「君の名は。」徹底考察!① ~なぜ二人は恋に落ちてたのか~

2016年夏に上映されたアニメ映画「君の名は。」

評判が良く、2018年1月に地上波でも放送が決まり、今なお多くの人に愛されている作品です。

その「君の名は。」を30回は少なくとも視聴した私が、様々な視点で考察したり、マニアックな小ネタ・見どころを紹介したりしていきます。毎週1回、「君の名は。」の新しい発見を読者の皆様に届けていきたいと思います。

第1回は、「なぜ、瀧と三葉は恋に落ちていたのか」です。

彗星が落ちる間際に、手のひらに書かれた「すきだ」の文字を見るシーンは、とても胸を打たれる名場面ですね。しかし、あの場面以外に、明確に恋心を伝えるシーンはなく、いつ恋愛感情が芽生えたかが、視聴者の中にはピンとこなかった人もいるようです。そこで、今回は二人が恋に落ちていった、3つのステップを考えていきたいと思います。

1.性差を意識せざるを得ない状況だったこと

二人が入れ替わりをして、すぐ意識したのはお互いの体でした。特に三葉は、入れ替わりをくり返ししていく中で、しっかりした寝間着を着ることで警戒しました。ただ、年頃の若い二人は、禁止事項やお互いのことを気にはしながらも、異性の体に興味津々でした。男女として気を付けなければいけないあれこれを考えて生活していたわけです。友人としてより、気にかける異性として最初から見ていたと言えます。

2.二人が恋愛に対してうぶでピュアだったこと

二人は異性に対して全く免疫なしといった様子でした。例えば瀧は、奥寺先輩とのデートは初デートで右往左往。三葉も、司の顔が至近距離に来た時と、高木の笑顔で東京の男子のスマートさに惚れ惚れ。友人も入れ替わった相手も、今まで接してきた同級生らとは違う体験でドキドキしっぱなしだったでしょう。「つり橋効果」に似たような特別な環境、シンデレラやラノベの異世界転生みたいな気分で、恋に大胆になれたのかもしれません。

3.お互いが自身のスペックの高さに気づいたこと

物語の最初、「こんな町いややー」と嘆く三葉。現状を打破できずに暗い様子を見せていました。瀧も奥寺先輩を想いながらも、それまで行動に移せなかった。二人に共通していたのは「自信のなさ」でした。しかし、入れ替わったことで、瀧は自分が奥寺先輩とデートできる力があること、三葉は男子にも女子にも告白される魅力があることが分かります。「何やらかしてんの!?」とお互い驚きますが、本心は悪い気持ちじゃなかったと思います。恋のドラマが両者に起きたことで、意識が向いた可能性があります。

いかがでしたでしょうか。次回日曜日に更新します。次回のテーマは「パーフェクト美女、奥寺先輩の魅力を探る!」です。

それでは、また。

【無料】試し読みや、期間限定で無料になっているコミックス表紙をずらっと並べました。


楽天koboの無料コミックス表紙を14日分並べました。
現在は毎週木曜日に大きく更新されるようです。(当社では毎日更新)
ページ内の表紙画像はアフィリエイトリンクです。
無料コミックス表紙一覧はこちら

 

【新刊】書店の漫画コーナーで、平積みの新刊表紙を見ながらブラブラする感覚をWEBで再現できるか挑戦しました。


明日発売の新刊コミックス表紙が全部見られます。
ブックマークして毎日見れば買い逃しがありません。
ページ内の表紙画像はアフィリエイトリンクです。
コミックス新刊表紙一覧はこちら

Pocket


↓似たような記事

コメントはこちらから

内容に問題がなければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください