100年後の人類は、 僕らの時代をきっと羨ましがるよ。 現代は人類の黄金時代だ。 【まんがびとの心得】

”知らないなら教えてやろう。

この世は希望だらけだ。”

ルーキーズ 川藤幸一

 

世界をどう見るかで世界は変わると思う。

賢くなるチャンスはいくらでもある。

成功するチャンスはいくらでもある。

たとえば、お金が無くても本が読みたいと思ったとする。

そう思ったら図書館だってある。

 

その気になって、そういう風に見れば世の中は希望だらけだ。

 ぼくは、特に現代は希望の時代だと思う。

 インターネットがあって個人でも全人類に向けて行動が出来る。

こんな凄い時代、人間の歴史上で初めてだ。

 インターネット時代は、大航海時代や産業革命よりももっとチャンスのある時代だ。

そんなインターネットも100年もすれば整理されて現代よりは閉塞的になるだろう。

僕らの孫や曾孫の世代は、「100年前に生まれれば、自分だってチャンスがあった」と言うかもしれない。

 僕らの生きている今日は、100年後の人達が羨む、人類の黄金時代の真っ最中なんだ。

 

 

””は、集英社「ROOKIES」 作者:森田まさのり から引用

*まんがびとの心得とは? 漫画の名言を題材にした熱いコラムです。生きるヒント。心の栄養。モチベーションアップをテーマに独自に名言を解釈したコラムです。

 

ご機嫌でいる事が何よりも大事 漫画の名言で前向きになる。 【まんがびとの心得】

”これでいいのだ”

天才バカボン バカボンのパパ

ご機嫌というのは人間が生きていくうえで非常に重要なキーワードだ。

機嫌は不思議なもので周囲の人にあっという間に伝染する。
その伝染速度はインフルエンザウィルスよりも遥かに速い。
家族の中に一人不機嫌な人間がいれば30分後には全員発病。みんなで不機嫌になるのは簡単だ。
逆に家族の中に一人でもご機嫌な人がいれば、30分後にはみんな楽しくなってくる。
この法則は職場でも学校でも同じだ。

 

社会は自分の鏡だ。

相手は自分を映しているし自分も相手を映してしまうのだ。

”どっちも自分が正しいと思ってるよ

戦争なんてそんなもんだよ”

ドラえもん

 

賢い人は、まず自分がご機嫌になる。

自分がご機嫌になる事によって周囲をご機嫌にする。

 

類は友を呼ぶ。

 

自分がご機嫌ならご機嫌な人ばかり周りに集まってくるのだ。
想像してみよう、ご機嫌な人に囲まれた、ご機嫌な人生を。

 ご機嫌でいる事が何よりも大事だといつも忘れないでいたい。

”あの少年は、人の幸福を歓び、人の不幸を哀しんでやれる子だ。

人間にとってそれが1番大事なことなんだからね。”

ドラえもん 静香ちゃんのパパ

 

 

””は、講談社「天才バカボン」 作者:赤塚不二夫から引用
””は、小学館「ドラえもん」 作者:藤子・F・不二雄から引用

*まんがびとの心得とは?
漫画の名言を題材にした熱いコラムです。生きるヒント。心の栄養。モチベーションアップをテーマに独自に名言を解釈したコラムです。

馬鹿でありがとう!オメガトライブ 梶秋一 名言 【まんがびとの心得】

”馬鹿でありがとう!”

オメガトライブ 梶秋一

全てを賭けて夢に挑戦する。男にとって最高の幸せとは、要するにそういう事だ。

成功するかしないか、保身や恐怖、そういったものを乗り越えて全てを賭けて心に従って挑戦する。

もし君が、挑戦をしないなら

君は常に心が落ち着かないだろう。 家族、あるいは好きな人と一緒にいてもそれほど楽しいとは感じない。 挑戦している成功者たちを見たら、「どうせ、いつか失敗するさ」と自分を慰めるだろう。

己の才能を賭けないと男はだんだんと沈殿していくのだ。 そうなると、他の何がうまくいこうが心は晴れない。

もし君が、挑戦したら。

君の目に移る世界は変わるだろう。己の才能と実力。まずは自分の勇気に自信を持つ事が出来る。 成功しようが失敗しようが結果は問題じゃない。自分に全てを賭ける勇気と自信がある事をまず誇れる。 その感覚は何物にも代えがたい。

挑戦が中々出来ない人に対するアドバイス

挑戦したいけど出来ない人は、今まで築き上げて来た物をまず捨てよう。 起業したいなら、まず会社を辞めればいい。賢くやろうとしてたら一生なにも出来ない。 まずは捨てることだ。もったいないと思う気持ちは矛盾している。 今の状況で君は満足してないのだから、今の状況はもったいなくないはずだ。

潔く捨てよう。そこからしか始まらない。 見切り発車しよう。

リスクはコントロールできる。

現実的にリスクはコントロールできる。 しかし最初に挑戦する事を決めなければリスクのコントロールは出来ない。

正確には、リスクコントロールするのが困難な気がして、挑戦を止める決断をしてしまう事が多い。

先に挑戦する事を決めなければ、リスクをコントロールする知恵が出てこないのだ。

もし君が、君の世界を変えたいのなら今日、この瞬間決断するしかない。

あまり賢くやろうとしないほうがいい。

 

 

””は、小学館「オメガトライブ」 作者:玉井雪雄 から引用

*まんがびとの心得とは? 漫画の名言を題材にした熱いコラムです。生きるヒント。心の栄養。モチベーションアップをテーマに独自に名言を解釈したコラムです。

やさしくて可愛い女の子を見つけて恋をしてみたい、そして世界中の人々がそうやって幸せになればいいと思う。EDEN エリヤ・バラード 名言 【まんがびとの心得】

”やさしくて可愛い女の子を見つけて恋をしてみたい、そして世界中の人々がそうやって幸せになればいいと思う。”

EDEN 〜It’s an Endless World!〜 エリヤ・バラード

 

本当に好きな人を見つけて、その人を愛していく事。それって凄く幸せなことなんだ。
それは子孫を残すためだったり、生活の安定のためだったり、寂しさを埋めるためだったりする時もあるけど、本当はもっと凄いことなんだ。

想像してみて欲しい。君が一番大好きなあの娘と結婚して、愛し愛されて生きているなら、きっと小さな事は気にならないくらい幸せだろう。
みんなが、そうやって幸せだったら世界からは争いなんて消える。
だから愛こそが世界平和だって歌われるんだ。

そこで、具体的にはどうしたらいいか?

まだ結婚していない人は、本当に好きな人を探そう。

男でも女でも同じだ。
好きな人を探すときは頭で探したら駄目だ。
心で探すんだ。理屈抜きで探さなきゃ本当の愛は見つからない。

すでに大好きな人と結婚してる人。

最高じゃないか。君たちは既に世界平和を実現してる。

結婚生活のなかで相手が好きじゃなくなった人。

 無理やりにでも相手を愛そう。長い結婚生活、熱い気持ちがある時もあれば、冷める時もある。
どんなに好きな趣味だって少し飽きる時があるだろう。それと同じだ。 大丈夫。
お互いに恋をしていた時の事を思い出そう。初めて話したとき。初デート。お互いの気持ちが分かった瞬間。それが二人を一生支えてくれる。

もともと、それほど好きじゃない相手と結婚した人。

これが一番難しい。人間は一瞬だったら自分をだませる。しかし一生は無理だ。

ただ注意が必要だ。結婚した当時は、相手を好きだったのに結婚してしばらくたってから 
好きじゃないのに結婚したと「記憶を書き換えて」しまっている人が多い。 
良く思い出して欲しい。本当はどうだったのか。

最後に、好きじゃない人と結婚しても、例えば昔のお見合いなどは、そういったケースだろう。
それでも結婚生活を送りながら深く愛し合い幸せな家庭を築く夫婦は沢山いる。

要するにどの状況でも君次第で幸せになれるという事だ。

 

 

””は、講談社「EDEN 〜It’s an Endless World!〜」 作者:遠藤浩輝 から引用

*まんがびとの心得とは?
漫画の名言を題材にした熱いコラムです。生きるヒント。心の栄養。モチベーションアップをテーマに独自に名言を解釈したコラムです。

俺の敵は だいたい俺です 自分の“宇宙へ行きたい”っていう夢を さんざん邪魔して足を引っ張り続けたのは 結局 俺でした 他に敵はいません 宇宙兄弟 南波六太 名言 【まんがびとの心得】

”俺の敵はだいたい俺です 自分の“宇宙へ行きたい”っていう夢を さんざん邪魔して足を引っ張り続けたのは 結局 俺でした 他に敵はいません”

宇宙兄弟 南波六太

やりがいが無いと言ってる人は大抵やる気の無い人

仕事のやりがいは、ほとんどの所、自分で見つける物だ。 たまに優秀な上司や、凄い会社があってやりがいを用意してある場合がある。 それは特別な例外だ。そういった例外を基準にして仕事にやりがいがないと言っている人が多い。

やりがいとは自分で見つけるものだ。

自分の価値観と照らし合わせて、やりがいの無い仕事もあるかもしれない。 時間による変化もあるだろう。新入社員のときには、やりがいがあると思っていた仕事が数年経って、そう感じなくなる事もある。 そういう場合は良く自分を見つめ直して欲しい。

自分の成長であり進化の結果、その仕事に魅力を感じなくなったのか、 あるいは慣れや妥協からやる気が出ないだけなのか?

前者であれば、そろそろ仕事内容を変える時期だろう。後者であれば自分を変えるべきだ。

 

””は、講談社「宇宙兄弟」 作者:小山宙哉 から引用

*まんがびとの心得とは? 漫画の名言を題材にした熱いコラムです。生きるヒント。心の栄養。モチベーションアップをテーマに独自に名言を解釈したコラムです。

もし僕が神様だったら世界をこんなふうにしたりはしないけど「じゃあどういう世界にするの?」と聞かれても、新しくていいアイディアが浮かばないんだ。EDEN エリヤ・バラード 名言 【まんがびとの心得】

”もし僕が神様だったら世界をこんなふうにしたりはしないけど「じゃあどういう世界にするの?」と聞かれても、新しくていいアイディアが浮かばないんだ。”

 EDEN 〜It’s an Endless World!〜 エリヤ・バラード

世界は残酷で、希望が見えなくて、悲しみにあふれている。

だけど、世界の正しい形なんて誰も分からないんだ。
ほかの様々な物事と同じで「行動しながら、正しい方法を探す」しかないんだ。

否定するのは簡単で、対案を出すのは難しい。かといってアイディアが無いから、現状が正しいとは限らない。

それでも世界を少しマシにしたい。だったら、ぼくらはどうすればいいのか?
それはきっと、行動するしかないという事。いくら間違っても行動して考えて軌道修正して行動する。
ひたすら行動する先に、一筋の光明が見える。

迷ったらひたすら動け!いずれ道は見える。

 

 

””は、講談社「EDEN 〜It’s an Endless World!〜」 作者:遠藤浩輝 から引用

まんがびとの心得とは?
漫画の名言を題材にした熱いコラムです。生きるヒント。心の栄養。モチベーションアップをテーマに独自に名言を解釈したコラムです。

僕だって、この世界の中で「特別な存在」でいたいと思うもん。 EDEN エリヤ・バラードの名言

僕だって、この世界の中で「特別な存在」でいたいと思うもん。

EDEN 〜It’s an Endless World!〜 エリヤ・バラード

 

誰もが自分は特別だと思いたい。
心からそう思っている人もいるだろうし、そうなりたいと願いながら、諦めている人もいるだろう。

ぼくは思う。人間の人生は一度しかない。
その一度しかない人生を特別な主役として生きるか、特別でない脇役として生きるかは自分の決断次第だ。
君が君の人生を思うとき、全て君の主観で考えたらいい。君が特別だと思えばそうなる。

重要なのは人の評価や社会の目は関係ないという事だ。ただ君が決断するだけでいい。

君は自分の人生の主役になる事を決断するべきだ

 

 

””は、講談社「EDEN 〜It’s an Endless World!〜」 作者:遠藤浩輝から引用

まんがびとの心得とは?
漫画の名言を題材にした熱いコラムです。生きるヒント。心の栄養。モチベーションアップをテーマに独自に名言を解釈したコラムです。

”世界を救う”のさ。お前も一度はやってみたいだろ?EDEN クリス・バラードの名言 【まんがびとの心得】

”’世界を救う’のさ。お前も一度はやってみたいだろ?”

  EDEN 〜It’s an Endless World!〜 エリヤ・バラード

 

ぼくらは子供の頃、世界を救うヒーローにあこがれる。大人になってみて、自分はそんな大それた事は出来ないと気づく。

でも、誰だって世界を救ってみたい。そんなヒーローになってみたい。そういう欲求が残っているんじゃないか?
それは自己顕示欲や、自己実現よりも奥にある欲求だと思う。
人間の心の奥底に”自分が大きい”と感じる事を実現したい欲求が宿っていて、それがぼくらを突き動かしているんじゃないだろうか。

”胸躍る様な大きな事を一度はやってみたいんだ”

 

 

””は、講談社「EDEN 〜It’s an Endless World!〜」 作者:遠藤浩輝から引用

*まんがびとの心得とは?
漫画の名言を題材にした熱いコラムです。生きるヒント。心の栄養。モチベーションアップをテーマに独自に名言を解釈したコラムです。

さしていい事のなかった人生でも、せめて一人で死ぬのは断りたかったのさ EDEN モーリス レイン 【まんがびとの心得】

”さしていい事のなかった人生でも、せめて一人で死ぬのは断りたかったのさ”

EDEN ?It’s an Endless World!? モーリス・レイン

 

ぼくらは日々の忙しさの中でいろいろな事を忘れていく。
世の中の成功者たちには、驚くほど家庭がうまくいってない人が多い。

想像してみよう。ぼくらが年老いて、そろそろ死ぬぞって時に、
そばに誰もいなかったらきっと苦しいだろう。
心が通じ合った誰かがそばにいるって事が人間には重要で、とは言え、それは一朝一夕には築けない。

熱い人生を送りたい。ぼくも、きみも、きっとそうだ。でも家族の事は忘れないで欲しい。
どんな事だって急には出来ないんだ。

若いうちから家族は大切したい。

 

 

””は、講談社「EDEN ?It’s an Endless World!?」 作者:遠藤浩輝から引用

*まんがびとの心得とは?
漫画の名言を題材にした熱いコラムです。生きるヒント。心の栄養。モチベーションアップをテーマに独自に名言を解釈したコラムです。

そう、死んだら「再生」はなし。残酷なルールだと思わないか? EDEN モーリス レイン 【まんがびとの心得】

EDEN、モーリス レインの名言。

この世界には一つルールがある。人生は一回だけという事。君が誰のために生きて、何のために死んでも人生は一度だけ。
自分で決めて、自由に生きても、親や誰かに決められて不自由に生きても、君の人生は一度だけ。

これは、この世界のルールだ。誰もが生まれて死んでいく。一回だけだ。

人生はたった一度しかない。日常の忙しさで僕らは、それを安易に忘れてしまう。
本当にやるべき事、愛すべき人、そういった事も忘れてしまう。

常に心の片隅に置いておきたい。僕が生きている人生はたったの一度きり。

もし人生が2度あるなら、妥協できる。
でも一度しかないから僕は僕の思ったように生きるんだ。

*まんがびとの心得とは?
漫画の名言を題材にした熱いコラムです。生きるヒント。心の栄養。モチベーションアップをテーマに独自に名言を解釈したコラムです。