【レビュー】 犬神 作者:外薗昌也

 体の中から強力な刃物が飛び出して、人間をバサッバサッと切リ刻んでゆく犬(実は狼)たち。媒体は狼が中心となっているが、この展開は岩明均の『寄生獣』と似ている、というより『寄生獣』そのものである。
 さらにクラスメートの女の子との関係までも似ているよね。だからと言って、『寄生獣』のパクリとは言わないが、かなり影響を受けていることは確かだろう。
 もちろん狼との友情とか、日本神話の世界観を絡めた展開など、『寄生獣』よりは論理的な展開が深くなっていることも見逃せない。また全14巻という構成も長過ぎず短か過ぎずでちょうど良いね。
 ただ由梨子が巨大化してゆく辺りから、急にストーリーのテンポが狂ってしまったような気がする。また人間が簡単に死に過ぎるし、登場人物が限定的である。
 もしかすると私のレべルが低過ぎて、急展開について行けなくなったのかもしれない。しかしながら絵は綺麗だし、全搬的にとても楽しく読ませてもらったと思う。

 

この記事は蔵研人様の許可を頂いて転載しております。
この記事の作者:蔵研人様
転載元URL http://kurakent85.cocolog-nifty.com/blog/
蔵研人様の最新の記事は上記URLをクリックください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です