DAYSは、生い立ちから生まれる特殊なサッカー選手 【レビュー】 DAYS 第44話

逆説的なスポーツ漫画

スポーツ漫画は山ほどあるしパターンも出尽くしているから普通じゃない発想でやらないと目新しさがなく、まったく面白くなくなってしまうというのが現代のスポーツ漫画の辛いところで、特に野球やサッカーを取り扱うと、本当に厳しいと思う。

『DAYS』はサッカー漫画だからもちろん今までのパターンは通用しない。
例えばドライブシュートとか幻の左とか絶妙なボールコントロールとか、もうそういったものはお腹いっぱいだ。

じゃあどうすんだ?
という中で一つの答えを出しているが少年サンデーのサッカー漫画『BE BLUES!』だ。
サッカーのメンタルの部分と人間のメンタルの部分を深く考察することにより少し違う次元のサッカー漫画を作った。
サッカーコラムのようなスタンスで選手を見るスタイルだ。

また、野球漫画の話なってしまうが『大きく振りかぶって』は、野球のテクニック的な部分よりも少年たちの友情と成長、それが野球の結果となって表れていくという新しい技法を作った。
これも相当に新しい。山田と岩鬼が仲良くなったら明訓が勝つという相関関係はなかったはずだ。

DAYSは、生い立ちから生まれる特殊なサッカー選手

今週号のDAYSはとても面白かった。いろいろな伏線が答えにたどり着いた回だった。

主人公は母子家庭で母親は体に障害があり車いすだ。
だからどこにいくにも主人公は人の目を気にしなければいけなかった。
それが周囲をよく見る習慣につながった。そして母親の面倒を見る事によって培われた優しさはチームメートにも向けられる。
それはサッカー選手としては致命的な勝負をしたくないという形で表れていたのだが、自分は勝たなくていいという気持ちと周りの人に注意を向けるという習慣が相まって、不思議なフォワードとしての能力に覚醒する。

自分がゴールを追わない事、チームメートを気遣う事により彼らのクセや思考を読み取る事で異常にコボレ球予測に優れるフォワードとなった。敵陣でこぼれ球を拾いまくるのだからこれは強い。
いうなれば「リバウンド王、桜木」みたいなものだ。

みなまで言うのが最近の漫画

昔の漫画はエンターテイメントだけでよかったと思う。面白い事が一番大事だった。
しかし最近の漫画は何かを読者の中に残さないといけないのかもしれない。
物語の中でさりげなく「より良く生きる姿勢」を提示するだけでなく自己啓発本顔負けの言葉を、登場人物に言わせる傾向が現代の漫画にはあるように思う。

”あの人はもしかしたらものすごく急いでたかもしれないよ”

主人公の母親が駅の階段で邪魔者扱いされた時に、納得いかない主人公に母親が言った台詞。
これは、そのまんま「七つの習慣 スティーブン・R・コビー著」の中に書かれている「パラダイムシフト」だ。

このように自己啓発的な内容を物語で見せるよりもはっきりと言葉にするという事が最近の漫画の傾向だ。
このあたりはやり過ぎれば説教臭くなる。しかし思春期前後の読者の勇気や生き方の指針になるかもしれない。
この傾向が進んでいくと漫画は子供の読み物という視点からだんだんと離れていくだろう。

長くなったが、今週のDAYSはいろいろ思うところの多い回だった。要するに大成功している回だった。

-週刊少年マガジン 2014年14号 DAYS-

””は、講談社「DAYS」 作者:安田剛士 から引用

 

中学野球部、高校テニス部は意外とうまい 【レビュー】 ベイビーステップ Baby Steps 第290話

ピートを追い詰めたマルオですがここでピートが目覚め始めます。

苦手な高めのバックハンド

マルオは勝負を決めるためにピートのバックハンドに高めの球を打ちます。
これはピートの苦手なコースでピートはこの打球を強く打つことが苦手でした。

しかしこの土壇場でピートはバックハンドを野球打ちします。
そして強い球を返すことが出来るようになり勝負は分からなくなりました。

「野球打ちなんかテニスでは通用しないだろ」と思うかもしれません。

中学野球部、高校テニス部は意外とうまい

僕の友人で中学野球部で高校からテニスを始めた人間がいるのですが、彼は野球をやってると手首などが鍛えられていてテニスをやるには有利と言ってました。

元野球部の別の友人は大学になってからテニスを始めたのですがいきなりしっかりとしたフォアハンド打っていてびっくりしました。
元バスケ部の僕は頑張っても同じようにはなかなか打てませんでした。

ということで、意外とテニスをやっている人にとってはバッティングがテニスに役立つのは常識なのかもしれません。

今回の『Baby Steps』はそのあたりをネタに持ってきて試合を展開させているので自分のいろいろな実感から結構ささりました。

ベイビーステップ 第291話の予想

とりあえず来週はお休みらしいです。楽しみな所で残念です。
次回の予想は、ピートが強いバックを打てるようになっているのでデュースに持ち込むと思いますね。
で、そのデュースでマルオが勝ちきると思います。セットカウント2-0。まあ次回はそこまで進まないでしょうね。

-週刊少年マガジン 2014年14号 ベイビーステップ-

 

帰ってきたオバケのQ太郎のような悲哀 【レビュー】 キリヲテリブレ 第1話

ウルトラマンのような変身ヒーローもの?

さて今週から始まった新連載です。

話の筋としては大きな怪獣が出てきて学生である主人公が大きく変身して倒すという物語で、もちろん正体は秘密です。ちょっとトイレいってくる的な感じで変身して戦います。

昔父親にウルトラマン的なマジンガーZ的なヒーローになれる薬を注射されそうになるというシーンがあります。
これはもうそのまんま進撃の巨人でエレンが父親に何かを注射されるシーンとかぶりますね。

もちろん内容はまったく違う漫画なのでオマージュ的な感じなのでしょう。

変化球来た

怪獣と戦い勝利した主人公は町をずいぶんと破壊してしまい世間的にはむしろ主人公こそ怪物のような扱い。
執事らしき男性は主人公に向かって巨人化(ヒーロー化)の技術を自衛隊に提供して組織だって戦ってもらった方がよいのではないかと提案します。
このあたりが80年代、90年代のヒーローものと一線画すところです。

これをヒーローリアリティものと名付けます。

要するに架空のヒーローが本当に現実にいたらどうなるのだろう。という思考実験を物語にした作品です。

帰ってきたオバケのQ太郎のような悲哀

架空世界のお約束の中だからヒーローだったのに、そのお約束をことごとく外してしまったらヒーローはヒーローたりえません。これは藤子F先生が短編「帰ってきたオバケのQ太郎」の中で提示した現象です。

ウルトラマン的巨体ヒーローのお約束

正義の味方と悪の見分けがつきやすいし、周囲の人たちも認識している。
建物が壊れたりしてもそれは触れない。

今回キリヲはこの2種類のお約束が無視されたために世間では悪者として認識されました。

ヒーローのお約束を使えない主人公が今後どうなっていくのか。
そのあたりがキリヲテリブルの面白さだと感じました。

-週刊少年サンデー 2014年14号 キリヲテリブレ-

 

差別社会アルマトランの物語 【レビュー】 マギ 第216話

先週から引き続きソロモン王の物語。

ソロモン王の物語が紐解かれることによって、それぞれのジンや王の器(シンドバッドやアリババ)の登場人物たちの意味、アルサーメンが何なのか明らかになっていきそうだ。

ソロモン王の外見

これは予想通りといった所だろうか。
アラジンを少し精悍にしたような顔立ちだった。
額にある紋章のようなものも一緒だ。
今まで回想で出てきたソロモン王は初老のようなイメージだったので所見では、意外に若いという印象だ。

差別社会アルマトラン

アルマトランでは人間以外の知的生命体を人間が知能を奪って支配してる。
支配し支配されるという構造は実のところマギの本質的なテーマだ。
単行本第一巻に出てくる領主(モルジアナを奴隷として支配していた悪いやつ)が、すでに人を支配したいという欲求を口にしているし、自分より偉い国王が居て、自分が支配されているのが許せないとも言っていた。

黄牙一族、バルドッド、マグノシュタット、すべて支配する者される者の話だ。
唯一の王が必要か否かなど露骨に権力の話は盛り込まれているのでもはや隠れたテーマでもないのだろう。
しかしマギは『キングダム』(ヤングジャンプ連載中)のように最初から国取物語というアプローチを取っていない。
当初はアラジン、アリババ、モルジアナの漫遊記的な物語だ。
一般人として市井に関わっていく3人がいるからこそ支配構造の歪を際立たせている。

そして別世界アルマトランも支配する者とされる者の葛藤ある世界だった。

レジスタンスを組織しているソロモン

アルマトランでのソロモンの立ち位置はマギであるアラジンとは違う。
王を選出する者であるマギに対してソロモンは王そのものになる。
志の正邪の違いこそあれバルドッド編に登場したカシムのような立場だ。
このレジスタンスには後にジンとなるソロモン王の眷属が名を連ねていて今週号ではそれが紹介されている。
ウーゴくんもいる。
こういった元々知っているキャラクターの過去が明らかになっていく仕掛けは非常に楽しい。

ソロモンの現在の革命活動

ソロモンはレジスタンスのリーダーとして、知能を奪われて支配されている知的生命体の解放を行っている。
異種族は特殊な塔からでる魔法の力で考える力を奪われているため、各地の塔の機能を停止する事がソロモンの目下の目標のようだ。

マギ 第217話 予測

現在のソロモン王は誰に似ているかと言えば性格面ではシンドバッドに一番似ているように感じる。
ただシンドバッドよりも直言家で思っている事をはっきりと、そして比較的辛辣に口にするようだ。
来週以降ソロモンの個性が更に明らかになっていくだろう。そして今回登場した魔導士側の人物シバとの心の交流があるていどなされていくだろう。
このシバが練玉艶かもしれない。ただ練玉艶はアルマトランのマギであったらしいからシバ=練玉艶だと考えると少し力不足感がある。

これから物語がどう明らかになっていくのか楽しみだ。

-週刊少年サンデー 2014年14号 マギ-

 

万里花にはもっと九州弁を連発してほしい 【レビュー】 ニセコイ 第112話

今回のニセコイは万里花メインの回でした。

彼女のファンの方は必見だと思います。
個人的には万里花にはもっと九州弁を連発してほしいと思っていますが、
ここぞという時の必殺技にしているようですね。

彼女のキャラクターはなかなか独特で、言葉遣いは敬語で、お父さんは警察官、
主人公との子供の頃の約束を覚えている許嫁で病弱。

ようするに超お嬢様設定なのですが、意外性のある設定が二つ。

一つは、方言。興奮すると方言が出ます。

もう一つは、勉強苦手。
これは本当に意外な設定です。普通このキャラクター付けなら勉強は得意なはずだと思うのですが。

微妙にわかりにく万里花の魅力

今回の話は万里花の付き人右助(万里花に言わせれば犬)が、恋に悩んでいるので恋愛がうまくいく方法を、
万里花が楽を巻き込んで教えてやろうという話ですが、万里花は楽とイチャつくので頭がいっぱいで全然真面目に右助に対応していない。

こういうのってお約束的には不真面目な中にも垣間見える優しさとかで楽が万里花を見直したりするんじゃないの?

結局、ずっとふざけていて右助の恋もうまくいかない結果でした。

他のヒロイン、千棘や、小咲に比べるとどうも報われない人物ですね。

ていうか、なんか万里花は性格悪くね?

-週刊少年ジャンプ 2014年14号 ニセコイ-

殺せんせー以外の先生も超人すぎる 【レビュー】 暗殺教室 第81話

今週の暗殺教室は森の中での真剣鬼ごっこのです。

応用暗殺訓練として烏丸先生がフリーランニングを行うのですがこれが相当な技術で、
ナルトも真っ青な忍者的スキルです。

普通に計算すると1分程度かかりそうな川あり岩あり断崖ありのコースを烏丸先生は10秒で走破します。

このフリーランニング技術を使ってケイドロやったらいい練習になるよね?ってのが今回の話でした。

殺せんせー以外の先生も超人すぎる

といっても今回は活躍するのは烏丸先生だけですが、それにしたって忍者だった。

そういえばビッチ先生はすっかりと烏丸先生に好意を持っているようで、
これってそんな継続性のある感情になっていたのかと今回確認できた。

ビッチ先生は何故か逃げる側で烏丸先生を洞窟で待ち構えている。

”ニャンニャンしまくってわいせつ警官にしてやるわ”

と言ってきわどいポーズでスタンバイしているのだが、

”ニャンニャンガボォッ

されてしまう。

今週で一番おもしろかったのはここだった。

-週刊少年ジャンプ 2014年14号 暗殺教室-

””は、集英社「暗殺教室」 作者:松井優征 から引用

 

ぱっと思いつくだけでも大量の伏線 【レビュー】 NARUTO -ナルト- 第666話

今週号のナルトに関してレビューさせていただきます。

若き日の純粋な志を取りもどしたオビト

オビトはみんなを守るために「火影」になるという志を抱いていました。
それがいくつかの事件により敵側に回っていたのです今では改心してナルトの力になろうとしています。

そして今週の見どころはオビトとカカシが昔の頃のように肩を並べて戦うということでした。
チームを組んでいた時のように戦うことになったのです。

このシーンが感動的に感じられるように、これまでにいくつもの伏線がはられてきました。

この伏線の量は少し異常なくらいで、よくここまで考えたものだと思います。

ぱっと思いつくだけでも大量の伏線

二人はもともと同じチームだった。
カカシの左目はオビトの写輪眼。
オビトは怪我から回復した後同じチームのリンを助けるためにカカシと協力しようとした。
その時にカカシとのコンビネーションは俺が一番だと言っている。
写輪眼は左右そろってこそ強い。
同じ写輪眼だから同じ別次元にいける。これはこの二人だけの能力
オビト、カカシ、リンのチームの先生はナルトの父ミナトだった。そのミナトも現場にいる。
オビトとナルトはとても似たタイプ。
ナルトはカカシの教え子。

ちょっと思い出すだけでもこれだけの伏線を用意しています。
幾重にも重ねっている伏線。そしてこれを作中でうまく説明して読者に思い出させていく演出もすごい。

 ずっと主役級キャラクター カカシ先生

今週の話の主役はオビトの様だけど、よくよく考えるとやっぱりカカシが中心でしょう。
ナルト初期の頃から再不斬をやっつけたり美味しいところは持っていくカカシ先生。
友との写輪眼の因縁は作品初期の頃からのものだから、そう考えると壮大なカカシの伏線回収の場となります。

初期の頃の人気投票ではカカシが1位だったような。

胸締め付ける青春の思い出は誰でも持っている共通体験

オビト、カカシ、リンは同じチームでした。そしてオビトはリンに恋心を抱きリンはカカシに恋心を抱いていました。
これはナルト、サスケ、サクラにあえて似せた構造だと思いますが、オビト達の関係はオビトの死(本当は生きていた)によって終わってしまいます。
オビトはリンが恋しくてもカカシとの友情も大切で、自分が死ぬと思った時にカカシにリンを守ってくれと頼みます。

この青春時代の友情と恋というのは誰しもが持ってる原体験だと思います。

そういった思い出や因縁、愛や友情を全てひっくるめてオビトとカカシが並び立つところに胸が熱くなりました。

あえて苦言を言うなら

異次元に飛ぶ忍術「神威」この術のスピードが遅いためにナルトのもとに行く際にマダラに邪魔されてしまうという設定だったのですが、オビトとカカシの二人で「神威」を発動することにより倍のスピードで飛んで解決という結果でした。

二人でかけたら倍のスピードになるっていうのが非常に唐突で「えっ?」となりました。
個人的にはもうひとひねり欲しかったですが、みなさんはどのように感じるのでしょうか?

来週は期待

最後にガイが登場です。
ガイはカカシとオビト世代で、中忍試験などでオビトとの過去も多少は描かれています。
ガイはもともとカカシのライバルで同程度の実力者として登場しますが未だに強いですね。
こういうキャラクターをぞんざいにやられ役にしない所もナルトの魅力の一つです。

-週刊少年ジャンプ 2014年14号 NARUTO -ナルト–

 

近藤と土方の友情関係、信頼関係を今回もいかんなく発揮 【レビュー】 銀魂 第483話

えてこうって入れても猿公って変換されない

いやもうレビューとかじゃないんですが、今回の銀魂のタイトルに「猿公、読みはえてこう」という言葉が入っているのですが、
これがウィンドウズのIMEで変換されないんですよね。別に一般的な言葉だと思うんですけど。

こういったIMEでもまともに相手にされてないような言葉を使ったりするのも温故知新、銀魂の魅力なのかなとふと思いました。

はい、レビューします

小ネタが楽しい銀魂

太陽神えてこう。じゃなかった。太陽神猿神。というのが出てくるんですが豊臣秀吉のイメージでしょうか。
銀魂はふざけているようで歴史にたいして細かいこだわりがありますね。
こういうのは歴史好きには毎回楽しいです。

誰でも大好き真選組

今回は先週から続く近藤メインのお話です。
近藤と土方の友情関係、信頼関係は銀魂の魅力の一つで今回もそれをいかんなく発揮しています。
ちょっとマンネリ感がありますが、そこは水戸黄門的な部分で読者が望む展開でもあるのでよいのでしょう。

-週刊少年ジャンプ 2014年14号 銀魂-

 

相変わらずの泣かせと伏線回収 【レビュー】 ONE PIECE ワンピース 第739話

今週のワンピースをレビューします。

密度がハンパない

週刊連載の少ないページの中にたくさんの事件を詰め込むサービス精神はさすが、日本一の漫画がここまで手を抜かないのはもはやそれだけでも奇跡というか、そのあたりのパワーに感心します。

やはり相変わらず台詞が多いのです。
非常に台詞が多く単行本だと読んでる最中に疲れてしまう事もあるのですが、週間ベースだと読みごたえがあっていいですね。
やっぱり漫画は週間ベースで読んでこそ本当の姿が味わえるのかもしれません。

相変わらずの泣かせと伏線回収

今回は玩具の兵隊さんの鮮やかな伏線回収。
知られざる戦いとレベッカとのお互いを大切に思うこそ起きる衝突。

そしてキュロスの伝説。

それが最後のコマでバシッとハマる気持ちよさはワンピースならではでしょう。

”ドン”

このハマりようでなぜか感動してしまう。「うおおお」ってうめいちゃう感じ。
本当には声出てませんよ。今回は。あくまでイメージです。

今回の中で一番刺さった言葉

”誰も憶えていないけどかつて誰もが知っていた”

なんでしょう、この切ないセリフ。これは最後の決めゴマへの導線となっている言葉なのですが、この言葉があるからこそ最後とのコマが生きるのだと思います。

 -週刊少年ジャンプ 2014年14号 ONE PIECE-

””は、集英社「ONE PIECE」 作者:尾田栄一郎 から引用

 

耳の聞こえない子、西宮と周囲の交流を描いている漫画 【レビュー】 聲の形 第27話

 

この漫画を読むのは2回目です。
第1話だけ読みました。

耳の聞こえない子、西宮と周囲の交流を描いている漫画です。

この漫画を読んでいてすごく気になる事がありました。

植野という女の子が出ているのですが顔に大きなバツがのっかているのです。
バツがあるから顔がマトモに見えない。すごく不思議な表現です。

これはもしかして西宮から見た世界なのでしょうか。しかし植野の顔だけにバツが乗ってるのは不自然。
本当に不思議です。

この謎を解くためだけでも今までの単行本を読みたくなりました。

そして今回の物語の行く末もすごく気になるものでした。
どうやら西宮と植野には昔なにかの事件があり、その仲直りのために遊園地に訪れていたようですが、
最後には植野が西宮を叩くという結末になってしまいました。

けっこうすごいなこの漫画。

-週刊少年マガジン 2014年13号 聲の形-