三笠大活躍(ただしイケメンに限る) 【レビュー】 風夏 第6話

今週からついに本題に

登場人物紹介の段階は終わり6話にしてついにスタートを切った感があります。声が大きいとか、いつもCDを聞いているとか伏線になっていたんですね。気が付きませんでした。

三笠大活躍(ただしイケメンに限る)

今週の三笠は面白かったです。先週の登場でラブコメによくいる説明キャラだろうなと思ったのですが、今週から早速その役割を果たしています。ただその言い回しが、もう何ていうかキザでキザで、どうしようもないわけです。まあ三笠はイケメンですから似合うんですけど。ただしイケメンに限る言い方だと優くんにも突っ込まれます。その通り!

今週のパンチラ

毎週パンチラを見せてくれる風夏ですが今週は残念ながらありませんでした。先週あれほどパンチラを語ったのに今週はパンチラがないなんて怠慢です。

ヒロインとしての風夏はどうか

最近の漫画のヒロインとしてはツンデレ的な「面倒くさい」感じもなく、「どうせ私なんか」的なネガティブ感もありません。この娘と結婚したら旦那は幸せになれますね。もちろん可愛いってのは大前提ですよ。今の所かなり評価高いです。(上から言ってみました。)

風夏 第7話 予想

来週は「じゃあ、どうするの?」の回だと思いますね。本筋の物語が走りだしたのはいいのですが、目標があってルートがないという状態です。そこをみんなで明らかにしていく話になるんじゃないかと。また主人公が最初の頃に出てきた幼なじみ氷無小雪(たまちゃん?)に、ツイッターで相談すると思います。(自信あり!)

-週刊少年マガジン 2014年16号 風夏 作者:瀬尾公治-

 

実は結絃のがヤバイ、悲しき西宮家 【レビュー】 聲の形 第30話

巻頭カラー

今週の聲の形は巻頭カラーでした。この作品はカラーが映えますね。水彩画のような塗りで非常に綺麗で、こういうのは単行本には収録されないので勿体ないですね。表紙の将也と硝子も良いですが次ページの結絃の泣いている姿がとても印象的で良かったです。先週のラストシーンをカラー化したものですね。

西宮家がどうなるのか

今週の出来事は西宮家には非常に大きな影響のある事だと思います。家族全員で硝子の重荷を背負ってきたから分散できていた部分があって、その状態が変わることにより結絃にも硝子にも大きな変化があると思います。

女しかいない西宮家

西宮家には女しかいないので結絃と母親は男の役割を担っていると思います。父性を保管しているという感じでしょうか。結絃の一人称が「俺」である事は、その表れでもあるようです。母親も母性よりも父性を全面に出して生活しているように見えます。外で働いて家族の生活を支えているので必然的に男性的になっていくのでしょう。

祖母こそが母親だった

そういう意味で祖母こそが西宮家では母親の役割を担っていたと考えられます。前回、結絃が母親よりも祖母を慕っている様子が表現されていました。それは祖母の役割を象徴しているように感じました。

過酷な未来と希望

そこでこれからの展開を考えると硝子と結絃の姉妹には心が満たされないような過酷な未来が待っているような気がします。現在硝子は少しづつ前に進んでいる気がします。将也と再会して更に充実しているように感じます。

実は結絃のがヤバイ

実は結絃の人生はずっと足踏みです。学校にも行ってないし自分が情熱をかけるものもない。姉を守るというのは最早逃げ道であると思います。

聲の形 第31話 予想

結絃は将也と関わることで少しづつ再生していくのだと思います。普通の人なら踏み込んでこないような所まで将也は踏み込んできます。来週は西宮家、特に姉妹の母親について描かれるだろうと思います。

-週刊少年マガジン 2014年16号 聲の形 作者:大今良時-

 

潜夜の家族はグングニルに殺された? 【レビュー】 ACMA:GAME 第47話 第48話

トーナメント開幕 新キャラ含む8人が出揃う

今週はかなり面白い回でした。これから始まるトーナメントを盛り上げるための回ですが物凄いワクワク感があります。トーナメントは8人で戦うようです。その8人が今週で出揃いました。もちろん照朝と潜夜もいます。

照朝の切れる頭脳は今週も

照朝の頭脳は今週も切れてました。会話の中から相手の情報を引き出すのは最初のアクマゲームから披露している彼の特技です。いかんなく発揮してます。

肩書カッコイイ

今回出揃った8人は肩書とともに紹介されるのですが、それぞれ肩書がかっこいいです。照朝の肩書は天才実業家です。少年漫画の主人公の肩書が天才実業家とは凄い違和感があって面白いです。全員天才○○という肩書です。潜夜はもちろん天才ギャンブラーです。

イチオシは潜夜

ぼくが一番応援しているのは潜夜ですね。いまのところ作中最強の勝負師です。彼の過去はしっかりと描かれていませんのでいつかゆっくりと描いて欲しいですね。

潜夜の家族はグングニルに殺された

おそらく潜夜の家族はグングニルに殺されたという話になると思います。彼が過去に捕らえた犯人は下っ端で裏ではグングニルが手を引いていたというパターンになるのではと。

ACMA:GAME アクマゲーム 第49話予想

今週は2話同時掲載でした。来週はついにトーナメント1回線です。脇役同士で戦う試合も描かれそうな雰囲気です。これは面白そうですね。潜夜と照朝のライバルキャラクターの実力を確認しつつテンポの良い勝負が見られます。密度の濃い贅沢な展開になるんじゃないでしょうか。潜夜と照朝の試合は丁寧に描かれるでしょうから、その合間に新キャラ紹介が始まるという感じになると思います。

トーナメント優勝予想

ぼくは潜夜が優勝すると思います。照朝が優勝するのが当たり前ですが照朝はトーナメントの途中から別の敵と戦い始めたりしてトーナメントを離脱するパターンかなと。

-週刊少年マガジン 2014年16号 ACMA:GAME 作画:恵広史 原作:メーブ-

 

主人公の想いも大きくなっているような 【レビュー】 君を回したい。 -週刊少年マガジン 2014年15号-

ヒロインの可愛さでつい読んでしまう作品

この作品が目当てでマガジンを読んでるわけじゃないのにページをめくっているとついついヒロインの可愛さで読んでしまいます。要するに毎週かかさず読んでますね。
先週から大きくなってる芯ちゃんは、魅力もおっきくなってます。
大きくなったにも関わらずトレイットペーパーっぽい服を着てるのはなんででしょうか?
本能ですかね。なんかもうヤドカリみたいです。

主人公の想いも大きくなっているような

芯ちゃんが大きくなったせいで主人公の彼女に対する想いも大きくなったようです。
ちょっと大きくなったからって下ネタ連発はいけません。なんか我慢してたのかな。

運命に翻弄される二人

運命に翻弄される二人。過酷な運命の中でも楽しく生活することによって徐々に絆を深めていくのでしょう。

なんていうか、エロほのぼの

この漫画は要するにエロほのぼの漫画だなと思いました。
絶妙な、本当に布の面積の絶妙なさじ加減と二人の純愛が今週も炸裂。
漫画的に表現するなら「デヘヘ」と「キュン」ですね。

新鮮さをキープしてほしい

この数週間は新展開で新鮮だったのですが設定からしてもマンネリ化しやすいと思います。
来週からも新鮮なちょっと驚きのある展開を期待したいですね。
最後はこの二人には結婚して欲しいんだよね。おっきさ変でもいいから。

-週刊少年マガジン 2014年15号 君を回したい。-

 

死ぬことに意味を見つけるか?意味はあるのか? 【レビュー】 神さまの言うとおり弐 第57話


誰が死ぬか全然わからない

この漫画、本当に誰が死ぬのか全くわかりません。
かろうじて主人公だけはそう簡単に死なないと分かるのですが、それ以外はまったくもう全然予想がつきませんね。
過去を語ったら死ぬとか、生きるとかそういう法則もほとんど感じられません。
割りとどのキャラクターも並列的に語られるのもまた予想を困難にします。

死ぬことに意味を見つけるか

今週読んで感じたのは「人間は死ぬことに意味を見つけられるか」という事です。
正確に言うと「意味のある死に方はあるか」です。
今週はある意味その回答のような回でした。
また、このジャンケン勝負のなかで、「そんな方法があるのか」と驚きました。

神さまの言うとおり弐 第58話 予想

そろそろ主要キャラクターがジャンケン勝負に突入すると思います。
たださすがにジャンケンで主要キャラがいなくなっては辛いので勝つと思います。

-週刊少年マガジン 2014年15号 神さまの言うとおり弐-

 

Sorry, there are no polls available at the moment.

結弦はどうだろう?と思った、そして自分の子供の頃を思い出す 【レビュー】 聲の形 第29話


”ばーちゃん大好きだ”

否定的な母親に対して肯定的に自分を受け止めてくれる祖母。その祖母に対して結弦が言った台詞。
毎週なにかを考えるヒントをくれるこの作品。今回はこの言葉に考えさせられました。

硝子の母親

自分の子供が耳が聞こえないというのがどれほど大変な事だろう。
硝子の母親は一見そういった状況に慣れてしまっているようだ。
しかし障害が見つかった頃には落胆し悲しみ苦しい思いをしたと思う。
もちろん一番可哀想なのは硝子だ。ただ子供のバラ色の将来を期待して出産した母親はどんな気持ちだろうか。
自分を責めたりもしたと思うきっと。そういう中で妹として生まれてきた結弦はどういう立場だったのだろう。

自分の子供の頃を思い出す

ぼくは弟が幼少期病気がち(今は元気)だったので母親はいつも弟に取られてしまいぼく自身はあまり母親に構ってもらえなかったらしい。
とはいえそういった記憶は殆ど残っていない。祖母も祖父も同居していたし叔父もよく遊んでくれた。
母方の実家も徒歩数分圏内だからそっちでも面倒を見てもらえた。だから寂しさを感じたことはない。

結弦はどうだろう?と思った

結弦には祖母しかいなかったのではないか。
母親は硝子の面倒を見るので精一杯だったろう。どうしても、結弦は大丈夫となってほっといてしまう。
結弦に望むハードルも高くなる。「あなたは手間をかけないで」そういう無言のプレッシャーがあるはずだ。

幸せになってほしい

結弦にも幸せになってほしい。彼女の一人称が「オレ」なのは強がりだろう。学校にも通えなくなってる。
何か心のバランスが崩れているのだ。それは間違いない。

聲の形 第30話 予想

『聲の形』は「再生」の物語だと思う、壊れてしまった人間関係と人の心の「再生」の物語だと思う。
来週は将也が少し結弦の心を「再生」してくれそうな気がする。
結弦の涙を見たら、そう願わずにはいられなかった。たのんだぞ将也。

-週刊少年マガジン 2014年15号 聲の形-

””は、講談社「聲の形」 作者:大今良時 から引用

 

ぼくの感想としてはつくしちゃんは止めておいたほうがいいですね。 【レビュー】 それでも僕は君が好き 第13話

やっぱり主人公モテるな

こういう恋愛系漫画はやっぱり主人公はモテますね。
なんか主人公目当てで合コンセッティングされたりするわけですよ。
そりゃなんかねイケメンなのか?

つくしちゃんはやめとけ

ぼくの感想としてはつくしちゃんは止めておいたほうがいいですね。
付き合ってもない男の家に泊まるわパンツ見せるとか言うわ、ちっさな事で怒るわ、エロDVDが気に入らない様子とか、こりゃ付き合ったら絶対めんどくさいですね。
暗いと寝れないとかっていうのも気になりましたね。
なんかいろいろ神経質っぽい。

前回好きになった人は無神経

で、前回好きになった先生は、まあ物凄い無神経だったじゃないですか?
とはいえ、あの先生は頑張れば付き合えたと思いますね。
彼氏も押しが弱いし。彼氏と喧嘩した時とか絶対に遊んでくれたと思う。
けども、主人公はそういう女慣れした感じじゃないので、ていうかそんな主人公嫌だしね。

友達の恋愛アドバイス感覚が味わえる

友達の恋愛に口出しするのって面白いじゃないですか。
その女ダメでしょとか、デートはこうやって誘えよとか、そういう野次馬気分味わえる漫画ですね。実はかなり引き込まれます。

それでも僕は君が好き 第14話予想

合コンの女の子と付き合うんじゃないかと思いますね。
でも「やっぱりつくしが好きなんだー」みたいな。ぼくは合コンの娘のほうが良いと思うけど。

-週刊少年マガジン 2014年15号 それでも僕は君が好き-

Sorry, there are no polls available at the moment.

なんかねサッカー部=モテるって構図なんだろうね一体。 【レビュー】 DAYS 第45話

なんか適等にチューしてる奴いたー!?

合宿所で適等に女子生徒とチューしてる奴がいました。
なんか最近のスポーツ漫画って雑なリア充多くないですか?
そういのって教育的に良くないっていうか、なんかねサッカー部=モテるって構図なんだろうね一体。

例えば『シュート』では、遠藤を巡って恋の戦いはあったけども、さり気なく女ができてチュ~してる奴とかいなかったけどな。時代かな。

祭りの前

翌日は合宿最後の試合。最強決定戦とも言える試合なので
今週はそこへの盛り上がりを作っていく回です。
それぞれのポジション同士で小さな小競り合いをチョコチョコしているわけです。
これが試合に向けての重大な伏線になってきます。

大柴って魅力ある選手だな。

190cm以上あるフォワードでガッチリ体型の大柴は選手としてはかなり魅力があると思います。
なかなか日本人ではいないし、海外でも190cm以上でがっちりしてる選手は少ないです。
ドイツとかだと多いですけど足元出来るなら凄いですね。バティストゥータを思い出します。
みんなが欲しがるという描写がありますが身長は努力じゃ伸ばせないですからそりゃほしいですよね。
高校サッカーレベルならまず役立つ。

DAYS  第46話 予想

ついに聖蹟VS青函の試合が始まります。意外に聖蹟がカウンターから先制すると思いますね。
塚本起点の風間がゴール。

-週刊少年マガジン 2014年15号 DAYS-

 

意外と許容範囲が広い青島 きついと思うけど 【レビュー】 我妻さんは俺のヨメ 第73話

10年後の先生老けすぎ

梶先生は38歳であんなに若々しいのにちょっと10年後は老け過ぎな感じがします。
38歳の時点で25歳位にしか見えないのだから10年後でも30歳位の外観は維持してますよね?
えっと10年後だと48歳でしょ。48歳、もうすぐ50歳、あ、そんなもんですかね、、、。
いやでも38歳の時点であんなに若々しいし、、、。いやまあ、そこ本筋とは違うんですけどね。

意外と許容範囲が広い青島

青島は今のままの未来だとかなり過酷な状況が待っているのだが、
なんかマンザラでもない様子で、思ったよりも許容範囲が広いなあと思いました。
むしろ男子高生くらいだと想像力が大してなくて、そこそこ綺麗な奥さんいれば、あとはまあまあ小さなことなんですかね。

青島の未来が変わったことで被害を受ける奴

青島の未来が変わったことによってどうやら他にも被害を受ける人がいるようですが、ぼくの予想では青島の未来が戻ったところで彼はダメでしょうね。
だって彼と梶先生が結ばれるのは無理そうだもん。別に青島のせいじゃないもんねそれは。

我妻さんは俺のヨメ 第74話 予想

梶先生と青島が急接近するアクシデントが起こるのが来週ですね。
梶先生の熟女ドジっ子誘惑で青島がもってかれます。そしたら我妻さんとは結婚できないけど。
ということで来週は絶対サービス回になりますね。確信。

-週刊少年マガジン 2014年15号 我妻さんは俺のヨメ-

 

マインドコントロールに問いで戦う 【レビュー】 七つの大罪 第69話

岡田以蔵のような戦士

今回はスレイダーの過去が語られました。幕末京都で暗躍した人斬り以蔵こと岡田以蔵を思い出しました。
なにか狂信的な戦士が出来上がるパターンなのでしょうか。孤独と救いが人を縛るパターンです。
何か新興宗教のマインドコントロールのような印象を受けます。

マインドコントロールに問いで戦う

そのスレイダーに対してゴウセルは問いで戦います。繰り返し問いかけていくのです。
その場面が確信を付いていて爽快でした。「確かにそうだ」「ああ、なるほど」と、ほんの数ページのシーンですが非常に強い印象があります。

戦いと会話劇の融合

今週号の『7つの大罪』では戦いと会話劇がバランスよく楽しめました。
テンポよくページをめくれるセクションとじっくりと読み込むセクションの揺らぎが心地よく、こういうメリハリは非常に大切だと感じます。
漫画は自分でページを捲れるメディアで、アニメや映画とは違う部分がそこです。
展開によって読むペースを読み手が変える。そこを今回は味わえました。

7つの大罪 第70話予想

次回はもう少し理詰めの戦いがなされると思います。誰が悪か、誰が正義か、それがハッキリしていき本格的な戦いが始まると予想します。

-週刊少年マガジン 2014年15号 七つの大罪-