結絃の死体写真の意味が切なすぎる。凄すぎる伏線回収。 【感想】 聲の形 第45話

植野の気持を考えてみる

先週からメチャクチャしている彼女です。彼女は言うことなす事理不尽で、盗人猛々しいというキャラクターが定着していますし、最初からそういった役割を与えられています。
作品として、彼女は最初から噛ませ犬なんですね。登場時は猫でしたけど。彼女が将也にちょっかいを出すことによって硝子は将也への気持に気がつく。それともう一つの役割もあります。イジメっ子の代弁者です。

彼女はイジメっ子としての理屈を言い続けます。キライなのに入ってくる硝子が悪い。イジメられてもしかたない。歌えないのに合唱に参加する硝子が悪い。などなど、イジメっ子の理屈を披露します。イジメが仕方ないと彼女はぬけぬけと言うわけです。これは作品としては非常に大切なことだと思います。合唱なんて授業ですから、硝子はやるしかないわけです。植野の理屈は、ものすごい身勝手ですが、人間がときに、そういった考え方をしてしまうこともあるし、それを植野で表現してきたわけです。

なぜ硝子を殴るのか

植野が硝子に手を出したのは、ちょっと衝撃的でしたが、手を出さないとしても硝子を憎む気持を植野は持っているのでしょうね。彼女は10年近く将也を思い続けているわけです。自分のことがキライと言って、努力もしない(植野からみたら)女が、その将也を傷つけたわけです。(これも事実とは違うけど植野の認識では)いろいろ、逆恨みですけど、彼女の側から見たら、硝子はずっと好きだった男性を意識不明にした女になるわけです。

植野は植野で切ない

彼女は、まったく硝子のことは考えられないんですね。将也に嫌われることばかりを今週も気にしていました。この自分勝手さは、なかなか酷いです。まあ、ただ、彼女は、彼女で切ない部分があります。小学生のころから将也が好きで、これ、たぶん大好きだったんですね。にも、かかわらずクラスの雰因気で、無視しなきゃいけなくて。なんとかして近づけたと思ったら、無視の原因になった硝子と将也は両想い。

結絃の死体写真の意味が明らかに

そういう意味だったとはまったく気が付きませんでした。硝子が子どものころ言った言葉は、想像出来たし、死体写真を見て硝子が気持ち悪がるのを結絃が喜んでいる描写も散々ありましたし、ヒントはいっぱいあったのですが、つながってませんでした。これは、すごい伏線回収でした。ビックリしたし、結絃の愛情に感動しました。そして、切なかったです。よく出来てるなあ。

これからの展開

たぶん、硝子が強くなっていくんだと思います。彼女が、どうして怒らない性格なのか前回明らかになりました。だからこそ次は強くなる段階だと思います。今週のラストシーンの硝子の表情は、それを表していました。ただ、自殺に至ったきっかけはいまだによくわかりません。なにかあったはずです。そこは、語られないのでしょうか。
正直、続きが気になりすぎて1週間待てない。