【レビュー】 EDEN 〜It's an Endless World!〜 作者:遠藤浩輝

SFエンターテイメント

銃撃戦、ロボットバトル、戦闘機、人間ドラマ、コンピュータハッキング、などなどもう様々な要素が盛り込まれた作品です。作者の頭の中を探検しているような作品です。

ヒロインが死んだり

こう書くとネタバレ的なのですが多分大丈夫です。誰かヒロインと感じるかは読んだ人次第で変わるでしょうから。この作品は本当に予想不能で誰が生き延びて誰が死ぬのか本当にわかりません。

社会問題を実感できる

主人公が麻薬カルテルのボスの息子という設定から始まるように様々な社会問題を取り扱っています。そういう残酷な世界でどうやって人間は生きていくかというテーマが根底に流れているように感じます。

可愛い女の子

はい、女の子が可愛いです。主人公の姉が彼氏を連れ込んでいる話はエロかったですね。なんか全体的に生々しいエロさがあります。

第1話で掴まれる

セリフ回しが非常に魅力的で第1話で物凄く掴まれちゃいました。月刊アフターヌーンに連載していた漫画なのですが当時やられました。それ以来読者です。

最終話が最高だった

第1話と繋がる素晴らしい最終話を作者は用意してくれました。
主人公のエリヤの父親であるエンノイア・バラードの台詞

”人類は憎しみと殺し合いの果てにいつかは宇宙に進出する”

これは、ぼくの中では凄い名言でテロや戦争のニュースを聞くとよく思い出します。

ごった煮SF

たった18冊に詰め込まれた50冊分の密度。
完全にぼくの思い入れから言ってますが、全18巻で50冊分くらいの密度がありますね。この作品は。

-講談社 「EDEN 〜It’s an Endless World!〜」 作者:遠藤浩輝-

””は、講談社「EDEN 〜It’s an Endless World!〜」 作者:遠藤浩輝から引用

 

【レビュー】 ECHO/ZEON -エコー/ゼオン- 作者:六道神士

完結
著者:六道神士
ジャンル:現代超能力
特色:超能力 微エロ 権力 お家騒動 学生 推理 陰謀

それぞれ様々な背景を持つ、学生3人をメインにしたお話。
 
高い行動力お金が好き遠古賀紫(とおのこがゆかり)が、様々な依頼を有料で受けて解決する学生生活を送ります。
 
その手伝いをさせられる幼馴染で、空手道場の跡取り、星丘高雄(ほしがおかたかお)と、「音」を自在に操る能力を持つ聖観世(ひじりかんぜ)の3人。

 
 観世鳥の囀り救急車非常ベルを忠実に再現できる、に関する声真似を越えた能力を持っています。
 
音の響き反響世界を観る事ができると思われる彼女を、は利用しつつも疑問を感じていきます。

 
前半は依頼を解決しながら3人のいい関係を紡いでいきます。
 
後半は観世過去と能力の謎、紫が自分を犠牲にするほどの借りがある先輩、白川筑紫(しらかわつくし)の話しになっていきます。

 
複雑な過去を持つ観世若干天然真面目な性格白川先輩の 
悲しい末路に、複雑な心境になりました。
 
自分いらないんじゃないかという怖さ
 
観世白川先輩にはこの恐怖が共感しあっているのかもしれません。

 
サブキャラもこの深い問題を柔らかくする存在として関わってきます。
 
高雄の親族も紫と観世に優しく、さりげない思いやりなどが感じられます。
 
親族関係は、六道氏の十八番キャラ属性かと思います。
 
紫の家柄の関係でお金持ちの人達も出てきますが、お色気担当のちょっと可哀想な青山さんとかいい感じです。

 
残念なことに、少々話しが中途半端で完結している感が否めません。
 
ぜひどこかで続きを観てみたい、そう思わせる作品です。

 

この記事は黒羽様の許可を頂いて転載しております。
この記事の作者:黒羽様
転載元URL:黒羽コミックレビュー 
黒羽様の最新の記事は上記URLをクリックください。

 

【レビュー】 Drc2 ―反社会的妄想具現症候群専門医 漫画:楓月誠 原作:伊藤仁

3巻完結
原作:伊藤仁
作画:楓月誠
ジャンル:現代妄想具現ファンタジー
特色:中二病 オタク 萌 微グロ 心理

危険な妄想現実に起こる「現実」と「妄想」の戦いの物語です。

発症すると他の人間が9割死にいたる事から、反社会的妄想具現症候群と呼ばれる通称中二病

 これを治療できる唯一の専門医と、その治療のワクチンとなる女の子達が解決していきます。

具現化した妄想自分で否定する事が中二病の唯一の治療法

そのため、症状に応じてワクチンの女の子を選び、否定へと導いていきます。

ワクチンの女の子達もそれぞれに対応する力がある事もあり、個性的で面白いです。

医学を通して中二病を治そうとする女性医横山紀久美(よこやまきくみ)は、この非科学的な症状受け入れる事が出来ずに悩みます。

彼女はこの中二病の現象を、「常識」という名の「妄想」に捕らわれて受け入れる事がなかなかできません。

本来妄想という現実でない事を、現実として認識する、という矛盾した事を論議する、女性医専門医やりとりも見所かと思います。

また、現実で説明がつかない事を、何とか処理する公安部の塩本良太(しおもとりょうた)の気苦労も大変そうです。

病気が治る事件の原因が証明できない事にもなるため、殺人犯にしかみえない中二病患者に大しての複雑な思いを感じられます。

カバーを外すとおまけ漫画で読者の質問に答える4コマ漫画がついています。

「ああ、私もそう思った」という感じの質問と答えが載っています。

カバーに作者漫画家になったきっかけなどが書いてあり、作品に出てくる女の子への愛情が鑑みられます。

つい漫画を読んでると描いてしまう妄想と、それを否定に持って行く流れなどを楽しめれば、面白い作品に感じられるかと思います。

 

この記事は黒羽様の許可を頂いて転載しております。
この記事の作者:黒羽様
転載元URL:黒羽コミックレビュー 
黒羽様の最新の記事は上記URLをクリックください。

 

【レビュー】 ジョジョの奇妙な冒険 第2部 作者:荒木飛呂彦 ~一番地味なジョジョ~

ふざけた態度のジョセフ

”ま・・・またまたやらせていただきましたァン!”

主人公ジョセフが戦闘中に発した台詞。これだけでも彼がオチャラケてるのがわかる感じ。

割りと真面目なジョナサンの血統の中で珍しくうオチャラケた性格のジョセフ・ジョースター。彼も非常に魅力的ですね。ちなみに彼はジョースター家の中では異端な人生を送っていて、まず長寿であること第4部でも登場し80歳?くらいになっていた。ジョースター家はみんな短命。浮気した。これにはスージーQ大激怒。

知恵で勝負

第2部ではまだスタンドは登場してません。なので主人公であるジョセフたちは波紋とアイデアで戦います。このアイデア勝負がかなり面白くて好きですね。

人間以外の化け物に知恵勝負

ぼくは圧倒的に強い化け物に人間が知恵で挑むという話が好きです。何故かというと人間は本質的に弱いじゃないですか。虎や熊と素手で戦ったら絶対勝てない。でも人間は知恵で全ての生物に勝って繁栄しました。だから知恵で化け物に勝つという事は人間の凄さじゃないですか。これが好きなんだと思います。

知恵こそ人間賛歌

ジョジョの奇妙な冒険のテーマは人間賛歌ですが、まさに知恵での戦いこそ人間賛歌だと思うのです。

”人間賛歌は「勇気」の賛歌ッ!!
人間のすばらしさは勇気のすばらしさ!!”

これはジョジョ第一部ウィル・A・ツェペリの言葉です。
ああ、彼は勇気って言ってますけど、、、。
それも人間賛歌ですよ。うん。

アニメ版の出来が良かった

第2部は最近アニメ化したのですが原作の再現度が高く非常に完成度も高くて面白かったです。魅力を再確認しましたね。

一番地味なジョジョ

実はぼくの中では第2部は一番地味なジョジョです。理由は、スタンド出てこない。ディオも出てこない。承太郎も出てこない。

だけど面白いアイデア勝負

しかし圧倒的に力で劣る相手にアイデアで勝負するジョセフは本当に面白いです。中には無茶なアイデアもありますが凄く楽しめますね。荒木飛呂彦氏の短編と同じような面白さがあります。ビックリするようなアイデアで物事が展開します。

シーザー・アントニオ・ツェペリ

シーザーというジョジョの仲間が出てくるのですが、そいつの死に様が本当にカッコイイです。

”シィィザーーァァァッ”

ジョセフのこの叫びはニコニコ動画などでタグになるほど有名です。

 

-集英社 「ジョジョの奇妙な冒険」 作者:荒木飛呂彦-

””は、集英社「ジョジョの奇妙な冒険」 作者:荒木飛呂彦から引用

 

【レビュー】 射 〜Sya〜 作者:大塚志郎

漫画:射~Sya~
ジャンル:現代高校部活
特色:学生 弓道 萌 微色気 微百合

馬鹿でドジ、貧乳の矢澤正弓(やざわまさみ)が、弓道部部長の間堂美射(げんどうみしゃ)ドジったところを助けられるところから物語は始まります。

 部長は正弓の貧乳を才能とみて弓道に理想的、と誘うのですが、正弓貧乳をコンプレックスに思っていたため凹みます。

 団体戦出場の人数に満たない部のため、理論派の副部長、高橋学(たかはしまなぶ)がうまい事巨乳になると言いくるめて入部に導きます

 入部理由は不純ですが、巨乳になりたいという思いに、弓道の基本をしっかり学んで進んでいきます。

 話し的にはコメディ路線ですが、弓道についての話しもそうなんだ、と思わせるものもあり、面白いです。

 正弓のドジなところや、何とか理屈で乗り切ろうとする学、貧乳と連呼する美射、そんな部長に嫉妬する神崎祈(かみさきいのり)、パワーで押し切る荒井力(あらいちから)それぞれに魅力があって応援したくなります。

 路線補正係のが結構キーかなと思ってたりします。

 1巻のあとがきで、読者に弓の魅力を伝えて弓を始めてもらいたいと、作者の思いが美射を通して綴られています。

 さすがに弓道を始めるのは難しいですが、この漫画を読んで弓道も面白いなぁと思いましたので、趣旨は伝わってると思います。

 弓道に興味なくても、学生達萌えドジっぷりな姿をみて和みながら読んでいただけると嬉しいです。

 

この記事は黒羽様の許可を頂いて転載しております。
この記事の作者:黒羽様
転載元URL:黒羽コミックレビュー 
黒羽様の最新の記事は上記URLをクリックください。

 

【レビュー】 NHKにようこそ! 漫画:大岩ケンヂ 原作:滝本竜彦

ひきこもりに可愛い女の子が救いの手を差し伸べる

ヒロイン岬ちゃんが引き篭もりの主人公佐藤に手を差し伸べる話で、何が面白いかというと佐藤のクズ加減ですね。引き篭もりの中でもかなりダメな部類に入ると思います。佐藤を見下して楽しむもよし共感するもよしという作品です。人生のモラトリアム期間があった人は共感も出来ると思いますよ。

「人によく思われたい」や「見栄を張りたい」をテーブルの上に出される

岬ちゃん相手にカッコつけたいためにゲームを作る会社をやっていると嘘をつく佐藤。可愛い女の子に自分をよく見せたいのは分かるけど嘘が大げさすぎます。とはいえ誰でもある見栄を張りたい心を上手く表現していて、なんか自分の心の中にもある、「人によく思われたい」や「見栄を張りたい」をテーブルの上に出されて鑑賞されているみたいでムズムズ、モヤモヤします。その感覚を楽しむ作品だと思います。

引き篭もりにちょっかい出す岬ちゃんにも問題が

岬ちゃんは天使という感じで序盤は話が進みますが、この作品は割りとリアリティ重視です。そんな美少女が何もないのに引き篭もりニートの佐藤を構うわけがありません。

登校拒否の岬ちゃん

彼女も実は高校でうまくやっていけてないという背景があります。自分の存在を確かめるために「弱者に手を差し伸べる」という行為を必要としていました。「そんな私は特別、だから高校でうまくやっていけないのは、私が特別すぎるから」という逃避のためです。

引き込まれる序盤、迷走する中盤

引き篭もり描写と岬ちゃんの可愛さで序盤はグイグイ引きこまれていきます。中盤以降登場人物が増え少し迷走していく気がしました。
とはいえ最後は綺麗にまとまったと思います。

頑張って働けよ佐藤。応援してるぜ。

-角川書店 「NHKにようこそ!」 漫画:大岩ケンヂ 原作:滝本竜彦-

 

【レビュー】 大江山流護身術道場 作者:KAKERU

完結作品
 
漫画:KAKERU
ジャンル:現代護身術
特色:学生 武術 武道 護身 微エロ 微暴力

トラブル体質の高校生中村睦月が、ごろつきに絡まれているところを中学生の大江山夏助けられるところから始まります。
 
睦月が護身術を通して、トラブル体質を解決していく流れで物語は進みます。
 
ごろつきに復讐されそうになったり、痴漢に襲われたり、変質者に襲われたりとトラブルが起こりますが、大江流護身術を学んでいくうちに、回避できるようになっていきます。
 
通常の格闘漫画とは違い、「護身」について描かれている事が特徴です。
 
勿論、睦月の回りに起きる危険な事は、1人に起きることとしては多すぎますが、日常にあるトラブルどう対処するかを考えさせられる所があります。
 
通り魔に襲われたらどうするか、痴漢にあったらどうするか、密室に連れ込まれたらどうするか。
 
どんなに強い格闘家でも、後ろから不意にナイフで刺されれば死ぬ事もあります。
 
「襲われる」とはどういう事か。
 
確かに、と考えさせられるところがある漫画です。
 
 
作者は「魔法少女プリティ☆ベル」「天空の扉」などを手掛けているKAKERU氏です。
 
大江山流護身術道場残念ながら打○切りになってしまった作品ですが、これらの漫画の中にも大江山流護身術道場の内容・思想が盛り込まれているように思います。
 
漫画の中に魔法少女プリティ☆ベルに出てくる魔王が出ていたりしますので、探してみてください。
魔法少女プリティ☆ベルにも睦月がでています。
 
合わせて読んでもらえるとより楽しめるかと思います。
(ただ、入手が困難かもしれません)

 

この記事は黒羽様の許可を頂いて転載しております。
この記事の作者:黒羽様
転載元URL:黒羽コミックレビュー 
黒羽様の最新の記事は上記URLをクリックください

 

【レビュー】 クロスゲーム 作者:あだち充

序盤で起こる大きな悲劇。理不尽すぎるだろ

読んだ際の衝撃がなくなると良くないので詳しく書けませんが序盤で大きな悲劇が起こります。さすが理不尽展開大好きの作者です。それが物語の影となり深みを作り出します。本当に上手く出来ていて切なさとかうまいです。にしても理不尽だよな。

月島 青葉 まじ可愛い

もう散々見慣れたはずの作者の描いた女の子ですがやっぱり可愛い。今回のヒロインの名前は月島青葉です。彼女は野球がとっても上手なんですね。イメージとしては茨城ゴールデンゴールズ(欽ちゃん球団)の片岡 安祐美ちゃん的な感じです。

久々の野球ラブコメ

ラブコメ野球漫画の開祖あだち充ですが『H2』は恋愛要素が少なかったので、ある意味久々のラブコメ野球漫画かもしれません。野球も楽しみながら登場人物の恋愛も楽しむという作品ですね。

そんな野球少女とイチャイチャしながら甲子園にいく

いろいろと男子の妄想、もとい夢が凝縮された設定になっています。正直これだけだとただのハーレム漫画っぽくなってしまうのですが、独特な味付けもあります。ええ、そうです。前述の理不尽です。

『H2』を超えた

ぼくは『H2』も好きだったのですが、今回はちょっと超えました。野球の描写もカッコよくてヤラれましたね。ラブコメ比率の高い作品なので野球の描写は淡白なはずですが逆にテンポが良くて面白かったですね。

残念なのは野球選手としての青葉

青葉が野球選手としては全然活躍しないんですね。女だからって理由ですが、なんか公式戦とかにも出て活躍して欲しかったなと思います。青葉ファンとしては。

17巻で完結。

意外とあっさり17巻で完結します。もう少し青葉が見たかったですね。

-小学館 「クロスゲーム」 作者:あだち充-

 

【レビュー】 勇午 漫画:赤名修 原作:真刈信二

世界を感じれる漫画

この漫画のざっくりとした構造は、主人公:勇午が交渉者(ネゴシエーター)として世界各地に赴き、様々な交渉を繰り広げるというものです。
そしてその交渉の背景に、それぞれの国の文化や歴史、民族性などが深く関わってきます。

その国独特の心情に触れて交渉を成功させる

勇午の交渉の面白さは、交渉相手の懐に入り込むことです。
例えばパキスタン編では勇者と認められなければ交渉の席につくことも出来ませんでした。
そのために勇午は精神を神と一体化(極度の集中状態)させナイフで自分の腕を突き刺します。
刺したナイフを動かすことにより骨が折れているような描写もあります。
しかし極度の集中状態まで高まった勇午は痛みを感じません。
もちろんこの集中状態に勇午が至れる描写は伏線として描かれています。
そうした相手の文化や歴史、民族性に入り込むことで交渉を成功させていくのが勇午のスタイルで、このスタイルは作品として非常に新しいなと思いました。

毎回出てくる美女も魅力

たいていのエピソードで魅力的な美女が出てきて勇午は彼女たちと協力したり反目したり利用されたりしながら、
物語を解決に導いていきます。これもこの作品の読みやすさの一つになっていると思います。

海外にいる気分

もう一つの勇午の作品の魅力は、読者が本当に海外にいるような気分にさせてくれる事です。
沢木耕太郎の深夜特急のような、旅モノの魅力にあふれています。

何故これほど生々しく表現出来るのだろうと思っていたのですが、単行本の中の作者のコメントを読んで分かりました。
毎回作品の舞台になる現地に取材に行っているようです。
しっかりとした現地取材に基づき作られた作品だったので、これほどのリアリティが出るのだと納得出来ました。

それぞれの国の様々な事情をエンターテイメントとして勉強でき、様々な美女とも出会えて、旅気分まで味わえる。
勇午オススメします。

-講談社 「勇午」 漫画:赤名修 原作:真刈信二-

 

【レビュー】 咲日和 漫画:木吉紗 キャラクター原案:小林立

著者/編集:木吉紗
キャラクター原案:小林立
特色:4コマ ほのぼの お笑い 日常 学校

美少女麻雀漫画・アニメでおなじみの、咲-Saki-シリーズに出てくるキャラクターのんびりした日常を描いている4コマです。

学生という事もあり、学校での出来事が多いですが、キャラクターの家族雀士の日常生活なども描かれています。

原作の咲-Saki-を知っていれば楽しめますが、知らなくてもクスッと笑えるようなネタが多く初めて読んでも楽しめると思います。

個人的には風越女子高校の池田華菜(いけだかな)3つ子の妹達と、宮守女子高校の小瀬川白望(こせがわしろみ)がお気に入りです。

3つ子の妹達の動きは、ああ、何かこういう子供いるよね…と思って和んでしまいます。
 
華菜が翻弄されるところや、麻雀部の仲間が遊んであげるところなど、ほのぼのが伝わってきます。
 
白望はめんどうくさがりなのですが、だるい中ぼそっと突っ込みを入れてるあたりがいいです。

本カバーをめくるとおまけがついている事がありますが、この単行本は下からみるのを忘れないようにしてください。

 ほのぼのした4コマが好きな人にはお勧めです。

 

この記事は黒羽様の許可を頂いて転載しております。
この記事の作者:黒羽様
転載元URL:黒羽コミックレビュー 
黒羽様の最新の記事は上記URLをクリックください。