【オススメ無料WEB漫画】 -かへ- 絶対ちょっと泣く、電車で読むのは注意!

-かへ- 原作:藤井組 作画:山本揚志

http://www.fujiigumi.com/manga01/kahe_i.php?c=1
※外部サイト:藤井組クリップ

仕事とは何か、親とは何か、生きるとは何か、

現代社会で全力で生きている人ほど響くストーリー展開です。生活が厳しいとか、仕事にやり甲斐がないとか、そういう感情が揺さぶられるような作品です。

世代と場所を軽々と超える真心

この作品は言うなれば真心の物語だと思います。親から子への真心が物語のスタートです。その親から貰った真心を子供が社会(お客さん)に提供していて、それを目の当たりにする親。子育てとは何か、仕事とは何か、果ては生きるとは何かを問うストーリーになっています。また受け継いだ真心が次の世代を育てていくのにも役立つという展開です。よく出来ています。

しかしエンターテイメント

とはいえ、押し付けがましくなく素直に読めるストーリーで説教臭さも全くありません。続編は出ているようですが短編として物語がちゃんと完結しているのがいいです。ウェブの無料漫画は途中までは無料というパターンが多いですから。また5分~10分位で読み終わると思います。

PCがベストだけどスマホでも十分読める

スマホでもリンクをクリックすれば直ぐに読めるので楽です。みんなこの形式にしてくれればいいのに。

こんな作品が好きな人にオススメ

『イキガミ』『死神くん』『ブラックジャック』この辺りが好きな人にはオススメです。

 

【オススメ無料WEB漫画】 -感染者- 感動成分強め。ちょっとゾクッとしたホラー漫画

-感染者- 作者:OBU

http://mangag.com/manga/?p=19750
※外部サイト:マンガごっちゃ

町中がゾンビで一杯に

世界観やゾンビに感染する仕組みなどは『アイアムヒーロー』とほぼ同じ設定です。そもそも『アイアムヒーロー』自体が往年のゾンビパニックの王道的設定を現代的に解釈して面白さを出している作品ですので特にパクリだ何だという話ではないです。

作者なりのゾンビパニックの解釈

町中にゾンビが溢れているという状況を如何に解釈するかが重要で、そこに対して作者なりの解釈があります。『アイアムヒーロー』の世界で起きた別の場所の物語の様に感じました。

こんな人にオススメ

『バイオハザード』『亞人』『アイアムヒーロー』あるいはB級ゾンビ映画などが好きな人にはオススメです。無料なので読んでみたらいいかと思います。この記事を書いている時点で8話まで読むことが出来ます。個人的には6話くらいから面白くなり始めると感じました。

読み方

PCなら簡単に読めます。【この作品のバックナンバーを読む】をクリックすると1話から読めます。スマホ、タブレットはアプリのインストールが必要で少し手間ですが一度入れてしまえば、他の漫画にも使えるアプリなので入れてもいいでしょう。ウェブの指示に従えば出来ます。

よくわからない方はこちらからでもアプリをインストールできます。
(iphone、ipad)
https://itunes.apple.com/jp/app/actibook/id373073800?mt=8
※外部サイト 

(Android)
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.startialab.actibook
※外部サイト

PCが見やすくて簡単なのでPCでの閲覧がオススメではあります。

 

【オススメ無料WEB漫画】 -ハナムラさんじゅっさい- 登場する女の子がすっごい可愛いけど売れない漫画家のリアルに辛い日常を描いた自虐的作品。

-ハナムラさんじゅっさい- 作者:ハナムラ

http://www.manga-gai.net/manga/hanamura30sai/_hanamura_index/hanamura_index.html
※外部サイト:漫画街

女の子が可愛い

エロ漫画も手がけるようになる作者の女の子を可愛く描く力が凄いです。細かいやり取りとか仕草とか非常に魅力的です。特に担当編集の白井さんは作中で主役と言われてしまうほど魅力的に描かれています。

リアリティが痛い

この作品は作者の漫画家生活をリアルタイムで綴っているようです。マンガ表現を借りた日記ですね。30歳になった売れない漫画家の日常が描き出されます。いろいろ悲惨なんですけど、超美人編集の白井さんが救いになってますね。うん、白井さんいいよね。

取り敢えず面白から1話と2話を読んどけ!

第1話
http://www.manga-gai.net/manga/hanamura30sai/01/01.html

第2話
http://www.manga-gai.net/manga/hanamura30sai/02/01.html

この2話を読んでもピンと来ないなら

第39話
http://www.manga-gai.net/manga/hanamura30sai/39/01.html

第40話
http://www.manga-gai.net/manga/hanamura30sai/40/01.html

この2話を読みましょう。もちろん順番に読んでいったほうがいいですよ。39話と40話はスラムダンクで言うなら山王戦、ドラゴンボールならフリーザ編ですから。

スマホでも、まあ頑張れば読める

スマホでもPCと同じ画面が出るので読めますが、読みにくいです。とはいえ、このサイトはPCでの非常に読みにくいので何の端末でも頑張るしかないです。

紙の書籍にもなってる

紙の書籍にもなっています。


これ見ると表紙がとてもあれなのでお色気漫画に見えますが全然そんな事はありません。

 

【オススメ無料WEB漫画】 -マンガで分かる心療内科- 心療内科をギャグあり萌えありで紐解く奇書


-マンガで分かる心療内科-

http://yusb.net/manga
※外部サイト:ゆうメンタルクリニック

日常系萌えギャグ漫画

心療内科病院の院長が原作を担当している作品で、その病院のweb上で無料で公開されてます。うつ病、認知症、適応障害などの症例をギャグ漫画で解説していくという斬新な内容で、かなり本格的な医療漫画であると同時に、本格的なギャグ漫画でもあります。

ギャグ面白いし看護師可愛いし

ギャグの中軸を担うのは看護師官越あすなです。また彼女の姉妹が次々と登場します。なんかもう女ばっかりだね。心療内科を題材にした病院漫画という体裁を保ちながらも、『ハヤテのごとく』『姉ログ』『アホガール』などを彷彿とさせる日常系萌えギャグ漫画に仕上がっています。

ちなみにオススメ回はこちらです。他愛のない言葉遊びギャグですが面白いです。萌え要素も強めです。よく出来てるな。
http://yusn.net/man/437.html
※外部サイト

大学の精神医学の教科書として、正式採用

という表記がweb上にありました。なんか教科書って言うにはギャグ要素強すぎな気がします。とはいえ、こういうのも息抜きとして必要ですよね。

ドラマCDにまでなっています

テーマは『ED』

いやもうどこまで本気なのかわかりません。下ネタギャグ満載です。

 

 

漫画を無料で読む方法 図書館編 今図書館はネット通販さながらに使える!

図書館で借りれば無料は当たり前

下記の記事で図書館で漫画を借りる方法に少し触れたのですが今回は更に掘り下げて見ようと思います。

読みたい漫画を無料、出来る限り安く楽しみたいなら、この順番でトライしていきましょう。お得に漫画を読むための8つの方法。
https://mangabito.com/column/manga_free_8ways/

現在、図書館では書籍をネットで簡単に予約することが出来ます。また書籍の用意が出来た際の連絡もメールで受けることが出来ます。
ITによって日本の図書館は非常に発展していますので先入観をなくして是非一度利用ください。オススメです。

最大の問題は漫画の扱いがあるかどうか

図書館で漫画を借りる場合の最大の問題は自分の行ける範囲の図書館に漫画の貸出があるかどうかです。僕は東京都荒川区在住ですが荒川区の図書館は漫画を取り扱っていて『ワンピース』や『名探偵コナン』だって借りれます。

では漫画の取り扱いをどうやって調べるか?

方法はいくつかあります。

日本最大の図書館検索 カーリル

図書館の蔵書を検索できるウェブサービスです。全国6000以上の図書館から検索とあります。日本の全ての図書館をフォローしている訳ではなさそうなので、そこは注意が必要です。

日本最大の図書館検索 カーリル
https://calil.jp/

使用方法は、探したい本を入力して地域を指定します。
試しにキーワード『ドラえもん』で図書館を『国立国会図書館』で検索してみます。すると下記の検索結果が出ました。

 ドラえもん   カーリル

てんとう虫コミックスの扱いはありませんが、文庫版や藤子・F・不二雄大全集での取り扱いはあるようです。
このように図書館の蔵書を簡単に検索する事が出来ます。これは漫画に限らずなかなか便利だと思います。

最寄りの図書館のウェブサイトを利用する方法

ぼくは荒川区の図書館をいつも使っていますので、それを例に説明します。

荒川区図書館のトップページ
http://www.library.city.arakawa.tokyo.jp/

荒川区立図書館トップページ

荒川区の場合はトップページに検索ボックスがあるので、そこから検索します。

試しにドラえもんを検索しました。

映画のDVDなども含め、こちらはてんとう虫コミックス、藤子・F・不二雄大全集、文庫版など全て扱いがありました。藤子不二雄ランドはさすがにありませんでした。

ちなみに荒川区の図書館は全国だれでも利用可能です。そういった図書館は多いでしょうから隣県などの自分の行ける範囲の図書館は全部調べてみる価値があると思います。

荒川区図書館:区外の利用者に関する説明
http://www.library.city.arakawa.tokyo.jp/qa_touroku.html#touroku02

それぞれの図書館のページを探すなら、「地域名 図書館」でグーグル検索が一番早いと思います。

電話してしまおう

「地域名 図書館 電話番号」
地域名のところは自分の地域名を入れてください。
これでグーグルで検索すれば大抵一発で電話番号が出ると思います。

とはいえ、「漫画の取り扱いありますか?」と聞いても、「何の漫画ですか?」となると思います。『日本の歴史』や『世界の歴史』みたいな漫画はどの図書館も扱っているからです。そこで聞いて欲しいのが「ワンピース」と「ドラえもん」です。ワンピースを扱っているなら最新の漫画を扱ってる図書館と分かります。もしワンピースを扱っていなくてもドラえもんを扱っているなら文庫本系の巨匠の名作の様なモノは扱っていると分かります。

「ナルト」と「火の鳥」でもいいです。意外と最新系コミックスは扱っていないけれど文庫系名作を扱っている所は多いからです。

また市外だったり県外だったりするなら、この時に利用可能か確認するといいですね。

聞くことは3つです。

ワンピースの取り扱い
ドラえもんの取り扱い
市外、県外利用の可不可(市外、県外に在住の場合)

図書館利用の基本は予約

最近のほとんどの図書館では本をウェブから予約出来ると思います。基本的に漫画は通して読むものですから予約をして利用するのをオススメします。予約であれば地域内の他の図書館からも本を集めて貸出してくれますので抜ける巻なく一気に読むことが出来ます。1巻から10巻までを合本しているというケースもありますね。一冊のように10冊を借りれます。予約した本が用意されると図書館から電話かメールで連絡が来ます。地域差もあると思いますが連絡手段は選べると思います。ぼくはメールで受けてますが本当に楽ですね。

普段ぼくは借りたい本を図書館のウェブ上で予約カゴにどんどん入れます。ネット通販で買い物するような感覚です。すると用意された本からメールで連絡が来ます。ぼくは一週間に一回くらいは図書館に行くのでその際にまとめて借りてきます。書店でもネットでもちょっと面白そうだなと思った本は取り敢えず予約かごに入れます。少し時間は掛かりますが毎週興味がある本を無料で読めます。図書館利用の基本は予約です。

どんな漫画があるか?

図書館ではマニアックな漫画は中々取り扱われません。ジャンプ、マガジン、サンデー系が取り扱われやすいです。これは利用者からの要望を元にして書籍の購入を行っているからです。希望が多い漫画ほど取り扱われます。人気漫画ほど取り扱われる可能性が高いという事です。

文化として価値のある古典系。手塚治虫や藤子不二雄作品は漫画の枠を超えて文化的な価値がある作品になっています。こういった漫画も取り扱われているケースが多いです。

逆にあまりマニアックな作品をせっせと検索しても出てきませんので、その辺りは利用しながら感覚を掴んでください。

まとめ

ステップ1 近隣の図書館での漫画の取り扱いを調べる
ステップ2 ウェブで書籍を予約する
ステップ3 連絡が来たら取りに行く

漫画以外でも非常に便利でお得な図書館。毎月1000冊呼んでも無料ですから。使わない手はありません。ぼくらの税金で運営されてるわけですし。

 

【オススメ無料WEB漫画】 -喧嘩- 感動成分強め。ちょっとゾクッとしたホラー漫画


-喧嘩-

http://kowabana.jp/comics/17
※外部サイト:怖話

ホラー3大要素

ぼくが個人的に思うホラー3大要素は、恐怖、美女、感動です。

恐怖があるのはホラーですから当たり前ですね。怖くなければホラーとは言えません。次に美女です。可愛い女の子が出て来ると絵的にも華やかですし、女性読者には感情移入を想起し、男性読者には守りたい、助かって欲しいという気持ちを想起する事が出来て緊迫感が上がります。最後に感動です。不条理な怖さを追求する作品もありますが感動的な演出が少し入ったりするとたまらないですね。この作品は短編ながらも3つをおさえていました。

美女っていうのは漫画の場合は画力の話

結局美女って言っても漫画の場合は女の子を可愛く描ける画力の問題となります。
この作品は、まあまあでした。悪く無いです。

物語展開

捻りがあって良かったです。多少強引さも感じますがこ話の長さなら仕方ないところだと思います。

感動

これは良かったですね。じんわりきます。しかもそれでは終わらせない展開。ホラーモノの醍醐味が表現されています。読む価値ありだと思います。
あとスマホでも問題なく読めるのがいいですね。これは良く出来ています。

 

BE BLUES! (ビーブルーズ) で一条龍が再現したレジェンド達のゴール動画(桜庭 追加)

一条龍が再現したレジェンドたち

BE BLUES! ~青になれ~の作中では数多くシュートを決める一条龍だがいくつか元ネタがある。
2点は作中で指摘されたプレー、1点は、ぼくが気づいたものだがちょっと紹介してみようと思う。

プラティニのキーパーが見とれる魔法のようなボールコントロール

12秒からのプラティニのプレー

BE BLUES!第2巻8話「誘われた龍」21ページからの龍のプレー。
胸トラップのあとのリフティングの足がプラティニとは反対に見えるが多分このプレー。

 

龍が現実にしたペレの伝説のシュート

4分9秒からのペレのプレー

BE BLUES!第2巻10話「栄光と…」46ページからの龍のプレー。ペレは最後ギリギリで外したが龍は決めた。
作中でコヴァッチは、

”伝説のシュートは40年の時を経て、あの少年によって現実のものとなった。”

と、言っている。

 

ピクシーの伝説のゴール

2分17秒から

1990年ワールドカップ ユーゴスラビアvsスペイン 
ドラガン・ストイコビッチのシュートフェイントからのゴール

BE BLUES!作中での登場は第1巻7話「ステップアップ」193ページ。一条龍がハットトリックを決めたゴール。
これは作中での言及がないのでぼくの予想です。きっとピクシーのプレーがモデルになったに違いない。

桜庭 巧美が市立大浦(宮崎のチーム)との練習試合で決めたスーパーゴール。

3:10からのプレー ベルカンプのゴール集

13巻127話で桜庭 巧美が市立大浦(宮崎のチーム)との練習試合で決めたスーパーゴール。龍に出したパスかと思わせてディフェンスを躱した。

ちなみに桜庭の犬がガリンシャという名前だが、実際の名選手ガリンシャも桜庭がゴール前で披露したターンを使用している。作中で九重がベルカンプのようだと言っているが桜庭のプレーのルーツはガリンシャにあるかもしれない。作中では犬は桜庭の祖父の犬で桜庭は「おじいちゃん子」という描写がある。この情報から考えるとガリンシャのファンであった祖父が桜庭にサッカーを教えた人物であり桜庭が披露したターンも祖父に教わったものであるという推測もできる。ちなみに実際の選手ガリンシャは足の長さが左右で6cmも違ったという。

ガリンシャとベルカンプのターン比較動画

 サッカー 伝説の振り向きトラップ技 ベルカンプターンターンチュートリアル Bergcamp’s Trap Skill tutorial

実際に技をやりたい人はこの動画が参考になりそう。桜庭やベルカンプとは左右が逆。この動画ではスピンが掛かっている様子が分かりやすい。スピンでボールの方向が変わるのがよくわかる。

 

他にも龍のあのプレーはこれじゃないか?みたいのがあったらコメント貰えると嬉しいです。
せっせとまとめます。

 

  ””は、講談社「BE BLUES! ~青になれ~」 作者:田中モトユキ から引用

Sorry, there are no polls available at the moment.

モチベーションを上げる仕事漫画3つ 編集王、サラリーマン金太郎、プラネテス

仕事に対するモチベーションが下がったら仕事漫画で無理やりアゲル!

「仕事だりーなー」という気分の時に一気に元気になれる仕事漫画を紹介します。
レッドブルを飲んで元気になるのもいいですが、あれは体部門。心部門は漫画でいっときましょう。

てなわけで3作品。ぼくが大好きな仕事漫画。もとい僕が熱くなりまくってきた仕事漫画3つ紹介します。

編集王 作者:土田世紀

ぼくが一番好きな仕事漫画であり人生で一番影響を受けた漫画かもしれません。
ドラえもんか、編集王か、寄生獣か。ぼくが影響受けた漫画。

これは漫画の編集の話です。ボクサーを目指していたカンパチが網膜剥離で夢を断念し漫画作りの編集として働きます。
カンパチは明日のジョーを読んで男にしてもらったらしいですが、ぼくは編集王で男にしてもらいました。
この漫画を読んで、まだプー太郎だったぼくは本気で仕事したいと思い、それ以来、その炎は10年以上燃え続けています。
多分一生編集王につけられた火は消えないでしょう。

サラリーマン金太郎 作者:本宮ひろし

編集王と違いサラリーマンとしてのリアリティは無いです。金太郎のようにはなれません。
イザという時に助けてくれる暴走族の友達とかいないし。ちょっと漫画的な問題解決が多いですがそんな事は小さな問題です。
金太郎は「日本サラリーマン」に誇りを持っています。資源もない敗戦国の日本は人間力だけが世界に誇れるものなのです。
そしてそういう誇りを持って経済大国になり先進国に返り咲いたのです。
「ドイツ人とかフランス人みたいに1ヶ月もバカンスとってられるか、俺らは資源もなんもない日本人だぞ。24時間働いて世界をビビらせてやるぜ!」
なんて単細胞なぼくはサラリーマン金太郎を読んで興奮してしまうわけです。
24時間働いてってのは雇用者側の発想としてはブラック企業丸出しで全然ダメなので気をつけます。

プラネテス 作者:幸村誠

宇宙に浮かぶゴミを掃除する仕事をしている主人公たちを中心に展開する未来の話。
仕事漫画ではないですけど宇宙時代の仕事人達の熱い物語が多いです。
その中でも印象的なのが、グスコーブドリに例えられた技師の話でした。
事故で死んでしまった技師を、その上司が彼はグスコーブドリのような男で自分が危険でも人々のために、仕事に没頭していったというのです。
そしてその上司自身もまたグスコーブドリのような男なのです。
グスコーブドリという童話はプラネテスで初めて知りました。
みんなのために、社会のために自分の事は振り返らずに仕事を成し遂げるブドリ。かっこいいですね。
最後はその生命でみんなを助けます。
自分が出来るとか、出来ないとか、いいとか、悪いじゃなく、モチベーションが上がります。

困ったらいつも漫画でモチベーションアップ

漫画でのモチベーションアップは時間がかからなくていいです。
絵があるので自分が熱くなったページを開けば直ぐにその気持に戻れます。
ほんと1分で出来ます。栄養ドリンク&漫画でチャージしてまた働きます!

 

別マガは何故か魔女漫画だらけ

別マガ4月号は魔女漫画3作品!

進撃の巨人が連載している事で有名な別冊少年マガジンですが、なぜか魔女漫画が多いです。
今月はなんと3作品も魔女漫画が掲載しています。

ふらいんぐうぃっち

3ヶ月に1回連載のほのぼの系魔女漫画です。
女の子が可愛いです。

魔乙女たちのエデン

本気系魔女漫画です。画面も黒っぽいです。

Blood Festival

読み切り作品です。
新人漫画賞佳作受賞作品という事です。

偶然もあるけど

3ヶ月に1回のふらいんぐうぃっちと読み切りのBlood Festivalが被るという偶然もありますが、編集部としてはあまりテーマが被ることを気にしないのですかね。

確かにジャンプでは「トリコ」と「食戟のソーマ」というグルメ漫画が2つも掲載されています。
一つだってヒットするのが難しいであろうジャンルが2つ並列して、しかも人気漫画ですし。

サンデーとマガジンもサッカー漫画が2つ同時掲載しています。
サンデーは、「ファンタジスタ ステラ」と「BE BLUES!」。
マガジンは、「エリアの騎士」と「DAYS」です。
こういうジャンルかぶりはあまり最近は気にしない編集方針なのでしょうか。

 

オススメの幕末漫画3つ、龍馬も晋作も大活躍 「風雲児たち」 「おーい!竜馬」 「修羅の刻」

幕末という時代の動乱期は本当に面白い。

260年続いた江戸時代が終わった幕末という時代。この時代はほんとうに面白いと思います。ぼくは大好き。
もちろん坂本龍馬も大好きですが、高杉晋作、桂小五郎、村田蔵六、吉田寅次郎、もう本当に好きな人が多いです。
幕末というのは歴史物語でも青春物語でもあるんですね。
若かりし彼らは志を持って日本中を旅していろいろな人達と出会う。仲良くなったり反目したり、利用したり利用されたり。その中で生命を失い、そして何かを成し遂げていく。
あまりに若者的で、その爽やかさや美しさが、もう本当にたまらなく好きです。
さてそんな幕末を描いた漫画にも名作が多いのですがぼくの独断と偏見でオススメ三作品挙げさせてもらいます。

風雲児たち 幕末編 作者:みなもと太郎

幕末漫画の中でこれはダントツ一番です。ぼくの中では。
シーボルトイネの物語から始まり村田蔵六が登場し、徐々に歴史上の人物たちが現れていきます。
後の吉田松陰こと吉田寅次郎もその中の一人です。この吉田寅次郎の描き方が最高ですっかりと寅次郎を好きになりました。
日本人の仕事魂や心意気にもしっかりと触れ、毎回読むたびに発見のある作品です。
しかもギャグ漫画なのです。歴史xギャグ。とにかく丁寧に描くが故に展開が遅いのが難点ですが、
もっともっと丁寧に画いてほしいという気持ちもあります。細かいエピソードの積み重ねが歴史の理解を助けるからです。
とにかくすごい作品です。

おーい!竜馬 原作:武田鉄矢、作画:小山ゆう

タイトルから分かるように竜馬が主役の漫画で、多少の演出は有るものの史実にかなり忠実に描かれた作品です。
歴史物というよりも青春活劇物です。竜馬の物語を描く際に難しいと思うのは彼が歴史上で大活躍する薩長同盟と大政奉還が、政治工作なのでどうしても地味になる事です。西郷や木戸、後藤を説得して回るという仕事です。
例えば高杉晋作のように革命戦争の指揮をとるというような華やかさがないのです。だから竜馬を主役にして最後までしっかりと描ききるのは
本当に難しいと思うのですが、この作品は最後までしっかりとやってくれました。
だから『おーい!竜馬』を開けば竜馬が最後までどういう活躍をしたのかいつでも見ることが出来ます。

陸奥圓明流外伝 修羅の刻 風雲幕末編 作者:川原正敏

この作品は月刊マガジンに掲載されたものですし知っている人はかなり多いのではないかと思います。
ここまで紹介した2作品に比べると歴史物としてよりエンターテイメント物で、『JIN』や『龍狼伝』なんかに近い性質の作品です。
架空の人物である主人公陸奥出海を軸に坂本龍馬、土方歳三、沖田総司らが活躍する物語です。
主人公は架空であっても、それ以外の部分は非常に史実に忠実で、むしろ陸奥出海の存在により歴史上の疑問が腑に落ちるようなストーリー展開は素晴らしいなと思いました。
例としては、暗殺者に狙われる坂本龍馬が何故あれほど自由に薩長同盟や大政奉還という大事業を成せたかという疑問に対して、最強の格闘家である陸奥出海が常に龍馬の傍らにいたからという理由があります。出海という雲に乗って龍馬は大事業を成したという話です。
確かに龍馬は命を狙われる様になってからも相当に人に合わなければいけなかったはずなのでそこへの理由付けとして完成度が高いです。

本物の人間である以上、死に際が必ずしもドラマチックではないのですが、陸奥出海の存在で土方歳三、沖田総司の死は非常に華やかになります。
これは作者である川原氏が彼らに捧げた鎮魂歌なのかもしれません。

ぼくがこの本を手にした年齢は小学生から中学生にかけてくらいの時期なのですが、今まで何度開いたかわかりません。

司馬遼太郎の影響

上記三作品には司馬遼太郎氏の影響を非常に強く感じますね。
同じ題材を例に取る以上避けられないのかも知れません。

『風雲児たち 幕末編』には、『花神』『世に棲む日日』の影響が強く感じられますし、『おーい!竜馬』は『竜馬がいく』の影響が。
竜馬のりゅうの字を「竜」で表記する事自体が司馬氏の影響だと思います。
司馬遼太郎氏が以前龍馬のりゅうの字を「竜」にしたのは小説として龍馬を自由に書くためにやったと言っていたのを読んだ記憶があります。
『おーい!竜馬』のあとがきで作者も『竜馬がいく』という作品との兼ね合いを気にするコメントをしていました。
『陸奥圓明流外伝 修羅の刻 風雲幕末編』は、そういう意味でもっとも自由だったかもしれません。
定説的である幕末世界を作りそこに架空の主人公を投じる事により無理のない面白さを作り出しました。

もし幕末好きであればこの3作品以外にも司馬遼太郎氏の『花神』『世に棲む日日』『おーい!竜馬』『燃えよ!剣』はオススメです。
多様な作品に触れれば触れるほど時代を立体的に感じる事が出来るようになり、より楽しむ事が出来ます。