【漫画の名言】 「真っ白な灰になるためなら…… 俺は一生童貞だってかまわねぇんだからな!!」 カンパチ -編集王- ビジネスマンが読むべき熱いシーン

仕事で燃えるという事を教えてくれる名シーン

編集王 一巻 97ページ これは本当に凄いページだ。男の仕事とは何か端的に教えてくれる。 あしたのジョーの影響でボクサーを目指していた主人公カンパチが網膜剥離でボクサーの道を断念。カンパチ24歳、10年間全てを掛けてきたボクシングを失った。 次のリングとして選んだのは出版社の編集者、そう漫画作りだった。あしたのジョーのような凄い漫画を作るんだ。そんな意気込みだった。 しかし担当した漫画家はまんがに本気ではなく適当な仕事しかしない。カンパチに応対するのも本人でなくマネージャー。 そのマネージャーに言った一言。

”真っ白な灰になるためなら…… 俺は一生童貞だってかまわねぇんだからな!!”

仕事はグズグズやってもしょうがない。ジョーのようにカンパチのように熱くやらなきゃだめだ。 人間、本当に最後は真っ白な灰になるのだから有限な人生、燃えたぎりたい。 自分が仕事をしててちょっとグズッてるなと思ったときに、編集王の一巻を是非読んでもらいたい。

 

””は、小学館「編集王」 作者:土田世紀 から引用

 

【漫画の名言】 決断に迷ったとき、選択を誤らないための一言 宇宙兄弟より

生きていれば人生の岐路に立つ事が、誰だってある。 そんな時に間違った選択をしたくないと誰もが思うはずだ。 考えなければならないことは沢山ある。しかし決断は待ってはくれない。 そんな時に、宇宙兄弟の作中でシャロンが言った一言が勇気をくれる。

”迷ったときはね「どっちが正しいか」なんて考えちゃダメよ。日が暮れちゃうわ。 頭で考えなきゃいいのよ。答えはもっと下。あなたの事ならあなたの胸が知ってるもんよ。 「どっちが楽しいか」で決めなさい”

人生は短いワクワクドキドキする方を選べば絶対に失敗にはならない。 なぜなら成功か失敗かは選んだ後の行動で決まる。楽しいほうを選んだなら、その後も前向きに行動できるからきっとうまくいく。 何よりも楽しいってのが最高じゃないか。

 

””は、講談社「宇宙兄弟」 作者:小山宙哉から引用