藤子不二夫、コンビ解消の理由について考える

ぼくは藤子不二夫が大好きだ。藤子不二夫は沢山の作品の中で友情を描いてきた。ドラえもんだってのび太とドラえもんの友情物語だった。ハットリくんとケン一もだ。
そういう意味で彼らの解散というのは何か釈然としなかった。友情の大切さを常にぼくたちに提示してきた本人たちが何故と思った。 まだ子供だった僕は、その原因を調べるという発想もなかったし手立てもなかった。ただ不思議なもので子供の頃に気になっていたものは、ふと大人になっても頭をよぎるものである。 「そういえば、なんで藤子不二夫はコンビを解消したんだろう?」そう疑問が出れば答えを探すのは現代では簡単な事でインターネットでちょっと調べれば答えが分かる。

以下wikipediaから引用- 伝記本による[要出典]と、藤本が入院した時にコンビ解消を考えたともいわれる。藤子不二雄としての著作権料は関与の度合いに関係なく均等に二分割だったが、どちらかの死後、遺族によって著作権と金銭で確執が起こると考え(特に実質的に藤本作品である『ドラえもん』の巨額の著作権料の分配が問題となると予想された)、それを未然に防ぐためにコンビを解消したという[15]。安孫子によると、コンビ解消を切り出したのは、藤本の方であった[16]。また藤本夫人の藤本正子によると、きっかけは1986年、藤本の入院だった。胃癌[17]の手術後、藤本は復帰したが、また体調を崩し、その翌年に「安孫子氏と別れようと思う」と打ち明けた。正子は「(復帰後の)スタジオの雰囲気が違っていたのでしょう」と述懐している[18]。 —引用ここまで
ぼくは、これを読んで二人は友情の締めくくりが遺族の争いにならないように別れたのだなと思った。美しく考えすぎかもしれないが、ぼくは藤子不二夫信者だから、それで溜飲が下がった。

そして最近、藤子F不二夫の異色短編を読んでいて、一つの答えの様な作品を見つけた。 どういった話かというと、藤本氏を髣髴とさせる老人の家に久しぶりに我孫子氏を髣髴とさせる老人が訪ねてくるというもので。 二人の会話は、たわいもなく、「やあ、久しぶり」とか「すっかり禿げたな」「そっちこそ」みたいな感じだ。 そこではノンビリとした緩やかな友情関係が描かれていた。そして会話は時間の流れへの疑問に変わり、二人はお互いに遠慮なく高度にSF的な時間論を交わし始める。 そこに描かれている二人は、少年時代から想像を語り合っていた姿そのものなのだろう。 そういう友情を残したかったからコンビを解消したんだなと腑に落ちた。そして二人の友情のゴールを見れて、満足した。もちろん作品の中の話なので実際にそういう事があったかわからない。 それでも、そういうビジョンがあったというだけで満足なのだ。 それはのび太とドラえもん、ハットリくんとケン一の友情の結末でもあるように感じた。

 

なぜ働くのか?迷った時は、この漫画

ふと立ち止まって、「ぼくは何故働くのだろう」と考える時、底の見えない穴を落ちてゆくような感覚を覚えるかもしれない。人生には最終的に死という結末が待っていて、仕事は99%の人間にとっては自己実現ではなく生活の糧でしかない。そして人生の大半の時間は仕事で埋まっていく。時間=命であるから、要は生きるために生きている状態になる。 すると「ぼくは何故はたらくのか」という問いにうまく答えが出なくなる。 自分の生活に沢山の矛盾を感じるという事が起こるのかもしれない。 そこでヒントを与えてくれそうなマンガを集めてみた。

働きマン
「まあ、誰でも一緒だね。さあ、やるか!」という気分になるマンガ。

ギャラリーフェイク
「そういう働き方もあるのか。でもまあ、それでも不満はあるよね。」と、ちょっと慰められるかも。

サラリーマン金太郎
「まだ出来る。」サラリーマンが熱く生きる上でのヒントがある。

編集王
「おれも○○王を目指そう」とか思えたら、とりあえず今が楽しくなるだろう。

何故働くのかは人によって違う。自分なりの「何故」を見つけられれば人生はハッピーだ。

 

のび太 命名に込められた作中では描かれない藤子F不二夫の想い

ドラえもんの相棒のび太。聞きなれてしまったので違和感がまったくないが、現実ではありえない変わった名前だ。なぜそのような名前にしたのか、そこにはある隠されたエピソードがある。

作中ではのびのびと育つようにという両親の想いが語られているが、それとは別の作者の想いがある。 のび太は勉強も出来ない。いじめられる。忘れ物をする。立たされる。怒られる。会社を作れば火事で倒産する。などなど、もはや呪われているのではないかというレベルだ。そういうのび太のキャラクターに対して、もし「ミツオ」とか「しょうた」とか「栄一」とか一般的な名前を付けたとしたら、同じ名前の子供がいじめられるかもしれない。そうしたら可哀想だ。そう作者は考えた。

その結果、現実には存在しない名前、のび太と名付けた。これはドラえもんという作品の本質を表すエピソードだと思う。そういう少年読者に対する丁寧で優しい配慮があるから、藤子F不二夫のマンガは高度なSF理論を背景にしても小学生に分かるように低学年でも楽しめるようになっている。そこまでの果てしない読者への優しさと、それを予測する圧倒的な想像力が藤子F不二夫マンガの魅力なのだと思う。

結婚相手に迷ったら値踏みカメラを使ってみよう

値踏みカメラという道具がある。藤子F不二夫の異色短編に出てくる道具だ。どういった道具かというと、撮った写真の4隅に4つのボタンがあり、それぞれのボタンに被写体の価値を値踏みする機能がついている。

–機能紹介
左上のボタンは「本価」が分かる。被写体の原材料費だ。 例えば人間なら800円くらいになる。 右上が「市価」物の定価がわかる。 左下が「産価」、被写体が将来生み出す金額が分かる。 右下が被写体の、自分にとっての価値を金額化して表示する。 —

作中では、女性主人公が結婚相手を選ぶのに、このカメラを使った。 もし、あなたが結婚相手に迷ったなら、この四つの指標で考えてみたらどうだろうか? 本価は人間を物質としてみるので誰しも対して変わらない。 市価は身につけている物の価格が出るだけ。 重要なのは産価と「被写体の自分にとっての価値」。 その二つの指標を良く考えて、最後は心で決めるのがいいと思う。 どうせ未来は分からないのだから「産価」なんてマンガみたいには予測できないから。

明確な目標を持たない主人公たち

まんがの主人公たちには目標を明確に持つ者と、はっきりとした目標が無い者がいる。
例えばワンピースのルフィは海賊王になる目標があり、ナルトも火影になる目標がある。 対してドラゴンボールの孫悟空は、最初から「もっと強い奴と戦いたい」とか言ってたかなという感じだし、 幽遊白書の 浦飯幽助も、やるしかないから、頑張るというノリだ。 昔からあるパターンで、誰かを探すとかヒロインに好かれたいという動機も多いが大抵は物語の確信には関係ないような事が多い。
逆に言えばナルトとルフィはかなり異例な主人公なのかもしれない。 マンガで描かれる主人公は、思春期前後が多く、まだ人生の目標を持っていない場合が多い。 主人公たちの変わった目標を並べてみる。

ブラックジャック 復讐

デスノート 革命

のび太 楽したい

のび太は一貫性なく楽と面白いを常に追い求めている感じ。

海外に行きたくなるマンガ2作品

海外に行きたくなるマンガを2作紹介いたします。

まず少し古いですがサザンアイズはどうでしょうか? 舞台が香港、チベット、インド、マレーシアなど、 しかも描写もリアルで実際に行ったような気分にさせてもらえます。

勇午ユーゴ、基本的に世界中で交渉の仕事をする作品です。 主人公の勇午の命がけの交渉や緻密なストーリーも魅力ですが海外の町並みや人々の描写が活き活きとしていて最高です。 まんがの影響でバックパッカーデビューなんてのもいいですよね。まずは個人旅行から。

お金の勉強ができるマンガ

資本主義社会、ぼくらは通貨を使って生きているわけです。 お金の知識というのが人生を決める場合もあるでしょう。 そういったお金に関して勉強できる漫画を3作品紹介します。

賭博黙示録カイジ
カイジです。ギャンブルばっかりしている漫画ですが、お金の価値を端的に教えてくれます。 例えば2000万円は、まじめに必死に働いて40歳でやっとためられる貯蓄額との事です。 だから「お前らの命と2000万円は等しい」と悪役は言うわけです。 確かに現実世界でも2000万円という金額はそういう金額だし、それを端的に表現するわけです。 お金に対するシビアさが見えると思います。 鈴木みそ 『銭』 この作品はもう少し現実的な漫画で、霊魂となってしまった主人公が 世の中のお金の流れを見て回ります。それぞれの業界の収益構造を分かりやすく解説していく作品です。勉強になります。

ナニワ金融道
読んでおいて損はないです。 お金にまつわる事は、誰しもとても興味のある所です。 しかし細かい数字や税金などの社会の仕組みを理解するのは、 面倒だったりします。確定申告、めんどうですね。 そういう部分を漫画で気楽に学習できるというのがマネー漫画の良いところでしょう。

その他のマネー漫画
闇金ウシジマくん
東京闇虫
ミナミの帝王
カバチタレ!
極悪がんぼ
ダブル・フェイス
この世でいちばん大事な「カネ」の話
銭ゲバ銭ドク

まんが漫画は面白い。バクマンなど

マンガ作りをテーマにした漫画が面白い。
例えばビッグコミックスピリッツで連載していた編集王は、マンガでありながら、 出版社を否定し、商業的なマンガ作りを否定し、よくそこまで出来たものだと感心した。 根底に流れるのはマンガ馬鹿たちの熱い仕事ストーリーだった。

バクマンは漫画作りの現場に少年漫画的な友情と対決を盛り込んだ。 主人公たちの情熱が根底にあるのは、バクマンも同じだ。
ブラック・ジャック創作秘話~手塚治虫の仕事場から~ は、 まんがの神様がいかにブラックジャックを作り上げていったのかを ドキュメンタリーで描く。もちろん熱い!

漫画作りまんがの面白さとはいったいなんであろう? そう考えたときにキーワードは二つあった。
一つは情熱だ。 どの作品もマンガが好きで好きでしょうがない登場人物たちが活き活きと描かれている。 これは当然で、漫画家、編集者という作り手たちが漫画好きで、 漫画に対して情熱を持っている。その情熱をただ表現するだけなのだから、 極端に言えば自分の話をするだけでいいのだ。伝わりやすいし画きやすい。
二つ目はリアリティだ。漫画を作っている現場を、漫画を作っている人たちが、 漫画で画くわけだから絶対にリアリティが出る。むしろ嘘くさい事はできない。 そこが圧倒的な説得力になり読者を引き込む。 マンガ作りの現場がもっているノウハウや経験が、そのまま作品になるのだ。それほど力強いものもないだろう。 ちなみに上述していないが島本 和彦は、まんが家マンガ作品が多い。それもかなり面白い。

ギャラリーフェイクで教養を。

社会人になると、いろいろと教養が必要です。 その中で僕が個人的に読んでて良かったなというマンガがギャラリーフェイクです。

ギャラリーフェイクは画商である主人公が世界中の美術品と関わっていく作品です。 その中で有名な絵画や、それにまつわるウンチクが沢山語られて、そしてそれらのウンチクや作品の背景がマンガの物語に関与していきます。 それによってストーリーと絵で様々な美術の知識が覚えられるし自分の中に残ります。 美大を出ている人や美術に興味がある人と会話をする際には、ギャラリーフェイクの話だけでかなり盛り上れます。 もちろん知ったかぶりをするのではなく、ギャラリーフェイクで知りましたと話せば、相手も読者なら盛り上るし、そうじゃなくても、そこから話は広がるものです。

例えば、 「レンブラント展が今度西洋美術館でやるらしいよ」なんて話になったら、 「光の魔術師って呼ばれてた画家ですよね。」とか自然と出てくるようになります。 あるいはギャラリーフェイクの中で感じた疑問を実際に美術に造詣の深い人に質問したりすると盛り上ります。
僕自身が社会人経験の中で実際にあった経験でもあります。 以前働いていた会社のデザイナーとは、よく美術話で盛り上りましたが、僕の知識は全てギャラリーフェイクからのものです。 そこから話が発展してビジネスとデザインとか、そういうプラスの循環が生まれていました。 繰り返しになりますが、ギャラリーフェイクは美術に関するウンチクを物語の主題に据えるので、それが頭の中に残りやすく、 もちろん漫画として圧倒的に面白いので、美術教養を身につけるには非常に魅力的な作品です。

歴史マンガで人生を輝かす!

まず大前提として歴史を知る事は非常に良い事です。

それは人類の過去を知る事で未来の行く末の予測を助けることにもなりますし、 歴史は人間ドラマですから人を知ることが出来ます。歴史を俯瞰してみることによって、 自分の置かれている状況を俯瞰してみる事の練習にもなりますし、 歴史好きな人との話のネタにもなります。
また歴史は、教科書に載っている事が全てではありません。 真実はどうだったのか良く分からない事が多いです。 したがって、その歴史が記された時代や、記した人の影響も考慮しなければなりません。 人間が行ったことを、どう見るかという事の本質でもあり、そういう多角的なモノの見方も学べます。

そして歴史に触れるならマンガが良いと思います。まずはマンガです。 なぜなら歴史マンガを読むと歴史の理解が非常に早くてよいです。 何故かというと小説などの文字だけでは服装や建物などが分かりにくく印象に残りませんし、 イメージが難しいのです。そこを絵で描いてもらうことによって非常に分かりやすくなる。 どこの小学校でも日本の歴史や世界の歴史のマンガがおいてありますよね。 まずは、あれが分かりやすくていいのです。

幕末なら幕末のマンガをいくつか読んで時代のイメージを持ってしまうと簡単です。 そして複数の作品を読むことによって必ず歴史の解釈違うので、 それが多角的に見るという事の練習になります。 その時代をある程度理解できたら小説でも歴史の本でも何でも理解しやすく面白く感じられるでしょう。