『今日から俺は!!』『天使な小生意気』西森博之原作の新作 【レビュー】 何もないけど空は青い 第1話


鉄が無くなる世界の混沌を描く作品

隕石の影響で世界から徐々に鉄が無くなっていくという設定です。第一話では舞台は学校が中心です。

作中で鉄が無くなるということはイコール文明が無くなる事という提示があります。るそれが非常に面白い視点だと思いました。様々な文明の機器は鉄が無くなっただけで破綻してしまうんですね。

『今日から俺は!!』『天使な小生意気』西森博之原作の新作

ヒットメーカー西森博之が原作です。やっぱり面白い発想を持っている作者です。文明が滅びていく世界の過渡期が描かれるようです。最終的には北斗の拳のような世界になってしまうんですかね?おそろしい。

主人公は剣道部

ヒロインは弓道部です。それぞれ戦いに向いた特技を持っていますので、これから訪れる暴力的な社会でも生き残る能力が高そうです。

テーマは「人生の目的」か?

鉄が無くなる混沌の世界で登場人物たちの人生の目的がテーマに描かれそうです。主人公は目的は見つからないと言い、ヒロインは目的があるとはっきり言います。おそらく人生における目的の大切さ、意味を掘り下げていく展開になるでしょう。

サバイバル漫画か?

これから携帯電話も電気も車も電車も無くなるわけです。文明崩壊の世界を高校生たちが生き延びていくサバイバル漫画になるのでしょうか?

何もないけど空は青い 第2話 予想

高度な自治体を探して旅立つと思います。鉄がなくても倫理観を持ち安全な社会を作っている集団が世界にはあって、そこを目指して鉄のない世界を旅するという展開になるのではないかと思います。

-週刊少年サンデー 2014年16号 何もないけど空は青い 作画:飯沼ゆうき 原作:西森博之-

 

チェスで決着をつける、、どっかで聞いたな最近 【レビュー】 クロノ・モノクローム 第14話

他国の侵略者を防ぐためにチェスで決着

今回は面白い設定が明らかになりました。外敵からの侵略を防ぐためにヨーロッパの国家間では戦争をしないことになりました。その中で国家間でお互いに引けない場面があったらチェスで決着をつけるというルールが生まれたそうです。それにより欧州内での戦争は起こらなくなったということです。

チェスで決着をつける、、どっかで聞いたな最近

思い出しました。ヴィンランド・サガの14巻でトルフィンがクヌートに戦争なんかしないでチェスで決着をつければいいと言っていました。もしかして欧州ではモメた時にチェスで決着をつけるという風習があるのでしょうか?

チェスで決着は平和だね

チェスで決着は平和ですね。完全な思考ゲームですから審判のジャッジミスなんてのも起こり難いし。これがサッカーだったら大変ですね。

ヨーロッパの描写が面白い旅漫画

クロノモノクロームには旅漫画としての魅力もありますね。まるで主人公たちと一緒に18世紀欧州を旅しているような気分になります。馬車は道が悪いとかリアルに描いていますし建物も美しい。登場する貴族たちの服装も美しく一見の価値があります。

ディテールが大切

漫画表現においてディテールは非常に大事だとこの作品を見ていると感じます。普段普通に読む際にそこまで細かい部分は見ないのですが無意識の知覚があります。それによって何となく楽しかったりつまらなかったりします。細かくなればなるほど作者は大変でしょうが、世の中の流れ的にドンドンそういう方向に行っている気がします。

 

-週刊少年サンデー 2014年16号 クロノ・モノクローム 作者:磯見仁月-

 

姉力という新しい指標 【レビュー】 姉ログ 第103話 第104話

どうすんだこれ、、、

今週は物凄いカオスな回でした。もう言ってることの意味がほとんどわかりません。靄子と会長の間だけでは話が通じている様子です。なんか会長は、あの「めだかちゃん」みたいなノリだね。

自分でもムリあると思ってるだろ会長

会長の理屈がかなり強引で理解が困難です。これ多分会長も自分でわかってると思うんですね。みんなに理解されないと。だって説明がめっちゃ長いですからね。なんですかねこれ。

姉力という新しい指標

少年漫画の新しいモノサシになりうる単位「姉力」が登場しました。「こいつら状況に応じて姉力を変化させるぞ」とか「私の姉力は53万です」とか言うのかな。

二人の関係を見抜く会長

とはいえ、会長の姉力、伊達じゃないです。靄子の弟コンプレックスを見抜きます。「むしろ靄子が弟好きなんだろ」っていう読者の気持ちを初めて作中で代弁する人物登場です。これちょっと凄い「姉力」ですよね。使い方違うかな、、、、。

 -週刊少年サンデー 2014年16号 姉ログ 作者:田口ケンジ-

 

南條キサラ大活躍? 【レビュー】 史上最強の弟子ケンイチ 第561話

あれパンツ履いてない?

今週の表紙が南條キサラ、久賀館要、武田一基なんですけど、なんか要が下半身丸出しのように見えますね。これスパッツってことでいいよね?大丈夫ですか?

南條キサラ大活躍?

表紙でメインなので南條キサラが大活躍するのかと思ったらちょろっとでしたね。キャラクター多すぎてそれぞれが活躍する余地がないんですよね。

キャラクターの描き分け凄い

そう考えるとキャラクターの描き分けが凄いですね。惜しげも無く登場人物を増やせるというのはそれだけ描き分けに自信があるということだと思います。女の子キャラは何故か顔が似てしまうのが漫画界のお約束ですが、この作品はそのあたりもうまいです。

やっぱり美羽が一番可愛いのが凄い

これは個人的な好みもあると思いますがヒロインである美羽が一番かわいいのは凄いと思います。連載開始当初に比べたら彼女の顔もずいぶん変わりました。勝手な想像ですが一番かわいく描ける顔を美羽用にしているんじゃないでしょうか?今週も美羽が活躍します。

史上最強の弟子ケンイチ 第562話 予想

来週はケンイチと美羽のバトルですね。2対2の展開になりそうな感じです。

-週刊少年サンデー 2014年16号 史上最強の弟子ケンイチ 作者:松江名俊-

 

十字の目、河合花火 BTB(バストトゥバスト) 【レビュー】 競女!!!!!!!! 第32話

宮田さやかの尻速!! 闇雲幸子の股下通り

お尻の移動速度をこう言います。「尻速」。なんかワンピースのエネルの雷速みたいでかっこいいですね。お尻で突き合うこの競技では尻速はとても重要なファクターでしょうね。

十字の目、河合花火

のぞみと花火の戦いはクライマックスへと。先週からBTB(バストトゥバスト)を続けていただけで特に展開はありません。これはこのままオッパイで突き落としたら反則なんですかね?やっぱりお尻でいかないと。

頑張れ河合花火

超個人的な話ですが見た目的に河合花火が好きです。のぞみには悪いけど負けてくんないかな。でも無理だよね主人公ですもんね。

競女!!!!!!!! 第33話 予想

来週はのぞみと花火の対決が決着すると思います。まあ、のぞみが勝つでしょうね。

-週刊少年サンデー 2014年16号 競女!!!!!!!! 作者:空詠大智-

 

自分本位で鈍感な大人”それは先生の夢ですよね” 【レビュー】 NOBELU -演- 第46話

大人のクソ汚らしさが重要テーマ

そもそもこの作品は大人の汚さがテーマです。ノベルの母親は自分が働きたくないから子供を働かせてるわけですし、それでも節約しないでバンバン浪費する。母親は登場しませんが今週もしっかりと大人の最低感が出てました。しかもあまり直接的な表現じゃないのが凄いところです。

自分本位で鈍感な大人

ノベル以外のゴールドクラスの子役が他の事務に引きぬかれた事を「酷い」というカンナ。子供たちも今までの事に「感謝」して残るべきだったともカンナは言います。これに対してノベルはビジネスだと言う。これは非常に面白いやりとりだと思います。まずカンナは完全に自分が正義視点です。

そもそも利用価値があるから所属させてたんだろ

ビジネスをするために子供たちを所属させていたにも関わらず子供たちの意思での転職は認めようとしない。企業としては困るかもしれませんが「酷い」とか「感謝」とか、そういう正義感的な観念を前面に出すことに卑劣さを感じます。自分に都合の悪いことは悪という発想をする大人のズルさをノベルとカンナのやりとりで表現しているところが秀逸です。モラルがないのはどっちか考えさせられます。

安西先生はビジネス以上に夢がある

ノベルは言います。

”それは先生の夢ですよね”

自分の夢を子供に押し付ける大人の身勝手な言い分をノベルがバッサリ切ります。あなたの事を思ってとか、あなたがこうなるのが夢なのとか、子供に摺りこんで縛って結局子供は自分で道を歩けなくなる。そりゃあ、あなたの夢でしょ。と、しっかりノベルが切ってくれました。別に安西先生が望むような永遠の子役に誰もなりたくないんですよ。

その環境をも利用するノベル

そういった大人のエゴを分かった上で、利用するノベル。今週はそのノベルの逞しさが凄く良かったです。

-週刊少年サンデー 2014年16号 NOBELU -演- 作画:吉田譲 原作:野島伸司-

””は、小学館「NOBELU -演-」 作画:吉田譲 原作:野島伸司から引用

 

 

まともにフィジカル訓練もしない桜庭 【レビュー】 BE BLUES! ~青になれ~ 第146話

タイトル通りだけど語られない

今週面白かったのはタイトルと内容の兼ね合いですね。内容を簡単に説明すると龍に引きづられて矢沢が一所懸命練習しています。それを見てコーチが龍は意識が高いと語るのですが、矢沢が龍に引っ張られているとかはっきりは言わないんですね。読者から見ると宮崎とかみたいに引っ張られているのは明らかなんですけど。

作中で言わないけどタイトルで言ってる

で、作中ではっきり言わないけどタイトルは「龍の引力」なんですよ。ネームの段階でははっきり言っていたけど手直ししているうちに削られたんでしょうか。

桜場に期待

まともにフィジカル訓練もしない桜庭。ちょっと真面目にやれよな。彼には期待しています。超絶テクニックもあるし自分に対する圧倒的な自信もある。龍の強いパスにびっくりした事ないんじゃないかな。当たり前に受けてプレー出来る。

アンナとユキ

なんか最近ユキの影が薄いなあ、なんて思ってたら枠外の登場人物紹介にユキが載ってなかった。枠外に載っていた人物を順番に紹介します。龍、ミルコ・コヴァッチ、優人、アンナ、藍子。終わり。今回もユキの出番はあったんだけどちょっとひどくない。矢沢レベルの扱いとは。ていうか藍子なんて今回ちろっとしか出てないし紹介全然いらない。これは正ヒロインの座はアンナなのかもしれません。対抗で藍子。ユキはもうなんかいいんだろうな。リアビリ終わったし。ひでーな龍。

BE BLUES! ~青になれ~ 第147話 予想

来週休みらしいです。次回はアンナが大活躍ですね。今からパスを一番うまく出来た選手に「ワタシノマゴムスメヲサシアゲマース」とか。いや、絶対無いですね。はい。多分ボディバランス系の話でアンナが活躍するんじゃないですかね。

-週刊少年サンデー 2014年16号 BE BLUES! ~青になれ~ 作者:田中モトユキ-

Sorry, there are no polls available at the moment.

月光のヒーロー感のおさらい 水墨画の様な見開きにはビックリ 【レビュー】 月光条例 第24条 かぐや姫 87

オオイミが間接的に月光を称賛

ラストに向かってドンドンテンションが上がっていく月光条例。今回はオオイミが月光を褒め称えます。途中から月光を否定し始めるのですが、そこは取ってつけたようなもので、前半ひたすら月光を肯定するオオイミに本質があるように感じました。

月光のヒーロー感のおさらい

ラストのラストに向けて月光がどういう人物であるか、どういった事をしてきたのかを読者に思い出させる回のように感じます。自分の事を考えず人のことばかり考える月光の本質的な優しさを読者に対してしっかりと思い出して貰おうという意図を感じました。

鳥山明、やなせたかし、尾田栄一郎、宮沢賢治

「スペシウム光線」など著名なヒーローの技を使いまくってきたオオイミですが今回はびっくりしました。「かめはめ波」「アンパーンチ」「ゴムゴムのバズーカ」「デクノボー(これは技じゃないけど)」が登場しました。全てのヒーローを超えるヒーロー月光という結果にしたいのでしょうか。それではあまりに陳腐過ぎます。

リスペクトなのか

登場した必殺技は作者のリスペクトだと思います。この作品は童話を元にした作品です。童話の中の出来事がテーマです。童話というのは永遠に子供たちに楽しまれる物語です。作者は「ドラゴンボール」や「ワンピース」が「桃太郎」や「竹取物語」と同じように永遠に子供に読まれる作品だと言いたいように感じました。

水墨画?

月光がオオイミに飛びかかる見開きのページがあるのですが、そのページの絵が凄いです。水墨画なんでしょうか?なんだろう。見たことない感じです。これはかっこいいです。ポスターにしてサンデーに付けてくれればいいのに。水墨画用の筆で書いた感じですね。

月光条例 第24条かぐや姫88 予想

あと3回で終焉を迎える月光条例。来週は月光がオオイミを圧倒する回になると思います。そして次がかぐやの思いが語られる回になると予想します。

-週刊少年サンデー 2014年16号 月光条例 作者:藤田和日郎-

 

1000円、2000円で右往左往ってなんなの 【レビュー】 境界のRINNE 第230話

年間に1ヶ月間は探しもの

ビジネスマンは1年間に探しものをしている時間で合計1ヶ月無駄にしているという話を聞いたことがあります。今週のりんねはまさにそんな感じ。大切なものはちゃんとしまっておきましょうよ。

1000円、2000円で右往左往ってなんなの

なんかりんねって1000円とかでいつもバタバタやってるじゃないですか。これってなんなんでしょうね。死神の仕事薄給過ぎませんかね。どう考えても現世に滞在する賃金もらってませんよ。なんかのインサイダー情報を利用して株とかやったらいいんじゃないですかね。りんねは。現世の法律って関係有るんでしたっけ?

操られた二人の目ー!

桜とアネットが操られるのですが、その時の二人の目が物凄い雑なグルグルになるんですね。昭和か?いやまあ昭和漫画家の雄、高橋留美子だけれども。特に桜の目はかなり適等でひどかったです。

りんね金にきたない

いやー、でもりんねは金に汚いですね。何やら怪しい行為を完全な悪役顔でやってますよ。この顔はもう完全に犯罪者なので疑うなという方が難しいです。

境界のりんね 第231話 予想

来週は魔狭人がひどい目に合いそうです。自業自得系ですね。

-週刊少年サンデー 2014年16号 境界のRINNE 作者:高橋留美子-

 

ヒロインの可愛さはどうか 【レビュー】 キリヲテリブレ 第3話 「トドケ」

徹底理不尽劇の第3話

キリヲはホントに応援したくなる良い奴なんですけどどうしてもやる事なす事裏目に出てしまいますね。この漫画の面白いところはギャグ要素が強いにも関わらずキリヲだけは真面目に必死にヒーローをやろうとしているところです。

執事長は意地悪を楽しんでいる?

キリヲには執事長が付いていますが彼がキリヲの滑稽さをいちいち説明するわけです。なんか緊急事態でもワザワザ携帯電話で連絡して、その滑稽さを説明します。漫画の展開が多少独特なので読者にわかりづらくなってしまうための配慮なのでしょうが説明効果と滑稽さの強化の両方に力を発揮していますね。こういうのはうまいと思います。

リアルな建物の破壊

先週途中まで壊された病院ですが、その絵が俯瞰でわかりやすく良かったです。怪物の大きさ感と主人公たちの危機的状況が表紙でわかりやすく説明されていました。変身アイテムの位置なども良かったです。これ以外と非凡な構図だと思います。

ヒロインの可愛さはどうか

ヒロインは割りとすっきりした顔をしています。足とかムチムチしていて肉感的ですが顔はお面系ですね。フィギュアっぽい顔というか、今回は彼女の顔のアップがしつこく描かれています。びっくり表情がだんだんと柔らかくなり魅力が出てきます。表情だけをパラパラ見てみるとちょっと面白いですね。同じびっくり顔でもかなりかき分けています。

キリヲテリブレ 第4話予想

もしかしたらヒロインにはキリヲが変身した黒い怪物が正義のヒーローだと伝わるのかもしれません。彼女だけが理解者となるという展開でしょうか。しかしキリヲは自分が黒い怪物だとは正体をバラせないという状態になると予想します。

-週刊少年サンデー 2014年16号 キリヲテリブレ 作者:森多ヒロ-