ジャンプ歴代バトルまんが発行部数 ベスト10

ジャンプといえばバトル漫画です。
そこで発行部数のランキングを作ってみました。連載中の作品もありますので変わる可能性もあります。

10位 幽遊白書 約5000万部
10位 ダイの大冒険 約5000万部
7位 キン肉マン 約6000万部
7位 ジョジョの奇妙な冒険 約6000万部
7位 ハンターハンター 約6000万部
6位 るろうに剣心 約7000万部
5位 ブリーチ 約7000万部
4位 北斗の拳 約1億部
3位 ナルト 約1億2000万部
2位 ドラゴンボール 約2億3000万部
1位 ワンピース 約2億7000万部

やはり1位はワンピースでした。ドラゴンボールは世界発行部数累計では3億8千万部という話もありますが日本国内ではワンピースが1位という結果です。 ドラゴンボールが現れるまでは北斗の拳とキン肉マンがジャンプバトル漫画の完成系でしたがその後のジャンプ最盛期にはドラゴンボール、るろうに剣心、幽遊白書、ダイの大冒険が同時に掲載されていました。予断ですが同時期にスラムダンクも連載していました。
現在では長期連載が多くブリーチ、ナルト、ワンピースどれも50巻を超える長期連載となっています。部数も伸びやすい傾向が出ていますが、単調になりがちだったり新しいファンの獲得が難しくなる傾向もあると思います。例えば現在回収している伏線は10年前に張ったものだったりするわけです。ちなみに1位、2位はバトル漫画に限らず全ての漫画の発行部数1位2位でもあります。

単行本の巻数が多いほど上位にランクされやすいのも事実なので、 単行本一冊あたり平均何部売れたのかというランキングも作ってみました。

 

「ジャンプ歴代バトルまんが発行部数 ベスト10」への1件のフィードバック

  1. DB、ワンピース、北斗の拳、BLEACH、NARUTOはジャンプの定番みたいなもんだからな・・・・・・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です