【漫画の名言】 あんたとお嬢さんの為なら俺はどこへでも行きましょう 主の頼みとあらば


”あんたとお嬢さんの為なら俺はどこへでも行きましょう 主の頼みとあらば”

赤髪の白雪姫 オビ

 

今まで、一つのところに留まることののなかったオビがゼン王子と白雪のために腰を落ち着かせることに決めました。ゼン王子と白雪はお互い想い合っていて、でもオビは白雪が好きで。叶わないオビの想いが切ない。事あるごとにオビは白雪の護衛役をつとめ、とても大切にしているのが伝わってきます。大切な人に大切な人がいてもそんなの関係なく、守ることができるオビの強さに感動しました。ゼン王子と白雪が離れることになったとき、ゼン王子に白雪についていくかを問われた時、保留にして考えて出した答えが私の選んだ名言だす。オビはゼン王子と白雪のために人生を捧げる事を決めた瞬間です。今まで白雪への想いを認めないようにしていたオビが、気持ちを認めたのは嬉しかったし、オビの大ファンになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です