ジンとパリストンはひねくれもの同士、意外と気が合う。 【感想】 ハンターハンター HUNTER×HUNTER 第346話

こんなの週刊連載できるわけない

ページ数こそ多くないですが、内容は物凄い濃さです。月刊誌でも、これ一本で3ヶ月くらい持たせられますよ。物凄い。
緻密に表現したいことがあって、それを削って削って、大事なところだけにしたけど、だけど、こんなに文字多くなっちゃいましたっていう、そういう感じだと思います。連載再開してからの密度は異常ですが、今週も一週間で詰められる内容じゃないですね。

十二支んの暗黒大陸での役割を、いちいち説明

一人ひとり、キャラクターの個性に合わせながら、暗黒大陸での役割が発表されます。会社だったら当たり前ですね。出張前に、役割分担を決めて、誰がなにをやるかはっきりさせる。その過程で、実際に行く必要がない人もいるかもしれないし、もっと人が必要かもしれない。とりあえず行くなんていう短絡的な出張は民間企業にはありえません。

ハンター協会も、ちゃんと事前に計画してますよ。正直、この部分だけでも、相当時間かかると思いますね。しかも、ここで決めた役割分担が、あとで物語に影響するわけですよ。

よく考えたらキメラアント編の潜入の時も、細かく作戦とか役割分担を決めていましたね。それを細かく決める描写があったからこそ、ナックルがユピーにシュートを馬鹿にされて、そこまで詰めてきた作戦を無視して、ユピーに喧嘩を売るシーンが泣けるわけです。

今回も、そこまで計算してるんだろうな。だから、そんなのは週刊連載してたら無理に決まってる。無理してクオリティ下がるなら、のんびりやってください。待ちますから。今週の密度と面白さは、本当に、そんな風に思いましたね。

作者は、パリストンが好きだな

屈折野郎パリストンは相当作者のお気に入りですね。話しの中でちょこちょこ出てきます。ああいう、クセのあるキャラクターが好きなんでしょうね。たぶん本当は会長選で退場で、今回は出る予定なかったんじゃないですかね。それが気に入ってしまって再登場みたいな。しかも、ジンと絡ませるという準主役対応。暗黒大陸編の主役はジン、レオリオ、クラピカだと思います。そこにパリストンを突っ込むわけですから。しかも今回パリストンはクラピカと接触しそうな含みがありました。

ミザイストルが、「パリストンはミスリードで、、、」という話をするのですが、そのくだりも、考察が深くて面白いです。一話かけて描けそうなことを、さらっと一コマくらいで披露するところに密度を感じます。

ジンとパリストンはひねくれもの同士

彼らはひねくれ者という共通点があるのですが、そのせいで意外と気があってしまうという演出があるのですが、それが、最高にカッコイイです。
ジンの無精髭が、あまりにカッコイイので、ぼくも真似して生やすことにしました。

 

【無料】試し読みや、期間限定で無料になっているコミックス表紙をずらっと並べました。


楽天koboの無料コミックス表紙を14日分並べました。
現在は毎週木曜日に大きく更新されるようです。(当社では毎日更新)
ページ内の表紙画像はアフィリエイトリンクです。
無料コミックス表紙一覧はこちら

 

【新刊】書店の漫画コーナーで、平積みの新刊表紙を見ながらブラブラする感覚をWEBで再現できるか挑戦しました。


明日発売の新刊コミックス表紙が全部見られます。
ブックマークして毎日見れば買い逃しがありません。
ページ内の表紙画像はアフィリエイトリンクです。
コミックス新刊表紙一覧はこちら

Pocket


↓似たような記事

コメントはこちらから

内容に問題がなければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください