W杯決勝戦へ望む伊藤ヒロの背番号も13番。 【感想】 シュート マラカナンの伝説 作者:大島司 特別読み切り

あの「シュート」が復活。

ブラジルワールドカップに向けて、サッカー漫画の金字塔シュートが読み切りで復活しました。物語はW杯決勝の前日から試合序盤にかけてです。
主人公たちの年齢は明記されてませんでしたが、たぶんトシ達の世代が25歳くらいだと思います。

海外で成功している選手たち

海外でプレーしている選手が沢山いるのですが、みんなかなり成功しています。特にトシはレアル・マドリー所属で、リーガ・エスパニョーラの得点王を取った設定になっています。和広がアーセナルだったり神谷がユベントスだったりと、みんな凄いですね。確か、神谷のユベントスは本編の時から話題にでていた気がします。伊藤ヒロの所属チームがわからないのが残念です。個人的には、一番好きなキャラクターです。

ACミランの10番とかで、現実が漫画みたいだから

漫画はもっと漫画っぽくならなければいけません。最早、現実世界でミランの10番が日本人で、それ以外にも海外で活躍する選手が大勢いるくらいですから、漫画だったら、主人公がリーガで得点王でW杯の決勝の舞台に進んでも嘘くささがありません。これは5年前だったら、得点王とは言えなかったでしょうね。香川や岡崎の活躍があって、ここまでやってもギリギリ、リアリティがあるところまできました。

監督はラモス風

アモス監督という、顔はほとんどラモスな監督が出てきます。ブラジルワールドカップですから、ザック風が良かったと思いますが、ラモスジャパンも一度は見たいという夢でしょうね。カズをW杯に出してくれそうだしいいですよね。

高校サッカー漫画の主人公たちが大人になった話は

面白いですね。このまま、Jドリームとか、俺たちのフィールドとか、復活させてみてはどうでしょうか。ドカベンプロ野球編みたいに。キャプテン翼は、たまにやるんですけど、直ぐに終わっちゃうんですよね。あれはあれで続けて欲しい。

伊藤宏の背番号は13番

やはり、大久保嘉人選手のワールドカップ選出は関係有るのでしょうか?ヒロの背番号は13番です。彼は10番のプレーヤーだと思うんですけどね。トシは10番を着けてますけど、バリバリの9番ですね。神谷は7番がお気に入りみたいなので、そこを固定すると背番号は

神谷 7番 トップ下
和広 11番 右FW
トシ 9番 CF
ヒロ 10番 左FW

こんな感じのが背番号とプレーがまっちしてると思うんですよね。

ちなみに、それぞれの選手のプレースタイルってどうなんでしょうね。神谷はユベントスに行くくらいだからジダンのイメージでしょうか。
和広はぼくの中では結構前からカッサーノですね。読み返すたびにカッサーノな気がしてます。
トシはパワーとドリブルのあるフォワードですからね。しかも中央の。ドログバとかイブラとか、バティストゥータのイメージもありますね。
ヒロは、高校時代はまんまマラドーナでしたね。そんなに足は速くないでしょうね。パスもシュートもドリブルもうまいわけですよ彼は。

 

ついにコミュニーケーションの難しさに入ってきた。 【感想】 聲の形 第40話

心の伝わらなさが、本格的になってきた

人間は相手の立場に立つということが本当に難しいです。これは想像する能力というよりも、相手の立場に立ってみようと考えることを忘れてしまうことが原因だと思います。
硝子は、今週、自分の存在が石田を苦しめると考えました。作中で、そこまで言及がないですが、彼女の心をすこし想像してみます。

自分がいるから、他の友達との間で将也がつらい目にあう。自分がいなければ将也は誰を虐めることもなかったし、友達を失わずにすんだ。自分がいる以上、その友達は過去を掘り返し将也が開放されることはない。
だから自分は、もうその環のなかから外れよう。そういう気持ちだと思います。

将也の本当の心は

これも作中で描かれていないので想像でしかないですが、彼はどう考えても硝子と信頼関係を構築していくなかで自分を再生しています。それに壊れた人間関係も大したものじゃないです。どう考えてもあの中でずっと付き合っていくのは長束君しかいないです。でも、長束君は状況わかっているから、あの程度で友情はダメにならないです。

真柴君とは、なんなのか

ぼくは当初、目が怖い感じだなと思いました。ただ物語が進む内に意外といいやつだなと思いはじめました。ただ彼には違和感があるのです。それが前回将也を殴ったことではっきりしました。
彼は自分が人を責められるくらい後ろめたいことがないのです。誰だって誰かを傷つけて生きています。そういったことを一切考えずに、虐めっ子をさばこうとする。要するに非常に無神経な、自分を顧みないで人を攻める人間だということです。
これが真柴くんの違和感だとおもいます。傷つけたほうは覚えてなくても、傷つけられた方は覚えてるぞと。
自分を棚にあげて、相手を攻めることには余念がない。そういう不自然な印象があります。

ついにコミュニーケーションの難しさに入ってきた

イジメとか障害などのわかりやすいテーマを描いてきましたが、おろらくこの作品の本質であろう、心のすれ違い、本当の聲の形がお互いに見えないという展開に入ってきました。
硝子と将也の、あまりに悲しいすれ違い。そういった展開に。まあ、ちょっと少女漫画っぽいですね。