サッカー漫画考察 高校サッカー応援マネージャーっぽいヒロインキャラは?

2017年も残すところあとわずか…ということで、今年も全国高校サッカー選手権の季節が近づいてきました。各県の代表校とか注目の選手、といったところはサッカーマガジンなどで特集されていますので、サッカー漫画のコラムらしく、高校サッカー応援マネージャーっぽいキャラクターって誰?という事について、私の独断でライティングさせていただきます。

まず、歴代の全国高校サッカー選手権応援マネージャーについてまとめてみました。

第84回(2005年度) 堀北真希 (2回)

第85回(2006年度) 新垣結衣 (4回)

第86回(2007年度) 北野きい (6回)

第87回(2008年度) 逢沢りな (5回)

第88回(2009年度) 川島海荷 (4回)

第89回(2010年度) 広瀬アリス(7回)

第90回(2011年度) 川口春奈 (3回)

第91回(2012年度) 大野いと (2回)

第92回(2013年度) 松井愛莉 (10回)

第93回(2014年度) 広瀬すず (5回)

第94回(2015年度) 永野芽郁 (11回)

第95回(2016年度) 大友花恋 (15回)

第96回(2017年度) 高橋ひかる(14回) ※Wikipediaより出典

一番右の( )の中の回数は、お披露目会見や番組内で挑戦することが恒例となっている、ボールリフティングの回数です。後の大河女優、朝の情報番組のMCなど、早々たる人たちが務めてきたことが伺えます。

ここ数年はリフティングも10回以上出来る応援マネージャーという傾向ですが、その前は、「運動は苦手だけどあなたのことを応援してます」的なイメージのマネージャーが多いようです。

そういうキャラクターでまず思い浮かんだのが、「BE BLUS」の江藤藍子ですね。作中で運動をしている場面がほとんど出てこないので(体育の時間で水泳のシーンはありました)、運動が苦手と言い切れませんが、「あなたの事を応援しています」キャラ度は群を抜いているように思います。(現にユウトは物凄いやる気を出していますし)。

「キャプ翼」の中沢早苗もそういうキャラクターに近いかも知れません(現に「ワールドユース編」では実際にサポーターチームを結成していますし)。

ここ数年のそこそこボールも蹴れますよ的な応援マネージャーという事でしたら、「BE BLUES」の青梅優希や「アオアシ」の海東杏里もありかも知れません(同じボールを蹴れるキャラクターでも、「アオアシ」の橘都、「シューダン」の七瀬晶といったあたりだと、出場する選手の方が逆にひくかもしれませんね)。

第84回から91回の応援マネージャー的キャラは江藤藍子、第92回以降の応援マネージャー的キャラは青梅優希、という事になりますが、そう考えると「BE BLUES」という作品は、選手達のみならず、そのヒロインまで実際の高校サッカーに寄せている作品という事になりますね…。凄いなぁ…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です