アルバと練玉艶がようやく。 【感想】 マギ 第239話

三国志風

サブタイトルが「三国の思惑」ですね。とはいえ、シンドバッドと練紅炎中心なので、どちらかと言うと、二国なイメージです。
世界の成り立ちがわかり、さて、現代の王たちはどうするかという話です。そんなに急には、みんな変わりませんね。国家のトップが簡単には方針を変えられないですよね。

アルバと練玉艶がようやく

アルバと練玉艶の関連性がようやく作中で示唆されました。杖の形状から、シバが練玉艶ではというのが、当初の予想では大勢をしめていましたが、あまり露骨なのでミスリードではないかという話もありました。結果的にはミスリードでしたね。この謎は、面白かったです。毎週、毎週、本当にシバかな?そんなわけないよな?と考えながら読むのが楽しかったです。

人気キャラクターは一丸となって

シンドバッドと練紅炎が手を組んでアル・サーメンと戦うという展開になるのでしょうか?
それは、それでオールスターっぽくていいのですが、敵側は、イマイチ役者不足な感じがしますね。イルイラーとか、アルバとか言われても、結局、シンドバッドクラスの華がないです。むしろ、なんだかんだ言って、シンドリア対煌帝国のほうが、名勝負が生まれそうな気がします。アリババが、これから活躍しそうです。

 

【無料】試し読みや、期間限定で無料になっているコミックス表紙をずらっと並べました。


楽天koboの無料コミックス表紙を14日分並べました。
現在は毎週木曜日に大きく更新されるようです。(当社では毎日更新)
ページ内の表紙画像はアフィリエイトリンクです。
無料コミックス表紙一覧はこちら

 

【新刊】書店の漫画コーナーで、平積みの新刊表紙を見ながらブラブラする感覚をWEBで再現できるか挑戦しました。


明日発売の新刊コミックス表紙が全部見られます。
ブックマークして毎日見れば買い逃しがありません。
ページ内の表紙画像はアフィリエイトリンクです。
コミックス新刊表紙一覧はこちら

Pocket


↓似たような記事

コメントはこちらから

内容に問題がなければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください