小学生が出来るスマートにいじめを回避する方法 【レビュー】 BIRDMEN fight009 第9話

小学生が出来るスマートにいじめを回避する新しい方法を提示した作者の若々しい視点

SF x 青春ジュブナイル巨編と銘打たれた作品の第9話の感想を書きます。

とはいえ、サンデー買うのも久しぶりであらすじとかも分からないのですが、まあ思ったことを端的に書いていけたらと考えています。

バードメンは少年サンデーに月一で連載しているようです。今週、巻頭カラーで1P目に”超人気月イチシリーズ”という表記がありますから多分そうなのだと思います。
どうも新展開らしく巻頭カラーです。カラーページであらすじまで説明してます。
とはいえこういうあらすじの説明は読者が今までの流れをおさらいするためのものでしょう。
まったくの初めての読者の僕は読む気もしません。とはいえせっかくブログで記事を書くわけですから、まあ読まないわけにもいかないなと思いあらすじを読んでみたのですが、
やっぱり分かりません。コミックスの頭にある前回までのあらすじと一緒でリマインド用です。
僕は対象外の読者でしょうから理解できなくて当たり前でしょう。

主人公紹介を読むと、”突然のバス事故を機に翼が生える。”とありました。
そして作中では

”ワリと簡単には死なない事もわかったし…”

というセリフもあるので、突如スーパーマン的な能力を授かった主人公的な物語なのでしょう。

”内臓出ても平気かお前!?”

というセリフもあり、どうやら内臓が出たくらいでは死なないようです。
バスにひかれても、内臓が出ても死なない。この設定や事件を聞くとどうしても3x3アイズを思い出してしまいますね。

今回の話の中で本筋ではないんですけどキャラ立てのための回想シーンのような所があってそれがかなり完成度が高く視点がユニークで面白かったです。
またイジメに苦しんでいる子供に対して新しい、そして聡明な手助けを提示しているようで感動しました。

 

【小学生が出来るスマートにいじめを回避する方法】

これを提示したと思います。

いじめられっ子(鴨田)がいました。

”話しかけても無視されて、ノートとか教科書とか道具箱とか色々壊されてさ…”

という状況です。

それを友達(英ちゃん)が助けようとします。
その方法が少年漫画っぽくなく、且つ現実的で目からうろこでした。

英ちゃんは、そのいろいろ壊されたものをスマホで撮影します。
破かれたノートや汚された机、そして英ちゃんはこう言います。

”お前何かされたら次から一つ残らず俺に報告しろ。日付と、できたら時間もな”

そうです。彼はスマホで証拠を残していたのです。

”こーいうのは記録がモノを言うんだよ。”

 

 

【どちらの生徒も信じる先生】

 学校でいじめが起こったとき、例えそれが自殺をするような事態になっても学校はいじめの事実を認めないような事が多いと思います。

それは教師たちはいじめられっ子ももちろん守るべき生徒だけどいじめたかもしれない子供(確信がない)も守るべき生徒だからです。
だからいじめっことして疑われている子供も信じなければいけないし、信じる事が仕事でもあると思います。
もちろんいじめ問題を管理できなかったか学校側の落ち度を隠したいという気持ちが働くケースもあるでしょう。

 

【証拠しか身を守る手段はないのでは?】

そこで重要なのは証拠です。
簡単な写真などはいじめ被害者が自作自演したと疑いをもたれるかもしれませんが、
動画だったらどうでしょうか?動画がなかなか難しかったらボイスレコーダーでの録音なども出来ます。明らかな証拠になるでしょう

この証拠を使っていじめっ子と戦う。パワハラやセクハラとの戦い方と一緒です。
もちろん勇気がなければ証拠を使う事は出来ないかもしれません。またそういう行動力がある子は苛められにくいかもしれません。
しかし証拠を揃えておけば、それを親や先生に見せるだけなので信じてくれないかもしれないという恐怖は薄れると思います。

一番いいのは教室にウェブカメラつけておいて保護者は常に授業参観出来てる状態にすればいいんですけど、そこまでいくにはまだまだ時間がかかるでしょう。

バードメンのイジメとの戦い方が秀逸なのは少年漫画のテンプレを超えたことによります。

一昔前の少年漫画だといじめっこを強い主人公が「ぶっ飛ばす」ことによって解決してました。
最近ではいじめられっこに「自分(いじめられっこ)が変わらなきゃいけない」と気付かせることによって変化を促し解決するパターンです。

しかしバードメンでは、暴力や自己啓発に頼らず、要するにいじめられっこが実行するのはなかなか難しい事には頼らず、
社会のルールを正しく使って解決しようとします。これは大人になっても通用する問題解決スキルですから非常にスマートだといえます。

 

【物語は感動的な結末へ】

そしていじめの決着が更に感慨深いものでした。

苛められている鴨田は言います。

”でもさ英ちゃん。あいつら友達だから…”

 いじめたりいじめられたりしても友達だから、、、

子供が大人にいじめられていると言えないのは、こういう心理が働くせいもあるでしょう。
そして、いじめっ子たちが鴨田の机にイタズラしている現場を押さえた二人。
逆上するいじめっ子は二人は暴力を振るいます。

そしてこれは実は英ちゃんがしかけたものでした。

いじめっこは英ちゃんのスマホを踏み潰します。
上履きには3-2と書いてあるので小学3年生ですね。スマホ持ってんのか、、、、。

そこで英ちゃんは、いじめっ子に対して手を出させる事が狙いだったと明かします。
いじめっ子をハメるために仕掛けた罠だったのです。
証拠を使って大人を巻き込んでいじめっ子たちを追い込んでやると脅します。

壊されたスマホ(スマホのデータは外部に保存済み)も証拠になるし殴られた傷も証拠になると言い放ちます。
お前らをハメてやると脅します。それが嫌ならいじめをやめろといいます。
これでいじめ問題は解決しました。
最後の英ちゃんの言葉が泣かせます。

”鴨田はそれでもお前らのこと友達だと思ってんだってさ。”

 まずは知恵で圧倒して大人が出てくるぞって言う恐怖を与えて、最後に情に訴える。

爽快に決まって読者もすっきりです。

現代のスマートフォン社会ではイジメと証拠で戦えるという事を提示したすごい話しです。
いじめに苦しんでいる子がいたらまず証拠を集める事から始めようと言いたくなります。
というか、バードメン第9話(この話)を読んでほしい。

 

【子どもに盗聴器を仕込む親も出てくるのかも?】

自分の子どもが虐められているかもしれないと心配で子どもの服に小型ボイスレコーダーや
盗聴器を仕込んじゃう親とかも出てくるのかも知れないなとも感じました。

 

【気の利いたエピソードのパワー】

さて今回はじめてバードメンを読んだわけなので継続した本筋の話がまったく分からず、まあ実際面白くはありません。
とはいえ、こういった魅力的なエピソードを盛り込むことにより「この漫画を最初から読みたいな。来週も読もう」という気持ちになります。
魅力的な短いエピソードを入れるというのは連載漫画の読者を増やすには有効な手段であると感じましたし、この作品はそれを成功していると感じました。

 

【一番刺さったセリフ】

 

”こーいうのは記録がモノを言うんだよ”

”バカ相手に傷つく必要なんかない。”

”何かされる度にあいつらを追い込むポイントがたまったと思え。”

 

 -週刊少年サンデー 2014年13号 BIRDMEN-

””は、小学館「BIRDMEN」 作者:田辺イエロウ から引用

 

バッファローマンの角を腕に仕込んだスグルのようです 【レビュー】 アラタカンガタリ 革神語 第233話

久々買ったサンデーで初めて知った漫画。

233話だから。1年50話計算でも、4年以上連載しているので長期連載ですね。
いや本当僕がうといだけです。すいません。

この漫画では先生と書いて「セオ」と読ませるんだけどそれって何語だろう。
革神語なのか、もしかして。

主人公はたぶん革という少年で、半端ないイケメン。金髪?
そして今回の話の中盤ではライバルっぽいイケメンキャラにムナカタという人が腕を上げます。
腕がなくなっていたという事でしょうか。

腕をもらったことによりすごい打撃力を発揮できるようになったようです。
これはバッファローマンの角を腕に仕込んだスグルのようです。

警察と書いて「モノベ」と読ませたり語感が非常に面白い。
厨二っぽくなってしまうけど語感の面白さとかかっこよさって漫画には大事だと思う。

-週刊少年サンデー 2014年13号 アラタカンガタリ 革神語-

人間だれしも分かりやすい目標が必要だと気付かさせてくれる 【レビュー】 BE BLUES! ~青になれ~ 第143話

 

合宿中の龍たち。龍をライバル視する矢沢は龍が階段を降りられない事を知る。

青梅は相手にならないし勝負の相手は2年だと言い放つ。

まず矢沢は人が全力を出し切れない事を喜んでるわりには更に上の2年に挑戦しようって性根が複雑で面白い。
2年に勝つ、そういう気持ちがあるならどんどん高いレベルの選手を相手にしていくわけだから人の調子がどうこうをあまり気にする必要ないし、気にならないメンタルの萌芽を持っていると思うが、彼は今のところ人の事が気になって仕方ない様子。
高校1年くらいだとそういうもんかもしれない。

今回の話の終盤で龍がランニングで矢沢を追い抜く。
その時に矢沢は先輩の話を思い出す。埼玉の自分たちくらいの年代は少しくらいは誰でも龍のファンだという話を。

矢沢にしてみれば同じ年齢でライバル視してる龍が埼玉の同世代感ではスターのような扱いになっているという事はプライドが許さない。
そして今週の最後のコマ。

”負けるか!!コノヤロォ!!”

龍を追いかける矢沢。
ランニングでも負けないしサッカーでも負けないという気持ちがこもってる。

矢沢は龍に比べれば凡人だ。だからって勝負を投げ出さず、俺だってすげーんだと思って追いすがる。
そういう思いが彼を強くするだろうし、人間だれしも分かりやすい目標がいる事がとても大事なことだと思う。

ただ、自分より上かも知れない相手に勝負を挑むか諦めるかは個人の選択だ。
その選択で成長のスピードは変わってくる。

勝負を挑む。そういう気持ち忘れないでいたい。

”負けるか!!コノヤロォ!!”

 

-週刊少年サンデー 2014年13号 BE BLUES!~青になれ~-

””は、小学館「BE BLUES!~青になれ~」 作者:田中モトユキ から引用

Sorry, there are no polls available at the moment.

棒の先に蜂蜜みたいなネチョネチョしたやつをつけて穴のなかに住む人間をくっつける 【レビュー】 マギ 第215話

 

さて今週から少年サンデーを再読し始めたので、それぞれの漫画をレビューします。

連載途中からのレビューなのでわけわかんなくなるのはご愛嬌です。

ざっくりあらすじ

今回のマギはアラジンがアルマントラという世界の真実を語るというお話です。
アルマントラでは人間は知的生命体のなかでは一番弱い立場という事なので、したがって複数の種類の知的生命体が存在している世界と言うことになります。
人間を専ら捕食するのがオークと呼ばれる種族で体長は200メートルくらいな感じです。棒の先に蜂蜜みたいなネチョネチョしたやつをつけて穴のなかに住む人間をくっつけてつかまります。子どもでさえも

”お母さーん”

と叫びながら捕まっていきます。残虐性の演出でしょう。

アリクイ(オーク)とアリ(人間)というイメージの描写です。
とはいえ、かなり大きさに差があるので相当たくさんの人間を食べなければいけないと思うのでオークにとっては栄養摂取効率が悪そうです。

そして人間が襲われているところに「創造主」が現れます。
そして創造主は世界が争いばかりで滅びそうだから争いが起こらないように知的生命体は人間だけにすることに決めたようです。
オークは消えてしまいました。世界を収めるための力として魔法を人間に授けます。

そして「ソロモン王」が生まれて世界が平和になったというのがアルマトランの歴史のようです。

次号予測(マギ 216夜の予測)

今週の引きでアルマトランは結局滅びてしまったという話が出てきます。
何か悲惨な事が起こったようです。

来週は、この悲惨な出来事中心の話になるでしょう。

この話の内容はたぶんマギという物語のラスボスに関するものになるんじゃないかと思います。
例えばソロモン王がテロなどで肉親を亡くすなどして自分の国民を憎み暴君になり最後は悪魔と取引してすごい悪くて強いやつになるみたいな、
悲しくて同情する余地もあるけど、それでも許すことの出来ないラスボス的な感じになるんじゃないでしょうか?

いや、実際全部読んだらもっとましな予想できるかもしれませんが、来週までにはマギなんとか読破して最新話に追いつきたいです。

感想

オークのデザインは最高です。ジャミラ的な体系に目が四つ。口が半回転して縦についてるところなど最高です。
最初に登場した時はサイズ感が分からないのですが人間を捕食するシーンで超巨大だって事が分かります。
相当数の人間を食べないと必要カロリーに達しないでしょう。
進撃の巨人の巨人のように栄養のために食べているのではないのかもしれませんね。

またアリの巣的な構造の家に人間が住んでいるのも面白かったです。
そこにベタベタ棒、ほとんどお掃除グッズ的なものを突っ込んで捕食ってのがまた面白い発想でした。

気になったのは「創造主」があっさりオークを消してしまった事。
オークが悪という描写はとくになく人間の天敵なだけなので非常に理不尽な感じがしました。

心に響いた所

”俺たちに食べられる魚や動物たちも…こんな気分だったのかな…”

この人間と食材になってしまう動物の立場を入れ替えてみる考え方はエンターテイメントとして普遍的に面白いと思います。
僕のかってな思い込みでは藤子F不二夫の『ミノタウロスの皿』で初めて言及されて岩明均の『寄生獣』で完成したテーマだと思っています。

とはいえ、この台詞の次のステップを考えるとやっぱり動物を擬人化するのはやめようよとなります。
要するに動物が食べられて可哀そうだという考え方は犬に洋服を着せて犬が喜んでいると勘違いするのと近いことなのかと。
動物には哲学もなければ思春期もないし葛藤もないわけです。そういう意味で人間と動物の立場をひっくり返して可哀そうだと言っても、
何か遠いのかなと感じます。とはいえ立場を変える事により見える視点があり、だからこそ食事は感謝して残さずに食べましょう。
命を奪っているのだから正しく役立てないといけませんという気持ちになります。まあ説教くさい結論になるわけです。

いや説教くさくてすいません。

こういう事をふと考えさせてくれるのはやはり『マギ』の表現が秀逸だからでしょう。

名言

”ただ、人間たちは一番弱かったからこそ仲間同士とても助け合っていたし、他の種族にひどいことなんかしたこともなかったから…”

 

人間の価値とはやはりどこまでいってもチームワークなんだなという事と、
他人に迷惑を掛けないで生きていきましょう、という事だと思いました。

 -週刊少年サンデー 2014年13号 マギ-

””は、小学館「マギ」 作者:大高忍から引用