のはじめの一歩はそれを常に楽しめますね。昔は舐めている相手をやっつけるという快感が多かったのですが、今は認め合う喜びになっています。一歩が王者に近づくにつれ読者に提供されるものも一枚格が上がったと感じます。

はじめの一歩 第1052話 予想

来週は一歩の逆襲の流れですが、ぼくは逆にもう一度ダウンさせられると思いますね。しかも何も通用しないで。そして更に混乱。一歩にはもっと追い込まれてもらいましょう。

-週刊少年マガジン 2014年16号 はじめの一歩 作者:森川ジョージ-

 

【無料】試し読みや、期間限定で無料になっているコミックス表紙をずらっと並べました。


楽天koboの無料コミックス表紙を14日分並べました。
現在は毎週木曜日に大きく更新されるようです。(当社では毎日更新)
ページ内の表紙画像はアフィリエイトリンクです。
無料コミックス表紙一覧はこちら

 

【新刊】書店の漫画コーナーで、平積みの新刊表紙を見ながらブラブラする感覚をWEBで再現できるか挑戦しました。


明日発売の新刊コミックス表紙が全部見られます。
ブックマークして毎日見れば買い逃しがありません。
ページ内の表紙画像はアフィリエイトリンクです。
コミックス新刊表紙一覧はこちら

Pocket


↓似たような記事

コメントはこちらから

内容に問題がなければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください