喧嘩したり、仲直りしたり、そういう普通がいい。 【レビュー】 聲の形 第36話

最近は将也の再生の物語

小学校の先生との邂逅があって、なんとなく、決着ついて、今回は多愛もない友情のすれ違いっぽい話しでした。流れているのは普通の日常なんですね。その普通の中に、硝子もいたりして、意外に植野もいたりする。たぶん、この普通の時間が将也が今まで失ってきた、青春を取り戻してる瞬間なんだろうと感じます。

この作品のテーマはなんだろうか

硝子は耳が聴こえません。だから、耳が聴こえない人の人生を描くことが主題のような気がします。しかし、どうやら違うんですよね。じゃあ、その硝子の周辺の人たちが持つ苦悩や影響を描くことがテーマかというと、それも違うような気がします。コミュニケーションの難しさ。人間同士が心を通わせることの難しさ。そういったものが、この作品の本質なのかなと思います。

硝子という存在は、それを強調する

人間の心の交流の難しさを描くうえで、硝子という存在がそれを強調する役割を果たしています。ただ、硝子がいなくても描ける心の難しさはあって、将也の物語はそういったものですね。それにしても硝子かわいい。今週は特に。

 

【無料】試し読みや、期間限定で無料になっているコミックス表紙をずらっと並べました。


楽天koboの無料コミックス表紙を14日分並べました。
現在は毎週木曜日に大きく更新されるようです。(当社では毎日更新)
ページ内の表紙画像はアフィリエイトリンクです。
無料コミックス表紙一覧はこちら

 

【新刊】書店の漫画コーナーで、平積みの新刊表紙を見ながらブラブラする感覚をWEBで再現できるか挑戦しました。


明日発売の新刊コミックス表紙が全部見られます。
ブックマークして毎日見れば買い逃しがありません。
ページ内の表紙画像はアフィリエイトリンクです。
コミックス新刊表紙一覧はこちら

Pocket


↓似たような記事

コメントはこちらから

内容に問題がなければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください