ソロモンはアルバに殺されシバの子どもに転生する? 【感想】 マギ 第231話

謎が謎を呼び、今やよくわからない

シバの妊娠で少し、現世界とアルマトランの関係を想像させていた展開でしたが、ここにきてダビデが謎すぎて、まったく、なにがなんだかわからなくなってきました。なにがわからないのかもわかりません。

ルフ、イルイラー、アルバ

現在の、謎は、このあたりでしょうか。今週のアルバの反応を見ると、彼女を作ったのは、ダビデということでしたが、実際にはイルイラーに作られたような感じでした。シバが練玉艶という言うには、あまりに性格が違います。

ウーゴの存在が、どうなっていくのかは少しわかってきました。彼は、ソロモン、シバ、アルバの物語の目撃者になりそうです。全てを知り、見てきたという存在です。アラジンが話しているアルマトランの物語もウーゴくんからの情報ということでしょう。

来週からダビデの種明かし

おそらくダビデの企みについてイルイラーから真実が語られていくでしょう。若かりしダビデの物語です。マグノシュタットの校長のような話かもしれません。まあ、ダビデはもう少し、強靭な精神の確信犯な感じがしますが。
ただ、そこでソロモンの役割というか、生まれた意味のようなものが語られ、それを受け入れられないソロモンに対して、包み込むシバと排除しようとするアルバという対立軸が生まれるかもしれません。アルバの今週の反応を見ると、神の命令であればソロモンと対立する可能性はあります。予想ですが、ソロモンはアルバに殺され、そしてウーゴくんの工夫でシバの胎内に宿る子どもに転生するというような展開もあるかと。もちろん、それがアラジンです。

 

神の意思の解釈で揉めるのが普通。 【感想】 マギ 第230話

神と人間

今回、ダビデとソロモンの会話の中で、ダビデはソロモンと仲間たち、異種族を、神は大罪と見なすというようなことを言います。それに対してソロモンは、それなら神はいらないといいます。漫画でこの展開は多いですね。神の意思を語る悪役がいて、主人公は神を否定。という流れです。これ外国ではちょっと違う展開になるんじゃないかなと思いました。

神の意思の解釈で揉めるのが普通

世の中の宗教が絡む争いのなかでは、神を信望するものと否定するもの戦いでなくて、神の解釈の違いで戦うわけです。だからたとえばダビデ老が、神はソロモンたちを見捨てたといったら、ソロモンは、神はそんなことは言わない。そんなふうに神の意思を代弁しあって戦うのが世界の宗教が関係する争いです。しかし、日本は無宗教者が多いからでしょうか。簡単に神を否定します。しかも正義側の主人公が。これは欧米の人から見たら結構文化の違いを感じることなのだろうと思います。

アルマトラン編は佳境に。

どうやら、そろそろアルマトラン編が終わりそうです。シバの子どもが誰なのか、ソロモンはなぜ現世界を作ったのか、そして今週出てきた新たな疑問、運命とは何か?そういった謎がアルマトラン編で全て語られるのでしょうか。それとも謎のまま現世界の話に戻り徐々に明らかになっていくのでしょうか。そもそも、現世界の成り立ちについてだけはアラジンは説明しそうですが、シバの子ども、練玉艶、ウーゴくんとか、そのあたりまでちゃんと説明するとかしないとか言ってないですしね。アリババを含む会議室の連中がちゃんと疑問を聞いてくれるか心配です。とくにシバの子ども。ちゃんと確認して欲しいですね。知識欲の塊である練紅炎がスルーするとは思えないですが。

 

これコミックスじゃ修正されるんじゃないのか? 【感想】 マギ 第229話

個人的には今一番すごい漫画

そう思っているのですが、今週は本当にすごかったです。どうも勢いのある作品は一週間のうちに2つの気になるポイントを作るんですね。最近のマギは、ほとんどこの法則で作られていました。そして今週もそうです。今週の2つは、ウーゴとソロモン。襲われた本拠地です。もちろん2つはつながった話なんですが、段落としては別々で2つの盛り上がりがあると。丁寧に描けば二話分くらいの話しのボリュームがあるということです。

ウーゴの凄さを通して、物事の価値を語る

ソロモンがウーゴこそが最強の魔導師だと言うのですが、その理由付けや、そこまでに至る盛り上がりは相変わらずの面白さで、ウーゴの価値を語るソロモンこそ、リーダーとしての圧倒的な才覚を感じさせるうまい作りでした。魔導師とは普通破壊を行うもので、中には防御魔法のように守るものもありますが、なにかを作り出す魔法を得意にするのはウーゴくんだけのようです。話しの流れ的には、彼こそが唯一の創造的な魔法を使える人物のようにも感じられます。ウーゴくんはアラジンのパートナーでもあるわけで、そのくらい特別な能力があってもまったくおかしくないわけです。

リーダーに必要な長所を見抜く力。

反面、ウーゴくんからすれば、自分に自信を持てなくなった人でも誰でも、良い所を見つけて、自信をつけてくれて、「大丈夫」という気持ちにさせてくれるソロモンこそが凄いと考えています。
確かにリーダーの重要な能力に人の長所を見抜く力があります。これは誰だって良いところはあるというポジティブシンキングではなく、本当に相手の長所が見える力です。だから適材適所が出来るし、その人はそれによって活躍するから、よりリーダーを指示するしという、もちろん適所で活躍する人がたくさんいれば組織はうまく回るというものです。
そういったリーダーにとって最も必要な資質をソロモンが持っていることも表現されます。

滅ぼされる本拠地

今回の表現も酷かったです。焼きつくされた本拠地では消し炭のような死体。子どもでも例外でなくて、非常に、悲惨な表現で描かれています。予想ですが、これはコミックスでは修正されるんじゃないかと思いますね。あまりに強烈過ぎる表現です。ハンターハンターで王メルエムがネテロの爆弾、ミニチュアローズにやられたときがありましたね。あのときのメルエムのような姿になっています。要するに原爆に焼かれた死体の様相です。その被害者が子どもだったりしますから、さすがに露骨過ぎて修正はいるんじゃないかと。作者が本当に描きたいものを読むなら、今週のサンデーは買って置いたほうがいいと思います。

 

シンドバッドら王の器を持っている者こそ支配構造を世界に作り出す。 【感想】 マギ 第228話

ダビデとソロモン

ついにアルマトラン編も最終決戦にやってきたようです。この作品は明らかになっていない、謎がまだまだたくさんあるのですが、現在の連載で注視されているのは、ダビデ老とはなにか?ということでしょう。
彼の手紙を見る限りは、神の意思によって動いているようなニュアンスでした。それは彼が考えている神の啓示ではなく実際に神から直接指示されたような、そういった話し口でした。

そして決まっているのかソロモンの運命

さらにソロモンがダビデを倒しにくることまでも運命として決まっているかのような印象がありました。そうなると、全てはダビデと神の予定調和なストーリーなのかもしれません。で、こういったパターンなら、主人公だけが、絶対的な支配者から世界を変える能力を持っているという話になりそうです。ようするにアラジンだけが世界を変える力を持つと。

では、しくまれた運命とはなにか?

これはマギの中で繰り返し語られてきたテーマで「支配される者とする者がいる世界」ということになります。しかも支配されるものが支配されることを選ぶのが理想的です。ようするにソロモンが即位するような状況のことです。

アラジンが、壊した支配構造の先は?

支配による社会統治こそがダビデとイルイラーの理想だとして、それをアラジンが覆したらどんな組織が出来るのか。
民主的な社会で誰もが平等で、それぞれが自分の頭を使って考えるものになると思います。
そうなってくると、練紅炎という王の存在は邪魔になってきますね。実はシンドバッドもアリババも王の器を持つ者達こそダビデとイルイラーの後継者たちなのです。支配構造を作り出す種子なわけです。
アル・サーメンにとっては、実のところ王の器を持つものは誰であろうと協力できる相手なのかもしれません。

 

アラジンは練玉艶の子供か? 【感想】 マギ 第226話

ルフ=DNA?

ウーゴくんがルフを発見する話が出てくるのですが説明を読んでいると、遺伝子のような気がしてきました。
そして平等を愛するソロモン。ルフは平等だと言うウーゴくんの言葉に異常に反応します。ソロモンが堕天するなら、このあたりがキーワードになりそうです。世界をルフに戻そう。そうすれば平等だ。というような感じです。なんか、人類補完計画みたいな感じになりますね。そうすると。

結局失敗するであろうソロモン

彼が、世界を終わらせるような悪い事をしようとして、自分の仲間たちと死闘を繰り広げる。アルバやウーゴくんを倒すもののソロモンも滅ぼされ、シバのお腹の中の子供に転生して、それがアラジンという感じかもしれません。世界をルフに返すという信念を受け継いだシバが練玉艶として現世界で、未だに、それを狙っているという状況でしょうか。うーん、まあ、自然な感じもします。

そうなればアラジンは練玉艶の子供

ちょっと違和感ありますね。その相関関係は。あとアルバの扱いが軽すぎるような。ただ、今週、気になったのは、アルバの扱いがサラリとしていたことです。かなり大きな決断をしているのですが、省略されちゃってあまり描かれてないんですね。もう、ソロモンとシバ中心の物語で、アルバの葛藤や信念は全く出てこない。彼女はロボットのようなものなので、そういう感情はないのでしょうか。感情たっぷりのウーゴくんと比べると、掴みどころがありません。

ダビデ、ソロモン、アラジン

ダビデ老は一度だけ作品に出てきていますね。手紙みたいなのが載っていた回です。そうです、たぶん原稿おとした回です。彼の雰囲気を見ると、悪人ではありません。流れの中で、悪人を演じているだけという印象を受けます。これは将来のソロモンを暗喩しているようにも感じます。一番気になる、シバの子供の話は、今回はお預けでした。

 

シバの子供。実際の歴史ではメネリク1世。果たして作中では? 【レビュー】 マギ 第225話

結局人間は敵がいないと協力できないのか

抵抗軍としてのソロモンの仕事が終わっていくと、逆に内部で諍いがおこっていくという矛盾が生まれだしました。
「人間は貧困は分け合えるけど、富は分け合えない」という言葉があったと思いますが、そういう感じですね。つらく苦しいときには一緒に耐えられる。だけど、一旦、安定した生活を手に入れると、それを守ろうとして、排他的になるんでしょうね。
あと、ビジョンの欠如ですね。貧乏な頃は、みんなで同じ夢を追いかけていたわけです。安定した生活、主に人間らしい生活を。しかしそれが手に入るとその先のビジョンがない。ビジョンがない組織は、ヒマだから人の悪いところばかり見えるようになる。それで、諍いが生まれる。そういうことだと思います。

ソロモンとシバの子供

彼らの子供が、誰なのかっていうことが物語最大の謎ですね。僕は先週、練玉艶と予想しましたが、みなさんは、どのように思いますか?

可能性としてあるのは、この二人でしょう。

本命 アラジン
対抗 練玉艶

もし、シバの子供がアラジンだとしたら、練玉艶はシバ本人ですね。それだとちょっと現世界での関係は不自然なように感じますね。もう少し、母親の雰囲気があってもよいのでないでしょうか。ちなみに歴史上にシバの女王という人物がいます。彼女とソロモンの間に生まれた子供の名前はメネリク1世です。うーん、アラジンでも練玉艶でもないですね。作中でも最初はメネリクと名付けるんじゃないでしょうかね。ただ、その場合男ですね。双子というパターンもありますね。実は、二人は双子だった。とか、そういうパターンもありといえばありかも。

メネリク1世が作った王朝は3000年続いた

伝説も含めると、彼が作った王朝は3000年続いたことになっています。ソロモンとは違う、安定した世界を築くのかもしれませんし、それが、現世界なのかもしれません。

 

ソロモンとシバの娘が練玉艶っていう説はどうでしょうか? 【レビュー】 マギ 第223話

今週のシバ、よかったな~。

最初、アルマトランの物語はソロモンと、その眷属の物語だと思っていました。ウーゴくんとか。で、その中で、いろいろな謎が明らかになっていくんだろうなと、考えていたのですが、どうやら、それは違ったみたいです。

アルマトラン編は、ソロモンとシバの愛の物語のようです。先週から、そういった色合いがかなり強くなってきましたが、まだまだシバがソロモンにふさわしいような感じがしませんでした。しかし、今週の彼女はすごかったです。ソロモンが彼女を認めるのですが、それは読者が彼女を認めた少しあとですね。一話の中で、凄くうまい構成をしているなと思いました。

ソロモンよりもソロモンの心を語れる彼女

今回、シバは人々が憎しみあう気持ちを、強者への恐れが原因だと説きます。恐れに身を任せて殺しあってはいけないと、本当は全ての人々は、大差なく、仲良くすることができるとも言います。マギには大きなテーマとして支配するもの、されるものがありますが、そこに繋がる原因は恐れだということでしょうか。

真っ直ぐ育ったシバ

今回を読んで彼女はソロモンの花嫁にふさわしいと思いました。本当に心優しく聡明な女性になったと思います。ただ、彼女の運命はどうなるのでしょうか?読者は知っています。アルマトランが崩壊してしまうことを。

シバは練玉艶

ぼくは、以前、シバは練玉艶ではなさそうだと書いたのですが、そのあと気がついたことがありました。練玉艶が持っている杖が、月の杖なんですね。で、シバが初登場時からずっと持っている杖と同じなんです。同じ杖を持っているんですよ。わざとミスリードさせようとしているかもしれませんが、限りなくシバ=練玉艶ですよね。そう思うと、心苦しいわけです。ここまで、立派に育ったシバが、どれほどの事件があって練玉艶になるのでしょうか。もちろん、ソロモンにまつわる悲劇に違いありません。彼女が輝けば輝くほど、切なくなりますね。こんな真っ直ぐな子が、練玉艶になってしまうのかと。

とはいえ、まだ、はっきりと決まったわけではありません。アルバの存在は必ず重要になってくるでしょうし、もしかしたら、ソロモンとシバの娘が練玉艶かもしれませんね。来週か再来週あたりに、口元にホクロのある子どもが生まれるかもしれませんよ。で、ソロモンとアルバの子供というか、化身みたいなのがアラジンとか。アルバとアラジンってちょっと名前似てるし。いや、無理やり過ぎるかな。

 

女性作家じゃないと出てこない台詞。 【レビュー】 マギ 第222話

かなり大人向けな感じ

今回のマギは深かったです。愛を説くソロモンの矛盾を軸に展開され、アルバとシバが未来に向けての興味深い話を繰り広げます。少年漫画として非常に独特です。結婚とか、子供とか、家族愛、あるいは、親の影響、少女の成長。いろいろと深いです。もう完全に大人向けですね。いや、むしろ子供にこそ読んで欲しいのかな。

女性作家じゃないと出てこない台詞

今週のマギにはかなり興味深い台詞が多かったです。女性作家じゃないと書けないと思えるようなものが特に多かったです。

”おまえの子供まで産んだアル!
一生添い遂げる覚悟は出来ているある!”

”惚れた女との子供はいいもんじゃ。”

”ソロモンを愛する女の君にしかできない。”

こういった台詞は男性には書けないですね。読んだことないような新鮮さがあり、不思議な感覚でした。特にアルバとシバ、二人の会話のシーンは良かったです。アルバの「キラキラした目」のくだりは、言い回しがとても美しくて印象的でした。もともとマギはよい作品でしたがアルマトラン編では凄味が出てきたと感じます。

あいかわらずのカリスマ性

ソロモンは、あいからわずカリスマです。彼は仲間に対して思ったことを恥ずかしがらずにはっきりと伝えることができるのです。その率直な思いに触れると誰でも、この人のために何かしたい。そう思ってしまうのでしょう。また彼の素晴らしいところは相手の本当の価値を認めているところです。本質を見抜き、そのうえで、それが俺に必要なんだと言う。「必要とされる」のは、本当にうれしいことです。ソロモンはそういうタイプのリーダーですね。

””は、小学館「マギ」 作者:大高忍 から引用

 

ソロモンはウーゴくんを騙してないか? 【レビュー】 マギ 第221話

シバの成長早い

ついこの間まで子供だったのにシバが随分と可憐な女性に育ってきてびっくりです。とはいえ、作中ではそれなりの時間が立っているのですが。彼女が練玉艶という予想もありましたが現状だと全くその気配がありませんね。

ソロモンの表情に影がある

今週のウーゴくんとの会話の中でソロモンがやけに影のある表情をしている事に気が付きました。ウーゴくんを裏切っているような、少し距離のある表情です。ソロモンに大きな嘘がありアルマトランが終わるという展開もあるかもしれません。どうだろう。

神とは何か?世界とは何か?

だんだんと全ての根源に迫るような話になって来ました。アルマトランにおいての神や世界の成り立ちが分かったとしても、アラジン達の世界との関連性は別の問題です。まだまだ沢山の謎がありますね。

 

ソロモンが練紅炎に似てるのは理由があるか? 【レビュー】 マギ 第221話

シバにファンが出来そうな

今回はシバが随分と魅力的になっていて驚きました。これはファンが出来そうな気がします。人気が出るキャラクターには個人的に切なさが必要だと思っています。モルさんとか、そんな感じじゃないですか。まあシンドバッドは強さで人気ですけど。

なんか恋愛っぽいゴチャゴチャ感が

マギは女性キャラクターが多い割にはあまり恋愛っぽい感じがないですね。今回シバがソロモンに対してヤキモチを焼く場面がありますが、これが今後の展開のヒントになっていくのでしょうか。マギは愛が原因で物語が大きく動くことはありますが、男女の恋愛のもつれで物語が動いた事はありません。もしかしたらシバ初めてのケースになるのかもしれません。今回の話しのタイトルは「恋情」でした。わざわざ恋をタイトルに持ってくるのも象徴的な気配がありますね。

シバ=練玉艶か?

練玉艶のアルマトランでの姿はまだ出てないですよね?もしかして自分が読み落としてるだけで既に定説的な物があります?取り敢えずシバは練玉艶じゃなさそうですね。顔がぜんぜん違うし。

ソロモンが練紅炎に似てるのは理由があるか?

ソロモンが憂いのある表情をすると非常に練紅炎に似ていると思うんですね。横長の目が非常に似ています。特にアルバに語りかけている時のソロモン王の表情はあまりにも練紅炎です。これたまたまですかね。何かのヒントだったりしませんかね。練紅炎はシンドバッドやアラジンに比べて重要人物の割りに宿命的な背景がないじゃないですか。練玉艶とも本当の親子ではないし。彼に何かの因縁をもたせるならソロモンとの何かがあるのがいいと思うんですよね。