のび太くんを選んだ君の判断は正しかったと思うよ。 しずかちゃんのパパ

” のび太くんを選んだ君の判断は正しかったと思うよ。 あの青年は人の幸せを願い、 人の不幸を悲しむことのできる人だ。 それが人間にとって大事なことなんだからね。 彼なら、まちがいなく君を幸せにしてくれると、僕は信じているよ。” 

ドラえもん しずかちゃんのパパ

 

ドラえもんのしずかちゃんのパパの言葉。

人間の価値とはこういう事なのだと思う。のび太は怠け者だし能力もないし意思も弱いが、 心が優しい。逆に言えば、人間にはのび太と反対の性質が色濃い。 人の幸せを妬み、人の不幸で自分の幸せを実感する。そういう卑怯でずるいのが人間の心。 だからこそ、のび太の性質は尊い。

福沢諭吉もこう言っている。
世の中で一番楽しく立派なことは、一生涯を貫く仕事を持つことです。
世の中で一番みじめなことは、人間として教養のないことです。
世の中で一番寂しいことは、する仕事のないことです。
世の中で一番醜いことは、他人の生活をうらやむことです。
世の中で一番偉いことは、人のために奉仕し、決して恩にきせないことです。
世の中で一番美しいことは、総てのものに愛情を持つことです。
世の中で一番悲しいことは、嘘をつくことです。

 

””は、小学館「ドラえもん」 作者:藤子・F・不二雄

 

【漫画の名言】 「一番いけないのは自分なんか駄目だと思いこむことだよ」 のび太 -ドラえもんより-


”一番いけないのは自分なんか駄目だと思いこむことだよ”

ドラえもん のび太

ドラえもん 7巻、のび太の名言。

さすが、のびのび育つようにと名付けられたのび太だ。実に清々しく図太い言葉だ。いくら怒られても反省せずに0点や遅刻、忘れ物を繰り返すメンタリティはある意味こういったポジティブ思考が根幹にあるのだろう。少しは自分を駄目だと思えよのび太。それにしてもこれは名言だ。

勝海舟もこんな言葉を残している。「自分の価値は自分で決める事さ。つらくても貧乏でも自分で自分を殺すことだけはしちゃいけねえよ。」また司馬遼太郎はこういっている。「 おれは、かつて、おれ自身に惚れこんだことがなかった。自分に惚れこみ、自分の才を信じて事を行えば、人の世に不運などはあるまい。 」自信を持つ勇気を持とう。自信こそが、事をおこす原動力なのだ。

 

””は、小学館「ドラえもん」 作者:藤子・F・不二雄から引用