マギは残酷だしエロいけど子供たちに触れてもらいたい作品。 【レビュー】 マギ 第220話

あまりに美しいソロモンの物語

ぼくの思うこの作品の凄い所は最初からテーマがブレない事だ。支配するもの支配されるものがいて、それを無くしていくというのが物語の本筋で、それは奴隷と主人だったり、王族とスラムの住人だったり、遊牧民と皇帝だったりするのだが、基本的に人間は支配されたりしたりしてはいけないという話になっている。一つのエピソードだけでは伝えたいことが描ききれないため様々な角度で解法の物語を繰り返し描いている。例えばマグノシュタットでは支配される側が支配を望んでいるというシチュエーションだった。世界には様々な支配構造があるという事だろう。

支配されるべきではない範囲

今週のマギでは支配されるべきでないのは誰までかという線引を感じた。マギでは人間が人間を支配するという構造を描いてきたのだがアルマトラン編では人間以外の知的生命体も登場する。もちろん前回までのソロモンの言動で彼が人間以外の知的生命体も人間と同じように幸せに生きるべきだと思っている。要するに現実社会で言うところの人権があると彼は考えているのだ。

ソロモン流の人権を語った

彼は今回彼自身が考える人権とは何かを語った。これはそのまま作者が考えている人権をソロモンが代弁しているのではないかと感じた。非常に分かりやすくて子供でも分かるだろう。マギは多少残酷だしエロいけど子供たちにも触れてもらいたい作品だと今回は強く感じた。

エロさ(おっぱい)にも作者の言いたいことがあるのでは?

クソ真面目にバカな話をするが、もしかしてマギに沢山出て来る巨乳キャラクターにも作者の意図が隠されているのではと今週の表現を見ていて感じた。ソロモンが愛情について語るシーンがある。その中で赤ちゃんを抱く巨乳の母親が描かれる。そこでぼくが感じたのは、もしかして今までの巨乳は母性=愛情のメタファーなのかと。ぼくの解釈ではソロモン曰く愛情を持てる生き物=人権があるのだから、要するに巨乳=人権(混乱中)という事になる。

ともかく、ただの読者サービスにしてはやけに象徴的に描かれているんですよ。巨乳の母親が。

 

今のマギはかなり面白い。ソロモンのキャラクターいいな。目が離せない 【レビュー】 マギ 第219話

アルマトラン編の面白さ凄まじい

マギの長い連載の中でも個人的にアルマトラン編は相当に面白く感じる。まず表現が面白い。人間が捕食されていた時代を描いたシーンがあったが、その捕食者である生き物の見た目がまず素晴らしかった。彼ら(知的生命体なので敬意を表して彼らと表現する)は、ジャミラ的な体の形に縦に裂けた口。とても知能がありそうには見えないがアリを取る猿くらいの知能はあるのかベタベタ張り付く棒で人間を捉えては捕食していた。捕らえた人間を調理したような話もあったので、やはり猿とは比較にならない知能があるのかも。

鱗狼のバカ顔のパンチ力

鱗狼がシバの魔法によって「バカ」にされてしまった顔はかなり悲劇的だった。薬物中毒の末期のような表情は胸に迫るものがあった。無理やり薬漬けにされた労働者の悲惨さだ。ソロモンたちがシバを塔から開放する事により鱗狼も呪縛から開放された。

子供の鱗狼までも

しかし前回でシバが仲良くなった子供の鱗狼までもが別の魔導師により「バカ」にされてしまう。この時の子供の鱗狼モモの表情はあまりに凄まじい。眼の焦点は合わず涙を流しながらヨダレを垂らしてる。子供を薬漬けにして労働させているような描写だ。実際にこの世界では鱗狼は知的生命体であるから人間と変わらない。基本的人権を持つべき生命なのだから多少見た目が人間と異なってもその悲惨さは変わらない。その痛々しさをビジュアルでストレートに突っ込んでくるあたり、マギの今までの連載の中でも、そうとう刺々しい表現と感じる。

紐解かれる謎

もちろんビジュアル的な話以外にも面白さがある。ウーゴくんを始めとしたマギの根幹に迫る秘密が少しづつ解読されていることである。72の塔、72の神杖、72の眷属がつながった時には震えるような衝撃があった。

魅力的なソロモンと仲間たち、そしてシバ

そして最も重要なのはこれだろう。ソロモンとシバ、そして眷属たちのキャラクターが非常に魅力的なのだ。中でもソロモンの魅力はずば抜けていて、シバを化け物扱いしたり、カリスマ性で仲間を従えたり、ビジュアルの話に戻るが彼の外観も非常に魅力的に描かれている。

今回のタイトルは「ソロモンの正体」

タイトル通りソロモンの正体が少し明らかになる。読者にとっては想像の範囲内だったかもしれない。明らかになったソロモンの性はアブラハムだった。アブラハムとは「アブラハムと7人の子」で有名なアブラハムだ。歴史上のソロモン王もアブラハムの子孫とされている。性が同じという事で実際のソロモン王とマギ世界のソロモンが同じ道を歩むことを暗示的に提示しているのかもしれない。だとするなら未来のソロモンの運命が見えてくるかもしれない。

エチオピアの女王シバ

ソロモン王の時代に現れた歴史上の人物の固有名詞が次々に登場している事を考えると、この時代がモチーフになっているのは間違いないだろう。例えばシバは同時代に存在したエチオピアの女王シバから取られた名前だろう。

実際のソロモン王はどうか?

ソロモン王が生きている間、王国は統治されていた。とはいえ内部では格差が広がり国家が分裂する可能性が大きく育っていた。彼の死後国家は分裂する。この辺りの歴史がマギのソロモンに影響を及ぼしそうだ。例えばソロモンが王に即位し世界を治める。その中で魔導師と魔導師以外の格差が激しくなる。魔導師が迫害されるという方向になり、迫害された者達がソロモンを追い詰めるような物語になるかもしれない。マグノシュタットが成り立ったストーリーと似ているのでもう少しひねりが必要かと思うが。

マギ 第220話 予想

ソロモンの過去が更に語られるだろうと予想する。何故彼が反乱軍を組織したのか、塔を開放するのか、思想の源泉を紹介するような話になると思う。

-週刊少年サンデー 2014年17号 マギ 作者:大高忍-

 

この展開ならシバは練玉艶じゃなさそう 【レビュー】 マギ 第218話

あまりに悲しい「ソロモン王と72人の眷属」

今回、なぜ塔の数が72本でソロモンの眷属が72人かの理由が明らかになります。その理由はあまりに悲しいものでした。この運命をアラジンも背負っているのでしょうか。そしてソロモン王の存在には疑問が残ります。今回の説明では塔が73本必要か、眷属が71人かのどちらからでないといけません。そのあたりはこれから語られるでしょうがソロモンと眷属たちの生い立ちはやはり違うという事です。

この展開ならシバは練玉艶じゃなさそう

シバが練玉艶になりそうな根拠が孤独感や洗脳だったのですが、今週の展開を見るとシバには共感できる仲間が沢山いて練玉艶になる必然性はないように感じました。そこは物語展開で変わるのかもしれませんが現状ではかなり想像しにくくなりました。

絵が悲しすぎる

アルマトラン編になってから何度かあるのですが今週も異種族の描写が恐ろしい、悲しいです。思考能力を失った鱗狼が再度登場するのですがその絵が涙がでるほど恐ろしくてシバの感情を読者に感じさせるに足るすごい説得力でした。毎回突き刺さる描写がマギにはあります。

ソロモンとシバ

今回は盛りだくさんでソロモンとシバの心の交流もありました。この時のソロモンのセリフ回しが非常にセンスが有ります。

シバかわいそう

シバがかなり追い込まれるシーンがあります。可哀想でしかたないです。ソロモンはそこまでシバを追い込む必要があったのでしょうか?話の展開としては理解できるしはっきりと自分がした事を分かる必要があるという必然性もあるのですが、そこまでしなくてもなあ。と個人的には感じました。いやもう、かわいそうで。

マギ 第219話 予想

来週ちょっと話が飛んだところから始まるような気がします。シバがすっかりソロモンの眷属として定着していて活躍している状態です。おそらくソロモンに起こった大きな問題。これがなんだかわからないですけど。の伏線が始まるんじゃないですかね。あと希望としてアルマトランにシンドバッドの元みたいな人物が出てきてほしいですね。なぜ彼が第一級特異点として生まれたのか理由が紐解かれると面白そうです。

-週刊少年サンデー 2014年16号 マギ 作者:大高忍-

 

ソロモン王の72人の眷属と72本の神杖 【レビュー】 マギ 第217話

ソロモンのカリスマ性

マギのすごいところはカリスマ性があるという設定の人物のカリスマ性が読者にもちゃんと感じれるところです。
シンドバッドや練紅炎などしっかりとカリスマ性の演出があり、それが腑に落ちます。

さてソロモン王はどうかというと今週号では、そのカリスマ性をしっかりと披露しています。

イスナーンとウーゴくんが揉めているところをうまく仲裁してウーゴくんもイスナーンもどっちもいい気分にさせています。
マギという作品はこういうちょっとした仕掛けが非常にうまくて読んでいるうちにどんどん引き込まれます。

改心していくシバ

さて未来の練玉艶候補のシバちゃんですが今週号ではかなり改心していきます。
先週出てきた狼っぽい異種族の子どもとの交流で心を通わせます。
意外と簡単に、といっては失礼かもしれませんが、変わってしまいました。

ウーゴくんの魔法道具

ウーゴくんの魔法道具でレジスタンスたちは生活し移動しているようです。
やっぱりウーゴくんはすごいですね。動力が雷魔法というのも面白いです。

ソロモン王の72人の眷属と72本の神杖

魔力を大量受信する杖は世界に72本あるという事がウーゴくんによって語られます。
あれ、ソロモン王の眷属と同じ数ですね。これは一体何を意味しているのか非常に楽しみです。

第218話 予想

レジスタンスは神杖を奪いに行く途中だったので、来週もそれを続けていると思います。
その中でシバがだんだんと変わっていって、むしろ異種族側を護るような考え方に変わっていくと思います。
それからソロモンが世界を変えようとしている方法がもう少し具体的に語られ始めるかもしれません。
王になるというだけでなく、もう少し王になってどうする、何をするのような。
アルマトラン編はかなり面白いです。来週にも期待です。

-週刊少年サンデー 2014年15号 マギ-

 

差別社会アルマトランの物語 【レビュー】 マギ 第216話

先週から引き続きソロモン王の物語。

ソロモン王の物語が紐解かれることによって、それぞれのジンや王の器(シンドバッドやアリババ)の登場人物たちの意味、アルサーメンが何なのか明らかになっていきそうだ。

ソロモン王の外見

これは予想通りといった所だろうか。
アラジンを少し精悍にしたような顔立ちだった。
額にある紋章のようなものも一緒だ。
今まで回想で出てきたソロモン王は初老のようなイメージだったので所見では、意外に若いという印象だ。

差別社会アルマトラン

アルマトランでは人間以外の知的生命体を人間が知能を奪って支配してる。
支配し支配されるという構造は実のところマギの本質的なテーマだ。
単行本第一巻に出てくる領主(モルジアナを奴隷として支配していた悪いやつ)が、すでに人を支配したいという欲求を口にしているし、自分より偉い国王が居て、自分が支配されているのが許せないとも言っていた。

黄牙一族、バルドッド、マグノシュタット、すべて支配する者される者の話だ。
唯一の王が必要か否かなど露骨に権力の話は盛り込まれているのでもはや隠れたテーマでもないのだろう。
しかしマギは『キングダム』(ヤングジャンプ連載中)のように最初から国取物語というアプローチを取っていない。
当初はアラジン、アリババ、モルジアナの漫遊記的な物語だ。
一般人として市井に関わっていく3人がいるからこそ支配構造の歪を際立たせている。

そして別世界アルマトランも支配する者とされる者の葛藤ある世界だった。

レジスタンスを組織しているソロモン

アルマトランでのソロモンの立ち位置はマギであるアラジンとは違う。
王を選出する者であるマギに対してソロモンは王そのものになる。
志の正邪の違いこそあれバルドッド編に登場したカシムのような立場だ。
このレジスタンスには後にジンとなるソロモン王の眷属が名を連ねていて今週号ではそれが紹介されている。
ウーゴくんもいる。
こういった元々知っているキャラクターの過去が明らかになっていく仕掛けは非常に楽しい。

ソロモンの現在の革命活動

ソロモンはレジスタンスのリーダーとして、知能を奪われて支配されている知的生命体の解放を行っている。
異種族は特殊な塔からでる魔法の力で考える力を奪われているため、各地の塔の機能を停止する事がソロモンの目下の目標のようだ。

マギ 第217話 予測

現在のソロモン王は誰に似ているかと言えば性格面ではシンドバッドに一番似ているように感じる。
ただシンドバッドよりも直言家で思っている事をはっきりと、そして比較的辛辣に口にするようだ。
来週以降ソロモンの個性が更に明らかになっていくだろう。そして今回登場した魔導士側の人物シバとの心の交流があるていどなされていくだろう。
このシバが練玉艶かもしれない。ただ練玉艶はアルマトランのマギであったらしいからシバ=練玉艶だと考えると少し力不足感がある。

これから物語がどう明らかになっていくのか楽しみだ。

-週刊少年サンデー 2014年14号 マギ-

 

棒の先に蜂蜜みたいなネチョネチョしたやつをつけて穴のなかに住む人間をくっつける 【レビュー】 マギ 第215話

 

さて今週から少年サンデーを再読し始めたので、それぞれの漫画をレビューします。

連載途中からのレビューなのでわけわかんなくなるのはご愛嬌です。

ざっくりあらすじ

今回のマギはアラジンがアルマントラという世界の真実を語るというお話です。
アルマントラでは人間は知的生命体のなかでは一番弱い立場という事なので、したがって複数の種類の知的生命体が存在している世界と言うことになります。
人間を専ら捕食するのがオークと呼ばれる種族で体長は200メートルくらいな感じです。棒の先に蜂蜜みたいなネチョネチョしたやつをつけて穴のなかに住む人間をくっつけてつかまります。子どもでさえも

”お母さーん”

と叫びながら捕まっていきます。残虐性の演出でしょう。

アリクイ(オーク)とアリ(人間)というイメージの描写です。
とはいえ、かなり大きさに差があるので相当たくさんの人間を食べなければいけないと思うのでオークにとっては栄養摂取効率が悪そうです。

そして人間が襲われているところに「創造主」が現れます。
そして創造主は世界が争いばかりで滅びそうだから争いが起こらないように知的生命体は人間だけにすることに決めたようです。
オークは消えてしまいました。世界を収めるための力として魔法を人間に授けます。

そして「ソロモン王」が生まれて世界が平和になったというのがアルマトランの歴史のようです。

次号予測(マギ 216夜の予測)

今週の引きでアルマトランは結局滅びてしまったという話が出てきます。
何か悲惨な事が起こったようです。

来週は、この悲惨な出来事中心の話になるでしょう。

この話の内容はたぶんマギという物語のラスボスに関するものになるんじゃないかと思います。
例えばソロモン王がテロなどで肉親を亡くすなどして自分の国民を憎み暴君になり最後は悪魔と取引してすごい悪くて強いやつになるみたいな、
悲しくて同情する余地もあるけど、それでも許すことの出来ないラスボス的な感じになるんじゃないでしょうか?

いや、実際全部読んだらもっとましな予想できるかもしれませんが、来週までにはマギなんとか読破して最新話に追いつきたいです。

感想

オークのデザインは最高です。ジャミラ的な体系に目が四つ。口が半回転して縦についてるところなど最高です。
最初に登場した時はサイズ感が分からないのですが人間を捕食するシーンで超巨大だって事が分かります。
相当数の人間を食べないと必要カロリーに達しないでしょう。
進撃の巨人の巨人のように栄養のために食べているのではないのかもしれませんね。

またアリの巣的な構造の家に人間が住んでいるのも面白かったです。
そこにベタベタ棒、ほとんどお掃除グッズ的なものを突っ込んで捕食ってのがまた面白い発想でした。

気になったのは「創造主」があっさりオークを消してしまった事。
オークが悪という描写はとくになく人間の天敵なだけなので非常に理不尽な感じがしました。

心に響いた所

”俺たちに食べられる魚や動物たちも…こんな気分だったのかな…”

この人間と食材になってしまう動物の立場を入れ替えてみる考え方はエンターテイメントとして普遍的に面白いと思います。
僕のかってな思い込みでは藤子F不二夫の『ミノタウロスの皿』で初めて言及されて岩明均の『寄生獣』で完成したテーマだと思っています。

とはいえ、この台詞の次のステップを考えるとやっぱり動物を擬人化するのはやめようよとなります。
要するに動物が食べられて可哀そうだという考え方は犬に洋服を着せて犬が喜んでいると勘違いするのと近いことなのかと。
動物には哲学もなければ思春期もないし葛藤もないわけです。そういう意味で人間と動物の立場をひっくり返して可哀そうだと言っても、
何か遠いのかなと感じます。とはいえ立場を変える事により見える視点があり、だからこそ食事は感謝して残さずに食べましょう。
命を奪っているのだから正しく役立てないといけませんという気持ちになります。まあ説教くさい結論になるわけです。

いや説教くさくてすいません。

こういう事をふと考えさせてくれるのはやはり『マギ』の表現が秀逸だからでしょう。

名言

”ただ、人間たちは一番弱かったからこそ仲間同士とても助け合っていたし、他の種族にひどいことなんかしたこともなかったから…”

 

人間の価値とはやはりどこまでいってもチームワークなんだなという事と、
他人に迷惑を掛けないで生きていきましょう、という事だと思いました。

 -週刊少年サンデー 2014年13号 マギ-

””は、小学館「マギ」 作者:大高忍から引用