『暗殺教室』に学ぶ、教育・子育て論!【3】

『暗殺教室』に学ぶ、教育・子育て論! 

 現役塾講師の視点で解説します(全5回)

 

 第3回は“呪いの時間”“竹林の時間”“支配者の時間・2時間目”(単行本第9巻収録)からです。話のメインの人物は“竹林考太郎”です。

 2学期になり、竹林がE組を離れた。話を聞くと、仮に暗殺が成功して、賞金の分け前を得たとしても、医者一家の中では認められない。「出来て当たり前」の家に生まれた竹林にとっては、地球の終わりよりも億というお金よりも、家族に認められる方が大事だというのです。「頑張ったじゃないか」のひと言をもらうためだけに死ぬ気で勉強した、と―。

 ここでは、なぜ竹林が、ここまで親に認められることに熱心だったのかを考察します。

 「認められたい」という欲求はごく自然なことです。欲求に関して、心理学者のアブラハム・マズローが、欲求のプロセスを「欲求5段階説」として説明しています。欲求の段階は、

1.生理的欲求(食事・睡眠・排泄)

2.安全欲求(住居・収入・緊急時のホットライン)

3.愛の欲求(受け入れられている)

4.承認欲求(他人からの賞賛)

5.自己実現欲求(学問追求・自己目標の実現)

に分けられるという考えです。

 竹林はこの中の「承認欲求」の段階といえます。しかし、親が竹林を「勉強が出来るか」でしか見ていないため、血を吐く思いで勉強するしかなかったのです。

 上述の5段階欲求は、1から2、2から3という風に、求めるものが順にステップアップしていきます。よって、自己実現欲求の段階に至るには、承認欲求が満たされる必要があります。つまり、他人から認められて初めて、自分のために自分を磨くようになります。認められている感覚がないと、いつまで経っても自己研鑽に向かわないのです。

 漫画内では、E組の仲間や殺せんせーが、竹林を認めたので、最後には気持ちよくE組に戻ってきました。しかし、本来ならば一番一緒にいる時間が多い親が「認める場所」を作るべきです。

 認める方法は簡単です。それは、子どもをある側面だけで捉えないで見ることです。親子とはいえそれぞれ違う人間です。親の価値観で子どものやることを縛らず、様々なことを体験させましょう。その中で子どもが熱中する姿を見つけ、認めることです。

 何かと比較される世の中です。せめて家庭内では子どもを評価することから始めましょう。

 

 次回は“潮田渚・広海親子”です。

 

(そのかわ ゆうじ)

【無料】試し読みや、期間限定で無料になっているコミックス表紙をずらっと並べました。


楽天koboの無料コミックス表紙を14日分並べました。
現在は毎週木曜日に大きく更新されるようです。(当社では毎日更新)
ページ内の表紙画像はアフィリエイトリンクです。
無料コミックス表紙一覧はこちら

 

【新刊】書店の漫画コーナーで、平積みの新刊表紙を見ながらブラブラする感覚をWEBで再現できるか挑戦しました。


明日発売の新刊コミックス表紙が全部見られます。
ブックマークして毎日見れば買い逃しがありません。
ページ内の表紙画像はアフィリエイトリンクです。
コミックス新刊表紙一覧はこちら

Pocket


↓似たような記事

コメントはこちらから

内容に問題がなければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください