月光のヒーロー感のおさらい 水墨画の様な見開きにはビックリ 【レビュー】 月光条例 第24条 かぐや姫 87

オオイミが間接的に月光を称賛

ラストに向かってドンドンテンションが上がっていく月光条例。今回はオオイミが月光を褒め称えます。途中から月光を否定し始めるのですが、そこは取ってつけたようなもので、前半ひたすら月光を肯定するオオイミに本質があるように感じました。

月光のヒーロー感のおさらい

ラストのラストに向けて月光がどういう人物であるか、どういった事をしてきたのかを読者に思い出させる回のように感じます。自分の事を考えず人のことばかり考える月光の本質的な優しさを読者に対してしっかりと思い出して貰おうという意図を感じました。

鳥山明、やなせたかし、尾田栄一郎、宮沢賢治

「スペシウム光線」など著名なヒーローの技を使いまくってきたオオイミですが今回はびっくりしました。「かめはめ波」「アンパーンチ」「ゴムゴムのバズーカ」「デクノボー(これは技じゃないけど)」が登場しました。全てのヒーローを超えるヒーロー月光という結果にしたいのでしょうか。それではあまりに陳腐過ぎます。

リスペクトなのか

登場した必殺技は作者のリスペクトだと思います。この作品は童話を元にした作品です。童話の中の出来事がテーマです。童話というのは永遠に子供たちに楽しまれる物語です。作者は「ドラゴンボール」や「ワンピース」が「桃太郎」や「竹取物語」と同じように永遠に子供に読まれる作品だと言いたいように感じました。

水墨画?

月光がオオイミに飛びかかる見開きのページがあるのですが、そのページの絵が凄いです。水墨画なんでしょうか?なんだろう。見たことない感じです。これはかっこいいです。ポスターにしてサンデーに付けてくれればいいのに。水墨画用の筆で書いた感じですね。

月光条例 第24条かぐや姫88 予想

あと3回で終焉を迎える月光条例。来週は月光がオオイミを圧倒する回になると思います。そして次がかぐやの思いが語られる回になると予想します。

-週刊少年サンデー 2014年16号 月光条例 作者:藤田和日郎-

 

1000円、2000円で右往左往ってなんなの 【レビュー】 境界のRINNE 第230話

年間に1ヶ月間は探しもの

ビジネスマンは1年間に探しものをしている時間で合計1ヶ月無駄にしているという話を聞いたことがあります。今週のりんねはまさにそんな感じ。大切なものはちゃんとしまっておきましょうよ。

1000円、2000円で右往左往ってなんなの

なんかりんねって1000円とかでいつもバタバタやってるじゃないですか。これってなんなんでしょうね。死神の仕事薄給過ぎませんかね。どう考えても現世に滞在する賃金もらってませんよ。なんかのインサイダー情報を利用して株とかやったらいいんじゃないですかね。りんねは。現世の法律って関係有るんでしたっけ?

操られた二人の目ー!

桜とアネットが操られるのですが、その時の二人の目が物凄い雑なグルグルになるんですね。昭和か?いやまあ昭和漫画家の雄、高橋留美子だけれども。特に桜の目はかなり適等でひどかったです。

りんね金にきたない

いやー、でもりんねは金に汚いですね。何やら怪しい行為を完全な悪役顔でやってますよ。この顔はもう完全に犯罪者なので疑うなという方が難しいです。

境界のりんね 第231話 予想

来週は魔狭人がひどい目に合いそうです。自業自得系ですね。

-週刊少年サンデー 2014年16号 境界のRINNE 作者:高橋留美子-

 

ヒロインの可愛さはどうか 【レビュー】 キリヲテリブレ 第3話 「トドケ」

徹底理不尽劇の第3話

キリヲはホントに応援したくなる良い奴なんですけどどうしてもやる事なす事裏目に出てしまいますね。この漫画の面白いところはギャグ要素が強いにも関わらずキリヲだけは真面目に必死にヒーローをやろうとしているところです。

執事長は意地悪を楽しんでいる?

キリヲには執事長が付いていますが彼がキリヲの滑稽さをいちいち説明するわけです。なんか緊急事態でもワザワザ携帯電話で連絡して、その滑稽さを説明します。漫画の展開が多少独特なので読者にわかりづらくなってしまうための配慮なのでしょうが説明効果と滑稽さの強化の両方に力を発揮していますね。こういうのはうまいと思います。

リアルな建物の破壊

先週途中まで壊された病院ですが、その絵が俯瞰でわかりやすく良かったです。怪物の大きさ感と主人公たちの危機的状況が表紙でわかりやすく説明されていました。変身アイテムの位置なども良かったです。これ以外と非凡な構図だと思います。

ヒロインの可愛さはどうか

ヒロインは割りとすっきりした顔をしています。足とかムチムチしていて肉感的ですが顔はお面系ですね。フィギュアっぽい顔というか、今回は彼女の顔のアップがしつこく描かれています。びっくり表情がだんだんと柔らかくなり魅力が出てきます。表情だけをパラパラ見てみるとちょっと面白いですね。同じびっくり顔でもかなりかき分けています。

キリヲテリブレ 第4話予想

もしかしたらヒロインにはキリヲが変身した黒い怪物が正義のヒーローだと伝わるのかもしれません。彼女だけが理解者となるという展開でしょうか。しかしキリヲは自分が黒い怪物だとは正体をバラせないという状態になると予想します。

-週刊少年サンデー 2014年16号 キリヲテリブレ 作者:森多ヒロ-

 

海の家 人命 ライフセービング講習会場? 【レビュー】 ハヤテのごとく! 第444話

水着を上回る発想にやられた

前回ハヤテが海の家を再建する為に女性陣は水着になる。と、予想しましたがちょっと予想を上回りましたね。海に意識が持っていかれてました。確かに数週間前に水着の回があったので同じでは絵的にも面白くないのですが、それにしても想像を遥かに上回りました。ハヤテの趣味ですかね。

ハヤテの本気

いろいろかなぐり捨てて海の家の再建にかけるハヤテ。今週は彼の本気が見れます。なんか顔もちょっと怖くなってる。なんだその変な逆三角形の口は。

表紙のハヤテ可愛い

前回の兄との会話から察するに6歳の頃のハヤテでしょうか。表紙に描かれています。かわいいですね。高校生になっても女の子に間違えられるくらいのハヤテですから6歳のころは天使でしょう。ただ兄も大概わかるだろうという程度の外見の変化。

海の家 人命 ライフセービング講習会場

再建しなければならない海の家ですが非常に不思議です。看板には「海の家、ライフセービング講習会場、人命」という表記が見られます。人命はお店の名前なのでいいとして、ライフセービング講習会場とはどういうことでしょう。ライフセービングを教えるのでしょうか?ダイビングみたいにお金を取って教えるという事でしょうか?そこが潰れたから再建するという話ですかね。

マリアとひなぎくが役に立つかも

ライフセービングを練習しようと思うと多少のフィジカルコミュニケーションは必要かもしれません。ほら、あれだ。人工呼吸とか。そうすると薄着の女性の客寄せ効果半端ないですね。なるほど890万円の借金は一夏で返せそうだ。法的な問題がありそうだけど。

ハヤテのごとく! 第445話 予想

という事で来週は海の家「人命」の営業活動が始まるわけですが、一体どんな営業内容なのか非常に興味深いですね。見事にライフセーバー講習会を普通にやりそうな気がします。

-週刊少年サンデー 2014年16号 ハヤテのごとく! 作者:畑健二郎-

 

食への感謝が生きる事への感謝へ、事業のアイデア探しは少しづつ 【レビュー】 銀の匙 Silver Spoon 第98話

子豚を見て「ウマそう」

エゾノーの連中は子豚を見ると可愛いじゃなくてウマそうと感じるわけです。都会から入学した八軒はこれに対して入学当時全く慣れなかったのですが、いろいろな出来事があり今週では「想像しただけでヨダレを垂らす」ほどになりました。逞しくなりすぎじゃないか?八軒くん。

スーパーでパックに入ってるのが肉

一般人の感覚で言うとスーパーでパックに入っているのが肉で牛や豚は動物です。しかし畜産のプロから見るとそれは違うようです。生き物を殺して人間は生きているという事をこの作品は繰り返し訴えています。

食への感謝が生きる事への感謝へ

そこには強いメッセージがあります。他の生き物を殺して食べるのだから、食べ物には感謝しないといけない。従って自分の生は沢山の生き物の上に存在するものであり、生きている事への感謝につながっていきます。銀の匙はそういった人間の生の本質に迫るようなテーマがあると思います。

黒豚可愛い

それにしても今週出てきた黒豚はかわいかったです。紐なんかつけて犬みたいにしてます。将来はベーコンとかソーセージになってしまうのかと思うとなんか悲しい。いや、もう、そういうので一喜一憂してたのは遠い昔ですね。今では八軒にとっては立派な食材です。

事業のアイデア探しは少しづつ

八軒の起業のアイデア探しが少しづつ少しづつ進んでいます。廃牛に価値を出せないかと言う話が出てきます。これはいいアイデアだと思いますね。

”一旦ダメ出しされた奴にも価値を付けてやりたいんだよな…”

これは八軒の台詞ですが、作者は非常に物語に緻密な計算をしていると感じました。

八軒自身も一旦ダメ出しされた存在

自分自身中学校の頃に一旦ダメになった八軒。そんな彼だからこそ「失敗」の烙印を押されたモノに注目できるのです。また注目する必然性があります。

それが事業のアイデアの根幹になるなら凄い

その八軒自身の人生体験がベースになり廃牛の様な価値の無いものを価値あるものに変えるビジネスを作り上げるなら本当に凄い物語展開です。営業活動の中での副産物や廃棄物を使って商売をする場合は元手は非常に小さくすみます。商品の原価は0に近いからです。どうせ捨てる物です。すると小さく始めやすい。

コネクティブドッツ

スティーブ・ジョブスの有名なスピーチで、「脈絡のない様々な人生体験(点)がある時急に繋がる事がある」という内容のものがあります。コネクティブドッツ。繋がる点というスピーチとして有名です。

八軒のコネクティブドッツが起ころうとしてる

エゾノー、勉強での挫折、父親との関係、母から与えられた鋭敏な味覚、兄の存在、駒場という友、様々な点が一つのビジネスモデルに繋がろうとしています。ちょっとゾクゾクしますね。これ作者が意識してやってるなら相当なもんです。とはいえ意識してると思う。

銀の匙 第99話 四季の巻② 予想

結びつくであろう点を更に描いていくと思いますね読者に思い出させるように。今週は駒場をさらっとリマインドする描写がありましたし。

-週刊少年サンデー 2014年16号 銀の匙 Silver Spoon 作者:荒川弘-

””は、小学館「銀の匙 Silver Spoon」 作者:荒川弘 から引用

 

この展開ならシバは練玉艶じゃなさそう 【レビュー】 マギ 第218話

あまりに悲しい「ソロモン王と72人の眷属」

今回、なぜ塔の数が72本でソロモンの眷属が72人かの理由が明らかになります。その理由はあまりに悲しいものでした。この運命をアラジンも背負っているのでしょうか。そしてソロモン王の存在には疑問が残ります。今回の説明では塔が73本必要か、眷属が71人かのどちらからでないといけません。そのあたりはこれから語られるでしょうがソロモンと眷属たちの生い立ちはやはり違うという事です。

この展開ならシバは練玉艶じゃなさそう

シバが練玉艶になりそうな根拠が孤独感や洗脳だったのですが、今週の展開を見るとシバには共感できる仲間が沢山いて練玉艶になる必然性はないように感じました。そこは物語展開で変わるのかもしれませんが現状ではかなり想像しにくくなりました。

絵が悲しすぎる

アルマトラン編になってから何度かあるのですが今週も異種族の描写が恐ろしい、悲しいです。思考能力を失った鱗狼が再度登場するのですがその絵が涙がでるほど恐ろしくてシバの感情を読者に感じさせるに足るすごい説得力でした。毎回突き刺さる描写がマギにはあります。

ソロモンとシバ

今回は盛りだくさんでソロモンとシバの心の交流もありました。この時のソロモンのセリフ回しが非常にセンスが有ります。

シバかわいそう

シバがかなり追い込まれるシーンがあります。可哀想でしかたないです。ソロモンはそこまでシバを追い込む必要があったのでしょうか?話の展開としては理解できるしはっきりと自分がした事を分かる必要があるという必然性もあるのですが、そこまでしなくてもなあ。と個人的には感じました。いやもう、かわいそうで。

マギ 第219話 予想

来週ちょっと話が飛んだところから始まるような気がします。シバがすっかりソロモンの眷属として定着していて活躍している状態です。おそらくソロモンに起こった大きな問題。これがなんだかわからないですけど。の伏線が始まるんじゃないですかね。あと希望としてアルマトランにシンドバッドの元みたいな人物が出てきてほしいですね。なぜ彼が第一級特異点として生まれたのか理由が紐解かれると面白そうです。

-週刊少年サンデー 2014年16号 マギ 作者:大高忍-

 

やはり悲しい犯行動機を持つ犯人 【レビュー】 名探偵コナン 第890話

恐ろしかったのは犯人の態度

今週のコナンは犯人が明らかになる回だったのですが、あまりに犯人が淡々と罪を認めるのが怖かったです。
犯行動機の説明も淡々としたもので、世間話のようでした。
既に犯行をやり遂げた犯人にとってはそういうものなのでしょうか。

アニメで見たいトリック

今回のトリックは色が変わるというトリックで単色の紙面ではちょっとわかりにくいのですが、アニメで見たら鮮やかに色が変わっていくところが楽しめるだろうなと思いました。

やはり悲しい犯行動機を持つ犯人

最近の推理モノで多い気がするのは理由を聞くと何となく犯人に共感できるタイプの殺人事件です。
最後に同情できたりしてちょっと感動できるのですが、なんかそれでいいのかな?とちょっと疑問でして、被害者が亡くなっている以上は弁明も出来ないわけですし基本一方的に犯人が状況を語るわけですね。
もちろん日本の法律で復習は許されてませんから犯人は法で裁かれるのですけど、なんとなく最後に犯人に同情して終わる殺人事件に危うさを感じるわけです。

名探偵コナン 第891話 予想

今回の事件は今週で解決したので来週からは新事件が始まるわけです。
行方が追えなくなっている楠田陸道が絡んでくる話が始まりそうです。

-週刊少年サンデー 2014年15号 名探偵コナン-

 

ねぶる、なんてすごい言葉知ってんのね 【レビュー】 姉ログ 第101話 第102話 


”私の弟は実姉への求愛が止まらないヘンタイである。”

という毎度お馴染みの靄子の妄想で今週も始まりました。
いや、弟は極めてノーマルだからね。

ねぶる、なんてすごい言葉知ってんのね

今週は箸に関する妄想を靄子が繰り広げる話なのですが、

”姉の箸をねぶる弟!!”

と、靄子絶叫。ねぶるとか女子高生がそんな言葉知ってんの?
靄子は成績優秀という設定なので読書とかも良くするのかな。うん、それでだな。
ていうか洗ってある箸だよね。家族だよね。そこって意識しようがなくね?っていう疑問を余所にモヤ姉はガンガン妄想します。

ねぶるなんて言葉を卑猥なイメージで捉えているのが靄子の凄いところですね。確かにねぶり箸は行儀が悪いなんて言いますから、言葉としては知っていておかしくないんですけど、それをこうも変態的に使うとは、モヤ姉は本当にヘンタイだと思います。

なんか少し嬉しそうなモヤ姉

靄子は弟にヘンタイ行為(勘違い)をされると、実はなんか嬉しそうにみえるんですけどね。
むしろもはや「ヘンタイ(弟)はわたし(姉)好きじゃなきゃいけない。」みたいな感じすらあります。

弟は鈍感か?

姉が変態的な妄想をしてしまっていることに弟は全く気がついていないのですかね?
今週の描写では、「なんでそんなに箸を気にするんだろ、あれおかしいな」くらいは思っても良さそうな感じもあったんですけどね。
これから先、そういった展開も期待です。

 -週刊少年サンデー 2014年15号 姉ログ-

 ””は、小学館「姉ログ」 作者:田口ケンジ から引用

 

殺気を感じたケンイチが決めゴマでカッコつけてるのに敵が来ない。 【レビュー】 史上最強の弟子ケンイチ 第560話

美羽は底抜け

敵地にあっても美羽は異常に落ち着いています。

”きれいなちょうちょ!”

とか言ってます。それにしたって落ち着き過ぎじゃないか?
ただ、そのあどけない表情はとてもかわいらしく、これからの戦いへのギャップとして描かれているのかなと思います。

面白い間

殺気を感じて全員で警戒します。そのあと一コマ間があります。ちょっと文章では表現するのは難しいのですが、読んだ人は感じる間だと思います。その間が面白いなと思いました。
殺気を感じたケンイチが決めゴマでカッコつけてるのに敵が来ない。あれ来ないのかなと感じていると次のページで敵は上から襲いかかってきます。あ、やっぱり来るんだ。

自然の中で戦うシーンが印象的

今回の戦いの舞台は森なのが印象的です。敵が木の上から襲ってくるような地形を活かした戦いのパターンもありました。
断崖絶壁の滝が現れました。さすがにこれは戦いでは使われなそうですが岩や木などを上手くつかいながらの戦いはありそうです。

史上最強の弟子ケンイチ 第561話の予想

来週は助っ人登場だと思います。師匠たちの戦いも来週は描かれそうです。
あと自然の地形をうまく使いこなすゲリラ戦術のプロ的な敵が出て欲しいです。グラップラー刃牙のガイアみたいな。

-週刊少年サンデー 2014年15号 史上最強の弟子ケンイチ 作者:松江名俊-

””は、小学館「史上最強の弟子ケンイチ」 作者:松江名俊 から引用

 

岩崎月光が悲しい程にヒーロー 【レビュー】 月光条例 第24条 かぐや姫 86

オオイミの月光への憧れが炸裂

ヒーローに憧れるオオイミですが、その憧れはそのまま月光に対する憧れであったようです。
ヒーローになりたいけどなれない自分。自然体で生まれつきのヒーローである月光。
自分への情けなさや憤りが月光に対しての憎しみになっているような。

それにしても月光はサンダルで戦っているんですね。ちゃんと靴を履いたほうが強いと思います。

逆方向に加速していくオオイミ

今週特に面白かったのはヒーローでありたいオオイミが頑張れば頑張るほど悪役になってしまうジレンマです。
そして月光のパンチはたまったフラストレーションを吹き飛ばしてくれました。スッキリしました。

岩崎月光が悲しい程にヒーロー

月光は本当にヒーローなんですね。自分の事は常に後に置いていつも人のことを考えてる。
でも人に恩を着せるのも感じられるのも嫌だから、そういう優しい自分を見せないようにしている。
そして戦うべき時には戦って勝つべき時に勝つ。この作者の作るヒーローは本当にいつも魅力的です。
「うしお」「加藤」そして「月光」。この三人の中で月光が一番素直じゃないヒーロなのにより「正義」を感じるのは不思議です。

月光条例 第24条 かぐや姫 87 の予想

来週からオオイミはパワーアップだと思います。
しかし鉢かづきもいなくなった月光は素手で戦うしかありません。
エンゲキブが登場して一緒に戦うことになりそうです。

 

-週刊少年サンデー 2014年15号 月光条例-

””は、小学館「月光条例」 作者:藤田和日郎から引用