登場人物をイニシャルでN極とS極に分けると、ちょっとおもしろい。 【感想】 聲の形 第49話

植野が籠城できている背景がわかった

意識の戻らない人間の病室に籠って、他人を入れさせないなんて、家族じゃないと無理だと思っていましたが、何か、将也の母親公認な感じでした。

なんか、将也の母親も、複雑な心境のようですね。読者から見ると、硝子の肩を持ってしまうのですが、母親から見ると、植野は小学校からの友達だし、なんか、フラットというか、硝子よりは、理解できる存在なのかもしれません。

真柴の過去と歪みっぷりが明らかに

彼は最初から目つきが怖い感じでしたが、そういった描き方の理由が今週わかりました。何か、精神のバランスが崩れたままなんですね。将也殴ったり、先生に水かけたり、ちょっと情緒不安定というか

期待の性格ブスの対決は中途半端

川井と植野、見た目はかわいくても性格は最悪な二人の対決は、いまいち白熱しませんでした。ただ、川井は植野に対して容赦なくて、面白いです。彼女が優勢でしたね。最後まで徹底的にやって欲しかったな。
なんか、植野の顔が醜くくなってきた感じがします。いくら、悪役的な立ち位置とは言え、顔が凄いことになってます。とくに、今週の永束を見る顔が、酷い。目の下にクマ?植野の濃さに比べて川井は、薄いですね。今まで通りというか。

見出し 植野と川井どっちが、より感じが悪いか?

植野は直接的に迷惑な感じですけど、まあ、なんか覚悟があるというか、徹底しているところに、多少の清々しさがありますが、川井は、自覚がないというところが、嫌らしいです。しかし、現実的に、病室に閉じこもったり、硝子を殴ったりと、明らかにダメな行動しているのは植野だし。

でも、よく考えたら川井も硝子のこと殴ってましたね。
硝子は、よく殴られますね。

次回は「植野直花」

将也が落ちたあとは、サブタイトルが、登場人物の名前になっていましたが、植野は、まだだったんですね。硝子のことをバンバン殴ってた回は、西宮硝子の回でしたっけ。

ここまでタイトルになった登場人物のバックボーンを振り返っていますから、次回は、植野のバックボーンですね。彼女は、小学生の頃から将也に片思いしていますから、その辺りが語られるでしょうね。恐らく、硝子に対する恨みのようなものも、長い期間掛けて醸成されたもので、将也と仲良くできなくて、硝子を思い出すみたいなことを繰り返してきたのでしょう。まあ、完全に逆恨みですけど。

N極とS極

登場人物たちのイニシャルがSとNが多いとネットで話題になっていました。確かに偶然とは思えない多さです。

S極
将也
硝子
真柴智(さとしがS)
佐原
島田

N極
西宮硝子
西宮結絃
永束友宏
植野直花(なおかがN)

例外
広瀬
川井みき

もちろん、例外はあるので、こじつけと言えばこじつけかもしれませんが、なんとなくイメージが湧く感じがします。

例えば、S極陣営だと、将也と真柴はぶつかってましたね。島田と将也もぶつかってました。佐原と将也に関しては、とくにぶつかってないので、完全に、そのような人間関係になっていませんが。

S極陣営だと、植野と永束は、相性が悪いですね。もちろん、西宮家と植野も。とはいえ、永束くんと西宮家は関係がいいので、やはりこじつけですけど。

こうやって分けると面白いのが、硝子だけが、SにもNにも入ることができて、ジョーカー的な役割なんですね。彼女を中心に人間関係がつながっていくようなイメージです。

こじつけだとしても、面白いと思いました。

 

 

【無料】試し読みや、期間限定で無料になっているコミックス表紙をずらっと並べました。


楽天koboの無料コミックス表紙を14日分並べました。
現在は毎週木曜日に大きく更新されるようです。(当社では毎日更新)
ページ内の表紙画像はアフィリエイトリンクです。
無料コミックス表紙一覧はこちら

 

【新刊】書店の漫画コーナーで、平積みの新刊表紙を見ながらブラブラする感覚をWEBで再現できるか挑戦しました。


明日発売の新刊コミックス表紙が全部見られます。
ブックマークして毎日見れば買い逃しがありません。
ページ内の表紙画像はアフィリエイトリンクです。
コミックス新刊表紙一覧はこちら

Pocket


↓似たような記事

コメントはこちらから

内容に問題がなければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください