それを本気でやるとかっこいい。 【レビュー】 黒子のバスケ 第260話

ファンタジーとリアルの中間

最近のスポーツ漫画はリアルな方向にいっています。それはそれで面白いのですが、漫画ならではのファンタジー色の強い演出も楽しみたいところです。あいかわず、期待にこたえてくれるのが、黒子のバスケです。そもそも、ゾーンっていうのは、極度の集中状態で、自然と到達するもので、なんか、スイッチ入れて入るモノじゃないですよね。それをスイッチを入れるかのように。まあ、物凄い極端な漫画表現ですよね。スーパーサイヤ人になるようなものです。

それを本気でやるとかっこいい

しかし、それを本気でやるとカッコよさが出てくるんですね。今週の、赤司はよかったです。ゾーンの発動条件も、赤司=悪という印象を付けるようなもので、秀逸でした。本当は、どっちも一生懸命に頑張っている高校生ですからね。悪とか、正義とかないんですよ。

とはいえ、オールコートディフェンスなどのリアリティも

まったくのファンタジーだと、面白みのないところですが、そこにオールコートディフェンスなどのリアルな技術もからめます。今週は、このバランスがよかったですね。楽しく読めました。

 

【無料】試し読みや、期間限定で無料になっているコミックス表紙をずらっと並べました。


楽天koboの無料コミックス表紙を14日分並べました。
現在は毎週木曜日に大きく更新されるようです。(当社では毎日更新)
ページ内の表紙画像はアフィリエイトリンクです。
無料コミックス表紙一覧はこちら

 

【新刊】書店の漫画コーナーで、平積みの新刊表紙を見ながらブラブラする感覚をWEBで再現できるか挑戦しました。


明日発売の新刊コミックス表紙が全部見られます。
ブックマークして毎日見れば買い逃しがありません。
ページ内の表紙画像はアフィリエイトリンクです。
コミックス新刊表紙一覧はこちら

Pocket


↓似たような記事

コメントはこちらから

内容に問題がなければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください