【レビュー】 ACMA:GAME アクマゲーム 第4巻 作者:恵広史

ACMA:GAME 第3巻のレビューはこちら
https://mangabito.com/column/20140323-review-acmagame-3/

潜夜大活躍

4巻は潜夜主役という感じでした。巻末には潜夜と大介の短編も載ってたりします。物語の展開としてはだんだんと本筋が動き出したという感じでした。これから戦いの日々が続くのでしょう。

衝撃的なゲームの結末

トリックや結末含めてゲームが非常に面白かったですね。最後の騙し合いは非常にハイレベルでグイグイ引きこまれました。一冊以上かけて描いてきた戦いに相応しい終わり方です。

織田グループの会長を退く照朝

グングニルとの戦いの為に照朝はグループ会長を退くことになります。これはぼくは反対ですね。せっかくの個性的な設定をなぜ捨てるのでしょうか。これまで会社があるから出来る感動的な話を散々してきたのに、ここでそれを捨てるのは勿体無いです。もっと企業力を駆使して悪の組織と戦って欲しかったですね。

婚約者の綾香が活躍

姉さん女房綾香が大活躍します。彼女の微妙な嫉妬とか面白いですね。照朝は彼女にもうちょっと配慮してもいいのではと思いますが、こいつも主人公なので別の女をタラシたりします。巻末の4コマで綾香が他の女と書いてビッチと読んでいたのは面白かったですね。女性にとって自分以外の女はそういう存在なのかもしれません。シュールです。

少年漫画の王道的展開

少年漫画の王道的な展開が炸裂しています。まさか敵の正体が、そんな、、、。みたいなやつです。この巻では照朝の意思も決まり警察内部に協力者も出来ました。あとは戦うだけとなりました。次の巻も熱い戦いを見せてくれそうです。

-講談社 「ACMA:GAME」 作者:恵広史-

 

【レビュー】 ACMA:GAME アクマゲーム 第3巻 作者:恵広史

ACMA:GAME 第2巻のレビューはこちら
https://mangabito.com/column/20140323-review-acmagame-2/

3巻まるまる潜夜との戦い

3巻からこの漫画の本質に入ってきた気がします。ゲームの駆け引きが中心にお互いの手の内を読み合う展開。なかなかに引きこまれます。今回の巻は一冊まるごと潜夜とのゲームを描いていて描写がどんどん細かくなってきました。

意外とズルがあり

アクマゲームは意外とズルがありなルールです。逆にルールの解釈する際に如何に先入観をなくして考えるかという勝負ですね。そう意味ではゲームが続いていくとゲーム自体の質が変わっていく現象が起こります。それが勝負に緊張感を与えてると感じました。

照朝の生い立ちは信長を彷彿とさせる

織田照朝の生い立ちは信長を彷彿とさせるものでした。父は1代で織田グループを大きくし若くして世を去ります。親戚や周りの大人に付け狙われる織田家。その中で織田家をしっかりと管理して父の志を継ぐ照朝。ほら、なんか信長みたいでしょ。

上杉潜夜と直江大介のスター性

この二人がなかなかにスター性のある過去を持っていて過去編だけでも何巻かやれちゃうような感じです。おそらく潜夜が鍵を手に入れた話なども出てくるのでしょう。主人公のキャラクター設定が際立っているので、こういう強いキャラクターを出しても主人公が喰われません。これはなかなか凄いと思いますね。

潜夜の言葉には賛成出来ない

潜夜が照朝に対して、責任を背負ってしまって自分の人生を生きていないと言いますが、これは到底同意できませんね。責任を背負って生きるのが照朝の自分の人生ですし、なんの責任もない人生なんて、全然輝いてないじゃないですか。「人生は責任があるから面白いんだぜ。」と、この高校生に言ってやりたいですね。

-講談社 「ACMA:GAME」 作者:恵広史-

 

【レビュー】 ACMA:GAME アクマゲーム 第2巻 作者:恵広史

ACMA:GAME 第1巻のレビューはこちら
https://mangabito.com/column/20140320-review-acmagame-1/ 

意外と雑。織田の計画

今回、織田はクラスメートを助けるために戦うんですが最初の計画が意外と雑で友達を危険に晒します。時間がなかったとは言え、警察呼ぶなりハウンドドッグ先に呼ぶなりいろいろと方法があるだろうと突っ込まずにはいられません。

アクマゲームの使い方がだんだんと明らかに

織田の天才的な頭脳があればアクマゲームはかなり有効な手段であると感じます。相手を選べば彼はほとんど負けないでしょうし特殊能力もあるので相当に有利です。しかし今回は意外と苦戦してましたね。最後はジョジョ第2部の「ジョセフ・ジョースター」ばりのトリックでした。

キャラクターは戦国武将の名前

主人公の名前が織田で1巻の最初のほうで安国寺恵計という教師も出てきたし登場人物は戦国武将っぽい名前を持っているんだろうなと思っていたら意外とそれっぽいのが出てきません。しかし今回の巻の後半で上杉と直江が出てきました。おお、そっから来たか。

秀吉とか明智とか徳川とか出てくんだろうな

戦国時代好きのぼくとしては、どの武将がどんなキャラで出てくるのか楽しみです。直江はちょっとゴツすぎる感じしました。大河ドラマ『天地人』では妻夫木聡でしたからね。そのイメージでいってほしかったかな。

なんか気軽にアクマゲーム使ったー!

上杉が気軽にアクマゲーム使います。そんな感じで使えるならアクマゲームをバンバンやってゲームに慣れたほうがいいですね。毎日10回位は練習したほうがいい。3巻は気軽に使われたアクマゲームの話になるようです。テンポ良くて面白いですね。

-講談社 「ACMA:GAME」 作者:恵広史-

 

【レビュー】 ACMA:GAME アクマゲーム 第1巻 作者:恵広史

大企業の社長(高校生)が主人公のギャンブル漫画

設定がかなり独特で最初から引き込まれる作品でした。

主人公は、織田輝朝という名前です。織田信長のイメージを少し持っていて頭が切れて度胸がある。とはいえ優しくカリスマ性のある性格です。彼は三井や三菱をイメージさせる財閥の総帥です。父親が急死したので、引き継いだという設定です。

超人的な経営者

彼の経営能力は卓越していて父親亡きあと低迷していた会社を建て直し事業を急成長させています。父親の志を継ぎ社員を家族と考え全社員の名前を記憶しているという徹底ぶりです。

松下幸之助や本田宗一郎のような昭和のカリスマ的経営者像

なんとなく昭和のカリスマ経営者の様な内面を持つ主人公です。見た目はイケメンで女子からもモテます。少年漫画の主人公として非常に革新的で面白いと思いました。

ギャンブルxファンタジー

高校生社長である彼が会社を賭けたギャンブルに巻き込まれます。敵が持つ悪魔の力で強制的に参加させられてしまいます。

高校生にして世界有数の企業を経営してきた手腕

経営者としての冷静さ、分析力を発揮して敵とのギャンブル対決を繰り広げます。ゲームは独自のものです。会社の存亡や命をかけます。推理とロジックの勝負と心理と駆け引きの勝負の両方がバランス良く描かれます。

スタイリッシュなカイジ

ゲームの内容や勝負の決め方はカイジに似ている感じです。しかしこちらはもう少しオシャレで主人公の守るべきものも金ではなく家族(社員)と少年漫画らしい青春テイストの味付けとなっています。

敏腕社長が主役の少年漫画という衝撃

とにかく今回は高校生社長という設定に驚きましたね。しかもちゃんと会社を経営している。こういう漫画をきっかけに日本にも若手起業家がバンバン生まれるといいですね。部活やってない高校生とか起業したらいいですよね。30万円くらいあれば登記できるし学生だから見えること出来ることが沢山あると思います。
「盗んだバイクで走りだしたり」「夜の校舎窓ガラス壊して回る」より、「夢見がちな俺は」社会を変えてしまえばいいんです。

少年マガジンで連載中

週刊少年マガジンで連載中です。話題になってるだけあって読みやすく面白かったですね。さすがに3大少年誌の漫画は質が高い。

-講談社 「ACMA:GAME」 作者:恵広史-

 

【レビュー】 信長協奏曲 第1巻 作者:石井あゆみ

信長協奏曲の第1巻をレビューしたいと思います。

物語の導入部で過去にサブローがタイムスリップする下りは何度読んでもあっさりしている感じ。
サブローの性格とか、いかに歴史に興味が無いとかがさらっと描かれているだけですぐに過去に行き、そこで顔がそっくりな信長と出会い、入れ替わります。

2巻で斎藤道三にある頼み事をされますけど、たぶんこのあっさり感だと元の時代には戻らないんじゃないかな。
加えて、1巻だけでも作中で2年くらい経ちますし2巻の桶狭間なんて10年以上後です。
後の巻に進めば進むほどどんどん年月が経っていくので元の時代に戻る展開はなさそう。夢オチ以外では。

さて、織田信長を題材にした作品はたくさんありますが、これもまたその内の一つです。
ただ、上記で述べたとおりこの作品は桶狭間の戦いの10年以上前から始まり1巻を終えてもまだ桶狭間の戦いまでいきません。

桶狭間の戦い以前の信長の話って歴史好きでもなければあまり知らないと思うんですよね。
例えば、柴田勝家は織田家の家督を争う信長の弟の信行側で信長と戦っています。
たいていみんなの知ってる柴田勝家は信長の部下としての印象で、敵対しているとかはないでしょう。
また、織田家は尾張一国全てを治めていたりもしません。
この巻の特に面白いところはそのあたりを描いているところでしょう。

そして、竹千代が可愛い。キュート。僕もえろすな本をあげたい。
もちろんこの子は後の徳川家康です。
竹千代の出番はあまりなく、すぐに人質交換で今川に帰ってしまうのが残念。もっと見たかった。
可愛いと言えば、帰蝶も可愛い。サブロー大好きな感じがほほえましい。帰蝶本人は信長が入れ替わったことに気付いていませんけど。

1巻の最後は平手政秀の死と秀吉の登場で締めます。
さてこの平手政秀の死と関わる一癖も二癖もある秀吉は今後どのように信長に関わってくるのでしょうか。

と、こんな感じで好き勝手に感想を書いてみましたが、信長好きや歴史好きの人にオススメの漫画です。
基本的に話が歴史通りに進んでいきますので、ifの話が苦手な人でも楽しく読めると思います。

 

【レビュー】 ヴィンランド・サガ 第14巻 作者:幸村誠

帝王クヌートとトルフィンの信念

国のためにクヌートは農場を接収しようと戦を仕掛けて来たわけですが、13巻で大勢は決し最早支配するのみという状況です。
楽園ヴィンランドを作ると決意したトルフィンは農場を去ろうとしていたのですが思いとどまります。

”ヴィンランドさえ平和なら他所がどうでもかまわないなんてそんな気構えじゃだめなんだ”

トルフィンはそういってクヌートとの和平交渉に望みます。

侠気のトルフィン

クヌートに会いに行くトルフィン。しかし簡単に会わせて貰えるわけがありません。
そこでトルフィンは自分は昔クヌートを警護していたと言いますが誰も信じません。

この時のトルフィンはクヌートのことを「王陛下」と尊称を用いています。
奴隷になる前の彼を想像すれば大変違和感のある言葉遣いで、時間の流れトルフィンの変化を強く感じさせます。
直接クヌートに対した時はどういった話し方をするのだろうと興味が沸きます。

戦うことを止めたとはどういうことか

トルフィンは昔クヌートの警護を任されていたという事を証明するために100発殴られて耐えるという選択をします。
警護を任されていたのだから強いはずだろう、強さを証明するために殴られるという理屈です。
戦って強さを証明する方法のが自然で、より証明になるはずですがトルフィンは戦う事をやめたのです。

トールズの魂がトルフィンを突き動かす

トルフィンは殴られながら段々と奴隷になる前の言葉遣いに戻っていきます。
痛みと披露で本来の自分が出てきたという感じです。そしてついに100発耐え切ります。

”オレに敵なんかいない”

そしてトルフィンはこう言いました。

”お前に敵などいない 誰にも敵などいないんだ 傷つけてよい者など どこにもいない”

これは父トールズが子供の頃のトルフィンに言った言葉です。
単行本2巻でのトールズの言葉です。

トールズの、本当の戦士の魂がトルフィンを動かし始めたのです。

クヌートとの停戦交渉

クヌートとの会談が始まりました。トルフィンは最初丁重な言葉を使っていますが、すぐに昔のトルフィンに戻ります。

そして撤退を要求します。しかしクヌートはその要求を飲みません。
クヌートはトルフィンに自分と戦うかと問います。
トルフィンは逃げるといいます。

14巻では徹底して戦うという選択を最後の最後まで取らないトルフィンの意思が表現されています。
戦うことを捨てるということはどういう事かという事を徹底的に見せつけます。

ついに故郷に帰ったトルフィン

ついにトルフィンは故郷に戻りました。久々にユルヴァ登場です。
驚いたのは彼女の夫がアーレだったという事です。アーレは単行本1巻、2巻あたりで出てくる人物です。
トルフィンの家の近所に住んでいてトールズとアシェラッドの戦いにも立ち会っていました。
その際にはアシェラッドの部下に突き飛ばされて歯を折っています。もちろん治るワケもなく今も前歯が抜けています。

アーレがすっかりおじさんになっている事とユルヴァとアーレの子どもたちが大きくなっていることによって、
随分と長い時間が立ったのだと感じます。そんなに長い時間人並みの生活から遠ざかっていたトルフィンが可哀想で仕方ありません。

ヴィンランド・サガ 15巻の予想

これからトルフィンたちはヴィンランドを目指して旅立って行くのだと思います。
故郷の人たちはひとまず連れて行かないでしょう。それからトルフィンの恋も始まるのではないでしょうか。
そろそろトルフィンは幸せになってもいいはずです。

-講談社 「ヴィンランド・サガ」 作者:幸村誠-

””は、講談社 「ヴィンランド・サガ」 作者:幸村誠から引用

 

【レビュー】 宇宙兄弟 第1巻 第5話 「せりかの日記」 娘にとっての父親について考えさせられた。

今回レビューするのは宇宙兄弟1巻第5話です。

JAXAにて六太が宇宙服のヘルメットの顔の部分に自分の顔を移そうとして背伸びしているシーンをせりかが目撃します。

”変人決定だ!”

と六太はせりかに変人と認識されたと思いますが実際のところをそれを見たせりかは、自分の母親に電話で昔お父さんがやった事と同じことやっている人がいたと報告します。

実の所好意的に受け止められていたという描写です。

これは男女の恋愛をうまく描写しているなと思いました。
男性は女性に対して過度に自分を良く見せようとしてしまうことがありますが、それは実の所あまり意味がないんだろうなと思いました。

なぜなら女性にも父親がいて、その背中を見ながら成長してきているわけですから、男の面白さというか本質の様なものを無意識には学んでいると思うのです。

そして宇宙兄弟ではそういう父親との思い出を持っている女性の素敵さと可愛さを非常にうまく表現しているなと思い大変感心しました。

宇宙兄弟は人間の内面的な魅力を見せるのが本当に巧みだと思います。

 

””は、講談社「宇宙兄弟」 作者:小山宙哉 から引用