壊れる建物が町並みが実は意外と見どころ。 【レビュー】 ワールドトリガー 第63話

アニメ化記念で巻頭カラーです。

巻頭カラーでは人気投票結果を発表しています。1位は三雲修でした。この作品の作りからいけば、遊真か迅が一位だと予想していたので以外でした。ちゃんと主人公が受け入れられているというのは、なかなかすごいですね。
個人的には木虎藍ちゃんが好きなんですけど、彼女はトップ10にもはいれませんでした。ていうか、この漫画はやっぱりキャラクターが多いですね。顔は似ているようで、意外と描き分けされてると思いますが、ネット上ではあまりそういう評判はないですね。

迅の魅力はそうとう

物語の初期から登場してる彼ですが、かなり魅力あります。ワンピースで言えばシャンクス、ナルトで言えばカカシ的なポジションですね。三雲にいつか抜かれてしまうときが来るのでしょうか。

人型ネイバーの違和感

そもそも遊真が人型なので、ネイバーとはいえ、人型がいるというのは物語序盤から明らかになっていました。
しかし、ちょっと人型が出てくるのが速かったかもしれないですね。変なバケモノばかりをしばらく退治してても良かったのかなと。なんとなく人型ネイバーが頑張り過ぎるとブリーチの尸魂界編と印象が似てくるんですよね。それよりは進撃の巨人的に敵の正体が不明な感じのが謎に食いついちゃう感じなんですけど。

やはり魅力は登場人物の描写

一人ひとり性格感じられて生々しいです。それにより現実ではありえないネイバー達との戦いにリアリティを持たせることに成功しています。あと、町の作画が気合入ってます。普通の街角が戦場になるという怖さをうまく表現できています。これはドラえもん鉄人兵団の鏡の世界での戦いの面白さに近いです。壊れる建物が町並みが実は意外と見どころなんですよ。

 

暗黒大陸編はオールスターか? 【感想】 ハンターハンター HUNTER×HUNTER 第342話

いやー、今回は難しかった

政治的な駆け引きの話が多く難しかったですね。結局、半分も理解できてないと思います。ただ、ここまで丁寧に設定を作っているわけですから、暗黒大陸でこれが重要になる場面が来るのでしょう。それぞれの持っている政治的背景によって行動が変わってきて、そこで生まれる読み合いや裏切りあい。ハンター得意の展開ですね。

暗黒大陸編はオールスターか?

今回パリストンが再登場しました。どうやらジンも深く関わるようです。そしてハンター協会、もちろんゴンとキルアも参加でしょう。ヒソカとかイルミ辺りがどうでるのかわかりませんが。ヒソカに関して言えば故ネテロ会長に近い考え方ですね。対人的な強さを求めるという。そういう意味では自然との対決である暗黒大陸編にはクビをつっこまないかもしれません。反面、蜘蛛はどうでしょうか。最近出番がないし、暗黒大陸で一発あててやろうと出てきても面白いですね。で、そうなればクラピカの出番が来ます。レオリオは会長選挙で見せ場がありましたが、クラピカは最近全然活躍してませんから。
彼(彼女?)は、特質系で全ての念能力を100%出すことができます。戦闘力的には作中最強の一人になれるはずです。

ゴールドラッシュ

作中でもゴールドラッシュといっているのですが、西武開拓時代のような、ドキドキ、ワクワク感のある演出が上手です。1億人を植民させようというのも、面白いですね。暗黒大陸の攻略が終わる前に民間人が移住してきて、大災害が起こるとか、想像できる要素がたくさんあります。本当に設定がうまい。

 

式神のデザインは気持ちわるくて見たくなる。 【レビュー】 式神トワイライトデイズ 作者:岩代俊明 読み切り 週刊少年ジャンプ 2014年28号

ジャンプは怪奇ものが多い

妖怪とか幽霊とか、そういう超常現象系を題材にした作品が、この雑誌は非常に多いですね。この読み切りもそのジャンルの作品です。作者の岩代さんは「みえるひと」を描いていた方です。確か「みえるひと」も心霊系な話でしたよね。ちょっと忘れ気味。

猟奇殺人事件と霊的ななにか

物語はバラバラ死体が発見される所からはじまります。バラバラ死体。しかも複数人数。そういった大事件から、実はその後ろに心霊現象や超常現象が、あるいは未確認生物が、なんてのは、ぼくは大好物です。伝説に扮して殺人犯が自分の罪を隠そうとするパターンも好きですが、「本当に犯人オバケかよ」ってのも好きです。そういう意味で、この作品はストライクでした。

ヒロインの設定が斬新でよい

ヒロインは20歳女性の探偵という突飛な設定です。これは少年誌のなかでは新しくていいですね。ジャンプの読者層が正確にわかりませんが、中高生にとっては20歳は結構お姉さん。しかもわりと憧れますよね。このヒロイン設定はわりと人気出るんじゃいかなと。

式神のデザインは気持ちわるくて見たくなる

妖怪というか式神なんですけど、チラチラと不気味な見た目のやつが出てくるんですね。しかも別にそいつらは味方です。なんとなく見てるだけで楽しい変な連中です。これは「ゲゲゲの鬼太郎」のような、魅力を感じます。二度見してしまう絶妙なデザインです。これだけでも一見の価値あります。

 

覚悟っていうのはこういうものかもしれない。 【感想】 キリヲテリブレ 第12話

あまりに衝撃的な決意にビックリした。

キリヲは妹のために戦っているわけですが、そのせいで社会に、様々な人に迷惑がかかっています。多大な迷惑を受けた一人に香坂もいます。今週、そんな香坂に。キリヲのせいで生活メチャメチャにされた香坂にキリヲは言います。

”周りにどんなに迷惑をかけようと絶対にやり遂げてみせるッッ!!!”

このキリヲの宣言は驚きました。自分が迷惑をかけていることを認めて、そのうえで、それでも、突き進むという覚悟を語っています。しかもそれをさんざん迷惑をかけた香坂に言い放つわけです。香坂の妹は死にかけてますからね。

最早、善悪定かではない領域の覚悟

全て自分が悪いと思っても全くブレない覚悟です。迷惑をかけてるんだから、悪いですよね。少年漫画の主人公としてはマズイです。
でも、これが、メチャクチャかっこいいんですね。なんなんでしょうね。何が何でもやり切るという強い意思は善悪を超えて美しいのかもしれません。

感覚的にはジョジョ5部

「ジョジョの奇妙な冒険」の第5部に出てくる敵は自分が悪だと自覚している連中ですね。それでも自分の目標を成し遂げるのに迷いはない。それとちょっと似ているかもしれません。予想外な決意に度肝を抜かれました。あんまり見ないな、こんな「覚悟」の宣言。ワンピースの悪役とかが言いそう。

 

男は50歳まで夢を追いかける。女は30歳までしか待てない。 【感想】 ベイビーステップ Baby Steps 第301話

プロにこだわる浅野と彼女

彼は35歳でプロにこだわり続けています。普通に考えたら出来るかぎりやったらいいですよね。テニスは夢なんだろうし、どうせいつかできなくなるわけですから、できるかぎりは、どこまでもやってほしいです。でも、これは男の考え方ですね。

現実的な選択を望む彼女

浅野の彼女は彼に現実的な職についてほしいと望んでいます。そうでなければ結婚できないと。たとえばコーチなどのオファー来ているようで、それを受けて欲しいと思っているわけです。しかし彼は、プレーヤーとして、まだ挑戦したいわけです。現時点でプレーヤーとしての自分を続けたい彼と、安定した職についてほしい彼女との間でギャップがあります。
しかし、テニスプレーヤーを永遠と続けられるわけではないですから、引退して安定した職につくときは必ず来るわけです。ただ、それが今なのか、10年後なのかわからないということです。

待てない彼女と、待てる彼氏

男は、自分が満足するまで夢を追いかけたいと思っています。その結果、40歳、50歳で貯金もなく安定した職がなくても満足です。中途半端で止めたら逆に後悔します。だから彼にとっては生活がギリギリでも出来る限り続けるが正解です。

しかし女性は違います。彼女はいま直ぐ安定した生活が必要なのです。これが男は理解できません。
浅野の彼女の年齢はちょっとわかりませんが、付き合って7年ということなので、少なくとも彼女も30歳は超えていると思います。そういう前提で彼女がいま直ぐ安定した結婚をしなければいけない理由をあげてみます。

1、親などの周囲からのプレッシャー
2、早く子供を産まないと高齢出産になってしまう
3、加齢による容姿の変化(しわとか)

女性のがまったなし

上の3つで、男が気にするのは周囲のプレッシャーくらいです。それも女性に比べたら遥かに少ない。なぜなら、2番目と3番目がないからです。

出産できる年齢は最近かなり幅広くなってきたとはいえ、やはり適した年齢というものがあります。男の場合も同じですが、時間の幅がまったく違いますね。60歳、70歳で子宝に恵まれる男性も少なくありません。
そういった部分で、男は30歳か40歳か、そこの10年がそれほど重要ではありません。自分の夢を追求することに対するリスクになりません。

さらに残酷なのが加齢による容姿の変化ですね。シワが増えたりすると、自信も失い、もし彼に捨てられたらと不安になります。美しいうちに、できるかぎり安定した生活を手に入れて子供を産みたい。それが女性特有の欲求です。全部の女性というか、浅野の彼女はたぶん。

男は自分の道で成功すれば全部満足

女性に比べて、男がまったくそういった考えがないかと言ったら、少し違います。ただ、同じことを感じ始めるのは男の場合10年以上は遅いですね。女性が25歳で感じることを男はようやく35歳くらいで感じはじめます。この危機感のギャップが、夢追う男に女がイラ立つ原因です。ちなみにぼくは20年は遅いので嫁さんにはいつもムカつかれてます。

じゃあ、浅野の彼女はどうすればいいのか?

まあ、彼女はもう浅野の生活力を頼りにしないことですね。自分で働いて、働きながら自分で子供を育てる。浅野は好きなだけテニスをやらせてやる。彼くらいテニスに打ち込んできた人間なら、テニスは一生涯できる仕事なはずですから、70歳になっても80歳になってもコーチの仕事ができるかもしれません。若いうちは大変だけど、今、妥協して安定した生活を手に入れるよりも幸せになれると思います。生涯収入で言えばプラスになる可能性が高いです。

夢を人に中断されると、男は腐る

追い切れなかった後悔は変な方向に出ることもあります。女、ギャンブル、酒、変な妥協は男を腐らせます。そうならないために本人が満足するまでやらせることです。
最終的には、浅野のテニスに納得して自分が努力するか、すでに安定している、あるいは成功している男を探すしかないですね。自分が変わるか、別の人を探すか、相手を変えようとしてもロクなことにはなりません。彼をフッても大丈夫です。彼は、それを糧にしてもっとがんばりますから。夢に向かって必死な男ってのは魅力的なもので浅野みたいなイケメンならなおさらすぐに彼女ができます。だから女性は自分がどうしたいかだけを考えたらいいですね。彼は、全然だいじょうぶ。

人間が良く描けてるなと感心

で、結局何が言いたいかというと、この作品は、そういった人間の機微がよく描けているなということです。現実に作者の身近にそういう人がいたんでしょうかね。ベテラン熱血プレーヤーと、その彼女。テニスと同様リアリティありすぎです。

 

映画研究会って面白い部活だyoutubeとか使うのかな? 【感想】 EとT。 えいがとてんし 第1話

また変な連載はじまったー

先々週のヘブンズランナーショックから、立ち直れてないうちに、また変な連載が始まりました。高校の映画研究会を舞台に青春物語を描くのかなと最初思いました。銀の匙みたいな感じの学園青春モノだと思いました。しかし、なんか変なファンタジー要素が出てきました。ヒロインが天使かもという不思議な設定。これなんなんでしょう。

ヒロインは、たしかにかわいい

メチャクチャモテまくるヒロイン。高飛車な感じで男子をあしらっているのかと思いきや、あまりにも言い寄られて困ってしまっているという感じで、今までのヒロイン像とは少し違います。困りヒロインとでもいいましょうか。いや、そういうと、結構いっぱいいるな。うーん、なんていうか独特です。

でも、別にズキューンみたいなのはない

学園のヒロイン的な高嶺の花と主人公が一目惚れしちゃって恋に落ちちゃう的な感じもとりあえずないですね。なんかもう少し淡々とした感じで。肌触り的には「ハヤテのごとく!」です。この感じはハヤテを読んでるときに似てるぞー。

映画研究会って面白い部活だと思った

「会」っていうくらいだから部活ではないんですかね。これって非常に面白い活動ですね。いい映像が取れたらyoutubeで世界中に公開できるわけじゃないですか。カメラだって安いし。映像編集だってパソコンで簡単だし。部活なのに世界をビックリさせるかもしれない活動ですよね。最早、動画研究会って言ってもいいかもしれません。

実際に高校とかで、そういう活動してる?

実は、映画研究会の活動は主に動画サイトへのアップとかになってるかもしれないですね。ただ、まあ高校生くらいのコンプライアンス意識では、たくさんの問題が起こりそうですね。学校で禁止するか、先生が検閲してからかな。校内の学生が急に踊りだすモブフラッシュ動画とか面白そうですよね。先生へのドッキリとかもいいかもしれない。

 

少し不気味なギャグ物語。 【感想】 ひとちがい 作者:森田俊平 読み切り 週刊少年マガジン 2014年27号

第92回新人賞佳作受賞作

いつも思うんですけど、なんで佳作なんでしょうね。大賞の人とかいないんでしょうか?
そもそも大賞なしって場合もありそうですが、大賞を取ったような新人は温存していきなり連載とか、そういうパターンでしょうかね。

青春系ギャグ漫画

高校生の男子と女子の二人の会話劇が展開するギャグ作品です。たった一つのアイデアを、うまく使いながら最後まで読ませます。連載になることは全然想像できませんが、この15ページには面白さが詰まっています。変に設定が込み入っていて疲れる読み切りが多いなか、このシンプルさとまとまりは良かったです。

見出し 「ブハッ」なる場所がちゃんとある凄さ

笑いどころが、しっかりとありました。なんとなく、面白いんじゃなくて作者が狙ってるところで笑ってしまった感じです。
最初の数ページは面白くもないボケがあえて繰り広げられるという展開なのですが、そこでもちょっと捻りがあって、これからはじまる物語に期待がわきます。なんか、女の子がちょっと不気味な感じにも見えてきて興味を惹かれました。

作品全体のオチはイマイチ

最後のページのオチは、それほどなくてもよかったかなと。そこまでで十分満足していたので、あの程度のオチならいらなかったかと思いました。もともと広げた風呂敷のなかでオチを付けて欲しかったですね。女子の母とかを使って。冒頭から母の存在は繰り返し登場しているわけですから、オチに登場するにはもってこいだったかと。

絵柄もなかなか魅力的

女の子がなかなかかわいくて魅力的です。まだ発展途上なのかもしれませんが、所々で見せる表情は魅力があります。毎週見たいかと言われれば、結構見たいというところでしょうか。

短編全力集中

毎週、こういう感じの全力投球な読み切りが掲載されていると楽しみが増しますね。短い中で完結するのがいいです。

 

あざとい女図鑑。 【感想】 それでも僕は君が好き 第24話

マジかー!別冊少年マガジンに引っ越し

今週を最後に別マガに移籍するらしいです。しかも、続きは7月9日発売の8月号でときたもんだ。いや、せめて来週発売の7月号から掲載しましょうよー。なんか急につくしが恋愛対象っぽくなって無理やり感があったんですよね。移動前に一盛り上がり作ろうっていう話だったんですかね。うーん、山口さんと盛り上がりすぎて人気が落ちて引っ越しになってしまったのか、書くのが間に合わなくなったのか、どうなんだろ。

つくし結構ちっちゃい

今回はじめて気がついたのですが、つくしはずいぶんと身長が小さいですね。芹澤が、どのくらいあるのかわかりませんが、彼が173cmだったら、山口さんは160cmくらい、つくしは150cmくらいですね。全然考えていたより小さい。小さい身体でも毎日バイト頑張って勉強がんばってということ考えると健気な気がしてきました。

すっかり山口さんと同棲中

芹澤と山口さんは結局、同棲してしまっているんですけど、プラトニックなままです。このへんのリアリティのなさは、さすがに嘘くさく感じちゃいますね。芹澤は本当は女に興味ないんじゃないかって。本命はあれでしょ。専門時代の同性愛者の親友。もう彼のこと忘れられないんじゃないかと。
いや、だって同棲生活しててフィジカルコンタクトなしとか、そのくらいのことですよ。

二人の愛の巣に、図々しくも泊まりに行くつくし

同棲中の二人の部屋をつくしは未だに仮眠室として使っているという徹底的な無神経さ。で、普通に考えたら無神経なだけで、そんなことするわけないですよね。そうです。絶対、略奪しようとしているわけですよ。友達のフリをしながら、チャンスがあればと。芹澤とイチャついて山口さんとケンカさせて、グズグズしているところでフィジカル勝負に持ち込む。そんな感じですね。いやあ、いるよね、こういう女の子。なんか、この作品って、あざとい女ばっかり出てくるな。
Sorry, there are no polls available at the moment.

ヒット要素てんこ盛りだけど。 【感想】 天啓のアリマリア 第1話

ヒット要素てんこ盛りだけど

美少女、美少年、お色気、知能ゲーム、ギャンブル、と、ヒット要素を、これでもかってくらい盛り込んだ新連載です。表紙にある煽り文句は脱衣ギャンブル。
ギャンブルで脱衣っていうと、少年チャンピオンで連載していたギャンブルフィッシュを思い出しますね。ギャンブル漫画数あれどセクシー要素を全面に出したのは、あれくらいですかね。

かなり不思議な感じの作品

絵は生々しい感じで、20年前のマガジンって感じです。様々なヒット要素を盛り込んだ結果、感じられるのはカオスですね。絵からもストーリーからも、かなりアヴァンギャルドな混沌を感じます。この感じは今までにないです。

同年代のメイドという漫画の中だけの存在

漫画には、よく高校生くらいの同年代のメイドが登場しますね。「はやてのごとく」とか不可抗力的に主人公が執事をやったりしてますよね。この作品でも高校生の男子が執事です。
よく見かける設定ですが、現実では絶対に見かけることがないです。いや、ぼくが知らないだけかも知れませんが。
で、この男の子が意外と艶かしい描かれ方をしています。うーん、マニアックです。ブリーフ姿とか、少年マガジンの読者に需要があるのでしょうか?危険です。

主人公のお嬢様

登場する女の子達がギャンブルに負けて脱衣していくのが見どころだとは思うのですが、主人公はギャンブルが強いようで、なかなか服を脱がなそうです。鼻っ柱も強くて、そう簡単には裸を見せないぞっていう感じが漂います。彼女の脱衣シーンが序盤のクライマックスでしょうね。

アクマゲームとの兼ね合いは?

最近のマガジンは同じ紙面でカブる作品をリリースしますね。先週、最終回を迎えた「新海綴の読解録」は推理漫画でした。「金田一少年」ともろにぶつかってます。
で、今回の作品は、いろいろと「アクマゲーム」に似てますね。知能ゲームでの勝ち負けが主テーマなのは完全に一緒です。
味付けは違いますが、軸は一緒です。まあ、「エリアの騎士」と「DAYS」もサッカー漫画で両立してますし、いいんですかね。

マガジンから不良漫画が消えた

そんな似たジャンルの漫画ばかりじゃなくて、載せるべきジャンルがあるんじゃないかと、マガジンを見なおしていたら、凄いことに気が付きました。なんと、ヤンキー漫画ないのです。「湘南純愛組」、「カメレオン」、「特攻の拓」、伝説の不良マンガで黄金時代を築き上げてきたマガジンから不良漫画が姿を消しています。これはビックリ。今の少年はヤンキーに憧れないのでしょうか。「あひるの空」が辛うじてヤンキーが登場していると言えるでしょうか。とはいえ、不良漫画ではないですね。

 

自分を加害者と認めない一番厚かましい加害者川井さんは、自分の心の声を無視できない。 【感想】 聲の形 第39話

全員がどうしようもないってときあるよな

今回の将也の態度はよかったと思います。反省ってのは、反省してるように見せることではないので、別に川井さんにも真柴くんにも理解してもらう必要はありません。ただ一人硝子にだけ伝われば。
で、もう彼女には将也の後悔とか反省とか伝わっていて許しているわけです。好意に変わってしまっているくらいですから、正直二人の関係に他人がクビを突っ込むようなことじゃないですね。

将也と硝子の間で問題が解決しても

イジメていたのは、将也だけじゃなくて、植野も一緒ですね。彼女と硝子のあいだの問題は解決していません。彼女は多少の反省は持っているように感じますが将也ほどのものはないし、なんていうか、どういう心境なんでしょうか。興味深いです。ただ、硝子から手紙をもらったりしているので、彼女と硝子の関係も一段落している感じもありますね。

川井さんと硝子の関係

実は、これは非常に難しい関係です。川井さんの認識としては自分は加害者ではないということです。とはいえ、イジメられている硝子を見て止めもしなければ、笑っていたわけです。参加してないとは言い切れないですね。しかし彼女の認識は加害者ではありません。だから、彼女と硝子の関係は改善されることはありません。硝子は気にしてないようです。では、どこが改善されないのか。川井さんの心のなかで、小学生のときの自分と硝子の関係が改善されません。

川井さんはどこまで自分を騙せるか

自分は加害者じゃないと完全に思い込めれば川井さんは硝子にたいして後ろめたさもないでしょう。硝子が気にしてない以上、人間関係はうまくいくと思います。
しかし、人間、そんなにうまくいきません。
彼女は心の奥底で自分も加害者だったと微かに思っているでしょう。本来だったら自分はもっとイジメがなくなるようなアクションをすべきだった。できたはずだ、そういう思いが残っているような気がします。
真柴くんのような行動力のある人間がそばにいると自分が行動しなかったことを責められているような感覚もあるはずです。本当は自分も出来たんだよと。川井さんにとって真柴くんは見ていると心が泡立つような存在だということです。気づきたくない自分の本心を掴んで引っ張りだすような存在です。その彼に惹かれてしまうというのが、人間の難しさで、深層心理(無自覚な)にあるイジメを認めて謝りたいという気持ちが川井さんが真柴くんに惹かれる理由かもしれません。

自分を加害者と認めない一番厚かましい加害者

植野が今回、川井さんに対して文句があったのは、同じ加害者なのに人を悪く言うところです。「おまえが言うな」そういう気持ちでしょう。「自分だけは罪がないつもりか」そういう気持ちです。
で、これは将也が抱いている気持ちとも一緒です。ただ、加害者である植野も将也も、それを主張する立場にありません。それをわかっているから、川井さんは遠慮なく二人を攻めるわけです。

真柴くんを、どう捉えていいかわからない

正義感が強いのは彼のいいところだと思います。しかし、それに対する行動はバランスが悪いです。結局は自分の苛立ちを人にぶつけているだけに見えますね。今回は完全にそうでした。誰かを救うための行動ではないです。ただの自分の欲求からの行動です。これは、彼自身にそうとうな過去があるようです。それが、彼を駆り立てるのでしょう。彼の暴力性は少し気になるところです。DVなどの背景があるかもしれません。

長束くんは普通にいいヤツ

今回、一番の人格者は長束くんでしたね。彼はイジメ問題にクビを突っ込みすぎることなく、今の人間関係をありのまま見て行動しているようです。真柴くんのように入り込んでないので、みんなのわだかまりを解けるのは長束くんでしょう。ファシリテーターとして間をとりもってほしいですね。映画作りからわかるように企画力もありますから、これからの物語のキーマンになるはずです。

植野の美しさ

この作品の魅力に登場人物の美しさがあります。いろいろ込み入った難しい話は置いておいて、とにかく硝子が可愛くて美しくて好きだというファンが多いようです。
今回は、硝子以上に、植野が魅力的でした。
先週からですが彼女の作画が気合入ってます。やっぱり顔にバツが付いているんですけど隠れている部分が想像させる余地を残していて、なんとも言えない魅力があります。特に彼女が涙を流しているシーンはすごかったです。頬をつたう涙がバツで隠されてしまって見えず、手の甲と瞳に溜まった涙が妙に印象的です。このバツの入れ方は計算し尽くされてます。おもしろい表現を考えたものですね。