絶対出世できるシンプルな働き方。 聖闘士星矢より

”なに事もあさくかるくすべてシャレでながしてしまい マジになったらそれこそダサい はたしてそれが青春を楽しんでるってことなのかな”

聖闘士星矢 星矢

 

聖闘士星矢 8巻

戦いに旅立つ星矢が幼馴染に言った台詞。

みんな最初は人生の初心者

世の中には頑張るのがダサいという風潮があるかもしれない。

目を血走らせて必死に頑張るのがかっこ悪いと思う人はどういう心理なのだろう。

それは失敗した場合に自分の限界が見えてしまうのが怖いという心理ではないだろうか。
こんなに頑張ったのに良い結果が出なかった場合に「自分の才能や能力の程度はこの程度か」と
無情な現実を突きつけられてしまうのが恐ろしいのではないだろうか?

残念ながら人間の世界は競争で出来てる。競争である以上負ける人がいる。
自分が負ける側になる事もある。むしろ大抵の事は負けて始まるのだ。
なぜなら誰でも何かを始めるときは初心者であり人生においては全員が最初は初心者だ。

出世するほどいい事はない

僕は会社で働いていた時によく見たのは出世なんか興味がないという素振りの人たちだ。
実のところ会社では出世しないとほとんど面白い仕事は出来ない。
自分の裁量と言うものはほとんどないし、たまには優れた上司がいてやりがいのある仕事をくれるかもしれないが、
それだって人事異動で継続性はない。

出世すれば給料も上がるし自分のやりたい仕事も出来る。

なのに出世を目指さない人たちがいる。

趣味があるから仕事はそこそこに?
会社にいい様に使われるのはやだ?

実の所、部長や役員の方が、趣味を楽しむ時間もお金も持ってるし、
会社にいい様に使われていない。むしろ会社をいい様に使える。

出世するために必要な事は実のところ至って単純だ。

まず自分には出世する必要があると認識する事。
次に、失敗したり成功した時に自然と涙が出るくらいマジで働く事。

すると自然に部長くらいにはなれる。

人生は短いんだ。マジでやろうぜ。

 

””は、集英社「聖闘士星矢」 作者:車田正美 から引用

 

生まれた瞬間から人間には差がある。それもすごくでっかい。 聖闘士星矢より

”幸福な星の下に生まれるヤツ 
不幸な星の下に生まれるヤツ 
いろんな人間がいるさ…
だけどオレはいかなる星の下に生まれようと雄々しく生きてやる!!”

聖闘士星矢 星矢

 

聖闘士星矢 8巻 戦いに望む星矢が涙を流す美穂に語った言葉。

機会平等という大嘘

この世界では人間は生まれた時から環境や才能がまったく違っていてチャンスは誰にでもあるというのはそもそもの大嘘だ。

分かりやすいのがスポーツの世界だ。

スポーツ選手になりたいと志しても実際にその才能がある人間は一握りだ。
まずは身体能力に恵まれた身体に生まれてなければならない。

例えば一流アスリートの為末大さんもツイッター上でこう言っている。

”成功者が語る事は、結果を出した事に理由付けしているというのが半分ぐらいだと思う。
アスリートもまずその体に生まれるかどうかが99%。そして選ばれた人たちが努力を語る。
やればできると成功者は言うけれど、できる体に生まれる事が大前提。”

http://president.jp/articles/-/11561
引用元(外部リンク):PRESIDENT Online

為末さんの発言の真意はリンク先を見ていただくとして、
ぼくもこれは非常に正しい考え方だと思っている。

アメリカのプロバスケットボールNBAを見てもらいたい。
身長180cm以下の選手は本当に少ない。多少はいるのだがそういった背が小さな選手は、
そもそも異常なジャンプ力とか走力とか要するに先天的に備わる瞬発力を持っている。
身長が高いか、異常な瞬発力を持っていないとNBAでは活躍できない。

要するに生まれつきのチャンスの差がそこにはある。

バスケットボールは非常に分かりやすい。
ただ世の中のいろいろな事は分かりやすくはないのでチャンスは平等、頑張れば誰でも可能性がある。というように見えてしまう。

その幻想を打ち砕くべきだと思う。

適材適所

自分の生まれながらの才能が生きるものを追及したほうが結果が出るのが早いし自分も楽しい。
人に喜ばれるし社会的にも価値がある。
格差の固定などの機会平等は是正されていくかもしれない。
しかし遺伝子や親の子育て能力による個人差は決して平等にならない。

ものさしはいくつもあるでしょ

とはいえ、人間の価値はただ速く走れるとかジャンプが出来る以外にもたくさんある。
要は自分の得意な所で全力で生きる事が大切だ。
「俺には才能がないからだめだ」と落ち込むのではなく、
「俺が得意なものはなんだ?」と常に自分の可能性を追求し努力を続けていきたい。

”人間の道は一つということはない。千も万もある。”

坂本龍馬の言葉だ。

残念ながら人生は一度しかないし、君が生まれ持った運命は一生付きまとう。

それでもなお、面白い人生を生きたいなら、燃えるような充実感を得たいなら、

雄々しく生きてやろうぜ!

 

””は、集英社「聖闘士星矢」 作者:車田正美 から引用

 

何があってもくじけない男になるために心に刻みたいたった一つの言葉 男坂より

”男がめざそうとする道はしょせん坂道でしょう!”

男坂 車田正美

 

人生と言うのは困難の連続だ。思ったようにうまくいく事なんかめったにない。
とくに仕事をしていると目標達成を簡単に出来る事なんてないし、経費が予算に収まらない事もよくある。
それは当たり前の事だ。出来る限度のギリギリちょっと上こそが目標だからだ。
もちろん達成するつもりで必死にやらなきゃだめだ。しかししんどいのが当たりまえだ。

エジソンは1万回失敗した。

エジソンは電球を作るために試作品を10,000個作ったらしい。
それだけ作ってようやく電球は完成したのだ。9999回の失敗の果てに成功したのだ。

”9,999回のうまくいかない方法を発見した”

これは有名なエジソンの言葉だ。

偉人と凡人の大きな違いがある。それは打席に立つ回数だ。
偉人はそもそも打席に立つ回数が圧倒的に多い。だからヒットも多いし、ホームランも多い。
野球では打率が低いと試合に出れなくなって打席に立つ回数も減ってしまうが人生は違う。
人生は、あの手この手の工夫をすれば打席に立つ回数をいくらでも増やせる。

凡人は打席にたって凡退するのを恐れる。

そこには失敗を恥ずかしいと思う気持ちがあるし、それが怖いと思う気持ちもある。

男らしさってなんだ?

失敗を恐れないという事だ。
失敗を恐れる自分を恥じるという事だ。

打席に立たないで打てるヒットはないのだ。

天下人徳川家康はこういっている。

”人生とは重き荷を背負って坂道をゆくようなものだ”

人生とは要するに坂道。何かを成し遂げたい人は人生をそのように認識しておこう。
すると困難にぶつかっても失敗して坂を転げ落ちても覚悟と準備が出来ているはずだ。

もし失敗した時は失敗した自分を誇らしく思え。なぜなら君は挑戦してるって事だからだ。
それはすっごくかっこいい事だぜ!

 

””は、集英社「男坂」 作者:車田正美 から引用

 

【漫画の名言】 「気高く美しい!!」 -聖闘士星矢- 本当に男を惹きつける女性になるために必要な事、それは、、、、


”気高く美しい!!”

聖闘士星矢 1巻にて木戸沙織登場時にマスコミがその容姿を見て発した言葉。

僕はこの言葉の中に女性の魅力の本質を感じる。
もちろん外見が美しいという事は重要だ。誰だってブスより美人がいいに決まっている。

「性格が良いブスと性格が悪い美人のどっちを取るか?」と言われれば断然、美人だ。
まあ、この選択肢は「仕事と私どっちが大事?」くらいくだらない質問なのであまり深く考えても仕方ないのだが。

逆説的になるがブスと美人を比べたら美人の方が性格がいい可能性が高い。

気高いという事が美しい

さて冒頭の台詞に戻ろう。

木戸沙織は美しいだけではなく「気高い」のだ。
この気高さが重要だ。

誇り高いと言ってもいいだろう。

誇り高い人間はどういう人間だろう。

例えば

人の陰口を言うだろうか?
不正をするだろうか?
友情を裏切るだろうか?

どれも気高い人間はやらない事だ。

逆に

気高くない人間。
要するに誇りのない人間はどういう人間か

人生に不満を持ち努力を怠るだろう
小さな不正を積み重ねるかもしれない
友人に対して少しでも自分が有利になれるようにふるまうだろう。

そして美しい人間は自分に自信があるから気高く育つ場合が多い。
お前は美しいと言われて育った人間はお前は醜いと言われて育った人間より自信があるのは当たり前の事だ。

自分が美人に生まれたと思う人は親に感謝しよう。
あなたは生まれながらの才能があるわけだから世の中の為になる立派な人間にならなけれならない。
ノブレスオブリージュだ。( noblesse oblige 富める者の義務)

自分がブスだと思う人は美人よりも誇り高く生きなければならない。
美人よりも気高い人間になるのだ。実のところ外見的な美の基準など時間と場所でいくらでも変わる。
あなたが美しく思われる場所はいくらでもある。

しかし心の美しさは時間も場所も共通だ。

気高い人間は美しい。


””
は集英社「聖闘士星矢」 作者:車田正美から引用

 

人生を思い通りに生きるコツはあるかって?そりゃ、「行動」だよ。【まんがびとの心得】

”俺一度やってみてえと思ってたんだ。サラリーマンてやつを”

サラリーマン金太郎

 君が君の思う人生を生きたいなら、たった一つだけ約束事がある。

それは直ぐに行動するって言うことだ。思い立ったら直ぐ行動する。行動しないで何か望むものが手にはいる事などあるだろうか?君が今までの人生で得てきたものは必ず行動の結果得たはずだ。行動の量を増やす。それなくしては何も始まらない。良い方法を見つけるまで考えていても、時間が経つだけだ。良いアイデアだって行動の結果見つかる物だ。

行動の利点は4つある。

1、理解度があがる

実際に動いてみることにより飛躍的に理解度が上がる。百聞は一見にしかず、百見は、一行にしかず。

2、失敗した後に修正できる。

早く動いているから修正する時間がある。

3、ラッキーがある。

考えてもいなかった成功もあるし、キーパーソンと知り合える事だってある。

4、周囲に君の意思や意図が伝わる。

行動ほど強力なメッセージはない。100万言尽くすよりたった一つの行動の方が心を打つだろう。

このように行動するというのは得な事ばかりだ。

とは言え、失敗することもあるし、失敗の経験も行動の目的の一つでもある。ただ失敗をコントロールする必要はあるだろう。これは簡単で、行動する前にリスクを紙に書いておけば良い。本当に危険なものだけケアしておけばいい。また何事も小さく始める事だ。少しやってみて全体像が見えて方向を変える必要があるという事が多い。小さく始めれば方向転換は簡単だ。みんなはこの方向転換を嫌がって一生懸命計画するわけだが、結局実感の無い計画などあまり使い物にならない。行動してみて、得た材料で考える。この繰り返しが正解に辿りつく最短ルートだし唯一の道だ。

 

””は、集英社「サラリーマン金太郎」 作者:本宮ひろ志 から引用

*まんがびとの心得とは? 漫画の名言を題材にした熱いコラムです。生きるヒント。心の栄養。モチベーションアップをテーマに独自に名言を解釈したコラムです。

挑戦者は馬鹿にされるくらいでちょうどいい 【まんがびとの心得】

”小市民達はいつも挑戦者を笑う”

アイシールド21 蛭魔妖一

 

馬鹿げた事をする奴だと、人々に笑われるくらいのがいい。

それで、ようやく挑戦が始まったと言える。

一般の民衆は挑戦者を笑いながらも、その覚悟を怖れ、成功を怖れている。

 

もし挑戦者が成功するようなら一般人の我慢しながら過ごしている妥協した日常が否定されるからだ。

 

流されて与えられた安定がちっぽけに感じるからだ。

 

そこまで恐れられてこそ、挑戦だと言える。

 

そして陰口を言われるようなら更に素晴らしい。

 

君が成功への階段を着々と登っているという証明だろう。

自分が前に進んでいない人は、どんどん前に進む人が憎くて仕方ない。

自分が挑戦していない言い訳を否定されるからだ。

 

馬鹿にされ、陰口を叩かれる。一流の人は、みんなそういう環境の中を強く進んでいく。

むしろ楽しんでいるようだ。

 

挑戦から逃げている奴が、挑戦者を笑うという事ほど滑稽な事はない。

 

””は、集英社「アイシールド21」 作者:村田雄介、稲垣理一郎 から引用

*まんがびとの心得とは? 漫画の名言を題材にした熱いコラムです。生きるヒント。心の栄養。モチベーションアップをテーマに独自に名言を解釈したコラムです。

短所を残せば人生に成功する!【まんがびとの心得】

”誰にでもできる事とできねェ事がある。”

”お前にできねェ事はおれがやる。”

”おれにできねェ事をお前がやれ”

ONE PIECE サンジ

 

 人間には得意不得意がある。だからチームを組んで長所を活かしあい、短所をカバーしあうのだ。

 チームで戦う事が前提であれば短所よりも長所を伸ばしたほうがいい。

器用貧乏よりも一つ強力なポイントがあるほうがチームに貢献できるからだ。

いくら頑張っても、誰にでも出来ないことはある。だから、それが出来る仲間を探せばいいんだ。

何もかも自分でやろうとしないほうがいい。また、特に意識した方がいいことがある。

時間は有限だから短所を直す事は長所を殺すという事実だ。

例えば、Aという選手はスピードが速いがスタミナがない。Bという選手はスタミナがあるがスピードが遅い。

Aにスタミナを付けさせるためにスタミナを増やす練習時間を増やした。するとAはスピードを付ける練習時間が取れなくなり筋肉が落ちスピードは普通の選手になってしまった。スタミナに関しては元々得意じゃないが並程度になった。Bという選手は、スピードを付けるための練習の比重を増やした。筋肉が付き重くなりスタミナが無くなった。また、練習時間を適切に減らしスピードやスタミナを維持できたとしても、スピードやスタミナのライバルは全てを賭けて長所を磨いているので相対的に負け始める。

こういったケースは非常に多い。平均的な能無しにならないで欲しい。漫画の登場人物たちはみんな一芸主義者達だ。平均した能力しかなければチームになっても平均値しか出ない。

尖った長所を持っている者たちが集まったとき、世界を変えるような仕事が出来るのだ。

だから言いたい。長所を伸ばすために、短所を残せ。

残っている短所には更に特典がある。短所は往々にしてコンプレックスになる。そのコンプレックスがあればあるほど、長所を磨くようになる。長所で何とか短所をカバーしようとするからだ。コンプレックスになるような短所なら、尚更残せ。短所があった方が、覚悟を持って長所を磨けるという事だ。

短所を直す時間で長所磨きの時間が減る事。

短所のコンプレックスが長所磨きへの気持ちを掻き立てる事。

その二つの理由から短所は残したほうが圧倒的に得だ。

 

””は、集英社「ONE PIECE」 作者:尾田栄一郎 から引用

*まんがびとの心得とは? 漫画の名言を題材にした熱いコラムです。生きるヒント。心の栄養。モチベーションアップをテーマに独自に名言を解釈したコラムです。

 

本気で頑張っている人には 必ず応援団が出来る。 【まんがびとの心得】

”女だからって仕事を諦めるんならな、姉さん…

俺のチンポ切ってあんたにくれてやったっていいんだ。”

 編集王 桃井環八(カンパチ)

 

 本気で何かに打ち込んでいる人には必ず応援団が出来る。人間は不屈の精神に憧れるように出来ている。

何があってもへこたれず常に前向きで戦い続けていれば必ず応援する人が周囲に集まってくる。

逆に言えば、自分の周りに応援団が出来ないようなら、まだまだ本気じゃないという事だろう。

 頑張っている人を見た場合に人間の反応は大抵、二種類だ。

 ひとつは、嫉妬だ。自分が頑張っていない人にとって頑張っている人は眩し過ぎる。そういう場合は邪魔をするような事もあるだろう。

 もうひとつは、尊敬だ。自分が何か頑張った事のある人、頑張っている人は、本気で努力し続ける事の大変さをしっている。

そういった人々は本気で頑張る人を応援したくもなるし、自分にとっても刺激になるので関わりたいと思う。

中には手伝ってくれる人もいるだろう。本気な人と何かを一緒にやると達成感を得られる事が多いし、それがそれぞれの人生の糧になる事も無意識で感じるのだろうと思う。

 本質的に、人間は前向きに生きていた方が幸せになれる。本気で頑張る人というのは本当に前向きな人だ。

そういう人と一緒にいれば自分も良い影響を受けて前向きになれるだろう。前向きな人には前向きになりたい人たちが集まる。

そして前向きな人たちは、人に対しても前向きだから、応援しあうというポジティブな人間関係を作れるのだ。

お互いの成功を応援しあう関係を作れる人は、自分が本気で頑張っている人だけだ。

 

””は、小学館「 編集王」 作者:土田世紀 から引用

 *まんがびとの心得とは? 漫画の名言を題材にした熱いコラムです。生きるヒント。心の栄養。モチベーションアップをテーマに独自に名言を解釈したコラムです。

好きな事を仕事にすれば成功する!4つの理由。公私混同?いや公私一体。 【まんがびとの心得】

”だって私は新しいキャンディを創れる仕事をしてるんだから”

編集王 目白通代

 

 仕事を選ぶ時、お金が儲かりそうだとか、楽そうだとか、そういう感情で選んでしまってはいけない。

好きな事を選ばなければならない。好きな事を仕事に選ぶというのは甘い話しのように感じるかもしれないが、紛れも無く成功確立が一番高い。

 理由1、詳しい。

 好きな事であれば当然好きじゃないことより詳しいだろう。例えば釣が趣味だったら、竿やリールに関しては詳しいだろうし、サッカーが趣味ならボールや靴、サッカーのスタジアムや選手の情報にも詳しいだろう。詳しいという事はビジネスをする上で相当なアドバンテージだ。人間学習能力が高まるのは自分のお金を使ったときだ。好きな物には、相応の金額を使ってきただろう。お金を使った人は知識では負けない。

 理由2、24時間365日働ける。

 好きな物なら朝から晩まで、仕事の事を考えていたいだろう。仕事に費やす時間が多いほど成功確率は高まるが、好きじゃない事を長い時間やるのは無理だから、好きじゃない事をやると成功確率は低い。公私混同?いや公私一体だ。全てが仕事中心で生活するくらいじゃないと、この厳しい競争社会で生き残れない。

 理由3、ストレス解消。

 人間生きていればストレスを感じる事も多い。それを様々な手段で解消する。例えば、スポーツ、飲み会、買い物や食事。もし、仕事でストレス解消できたら?好きな事を仕事にすれば、仕事はストレス解消になる。ストレス解消しながら仕事が進むのだ。とても効率的だ。

 理由4、同志が出来る。

 好きな事が同じだから仲良くなるという関係を同僚と作れる。共通の好きな事を仕事にしている同志であればチームワークは抜群。うまくいかないわけが無い。

 

以上、4点が大きな要因だ。

もちろん好きな事でも仕事になりやすい事、そうでもない事というのがある。なかなか難しいが、その気でやれば意外と出来たりすることもある。自分がやっている仕事を物凄く好きになれるならそれでもいい。

 自分がやっている仕事を物凄くすきになれているかどうかは、その仕事の為に、いくら自腹を切れるかで分かる。後で取り返せるから自腹を切るのではなく、面白いから楽しむために自腹を切れるか。そのあたりが尺度だ。

 好きな事が仕事のビジネスマン。

好きじゃない事が仕事のビジネスマン。

競争したら勝つのはどちらかは明らかだ。

 

””は、小学館「編集王」 作者:土田世紀 から引用

 *まんがびとの心得とは? 漫画の名言を題材にした熱いコラムです。生きるヒント。心の栄養。モチベーションアップをテーマに独自に名言を解釈したコラムです。

目標を具体化したかったら 人に話しまくれ。 【まんがびとの心得】

”そんな漠然とした目標では 何もできはしない”

荒川アンダー ザ ブリッジ

 

目標は達成しやすいシンプルなものでなければ駄目だ。

数値化して出来たかどうか、ハッキリわかるものでなければ達成できない。

 なぜなら厳しくなったときに目標がはっきりしてなかったら妥協して楽できるから。

とにかく成功者は目標を具体的に持ってる。

 ちなみに目標の具体化が難しかったら、人に話しまくれ。

アイデアを貰うとかじゃなくて話すうちに、分かりやすく伝わるように

自分の頭の中で変換するからシンプルに分かりやすくなる。

 期限も数値も、自分の口から出てくることもある。

 漠然としてたら、人に話しまくればいい。

 目標達成のコツは

 1、目標を明確にすること

2、達成期日を設定すること

3、紙に書くこと

4、毎日その計画を音読すること

5、常に人に、計画を語ること

6、今すぐ実行。

 

””は、スクウェア・エニックス「荒川アンダー ザ ブリッジ」 作者:中村光 から引用

 *まんがびとの心得とは? 漫画の名言を題材にした熱いコラムです。生きるヒント。心の栄養。モチベーションアップをテーマに独自に名言を解釈したコラムです。