ウーゴくんが思ったよりも重要だった。 【感想】 マギ 第235話

アルマトラン編は、ほぼ決着がついたか

シバとアルバが戦い、アラジンの正体がわかり、今回でアルバとソロモン。これでほとんど、アルマトラン編の謎と伏線回収が終わった気がします。

おそらくアルバとソロモンが相打ちで、それぞれ練玉艶とアラジンに転生して、戦いは現世界で続くという形ですね。

若かりしソロモン

最後は、青年ソロモンの姿が見れてよかったです。かっこいいですね。ソロモンは。まあ、最初からわかっていたことですが、アルマトランのラストは、やはり、やりきれない悲しさがあります。とくに、シバが可哀想です。彼女はがんばったと思いますよ。

ウーゴくんが思ったよりも重要だった。

ウーゴくんはアラジンの育ての親的な形での役割が重要なだけで、他には、それほどでもないのかと思ったら、予想以上に重要な存在になりそうです。むしろ彼が神のような存在ですね。

アル・サーメンの目的もわかったのかもしれない

アルバが、ソロモンと闘いながら、話していることがアル・サーメンの目的なのかもしれません。だとしたら、世界を消滅させる的な話ですから、シンドバッドも練紅炎も敵ということになるでしょうね。今までの登場人物のオールスター対アルサーメンという構図になりますね。

これで、ソロモンとシバの物語が終わりだと思うと、寂しい。アルマトラン編は面白かったなあ。

 

サンデー新連載はかなり実験的。 【感想】 戦争劇場 第1話

ファンタジー大作が

始まったかとおもったのですが、まったくそういうことではありませんでした。主人公の心象風景をファンタジー的な戦いで描くという。

この作品の面白さは、心の中の戦いの容赦なさですね。良心と悪い心が戦うわけですが、お互いにかなり容赦無い。そこまで、徹底的にやるのかという。

クレイモア的な女性剣士が主人公のファンタジー

いや、そうじゃないんですけど、最初は、そうかなと。いきなり戦いから始まる展開も斬新だし、かなり驚きました。それにしても、全体的に説明があまりなく、現実と戦いの切り替えもシームレスな感じでいくので、読者は結構脳を使いますね。もちろん、現代社会とファンタジー世界に場面が変わるので、そこで現実と心象風景の切り替えはわかります。

かなり実験的な作品

サンデーは、意外とこういう実験的な漫画を掲載しますね。完全にギャグ漫画でもないけど、基本的にギャグが中心で、そして絵もうまいというのが、サンデーの王道でしょうか。ハヤテのごとく!みたいな。高橋留美子から始まっている流れかもしれませんね。

 

謎が繋がる集大成的な回。 【感想】 マギ 第234話

主な謎がとけた

今回でアルマトラン編の主な謎がとけました。シバ、ソロモン、アルバ、ウーゴ、シバの子ども、アラジン、練玉艶、アルサーメン、これらのキーワードが、今週で全部キレイにつながったと思います。ただ、アルマトランと現世界の関係は今のところよくわかりません。また、眷属たちが、どういう流れで塔にいるのかなどがわかりません。その辺りもあと数回で説明されるでしょう。

意外と自然なストーリー展開

もう少し、突拍子もない流れがあるのかと思いましたが、すごく自然な展開だと感じました。ソロモンが事実上引退し、実権を握ったシバと、今までの功臣との諍いという、権力争いにはよくあるパターンというか、自然な流れでしたね。

月の神杖の謎

これもスッキリと解決しました。そういう流れだったんですね。あまり意味のある流れでもないので、やはりミスリード目的だったのでしょう。シバ登場時から、ずっと彼女が練玉艶という流れがありましたから、うまく騙された感じです。

アルバはいつから裏切っていたのか?

アルバが裏切ったというのも、そもそも正しい言い方ではないのですが、彼女はいつから、ソロモンとは違う考え方を持っていたのでしょうか?もともとダビデに作られたという話だったのですが、むしろイルイラーに作られたという感じだったのか、そのあたりがわかりません。また、黒いルフを利用しているとしても、アルサーメンの背後にはイルイラーやダビデのような大きな存在はいないのでしょうか?

アルマトラン編の終わり方

まだ、終わってないですが、随分と悲しい終わり方ですね。しかも、これだと練玉艶が、そんなに悪いという感じもしないというか、物凄い仇という印象もなく、必然的なものに感じます。ただ、凄いのは、ここまでの主要人物である、アラジン、アリババ、モル、シンドバッドなどを一切登場させずに、ここまで面白い話を作ったことでしょうね。ソロモンとシバ、アルバの関係やウーゴやほかの眷属との関係。うまく描いていたと思います。
ソロモンは、本当に魅力的だったので、最後の最後までしっかりと活躍させて欲しかったですが。

 

カウンター対ポゼッション 今回のW杯みたい。 【感想】 BE BLUES! ~青になれ~ 第162話

龍たちはポゼッションサッカーを

優人がボランチになって、ポゼッションサッカーをやろうとしています。今回のワールドカップでスペインをはじめ、ポゼッションサッカーが負けたので、なんか嫌な予感がします。いやドイツもかなりポゼッション的でしたけど、龍たちのポゼッションサッカーは日本代表風です。

武蒼のメッシ桜庭もいるし、ポゼッションできるのか?

桜場を前線に出してポゼッションサッカーのなかで一対一で勝負させまくるなら、まんまバルセロナ方式ですね。メッシで勝負。あとはポゼッション。
ただ、ショートカウンターでやられるんでしょうね。そういえば、今でてるツートップってスピードがある設定手でしたっけ?どうだっけ?

キャラ目立っていいな

これで紅白戦やって主要キャラクターを立てて、オールスターみたいな状態で、他校との試合に望むのでしょうね。ただ、小学校編、中学校編と比べて高校編になって異常に話が進むのが遅くなってるけど、もう少しテンポよくいってほしいですね。まあ、MAJORみたいに10年くらい連載するのかな。まあ、それは、それでいいや。最後まで龍の活躍を描き切って欲しい。

田沢?

レノンに名前を間違えられる矢沢。田沢って。ミスタイプみたいな間違え方するなあ。

 

ついにシバが練玉艶の表情を。 【感想】 マギ 第233話

先週の最後のダビデっぽいのはソロモンだった

ソロモンは、なんかおっさんになったみたいで、それがダビデのように見えただけでした。いるけど、いないような存在になってしまって。なんていうんでしょうね、今週のマギは強いリーダーなきあとの混乱でしたね。

リーダーがいなくなれば、別のリーダーが出てくる。

その役割は、シバ、アルバ、ウーゴに託されたようですが、あまりうまく行っていないようです。思ったよりも眷属たちとの結束が弱いというか、そこの仲間内でおかしくなってしまうものなんですね。

まあ、戦って、戦って、いろいろなものを犠牲にして、家族とか、それで、みんなと平等になっても、納得いかないのでしょうね。
失ったものが大きいのに、得るものは同じというのは、むしろ不平等を感じるのでしょう。

そもそも平等は難しい。

努力の量をきちんと評価するのが平等なのか、そういったことを関係なく、同じ量を受け取るのが平等なのか、主には平等の難しさは、その2つの価値観のせめぎあいだと思います。

今回、アルマトランで与えられた平等は、貢献度には何も関係なく誰もが同じ平等を得るというものでした。それによって、眷属たちに不満が起こります。まあ、わかる気がする。

ルフ云々がちょっとわからない

ここ数週間のルフの話はあまり理解できないですね。ルフがどこに行ったとか、上書きされたとか、こういう複雑さはないほうがいいと思いますけど、どうなんでしょう、伏線になっていて、それがわかったほうが後で面白いのでしょうか。コミックで読み返さないとダメだな。理解できない。

ついにシバが練玉艶の表情を

これはシバは練玉艶確定かもしれません。アルバじゃなさそうですね。それっぽい表情というか、それっぽい顔になってきました。でもなあ、やっぱりまだ、二人はいまいち結びつかないんですよね。

 

アルバだけが継続した役割を与えられた謎。 【感想】 マギ 第232話

最後に勝ち誇るダビデはなに?

回想でしょうかイメージでしょうか?あるいはルフの世界のダビデ?今回の話は難しかったです。シンプルに言えばソロモンが神にとって変わったということでいいのでしょうか?よくわかりません。

アルバだけが継続した役割を与えられた謎

シバには感謝、ウーゴには期待、アルバにだけは継続した役割を指示したソロモン。これは、よくわかりません。アルバは現世界において、練玉艶になるのでしょうか。それで、ソロモンが作った現世界を見守ってる?そんな感じではないですね。シバは月の神杖から、練玉艶の可能性が一番高いですが、性格的には全然そんな感じもないし、これもよくわからない。

ただ、ソロモンに深いつながりのある女性はアルバとシバしかいないですから、どちらかが練玉艶だと思います。

シバの子どもが練玉艶というパターンも考えましたが、どうも、シバの子どもはアラジンな気がします。そのほうが自然なような。

結局、まだなにもわからない。

結果的には、まだ、まったくわからないですね。神の運命から離れた世界がアラジンたちがいる現世界ということでしょうか。うーん、疑問だらけ。

 

来週からは論理パズルのような展開? 【感想】 サイケまたしても 第2話

すごい。けっこう、すごい。

タイムスリップして、あっさり主人公がヒロイン救っちゃうんだろうなと、それで、高校生活を続けながら、またなんか問題が起こってタイムスリップしてっていうストーリーと予想していましたが、思ったよりもすごいです。そう簡単にヒロインは助からないようです。

来週からは論理パズルのような展開?

おそらくヒロインを救うための謎を、少しづつ拾っていき、それを入れ替えたりしながら、だんだんとヒロインを救えるルートを見つけ出していく話になると思います。そういったヒントが今週ありました。カツアゲされている少年が出てきます。サイケは無視しますが、話しの流れとしては不自然なので、おそらく、それもヒロインを救うためのフラグの一つだと思います。

どのくらい入り組んだ話にするのか

ペットボトルの水が象徴的に描かれますが、そういった小物まで含めて、論理を積み重ねていく展開になるのでしょうか。それとも、もう少しヒーロー物のように主人公がカツアゲを阻止するなど、正しい行動を取ることによりヒロインが救われるのでしょうか。これは、かなり面白いですね。

 

練習試合ばっかりやってる。 【感想】 BE BLUES! ~青になれ~ 第161話

練習試合ばっかりやってる

先週までは、Bチーム同士の練習試合で、今回はAチームとの練習試合。部内の練習試合は、キャラクターを立たせるにはいいんですけど、負けたら終わりってわけでもないし、多少緊張感がなくなると思います。

監督をプロがやる

それでも、この作品が中だるみしないのは、すごいです。まず監督です。ユーゴスラビア代表を率いたことがある監督ミルコが行います。オシム監督をイメージさせるキャラクターですね。世界トップクラスの監督が、高校生を率いたらどうなるのだろうという、強烈なIFの面白さがあり、まず、そこが注目です。これは作品でも強く意識していて、ミルコの戦術が注目されている描写があります。5バックか4バックかなんて、ちょっとドキドキする展開です。

龍と桜庭

それで、やっぱり魅力は龍と桜庭が実力を発揮したときにどうなるのかということです。いくら相手が高校トップクラスの実力を持つ一軍でも、将来世界的な才能になる二人を止めるのは用意じゃないはずです。高校一年生とはいえ、数年後はプロで活躍する選手もいるわけですから。

龍のプレースタイル

彼は怪我をする前は、パスもするしドリブルもするし何でもありのプレーヤーでした。マラドーナというかジダンというか、一人で試合を決めるプレーヤーでしたね。それが、怪我をしてワンタッチゴーラーを目指すのですが、最近はむしろパサーですね。得意の強いパスで局面を変えて、ゴール前に走りこんで折り返しを決める。昔のジェラードのようなプレーヤーなのかなと。来週は優人が活躍しそうです。

 

ソロモンはアルバに殺されシバの子どもに転生する? 【感想】 マギ 第231話

謎が謎を呼び、今やよくわからない

シバの妊娠で少し、現世界とアルマトランの関係を想像させていた展開でしたが、ここにきてダビデが謎すぎて、まったく、なにがなんだかわからなくなってきました。なにがわからないのかもわかりません。

ルフ、イルイラー、アルバ

現在の、謎は、このあたりでしょうか。今週のアルバの反応を見ると、彼女を作ったのは、ダビデということでしたが、実際にはイルイラーに作られたような感じでした。シバが練玉艶という言うには、あまりに性格が違います。

ウーゴの存在が、どうなっていくのかは少しわかってきました。彼は、ソロモン、シバ、アルバの物語の目撃者になりそうです。全てを知り、見てきたという存在です。アラジンが話しているアルマトランの物語もウーゴくんからの情報ということでしょう。

来週からダビデの種明かし

おそらくダビデの企みについてイルイラーから真実が語られていくでしょう。若かりしダビデの物語です。マグノシュタットの校長のような話かもしれません。まあ、ダビデはもう少し、強靭な精神の確信犯な感じがしますが。
ただ、そこでソロモンの役割というか、生まれた意味のようなものが語られ、それを受け入れられないソロモンに対して、包み込むシバと排除しようとするアルバという対立軸が生まれるかもしれません。アルバの今週の反応を見ると、神の命令であればソロモンと対立する可能性はあります。予想ですが、ソロモンはアルバに殺され、そしてウーゴくんの工夫でシバの胎内に宿る子どもに転生するというような展開もあるかと。もちろん、それがアラジンです。

 

サンデーは新連載が、どんどん始まる。 【感想】 サイケまたしても 第1話

ミステリーっぽい新連載

マガジンで連載していたアゲインのような、あるいは三部けいの僕だけがいない世界のような、プチタイムスリップやり直しものです。まだまだ、本編に入ってない感じですが、導入編としてはキャラクターの内面を効果的に掘り下げ方が面白く、最近連載が開始した作品とは明らかに毛色が違います。

サンデーは新連載が、どんどん始まる

入れ替わりの時期ですね。しばらく連載終了も多く出るのでしょう。自分が楽しみにしていた漫画が終わると残念ですが、新連載は歓迎ですね。毎週新連載があってもいいくらいです。

来週が気になる

早速、来週が気になるストーリー展開は大したものです。ジャンプの新連載だと一話目である程度話が完結して満足させることを目指しますが、サンデーの新連載は、そのあたりはじっくりはじめるかんじですね。