読み切りの短編でエレインとバン。 【感想】 七つの大罪 第78話


フォックス・シンの悲恋

エレインとバンとの悲しい物語が軸に今週は描かれます。二本立てで一本はバンとエレインの過去の話です。七つの大罪たちは、みんな悲しい過去を持っています。そしてそれは解決されずに、それぞれの心に影を落としていて、それが物語を少しづつ動かしていきます。バンはエレインへの愛を貫くために更に過酷な人生を選択するようです。それが、なんとも言えず悲しくて、美しくて、魅力的な物語です。

ドラゴン・シンの剣術

まだまだ実力の底を見せていない主人公メリオダス。そもそも七つの大罪たちが圧倒的に強いので決定的な苦戦を味方側はしません。どんなにやられても、まあ死なないだろ的な。それくらいの安心感があります。圧倒的に強い主人公たちを用意したせいで問題なのは戦いに緊張がないこと。
その緊張感を補うためかエリザベスの姉をあっさり殺したりします。あれは、今でもなくても良かったのにと思っています。彼女かわいそうすぎるでしょ。

読み切りの短編でエレインとバン

エレインとバンの魅力が非常にうまく描かれた短編でした。読めば二人共好きになります。バンがすべてをかけてもエレインを蘇らせたい気持ちがよくわかります。それにしても、エレインの表情が美しく可憐で、作者の画力はハンパないですね。ライジングインパクトのときから、ほとんど絵柄が変わっていないという安定感もすごいと思います。フォワっとした幻想的な絵柄を描かせたら日本一ですね。来週からのバンに注目です。

用語がカッコイイ

この作品はとにかく用語がカッコイイですね。ドラゴン・シンとか、なんで憤怒の罪が、ドラゴンなんですかね。それぞれの罪を実在の生き物や伝説の生物に例えるといううやり方なんでしょうけど、これがたまらなくカッコイイですね。

ちなみに、大罪たちの名称はこんな感じです。
「憤怒の罪(ドラゴン・シン)」、「嫉妬の罪(サーペント・シン)」、「強欲の罪(フォックス・シン)」、「怠惰の罪(グリズリー・シン)」、「色欲の罪(ゴート・シン)」、「暴食の罪(ボア・シン)」、「傲慢の罪(ライオン・シン)」

ライオン・シンとかカッコイイですよね。どんなキャラクターで登場するか、期待しています。

 

【無料】試し読みや、期間限定で無料になっているコミックス表紙をずらっと並べました。


楽天koboの無料コミックス表紙を14日分並べました。
現在は毎週木曜日に大きく更新されるようです。(当社では毎日更新)
ページ内の表紙画像はアフィリエイトリンクです。
無料コミックス表紙一覧はこちら

 

【新刊】書店の漫画コーナーで、平積みの新刊表紙を見ながらブラブラする感覚をWEBで再現できるか挑戦しました。


明日発売の新刊コミックス表紙が全部見られます。
ブックマークして毎日見れば買い逃しがありません。
ページ内の表紙画像はアフィリエイトリンクです。
コミックス新刊表紙一覧はこちら

Pocket


↓似たような記事

コメントはこちらから

内容に問題がなければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください