明確な目標を持たない主人公たち

まんがの主人公たちには目標を明確に持つ者と、はっきりとした目標が無い者がいる。
例えばワンピースのルフィは海賊王になる目標があり、ナルトも火影になる目標がある。 対してドラゴンボールの孫悟空は、最初から「もっと強い奴と戦いたい」とか言ってたかなという感じだし、 幽遊白書の 浦飯幽助も、やるしかないから、頑張るというノリだ。 昔からあるパターンで、誰かを探すとかヒロインに好かれたいという動機も多いが大抵は物語の確信には関係ないような事が多い。
逆に言えばナルトとルフィはかなり異例な主人公なのかもしれない。 マンガで描かれる主人公は、思春期前後が多く、まだ人生の目標を持っていない場合が多い。 主人公たちの変わった目標を並べてみる。

ブラックジャック 復讐

デスノート 革命

のび太 楽したい

のび太は一貫性なく楽と面白いを常に追い求めている感じ。

俺の悩み小さいなぁと思える様になる漫画

漫画というのは壮大な話が多くて大抵日常的な悩みは比較すれば小さな事になりがちですが、その中でも悩みが軽くなる様な作品を集めてみました。ポイントは日常があるマンガです。日常があって、登場人物たちも、日常的な悩みを持っている方が共感しやすくなります。逆にドラゴンボールくらい突き抜けると作品は作品、現実は現実となってしまいがちです。それは、それで癒される人がいると思いますが。小さな日常的な悩みでの共感からの、大問題解決。

銀魂
この漫画は見事に日常の小さな悩みから大きな社会的な問題に移行するという流れができています。 例えば主人公は糖尿病だったり、天然パーマで悩んでいます。バトル、ギャグマンガなので共感さえできれば後はスカッとします。

ブラックジャック
難病によって生きる気力を失った患者がよく登場します。そういった患者にブラックジャックが生きる気力を与えるという心の治療のパターンの話が多数あり、それに勇気をもらえると思います。

プラネテス
未来の日常を描いた作品。仕事に対する不満や不安に共感できる、それでもなお、主体的に進んで行く登場人物たちをみて、スッとする感じが味わえる。

 

単行本一冊あたり一番売れた漫画は?意外な順位にびっくり。計算方法は総発行部数÷巻数=?

単行本一冊あたり何部売れたのかをランキングしました。計算方法は、その作品の総発行部数÷巻数です。したがって作品ごと、一巻あたりの平均発行部数となります。 データはいろいろな所から拾ってきたものなので正確ではないですが、傾向は出ています。
ちなみに漫画の発行部数1位の作品はワンピースです。2億7千万部で70巻です。その場合一巻あたり386万部です。 300万人くらい集めている人がいるのかもしれません。 当然昔の名作のほうが有利に働く数字となります。

 

総発行部数÷巻数=1冊あたりの売上。の計算式で

一冊あたり売上げ順に並べてみました。

 

順位  1冊あたりの売上げ  総発行部数  巻数

1位 680 万部 ブラックジャック 1億7000 万部  25 巻

2位 548 万部 ドラゴンボール 2億3000 万部 42 巻

3位 476 万部 鉄腕アトム    1億部                  21 巻 復刻版

4位 387 万部 スラムダンク   1億2000 万部 31 巻

5位 386 万部 ワンピース    2億7000 万部 70 巻

6位 385 万部 タッチ       1億部       26 巻

7位 378 万部 ドラえもん      1億7000 万部 45 巻 巻数はてんとう虫コミックスのみ

8位 370 万部 北斗の券             1億部                27 巻

9位 294 万部 H2                         5000 万部 17 巻

10位 290 万部 金田一少年の事件簿 9000 万部 31 巻 文庫版

11位 263 万部 幽遊白書            5000 万部 19 巻

12位 250 万部 るろうに剣心      7000 万部 28 巻

13位 216 万部 キャプテン翼      8000 万部 37 巻

14位 200 万部 GTO                    5000 万部 25 巻

15位 188 万部 ナルト                  1億2000 万部 64 巻

16位 188 万部 ハンターハンター 6000 万部 32 巻

17位 178 万部 サザエさん           8000 万部 45 巻

18位 177 万部 名探偵コナン      1億4000 万部 79 巻

19位 162 万部 花より男子           6000 万部 37 巻

20位 143 万部 キン肉マン          6000 万部 42 巻

21位 135 万部 ダイの大冒険      5000 万部 37 巻

22位 132 万部 らんま1/2             5000 万部 38 巻

23位 119 万部 グラップラー刃牙 5000 万部 42 巻

24位 119 万部 ゴルゴ13               2億部 168 巻

25位 119 万部 ろくでなしブルース 5000 万部 42 巻

26位 119 万部 ブリーチ                 7000 万部 59 巻

27位 117 万部 三国志                   7000 万部 60 巻

28位 114 万部 バガボンド           4000 万部 35 巻

29位 104 万部 ドカベン               5000 万部 48 巻

30位 102 万部 ガラスの仮面      5000 万部 49 巻

31位 101 万部 美味しんぼ          1億1000 万部 109 巻

32位 95 万部 ジョジョの奇妙な冒険 6000 万部 63 巻

33位 95 万部 テニスの王子様     4000 万部 42 巻

34位 80 万部 クレヨンしんちゃん 4000 万部 50 巻

35位 83 万部 BE-BOP-HIGHSCHOOL 4000 万部 48 巻

36位 81 万部 こち亀                     1億5000 万部 185 巻

37位 78 万部 はじめの一歩        8000 万部 103 巻

 

さすがにまんがの神様、手塚治虫が強い。ブラックジャックが圧倒的に一位で鉄腕アトムが三位です。
それ以外で見るとドラゴンボールが強く1巻あたり500万部を超えます。 300万人くらい集めている人がいたのでしょうか?
スラムダンク、ワンピースと続きます。このままワンピースが失速しないで続くなら確実にスラムダンクは超えそうですが、 この計算方法は連載中のまんがには結構不利です。人気が下火になっても連載が続くようだと発行部数が減少し一巻あたりの売上げとしては減るからです。 完結している漫画は増えるだけです。そういう意味で連載中の漫画で10位以内に入っているのはワンピースだけなので、このランキングの中でも特別な漫画といえます。頂上決戦のようなテンションを維持して更に部数を伸ばして欲しいです。
タッチってそんなに凄いんだという感じでワンピースの次に入っています。ドラえもんはさすがに国民的なまんがです。 この計算方法の方が総発行部数よりも漫画の人気度を測るには正しいかもしれませんが、もっと突き詰めていくと総発行部数/ページ数とかのほうがリアルかもしれません。 1枚あたり何人に読まれたのか、という指標です。
ちなみに一巻あたり100万部を超える漫画は寄生獣やデスノートなど意外と多くありますが、今回の集計では総発行部数4000万部以上で絞ってしまいました。