つくしが性悪に思えて仕方ない 【感想】 それでも僕は君が好き 第27話

つくしの気持ちが知りたい

結局、今回もつくしの気持ちがよくわからないままでした。
この作品には似つかわしくない、突拍子もない展開もあり、つくしの気持ちを聞けなかったという感じです。結局、芹澤は自分の思い通りになるわけですが、そのわりには嬉しいそうでもないし、まあ、実感がないという感じでしょうか。

別れてみると山口さんのがよくなってくる

いや、これは完全に個人的な意見ですけど、別れてから山口さんが魅力的に見えてしょうがないですね。振られたのに、まだ芹澤を想っているところが一途でいいです。計算高い感じもなくなり、なんかいいです。対して、つくしは、あまり魅力が感じられないです。彼女が一番魅力的だったのは、知り合って直後くらいですね。

つくしが性悪に思えて仕方ない

結局、つくしが芹澤にちょっかいを出すから別れることになったのに、実際に告白されたら困惑してみたり、なんなんでしょうね。あれでしょうか。女子同士の競争本能からくる勝負だったのでしょうか。よくありますよね。別に好きな男でもないのに、その男のことを好きな女がいると、ついつい競争しちゃうパターンです。あれだったのでしょうか。
モテ期っていうのも、その発展系ですよね。あと、彼女が途切れない奴とか、その法則をうまく利用している。いや、ちょっと脱線しましたが、そういった原理で芹澤もモテ期に突入しているわけですよ。

つくしが運命の女性という感じはしない

とはいえ、つくしとの関係にドラマを感じないですね。彼女が運命の人ということはない気がします。いや、完全に感ですが。まだ、山口さんのが可能性がある気がします。

二股的な扱いになり、男友達にも相手にされない。 【感想】 それでも僕は君が好き 第26話

展開早い

山口さんが、結局名前もわからないままフェードアウトっていうのは、寂しい限りです。
もしかして、彼女が運命の人っていうこともあるんですかね。なんか、今回、逆に魅力的に見えました。おやすみなさいのときの顔とか、非常に良かったです。そのあとの泣き顔も。

芹澤が積極的

かなり、奥手だった彼が随分と積極的になってきた気がします。
それにしても、つくしの方言はかわいかったですね。

大学で芹澤の悪評が広がっているのは、ちょっとピンと来ませんね。そのくらいのことはあるだろうっていうか、広まるの早すぎる。

二股的な扱いになり、男友達にも相手にされない

それでも、今回リアルで面白かったのが、二股かけた的な最低男として扱われ、男友達にも避けられるのは良かったです。これは、大学あるあるですね。女の顔色見てんじゃねーよっていう話ですが、いいんです。
こういうときは、逆に本命の彼女は、むしろ寄ってくるんです。
「わたしは彼のいいところ知っている」とか、「そんなに悪い人じゃない」とか、「わたしが助けてあげなきゃ」的な感じです。
きっと芹澤にも、そんな展開が来るはず。

山口さんの謎

彼女は、何がきっかけで、そんなに芹澤のことが好きだったんでしょうね。そこが謎のままです。そもそも、芹澤のことが好きだから、わざわざ合コンをセッティングしてもらったわけじゃないですか。ということは、大学で見かけて、気になっていたということでしょうか。見た目?意外とイケメンなのか芹澤は。まあ、エルメスとかにもちょっかい出されてたし、そうなのかもしれません。

 

つくしは山口さんが帰ってくるのをわかってるのにマウントポジションをキープ 【感想】 それでも僕は君が好き 第25話

別冊少年マガジンに移籍して1話目。

まず内容に触れる前に、いろいろと気になる部分があります。移籍にあたってあらすじがカラーページで紹介されるのですが、やっぱり山口さんには名前がなくて、山口となっています。つくしはちゃんと牧野つくしってなっているのに。やっぱり彼女は設定として名前がないのかもしれません。あるいは、芹澤の記憶として下の名前が思い出せないということを表現しているのかも、そうだとすると、本題の謎の彼女は山口さんかもしれません。
今回の展開では、山口さんが謎の彼女でもおかしくないような展開がありましたし。

移籍した理由は作者のスランプかも

週刊少年マガジン誌上で全世代から圧倒的共感を呼んだ珠玉の恋愛オムニバス移籍連載スタート!

こういった煽り文句で始まります。
圧倒的共感とか得てたら、人気無くなって都落ちしないだろうとか突っ込んでみたいのですが、どうやら、人気はあるけど移籍したんじゃないかなという気配がありました。
人気があるのに移籍するということは、週刊誌じゃ執筆ペースが間に合わないという理由になると思うのですが、たぶん、それで移籍になったと思います。今回は、掲載までに1ヶ月以上開いているんですね。丸々4週間あって連載ページ数は、今までの週刊連載と同じか少ないくらいです。前半は過去のダイジェストで切り貼り、後半が新しい内容ですが、20ページくらいでしたよ。これはもう、週刊連載に追いつかなくなったんだな。

さて内容ですが

やっぱり芹澤はつくしが好きなんだな

つくしの鋭いタックルからマウントを取られた芹澤ですが、偶然に登場した山口さんのせいで、それ以上はありませんでした。そりゃ、そうだ。そもそも、そろそろ帰ってくるってわかってるのに、ついイチャついちゃうところが、欲求を我慢できない大学生っぽくていいですね。で、大好きな、つくしとくっついて興奮しちゃった芹澤は、その思いを山口さんで晴らします。いや、もう最低ですね。ただ、リアリティがあります。よくできてる。まあ、つくしは山口さんに見せつけようとしてマウントポジションをキープしてたんですね。いやまあ、正確には、乗っかてただけですけど。

山口さんといい、つくしといい、物凄い肉食系

この作品は、全体的に女子が肉食系なのが特徴です。とくに現在のツートップである二人は、本当にガツガツしています。今回は、山口さんの毒牙に芹澤がかかったわけですが、つくしも虎視眈々と狙っているわけですよ。芹澤を。これ、昭和だったらありえないですね。昭和だったら芹澤は、なんとか山口さんにバレないようにつくしとも付きあおうとしますよ。芹澤ちょっと本能弱ってんじゃないの。いやでも、芹澤のそういうところ好きです。まあ、なんていうか、男女逆転ですね。

Sorry, there are no polls available at the moment.

今最も続きが気になる漫画。 【レビュー】 トモダチゲーム 第6話

前回から続く絶望的な女子たちの秘密

この作品の凄い所は、エグられたらいやなところを、まったく外さないことですね。こういうキャラクターに、そういう背景があったらイヤなんだだよなーってところをしっかりと突いてきます。金持ちでイケメンの四部のリアクションは、読者のリアクションに一番近いと思いますね。そりゃ、いろいろ冷めるし、見る目も変わるっつーの。

話しの展開が早い。出し惜しみなし

この作品は2巻、3巻で終わるつもりで描いているでしょうかね。展開が物凄く早いです。とくに今回の急展開に驚きました。この作品で一番大切だと思われていた秘密を早くも明らかにしてしまいました。北斗の拳に例えるなら、一巻でラオウが死んだってかんじですね。ちょっと早すぎる。

その代わりの、もっと気になることを用意

で、そこで読者の興味を失わせないように、もっと気になる伏線が登場。なんか主人公にも秘密があるの?今の話しの展開からいけば、主人公の秘密は、昔、男娼をやったことがあるっていう感じです。いやあ、でも、もうそこまで、混沌とした感じになると、まともなヤツいないじゃんって感じで逆に、リアリティを感じなくなるかもしれないですね。というか、ぼくは、主人公のファンなので、そういった、あまり硬派じゃない過去はいやですね。まあ、『軍鶏』のリョウのようなって。ちょっと、わかんないですかね。

次回が気になる漫画ランキング1位

ぼくとしては、この作品は、次回が気になる漫画1位ですね。ちなみに2位はマギです。進撃の巨人は、最近は次回が気になるって感じじゃないですね。謎に、そんな迫ってないし。楽しみですけど。

犯人の動機は?

彼の動機を考えてみました。今までの話しの展開から考えるなら、単純に嫉妬でしょうか?彼女を思い通りにしたいというか。そういう感じでしょうか。ただ、そこは、もう一歩踏み込んだ、まだ明らかになってない事実があってほしいですね。そこの動機部分も気になります。それにしても、今月の展開は衝撃的でした。すごいですね。

 

新曲を毎月作中で演奏するとかやってほしい。 【レビュー】 フジキュー!!!〜FujiCue’s Music〜 第1話

ミュージシャンが描いた漫画?

漫画家がミュージシャンをやってる?と言ったほうがいいのでしょうか?作者である田口囁一さんは、「感傷ベクトル」というバンド?ユニット?をやっているプロミュージシャンでもあるらしいです。で、なぜか、その部分を巻頭カラーで紹介していますね。同時に音楽のほうも宣伝しちゃう的な感じです。いやあ、これは新しいですね。音楽もWEBで聞けるので聞いてみました。耳障りのいい感じで、好き嫌いがないタイプの音楽です。ロック&ポップと言って紹介されてますが、ちゃんとしたJPOPですね。別にロックとか言わなくてもいいのに。

音楽学校もの!

BECKみたいにバンドものかなと思ったら音楽学校ものですね。バンドはやるんですけど、これもなかなか新しい。面白いのは、ディテールが変に細かくてノンフィクションみたいな感じがするところですね。学生証がスマホアプリとか。

コード3つしか知らないとか、さすがにリアル

さすがミュージシャンが書いてるだけあって、さらっとリアルな感じがします。まあ、はじめて路上に出る時はもう少しドキドキ感とかあると思うんで、そのあたりがわかるでしょうから、ちゃんと描いてくれればよかったのになとは思いました。

なんか男臭くない

バンドを組んで、どうのって漫画なのに、男臭さがないってのが新鮮です。主人公がちょっとギター弾くと弦を切っちゃうっていう欠点があるんですけど、まあ、コンテストはギター3本くらい用意しておくしかないですね。

毎月作中で新曲を演奏しては?

音楽漫画の難しさに、作中の音が聞こえないというものがあります。作者はミュージシャンですから、毎回、演奏させる曲をWEBにアップして、読みながら聞くように用意してくれたいいですね。毎月新曲を一曲。今のところ主人公は、コードが3つしか引けないらしいですから、コード3つで作った曲を聞かせて欲しいですね。作中では3つでこんな凄いの作れるなんて。とか感動されて、実際にそれがWEBで聴ける的な。AとEとDですね。まあ、そんな曲山ほどありますけど、なんか、そういう連動やってほしいですね。ライバルはソウルキャッチャーズですね。

 

衝撃!最終回で、起承転結の起を描いた。 【レビュー】 惡の華 最終回

賛否両論ありそうな最終回

普通、物語の最終回は、起承転結の結の部分なので、物語として終わらせる必要があります。一番一般的なのはハッピーエンドで、ある程度長期的に連載した作品は、まず間違いなくハッピーエンドになりますね。ただ、物語的に破綻しなければ悲劇的な終わり方でもいいわけです。しかし今回の惡の華では、分かりやすい結が描かれませんでした。言うなればTV版エヴァンゲリオンの最終話のような。

中村さんから見た物語のはじまり

なんと最終回で、起承転結の起を描いてしまいました。この作品の初期、中村さんは非常に謎な女の子なんですね。ぼくは意識していなかったのですが、考えてみれば、この作品最大の謎は、何故、中村さんはああだったのか?ということです。それを最終話で作者は描いてくれました。

一方、春日の物語は先月で終わっていた感じがします。中村さんが、これからどうなるのか、彼女はどういった一生を過ごすのか。そういった部分が前回まででも描かれていなかったんですね。そこは、最終回でも描かれませんでした。それは放り出した感じです。じゃあ、物語が終わった感がないか?そう言われれば、そんなことはなくちゃんと完結したんですね。これは不思議でした。

この物語の本筋は中村さんへの興味だった

推理小説だったら、犯人がわかれば、そのあと登場人物がどうなったのか、わからなくても、終わった感じはしますよね。この作品での犯人の役割は、中村さんの心がどうなっているのか?ということだったのです。少なくともぼくにとってはそうだったようです。一読者として、夏祭りが終わったあとに急激に、この作品の魅力が減ったような気がしました。それはどう考えても中村さんが登場しなくなったからです。で、何故、それほど中村さんに惹かれていたのかと言えば、結局、彼女の心への興味だったのです。

そういう読者も気づいてなかった気持ちを引きずり出して完結

あの時、中村さんはどうして春日に声をかけたんだろう?

彼女にはどんな世界が見えていたんだろう?

この問いは、ぼくのなかでは顕在化されていませんでした。ただ無意識のなかでは渦巻いていたようで、その答えを最終話で貰って、スッキリしました。そして、これを読んで、中村さんの平穏な未来を少し想像出来ました。学生のころ、こういうグチャグチャした感覚っていうのは誰でも少なからずあるもので、年をとると意外と落ち着いてきます。落ち着いて来た中村さんは、もう描かれていたので、なんとなく未来が想像出来ました。起点がここで、今彼女がその状態なら大丈夫そうだなっていう感じです。すごい、いいラストだったと思いますね。これで良かったです。

 

多様な人間をしっかりと描く凄さ。 【レビュー】 進撃の巨人 第57話

調査兵団の不屈の魂

今回は、ハンジとフレーゲルの会話がすごかったです。この作品は表面上は巨人との凄惨な戦いがメインに見えますが、よくよく読むと、やはり人間劇なんですね。人間が、いろいろな感情で、哲学で、行動していくさまが、生々しく描かれます。

ハンジとフレーゲルの会話は特にすごかったです。ハンジの死生観とフレーゲルのような、一般人の死生観が激しくぶつかります。これは、すごいことだと思いました。作者は一人です。こういった作品。人がガンガン死んでいく作品を描いていたら、事を成すには命も問わないみたいなやつばかりが出てきます。そんななかでいきなり、ノーマルなヤツをだすわけです。こんなに尖った世界観なのにキャラクターの内面に多様性があるんです。思想や価値観が違う人物が世の中にはたくさん存在しているのが現実です。そういった現実感が今回は非常に強く表現されました。こうやって、物語を生々しくした上で巨人を登場させるから、リアリティが生まれ恐ろしさが出ます。

勝ったことがない調査兵団

また、今回の彼らの話しのなかで、気付かされた部分がありました。実は調査兵団という組織は勝利を知らないんですね。壁の外に出ても、団員をたくさん失って帰ってくるだけです。そんなに負け続けているのに、気持ちが折れないで、調査を続けている組織です。いつか勝つために負け続けている組織が調査兵団です。そこには、彼らの不屈の魂があります。どれほど、負けても壁に囲まれて奴隷として生きることは受け入れない。そういった強い意志は、この作品のテーマでもあるんでしょうね。人間の不屈の魂。カッコ良かったです。

 

囚人のジレンマで友情をぶっ壊すエゲツない作品。 【レビュー】 トモダチゲーム 週刊少年ジャンプ2014年19号 出張掲載版

少ないページ数で本編の魅力を最大限に表現

かなり短い短編で本編の魅力をしっかりと表現してました。これは凄くよくまとまった質の高い作品です。この作品の本質は、「お金で壊れる友情」です。恋愛要素もうまく使ってガンガン友情を揺さぶる本作ですが、短編でもしっかりとそのエゲツナイ魅力が出ています。

謎解きx友情ぶっ壊しゲーム

ライヤーゲームや嘘喰いのような謎解き漫画でありながら、囚人のジレンマ(裏切った人が得をする状況)的状況を作り出して友情を破壊していく作品です。論理と感情の両方に訴えかける構成は非常に面白いですね。本編の主人公はお金の怖さを知った上で友情を大事に出来る男で頼りになる奴です。彼は頭脳と感情の両方を駆使して友達全員を助けようとします。しかし友達の中に裏切り者がいる可能性が高いのです。

別冊少年マガジンの中でかなり楽しみにしてる

ぼくは別冊少年マガジンの購読者でトモダチゲームは連載開始から読んでいますが、開始以来ずっと楽しみにしている作品です。特に先月のラストは衝撃的で4月9日発売の5月号はかなり楽しみにしています。早く読みたい。

 

別マガは何故か魔女漫画だらけ

別マガ4月号は魔女漫画3作品!

進撃の巨人が連載している事で有名な別冊少年マガジンですが、なぜか魔女漫画が多いです。
今月はなんと3作品も魔女漫画が掲載しています。

ふらいんぐうぃっち

3ヶ月に1回連載のほのぼの系魔女漫画です。
女の子が可愛いです。

魔乙女たちのエデン

本気系魔女漫画です。画面も黒っぽいです。

Blood Festival

読み切り作品です。
新人漫画賞佳作受賞作品という事です。

偶然もあるけど

3ヶ月に1回のふらいんぐうぃっちと読み切りのBlood Festivalが被るという偶然もありますが、編集部としてはあまりテーマが被ることを気にしないのですかね。

確かにジャンプでは「トリコ」と「食戟のソーマ」というグルメ漫画が2つも掲載されています。
一つだってヒットするのが難しいであろうジャンルが2つ並列して、しかも人気漫画ですし。

サンデーとマガジンもサッカー漫画が2つ同時掲載しています。
サンデーは、「ファンタジスタ ステラ」と「BE BLUES!」。
マガジンは、「エリアの騎士」と「DAYS」です。
こういうジャンルかぶりはあまり最近は気にしない編集方針なのでしょうか。

 

ラララって名前、ちょっと突っ込まずにはいられない 【レビュー】 がんばる!ストーカー 第1話

別マガラブコメ枠来ました

別マガ誌上では可愛い女の子が出る漫画が最近次々と終わってしまいました。
一部、最後は男同士の恋愛になってしまった漫画もありましたが、あれも面白いかった。

そんな別マガ誌上にラブコメ枠として登場したのがこの作品です。

「ラブコメコンペ通過作品!!」との煽り文句が踊ります。

二人は勘違い系

主人公である花丸とヒロインである神春ラララは、ふたりとも結構な勘違い系です。
勘違い系ほのぼのラブコメという意味では『姉ログ』っぽいですが、
こちらとら二人共勘違い系です。

ラララって名前、ちょっと突っ込まずにはいられない

ラララという名前は面白いですね。カタカナだし。
正直女の子は可愛ければ名前とか何でもいいですね。
何が言いたいかというとラララさんはかなり可愛い。
特にカラーページで教科書を広げている彼女は一見の価値あり。壁紙にする価値もありだな。うん。

強引なストーリー展開

コメディ比率が高いラブコメなのでストーリー展開は強引です。
だからこそ表現できるヒロインの可愛らしさがあり、うまく表現されていると感じました。

すげーおっぱいでかい

クラスメートに巨乳と認識されていて絵を見ても確かにデカイ。
冬服の上からそんなに目立つって相当です。ちょっと垂れてる。
なんかぽっちゃり風でまたそこはかとない魅力があります。
でも、これどう考えても本人はコンプレックスあるだろうな。
もちろんアクシデントで主人公が、、、、。

がんばる!ストーカー 第2話 予想

二人のこのままの状態が続くのでしょうが、
それで盛り上がる展開になるとは全く想像つきません。
正直次回の予想は難しいです。その分次回が楽しみです。

-別冊少年マガジン 2014年4月号 がんばる!ストーカー-