【レビュー】 はやて×ブレード 作者:林家志弦

百合系熱血スポ根漫画

天地学園の生徒たちがチャンバラで学園の頂点を目指す熱血チャンバラ漫画です。
女子校ですので、男はほとんど登場しません。
登場人物たちがスポーツチャンバラのような競技で学園の頂点を目指して凌ぎを削るのですが、
往年のジャンプのような熱血展開が中心でそれが何とも面白いです。

『ドラゴンボール』的な強いやつと戦うのが面白い。強くなるのが面白いという少年漫画丸出しの雰囲気です。

簡単なあらすじ

主人公は黒鉄はやて、彼女は孤児院出身で、その孤児院が借金のせいで潰されそうなので天地学園に入学します。(替え玉入学的な)
何故かというと天地学園ではチャンバラ勝負に勝つと報奨金があり、それで孤児院の借金を返済しようとします。

ギャグ6割。本気4割の黄金比

6割はギャグ漫画です。ギャグで解決しちゃうようなストーリー展開もたまにありますが、登場人物たちが本気で打ち込んでいるチャンバラには
ギャグはなし。スポ根漫画として本気で描き切ります。
ギャグは百合系のギャグが多く女子校ってこんな感じなのかなあと想像させてくれます。

友情こそがテーマ?

剣待生たちはそれぞれ二人一組で戦います。パートナーを刃友(しんゆう)と呼び楔束届を署名・捺印の上、提出して成立するという結婚的な何かを行います。
刃友になることを申し込んだり申し込まれたりするシチュエーションを男女の恋愛のようにコミカルに描いているが、そこには友情があったりといろいろ独特で面白いです。

作品のピークを迎えた 天地ひつぎ、宮本 静久 対 神門 玲、祈 紗枝

学園の頂上決戦となった、この戦いで作品は一度ピークを迎えたように感じました。
学園の権利を掛け現在の学園の支配者である天地ひつぎ組に挑む神門玲組。
どちらが悪役でどちらがヒーロー役という事もなく、どちらも応援したい最高の戦いです。

生徒会長である天地ひつぎに続く実力者である宮本静久を破る祈紗枝。
読んでいるとわかりますが、宮本静久はなんとなく宮本武蔵を彷彿させる最強の剣士で物語の序盤からその強さを繰り返し披露しています。
その宮本静久が敗れる。

実のところこれは読者としては相当に衝撃的な展開でした。

最後は天地ひつぎと神門玲の一騎打ち。
鼻血を出しながら戦う二人。

この辺りは完全に王道の少年漫画で闘いながら相手を尊敬し友情が芽生えていきます。

そして決着。

作中でハヤテが彩那にこう言います。

”……あやな

あたしもあーゆーのやってみたい”

”アホぅ

ああいうのはやるんじゃなくてなるんだ”

この言葉は刺さりました。

はやて×ブレード オススメです。
14巻まで一気に読んでください。

-集英社 「はやて×ブレード」 作者:林家志弦 –

””は、集英社 「はやて×ブレード」 作者:林家志弦 から引用

 

【レビュー】 シグルイ 漫画:山口貴由 原作:南條範夫

江戸時代を舞台にしたチャンバラ漫画

シグルイは江戸時代を舞台にしたチャンバラ漫画でリアリティのある表現が特徴です。
南條範夫氏の時代小説『駿河城御前試合』を『覚悟のススメ』などで有名な山口貴由氏が漫画化したものです。

原作と読み比べてみて

ぼくは原作である小説『駿河城御前試合』も読んだのですが『シグルイ』はかなりアレンジの効いた作品で、
様々な必殺技なども当作のオリジナルでした。
驚いたのは原作で行われる10番勝負のたった一つを題材に取っていることです。
小説で言えば数十ページの作品を単行本で10巻以上かけて描いています。

バガボンドとは違うリアルさ

チャンバラものとしてかなりリアルな作品です。『バガボンド』とは違ったリアルさがあります。
簡単に言うと『シグルイ』は耽美的です。人体の美しさや人間のマゾ的なサド的な気質を描いています。

残酷表現の徹底。

人体解剖的な残酷表現を徹底することにより異様な領域に踏み込んだ奇書になっていると感じました。
その表現が斬新で読み終わった後もなぜか何度も手にとって読み返してしまいます。
我が家の本棚に全巻綺麗に置いてあるのですが子供が手に取ろうとすると少し焦ります。
読むのは中学生からという感じです。

人間の心の歪みと剣技の圧倒的な描写

剣技の描写は現実よりもちょっと上という感じでしょうか。
実際に現実でそこまでは出来そうにないけど、もしかしたら一生を掛けて打ち込んで、その粋まで達した達人がいるかもしれない。
そう感じさせるリアリティとフェイクの境目をうまくついています。

心理描写は細かく主役二人の心の葛藤、移り変わりを描き続けていて作品の結末にもそれは影響を及ぼします。

漫画上級者向けの本気漫画

わたしの実感として、この作品は漫画上級者向けの作品であると感じました。従来の漫画表現と違う方法で楽しませてくれます。

『シグルイ』は、目を見張る様なシーンが多く何度も読み返してしまうような名作です。
結構残酷ですが、そういった表現が苦手でない方にはオススメです。

-秋田書店 「シグルイ」 漫画:山口貴由 原作:南條範夫 –

 

【レビュー】 放課後プレイ 作者:黒咲練導

著者:黒咲練導
ジャンル:ゲーム4コマ
特色:ゲーム 学生 ヒール蹴り マニアック 恋愛 微エロ

電撃4コマコレクションのなんとなくゲーム系4コマ漫画です。
 
一組少年少女日常恋愛描かれている4コマ漫画です。
 
二人ともゲームが好きなオタク系の学生です。
 
少年のほうは少女から、よくヒール蹴られたりタイツ蹴られたりします。
 
 
なお、ちょっと古めのゲームネタが出てくるので、世代によっては意味不明な可能性があります。
 
また、ちょっとラブラブな空気になる場面は、まったくゲームに関係なくなります。
 
 
この漫画を知ったのは、ネットゲームの仲間黒タイツが好きがいて、この漫画は最高だと褒め称えていたため、本当かなぁと思って買ってみたのがきっかけです。
 
かなり人を選ぶ漫画ではありますが、ハイヒールで踏まれたり黒タイツで蹴られたりするのが好きな人にはたまらない一品のようです。
 
 
カバーを外すと、作者のあとがきを読む事が出来ます。
 
友人から4コマでエロ漫画描くなとか散々な評価だったようです。
 
でもちょっと嬉しそうな気配はあります。
 
 
なお、放課後プレイ2と出ていますが、基本1冊1シリーズのため、「2」「3ではないそうです。
 
ドラ○エ1、ドラ○エ2みたいな感じで、登場人物も入れ替わりますが、世界観は一緒です。
 
 
会話の吹き出しが、前半は>みたいな吹き出しついていますが、後半からなくなります。
 
2以降>がなくなっているので、作者のふきだしの特色となっているようです。
 
違和感感じる人もいるかもしれないです。
 
 
かなり人を選びますが、気になる人はちょっと手に取ってみてください。

 

この記事は黒羽様の許可を頂いて転載しております。
この記事の作者:黒羽様
転載元URL:黒羽コミックレビュー 
黒羽様の最新の記事は上記URLをクリックください。

 

【レビュー】 しこたま 作者:ニシカワ醇

著者:ニシカワ醇(ニシカワジュン)
ジャンル:美少女熱血野球学園もの
特色:学園 スポーツ 野球 スポコン シリアスコメディ 微露出 男の娘

少年チャンピオンっぽい、熱血学園ものです。
 
ただ、主人公野球一筋の、やたらとウエイト装備して筋トレしている剛力たま(ごうりきたま)という女の子です。
 
国際天上高等学校に入学したたまは、野球部への入部試みますが、女はいらないと見下されます。
 
そして、そんなに野球したいならチームを作って勝負しろという話しになり、勝った方公式野球部という争いへと発展します。
 
たまはそうして、野球部員探しまわるという物語です。
 
 
大筋だけみると普通のスポコンですが、妙に脱ぎたがります。
 
野球部員に脂肪だらけのやわなからだと言われれば確かめてみろと脱いでみせたりします。
 
でも後からはずがしがったりする羞恥心もあったりするという…
 
ウエイトを外してリミット解除していくあたりは熱血系の十八番という感じです。
 
 
キャッチャー候補として相撲一族家系大関しこ(おおぜきしこ)が登場します。
 
ふんどし一丁胸丸出し相撲部員をなぎ倒す姿を見て、たまは野球部のキャッチャー誘います。
 
勿論勝負してしこの心をつかみ、漫画のタイトルであるしこたま結成されます。
 
 
このしこ露出多めで、握力勝負でもパワーで制服がはじけ飛ぶとか熱血スポコンらしさがあちこち出てきます。
 
胸丸出しとはいっても、男子生徒が肝心なところは髪で見えない不思議があると言っている通り、見えはしません
 
 
チャンピオンコミックスらしい、熱血露出スポコンという感じの漫画です。
 
そういうノリが好きな方は、楽しく読めるかと思います。

 

この記事は黒羽様の許可を頂いて転載しております。
この記事の作者:黒羽様
転載元URL:黒羽コミックレビュー 
黒羽様の最新の記事は上記URLをクリックください。

 

【レビュー】 晴れ、ときどきミリオンアーサー 漫画:とりうみいたち

漫画:とりうみいたち
ジャンル:ファンタジー(ゲームコミック化)
特色:ファンタジー ほのぼの 一応戦争中 男の娘 適当 平和 ボケ ゆるい

拡散性ミリオンアーサーというゲーム漫画にしたもののようです。
 
koboでお勧めに出てて、タイトル手書きの適当そうな感じの表紙で、ちょっと男の娘可愛いかも?くらいの気持ちで買ってみた漫画です。
 
 
聖剣エクスカリバー抜いた者は、外敵や他国と戦ったり、覇権争いに巻き込まれたり、じゃじゃうまの世話をする、ブリテン王となる運命にある、というよくある設定。
 
占い女難の相が出ていると占われた主人公アーサーは、一本の剣が大きく運命を変えるだろうと言われます。
 
そう言われても…と歩いていたら地面に突き刺さった剣見つけ、これで女難の相が晴れるのかと悩んでいると、剣の妖精からさっさと抜けと煽られます。
 
妖精から女々しいだの男としてダメだの気にしてる事を言われ、やけくそ抜いてみるとあっさり抜けてしまいます。
 
 
こうして、ブリテン王となったアーサーが、拠点となる宮廷を中心に、宮廷に関わる人達とのほのぼのコメディを描いた漫画です。
 
アーサー見た目女の子泣き虫か弱いのですが、そんなところがみんなに愛でられていく様が、ほのぼのしててほんわりします。
 
戦争はどうなったんだと突っ込みたくなるところもなくはないですが…
 
ミリオンアーサーというのは、占いはできないけど占いで小遣い稼ぎをしながら王を探していた、マーリンという魔法使いの100万人目のお客さんだからだそうです。
 
 
1ページごとに1タイトルつく形の、ショートコメディ漫画形式になっています。
 
合間に4コマも入っていますが、こちらもコメディ調です。
 
全体的ほんわかした感じのしあがりになっています。
 
 
ゲームはしたことないですが、知らなくても楽しめる漫画です。

 

この記事は黒羽様の許可を頂いて転載しております。
この記事の作者:黒羽様
転載元URL:黒羽コミックレビュー 
黒羽様の最新の記事は上記URLをクリックください。

 

【レビュー】 citrus 作者:サブロウタ

著者:サブロウタ
ジャンル:学園恋愛
特色:学園 百合 恋心 許嫁 陰謀

見た目はギャル藍原柚子(あいはらゆず)
 
友達と彼し話しやキスの話しをするものの、実は恋をした事がない女子高生が主人公です。
 
母親再婚で、女子高に編入することになった柚子は、彼氏ができない青春に打ちひしがれつつ登校します。
 
ギャルの感覚で女子高に登校したため、学校の入り口で生徒会の校則チェックに引っかかります。
 
オシャレなんて勉強と関係ないと揉めていたところ、黒髪のクール生徒会長藍原芽衣(あいはらめい)が現れます。
 
みんな同じ条件下学校にいるのだから、校則は学業において決められたルールを守る社会勉強のひとつと諭す芽衣に、柚子転校してきたばかりだから同じ条件下じゃない食ってかかります。
 
すると、いきなり芽衣柚子抱きついてきて、校則違反の携帯を没収します。
 
予想だにしていない行動と、初めての経験に、柚子芽衣気になってしまいます。
 
 
そんな中、家に帰ると再婚相手父親の娘一緒に住む事になると告げられます。
 
それが、生徒会長芽衣だったのです。
 
その後、芽衣学園のため翻弄されている事を知り、柚子はギャルなりに何とかしようと頑張るという物語です。
 
 
学園御家柄に関わる部分と、それに翻弄される御嬢様達学園権力狙う陰謀など、どす黒い中ギャルの柚子絡む事で明と暗を刻んでいます。
 
テンポよい語り進めと、淡い恋心の目覚めなどの描写が丁寧で、登場人物気持ちに引き込まれる感じで心地いい漫画です。
 
 
コミック百合姫連載ものなので、勿論そっち系なのですが、どうしても同性愛がダメという人でなければ学園物として楽しめる作品だと思います。

 

この記事は黒羽様の許可を頂いて転載しております。
この記事の作者:黒羽様
転載元URL:黒羽コミックレビュー 
黒羽様の最新の記事は上記URLをクリックください。

 

【レビュー】 あまんちゅ! 作者:天野こずえ

著者:天野こずえ
ジャンル:現代青春
特色:ダイビング ほのぼの 学園 感動 教訓 思い

伊豆にある静岡県立夢ヶ丘高校。
 
学生達日常生活描いたほのぼのでもあり、厳しさもある、心に印象を残す作品です。
 
 
主人公の小日向光(こひなたひかり)スキューバダイビング趣味で、前向き明るい性格の娘。
 
一方、東京から引っ越してきた大木双葉(おおきふたば)人見知りで、できない事には背を向けてしまう後ろ向きな所があります。
 
そんな二人が、同じクラスになり、ダイビング部入って一緒に切磋琢磨していきます。
 
 
部活の先輩、ちょっと男勝り二宮愛(にのみや あい)と、妙に姉によく蹴られる二宮誠(にのみやまこと)、ダイビング部の顧問、火鳥真斗(かとりまと)先生などが加わり、学校プライベートダイビングなどを通して成長していく様がなんともいえない心地よさを感じます。
 
火鳥先生は特に味があり、子供っぽさもみせつつ、大人として厳しさ付きつけるあたり、教える事の難しさを考えさせてくれるキャラクターです。
 
 
天野氏は、ARIAという漫画が出会いでした。
 
ネットゲーム仲間に「面白いというか、いい漫画ですよ」と紹介されたのがきっかけです。
 
ARIAでは結構涙腺が緩む場面が多く、天野氏の作品に魅入られた瞬間でもありました。
 
あまんちゅ!は発表後、産休を挟んで、子育てしながら描かれている作品で、大変な中素敵な作品を発表してくださっています。
 
 
何か自分を後押ししてほしいなぁと思っている方に読んでみてもらいたい作品です。

 

この記事は黒羽様の許可を頂いて転載しております。
この記事の作者:黒羽様
転載元URL:黒羽コミックレビュー 
黒羽様の最新の記事は上記URLをクリックください。

 

【レビュー】 魔法少女プリティ☆ベル 作者:KAKERU

著者:KAKERU
ジャンル:現代ファンタジー
特色:魔法少女 マッチョ 悪魔 天使 政治 策略 混沌 微エロ 微グロ

現代の裏で執り行われる、魔王軍天界、そして中立のプリティ☆ベルが、世界規模の危機に立ち向かう話しです。
 
魔法少女プリティ☆ベル適合者反応するアイテムリィン・ロッド
 
それを守る規格外の索敵能力をもつ2人の天使ミルクココアが悪魔に追われているところから始まります。
 
 
逃走中、リィン・ロッド反応し、その適合者の元に2人は辿り着くのですが、なぜかその反応はボディビル選手高田厚志(たかだあつし)でした。
 
魔法少女プリティ☆ベルは、本来美咲エリ(みさきえり)適合者なのに、なぜか厚志にも反応してしまったと説明をします。
 
厚志はその話を聞いて、そのような小学生に戦わせるわけにはいかないので私が戦うとノリノリに。
 
ミルクとココアとしてはさすがにマッチョにロッドを渡すわけにはと逃げ出すのですが、そこで魔王軍囲まれます。
 
 
その危機を救ったのは…
 
 
魔法少女プリティ☆ベル4大魔王軍天界謎の混沌との戦いを織り成す現代ファンタジーです。
 
 
魔法少女とは名ばかり1巻のため、できれば本当魔法少女がでる2巻まで我慢して読んでもらえれば面白さが分かる作品です。
 
ただ戦うだけ漫画ではなく魔界天界プリティ☆ベル三竦み構造も面白いです。
 
魔王軍政治的な話しシンプルなのに分かりやすく駆け引きチキンレース冷や汗もので、なかなかハマります。
 
 
作者KAKERU氏を知ったのはこの作品です。
確か表紙買いだったと思います。
 
マッチョは好きではないのですが、厚志はなかなかいい味を出してるマッチョだと思います。
 
個人的には北軍のマッチョ好きな邪眼の病魔モカと、モカがお嬢と呼ぶ北軍斥候部隊のリーダー、ダッチ・アイスお気に入りです。
 
もともとミルクココア追っていた部隊ですが、ちょくちょく厚志の家に遊びに来て和気藹々とするところが和みます。
 
魔王軍魔王たちとのやり取りや、学校で政治的な思考に目覚めたエリちゃんが先生達翻弄するところなど、なかなか目新しいところがあり、ハマりました。
 
 
少しずつ敵対する組織明確になってきますが、泥沼化しつつも分かりやすいあたり、お勧め作品です。

 

この記事は黒羽様の許可を頂いて転載しております。
この記事の作者:黒羽様
転載元URL:黒羽コミックレビュー 
黒羽様の最新の記事は上記URLをクリックください。

 

【レビュー】 coyote 作者:淡田青

短編集
著者:淡田青
ジャンル:ヒーロー ハードボイルド
特色:ヒーロー 家族 束縛 解放 人造人間 信念 決断

「月刊ヒーローズ」第1回新人賞大賞受賞された淡田氏の短編集です。
 
たまたまJR西船橋駅構内にある書店で、目に入ったため購入してみた本です。
 
絵柄はハードボイルド系で、西部っぽい背景にしている感じです。
 
 
4つの短編が収録されています。
 
ヒーロー決められたルール越える自分自身の思い…名誉ある死を遂げたヒーローの4人の子供たちの話し「≠kids」
 
大事なことは自分で決める…人造人間が自己の判断力に目覚め、本物のエンジェルとなる「Lenny Worker」
 
外の世界を夢見る娼婦と、殺して終わりにする暗殺者との淡い短い思いの繋がり「coyote」
 
封印された魔族が封印を解かれ、仇を討ちにいくが時の流れには逆らえない現実を憂う「我輩は魔族である」
 
 
全作品に通して見られるのは、大事なことは、自分で決める、という登場人物たち思いです。
 
居場所求めて生きる、生きることに手を抜けない登場人物たちの思いを、感じる事ができる作品です。
 
 
まだ絵柄や構図などの関係で雑さも感じられますが、作者伝えたい思いはしっかりと詰め込まれていると思います。
 
 
作者の今後のさらなる活躍を期待しています。

 

この記事は黒羽様の許可を頂いて転載しております。
この記事の作者:黒羽様
転載元URL:黒羽コミックレビュー 
黒羽様の最新の記事は上記URLをクリックください。

 

【レビュー】 少年王女 作者:雪広うたこ

著者:雪広うたこ
企画原案:武蔵野ぜん子
ジャンル:ロココ調大河ロマン
特色:マスカレード 王室 陰謀 女尊男卑 クーデター 成長 思春期 ほのぼの 故郷

タイトルにあるように、少年王女影武者となって紡がれていく物語です。
 
 
女王が統べる女尊男卑モーリアン王国
 
この国の漁村で育った孤児アルベールは、貧しいながらも健やか暮らしていました。
 
ある日、子分のテオドアと共に街で奴隷商人に捕まります。
 
そこに、影武者を探していた王女アレクシア・リュミエール側使えギィ・シュヴァルツヴァルドが現れ、2人は買い取られます。
 
アルベール王女アレクシア瓜二つ
 
テオドア開放する条件として、成人の儀まで影武者として使えるように要求されます。
 
アルベールテオドア守るため、嫌々ながらも条件をのみテオドア解放されることとなります。
 
別れの夜、テオドア強く賢くなってアルベール盗みに来る約束をして去っていきます。
 
 
ある日、王女アレクシアは聖誕際の夜に王宮を抜け出すところをアルベール見つかります。
 
女王レティシア・リュミエール病気で、後継ぎの自分心もとない皆が思っている事を感じ取り、女王を越えるべく、母の知らない世界みたいというのです。
 
一緒に民の世界を見て歩き、アルベール王女アレクシア境遇民への思いを知り、次第に協力的になっていきます。
 
 
そして迎えた成人の儀の日、民の前に出た王女アレクシア何者かに暗殺されてしまいます。
 
アルベール王女アレクシアの思いを胸に、この国統べる覚悟決めます
 
 
当初女装趣味変なお話しかと思いつつも、表紙とタイトル気になって買った作品でした。
 
が、思った以上に面白く胸を打つ作品でした。
 
表紙裏にはキャラクターの裏?設定みたいなものがあります。
 
 
ロココ調マスカレード好きな人は特に違和感なく楽しめると思います。
 
女装話しが苦手という方でも、物語の趣旨登場人物たちの思い感じていただければ楽しめると思います。

 

この記事は黒羽様の許可を頂いて転載しております。
この記事の作者:黒羽様
転載元URL:黒羽コミックレビュー 
黒羽様の最新の記事は上記URLをクリックください。