異色の遅効性SF ようやく掲載順が安定か ワールドトリガー 第140話 感想 レビュー

こんばんわ sKetchです。
週刊少年ジャンプで連載中の『ワールドトリガー』の140話についての感想です。

掲載順が安定してきた?

2013年から週刊少年ジャンプで連載が始まった本作ですが、開始から1年後にはアニメ化も決まり、人気はあるはず…ですがあまり掲載順が上がらず、作者の怪我などとも重なり、一時は連載終了も囁かれました。しかし今では休載も少なくなり、アニメも終了早々2期の話が上がっています。いよいよ修たちの遠征への道が本格的にひらきはじめました。

玉狛第2の試合運びについて

最新話では現在B級8位の玉狛第2、下がり調子B級9位の香取隊、B級下位には落ちたくないB級13位柿崎隊での三つ巴が展開されています。唯一スナイパーを要する玉狛が、修の新トリガー「スパイダー」を使いそのメリットを生かして有利に試合を運んでいます。玉狛有利に変わりはありませんが、千佳ちゃんの砲撃が派手なため、他2チームの狙いが玉狛に集中します。しかし一刻も早く上位に上がりたい玉狛からすれば、大量得点が狙えるためおそらく作戦のうちかと。ランク戦2戦目で使った地形戦からの標的誘導を、リスキーに使ってきたところを見ると、修の自信と貪欲さが伺えます。

香取隊、柿崎隊のとるべき策

隊長がやや他人任せな香取隊と、格上相手に慎重になりすぎる柿崎隊がとるべきは、修を落とし、千佳ちゃんに迫ることでユーマにプレッシャーをかけることだと思います。更地にされる前にスナイパーを落とすのが最重要ですが、おそらく柿崎隊が3人でかかってもユーマを落とすのは厳しい。一人を囮にユーマを引きつけている間に、修を挟み撃ちにすれば、スナイパーの居場所が分かっているうちに玉狛を減らせます。

玉狛第2の勝利は確定?

“おそらく漫画の展開的には、玉狛が勝利するかと思われますが、大規模侵攻からあまり活躍がない柿崎隊、チーム内に問題のある香取隊はこの試合を通して、何か成長できると良いと思います。特に香取隊は個人的に平和になってほしいです笑
以上、また来週お会いしましょう。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です