西宮硝子は、あなたの鏡。植野は鏡に映った自分の姿を憎んでる。 【感想】 聲の形 第50話

植野なおかの回

まず、衝撃的だったのは、病室に人をいれないで何やってるんですかっていう。これ男女逆転だったら完全にアウトですね。ていうか、逆転しなくてもアウトですよね。
「ぷは」って、なんですか、一杯やった後ですか?苦しくなるほど長時間?

植野からみた硝子

だいたい、今までの描かれ方から想像したとおりでした。
面白いと思ったのは、西宮硝子は、誰から見るかで非常にイメージが変わる人物なんだろうなと。

それは、基本的に無口で自分の意思を表現しないために、想像するしかなく、周囲の人の勝手な期待とか思い込みで硝子をイメージしてしまうからでしょう。この作品では、それは読者に対しても一貫していて、硝子の考えていることを、文字であらわすことがありません。表情ではあらわすけど文字ではあらわしません。読者に、想像させているんですね。

西宮硝子は、あなたの鏡

植野が、硝子のことを腹黒いと感じるのですが、ようするに、これは自分が投影されています。自分が腹黒ければ人も腹黒いと思う。陰口をよく言う人は、他の人もよく陰口を言うと思ってますね。それと一緒です。自分が泥棒なら、他人も泥棒に見える。

で、硝子の場合は、意思表示がないですから、本当に、鏡のような存在です。

物語を裏側から見る人

西宮は、この作品のヒロインで、しかも天使のような性格に描かれています。もちろん理由はあるのですが。ただ、イジメられていた将也の机を拭いている硝子は、ある意味、物語の感動ポイントというか、序盤のクライマックスですね。あれは、作中屈指の美談なわけです。
そのシーンを、腹黒い自己アピールと解釈する人物を登場させて、描くわけですから、なかなか凄い作品だと思います。

男と女の視点の違い

植野の視点は女性ならではだと思います。男は素直に、西宮いい子だな。と思うわけです。女からすると、「あれアピールだから」「騙されんなよ」となるわけです。西宮の机拭きはアピールではないのは作品の中では明らかですが、現実では、どちらかわからないときがありますね。

「あの女の、あの感じは性格がいいわけでなくアピールだ」男は、それに気付かない。女はそれに気付く。なぜ気付くか、自分もアピールしているからですね。それこそ、鏡のようなもので、自分にそういった要素がなければ、そんなことを考えもしない。

ようするに、植野は、いろいろと石田にアピールしてきたわけです。
そして高校生になって、石田と再会したら西宮と石田はラブラブですよ。植野してみれば、「ほらね。アピールだったでしょ」となる。証明されたような気分でしょうね。

そんなに石田が好きなのに?

小学校の頃は、一緒に石田をイジメる流れになってしまったのは、わかるのですが、中学生になってからは、もう少し石田に近づける流れがあったんじゃないですかね。「ぷは」とかやっちゃうくらい好きなんですよ。中学三年間距離をとり続けられたというのが、ちょっと信じられない。

西宮は、そんなに腹黒くないかも

植野自身も、西宮腹黒い説は、少し無理があるとはわかっているのでしょう。今回の話の最後はとくにそういう感じでした。

植野は、めちゃくちゃだけど

まあ、彼女はいろいろめちゃめちゃですけど可哀想な部分もあります。将也が振り向くことは絶対にないですからね。しかも、素直に、将也のために映画作りに協力することもできない。島田との仲直りも一所懸命演出しているものの、将也にも島田にも望まれていない感じだし。

来週楽しみ

島田と西宮との接触がありそうです。どういったコミュニケーションになるのか、期待です。また、そこに真柴とか永束とかも絡んでくるでしょうね。これはドキドキします。

 

 

登場人物をイニシャルでN極とS極に分けると、ちょっとおもしろい。 【感想】 聲の形 第49話

植野が籠城できている背景がわかった

意識の戻らない人間の病室に籠って、他人を入れさせないなんて、家族じゃないと無理だと思っていましたが、何か、将也の母親公認な感じでした。

なんか、将也の母親も、複雑な心境のようですね。読者から見ると、硝子の肩を持ってしまうのですが、母親から見ると、植野は小学校からの友達だし、なんか、フラットというか、硝子よりは、理解できる存在なのかもしれません。

真柴の過去と歪みっぷりが明らかに

彼は最初から目つきが怖い感じでしたが、そういった描き方の理由が今週わかりました。何か、精神のバランスが崩れたままなんですね。将也殴ったり、先生に水かけたり、ちょっと情緒不安定というか

期待の性格ブスの対決は中途半端

川井と植野、見た目はかわいくても性格は最悪な二人の対決は、いまいち白熱しませんでした。ただ、川井は植野に対して容赦なくて、面白いです。彼女が優勢でしたね。最後まで徹底的にやって欲しかったな。
なんか、植野の顔が醜くくなってきた感じがします。いくら、悪役的な立ち位置とは言え、顔が凄いことになってます。とくに、今週の永束を見る顔が、酷い。目の下にクマ?植野の濃さに比べて川井は、薄いですね。今まで通りというか。

見出し 植野と川井どっちが、より感じが悪いか?

植野は直接的に迷惑な感じですけど、まあ、なんか覚悟があるというか、徹底しているところに、多少の清々しさがありますが、川井は、自覚がないというところが、嫌らしいです。しかし、現実的に、病室に閉じこもったり、硝子を殴ったりと、明らかにダメな行動しているのは植野だし。

でも、よく考えたら川井も硝子のこと殴ってましたね。
硝子は、よく殴られますね。

次回は「植野直花」

将也が落ちたあとは、サブタイトルが、登場人物の名前になっていましたが、植野は、まだだったんですね。硝子のことをバンバン殴ってた回は、西宮硝子の回でしたっけ。

ここまでタイトルになった登場人物のバックボーンを振り返っていますから、次回は、植野のバックボーンですね。彼女は、小学生の頃から将也に片思いしていますから、その辺りが語られるでしょうね。恐らく、硝子に対する恨みのようなものも、長い期間掛けて醸成されたもので、将也と仲良くできなくて、硝子を思い出すみたいなことを繰り返してきたのでしょう。まあ、完全に逆恨みですけど。

N極とS極

登場人物たちのイニシャルがSとNが多いとネットで話題になっていました。確かに偶然とは思えない多さです。

S極
将也
硝子
真柴智(さとしがS)
佐原
島田

N極
西宮硝子
西宮結絃
永束友宏
植野直花(なおかがN)

例外
広瀬
川井みき

もちろん、例外はあるので、こじつけと言えばこじつけかもしれませんが、なんとなくイメージが湧く感じがします。

例えば、S極陣営だと、将也と真柴はぶつかってましたね。島田と将也もぶつかってました。佐原と将也に関しては、とくにぶつかってないので、完全に、そのような人間関係になっていませんが。

N極陣営だと、植野と永束は、相性が悪いですね。もちろん、西宮家と植野も。とはいえ、永束くんと西宮家は関係がいいので、やはりこじつけですけど。

こうやって分けると面白いのが、硝子だけが、SにもNにも入ることができて、ジョーカー的な役割なんですね。彼女を中心に人間関係がつながっていくようなイメージです。

こじつけだとしても、面白いと思いました。

 

 

少年マガジンの次の看板漫画か? 【感想】 鉄の王 第1話

看板漫画にしようという意気込みがある

巻頭カラーで始まった新連載ですが、カラーページの雰囲気や、煽り文を見ると、看板漫画にしようという意気込みが感じられます。
好感度の高い主人公は、マガジンらしく男にモテる、ヤンチャな少年で、なかなか魅力的です。教師を目指しちゃうところなんかは、なんとなく「GTO」を感じさせます。王道、マガジンの主人公というところです。

とはいえ、SF

なんとなく雰囲気は亞人に似ているようでもあり、ストーリーの骨格は寄生獣的かもしれません。
どちらも、少し大人向けの作品ですが、本作は、もう少し少年向けになっているように感じます。

読みやすい

ページ数がかなり多かったのですが、読みやすいですね。密度は薄いと言えるかもしれません。話が進むのは時間がかかりそうです。
ただ、テンポよく進んだら面白いかと言えばそうとも言い切れませんので、この読みやすさのほうがいいですね。丁寧に連載を続けて欲しいです。次回が楽しみです。

 

植野と川井の性格ブス頂上対決へと突入。 【感想】 聲の形 第48話

川井の物語

佐原に続いて今週は川井の物語です。彼女は、自分をいい人間と思いたいタイプですね。そこから出てくる優等生的な行動が、周りに嫌がられるという感じです。千羽鶴一人30羽は、まあ嫌がられることは理解できます。やりたい人はやるというルールだったら、そんなに嫌がられなかったでしょうね。
いい娘アピールをクラス全体にしているように感じられてしまうのもマイナスでしょう。

クラスメートは意外と冷静に見てる

川井のせいで石田が飛び降りたのではないかという話をクラスメートがしています。これは、なかなかよく観察していますね。そもそも教室で、川井と石田が言い争って、そこからきっかけで橋の上でみんなが仲違いして、硝子が、それを気に病んで、、、。という流れですから、川井のせいと言えば、きっかけくらいにはなっていますね。
その辺をクラスメートは意外と見ているなと。

それにしても、この作者は嫌な人間描いたらうまい

川井は優等生的で、周囲にも貢献しようという気持ちがあるのですが、その根拠が全ては自分をよく見せるためという構造で、そこが、なんとも言えない気持ち悪さを出しています。そして、自分の価値観を疑わないところが、また変な感じで。

真柴のズレっぷりも不思議な感じです。なんなんでしょうね。彼も。

来週は本当に楽しみな頂上対決。

来週は植野と川井の性格ブス頂上対決です。これを演出するために、植野をここまで憎らしく描いてきたのでしょうか。彼女は、遊園地や橋の上では将也と硝子に歩み寄りがあって少しマシな感じになっていたのですが、将也が意識を失ってからは、本当にひどい性格を披露していますね。病室に入れさせないとか、家族でもないのにムリだろうと。学校とか、どうしてるんでしょうか?面会時間になったら病院に来て、そのままそこで粘っているのでしょうか。将也の母親とかお姉さんとかまで入れさせないことはできないですよね。そうすると相手を見て閉めだしたり入れたりしていると思うのですが、今回の川井の突撃では、そういう感じでもないし。

それにしても親としては驚きますね。よそのお嬢さんが、なぜか息子の部屋で立て篭もり。息子は、このお嬢さんに何をしたんだろうか?とか、不安になります。

 

いろいろな意味で、来週楽しみ。と、思ったら、合併号なので次回は再来週ですね。残念。

植野直花さん、かわいいけど性格悪すぎですよ。 【感想】 聲の形 第47話

佐原を深堀りしていく

今週は、佐原の思いや過去が描かれました。彼女は彼女でいろいろと考えていることがわかります。

この作品のすごいところは、それぞれのキャラクターが何を思っているのか気になるということです。

今週は佐原のことが明らかになりました。

しかし、真柴や川井の考えていることはわかりません。彼らは自分たちに原因を感じるのでしょうか?石田を殴ったままになってしまっている真柴はどういう気持ちなのでしょうか?彼らは、病院には来てないですよね。

登場人物の考えていることが気になるというのは相当すごいことだなと。

植野直花、かわいいけど性格悪すぎ

こんなに性格が悪いのに意外とネットでは人気のある彼女。どうやら登場時の猫しっぽと猫ミミのインパクトがすごかったようです。いや確かに、あれは、すごい演出でした。そこからの、永束への、罵りようとか、たしかに魅力あります。こんなキャラクター見たことないですからね。

で、今回わかったんですけど、彼女と佐原って女子校だったんですね。だから出会いもなく、ずっと将也のこと好きだったのかなと。それにしても長いですけどね。小学六年生からですから。6年間。好きすぎるだろっていう、まあ、そのへんの将也大好き感はかわいいです。

でも、先週と今週見ると、さすがに酷いですね。硝子を殴ってた回は、まだ動揺の結果という部分と、見せ場っていう演出的な面で、そんなに悪くは感じませんでした。そもそも、こんなもんだよな。っていう。

それがこの、2週間は酷いですね。物凄い性格悪いです。こんなに嫌なやつだっけっていう。将也に怒られることもないし、リミット外しちゃったんでしょうか。先週の硝子を病室に入れないのも驚きましたが、今週の佐原への対応もひどかったですね。なんでしょうね、このジャイアン感は。いやジャイアンのが良い奴か?

もちろん作者の狙いがあることでしょう。逆にこのままだと植野に救いがないです。

植野がブスだったら、そんな気にならないだろ

ネットで、そんな話題がありました。なるほどなと思いました。硝子と並ぶ美しさを作中で披露する彼女が、あの性格だから衝撃的なんですね。だから、気になる。これが、地味な見た目で描かれていたら、ただのやな奴でおしまいなんですよね。ただ、この作品は、やな奴を美しく描きますよね。川井とか真柴なんかもそうだし。島田も。

作中屈指のビッグフレンドは、あの感じですよ。ちょっとひどくない?

佐原いい子だな。

それにしても佐原は性格が良かった。裏表ないし。あと、硝子の笑顔が最近は全然ないですね。彼女の笑顔はこの作品の魅力の一つだと思うので、早く復活して欲しいです。まあ、将也が復活しないとな。

今週も、植野の衝撃的な性格悪すぎ感をエンターテイメント化していて、新鮮でした。ほんと面白い。

 

硝子の気持ちが少し見えてきた。 【感想】 聲の形 第46話

植野に徹底的に、嫌な役をやらせる

今週の彼女もすごかったです。そこまで、酷い役回りをやらせるのかと。
逆に、ここまでさせているので、なにか読者が知らない伏線があるのかなと勘ぐってしまいます。花火の夜、植野も屋台の場所にいたんですね。
将也も知らない、読者も知らない、植野と硝子だけの会話があったのかもしれません。

永束くんの存在が救い

彼と硝子の会話が面白かったです。誰でも永束くんのようなところはありますよね。人に対しては偉そうにアドバイスできるけど、じゃあ、自分がやってるかというと全然足りてなくて。
この作品は、このパターン多いですね。将也が、これで自己嫌悪に陥ってましたね。

硝子の気持ちが少し見えてきた

やはり彼女の世界は、植野と同じなんですね。植野は硝子が、みんなの小学校時代をメチャクチャにしたというわけです。普通に考えたら先にイジメた将也が悪いのですが、植野のなかでは、イジメられることがわかっているのに、距離を取らなかった硝子が悪いわけです。厚かましいというようなイメージでしょう。

この理屈を支持する人は、聲の形の世界のなかでは、二人しかいません。というか現実世界でも大人になってこんなことを考える人はいません。ただ、子どもなら身勝手だから、あるかとは思いますが。とはいえ、聲の形の世界では、この植野の説にただ一人同意する人がいるのです。硝子です。

植野と硝子は、小学校時代の出来事に意見が一致ですね。ようするに硝子が悪い。そういう世界観です。

名前の由来

なんとなく登場人物の名前で気になることがあります。

石田将也

永束友宏

この二人の名前が並ぶと、石田三成と長束正家を連想しますよね。いや偶然だろと思っていたのですが、よくよく考えると、石田の元親友。

島田一旗

石田の友達に島田って。

なんか、石田三成と島左近をイメージさせますよね。

で、

真柴智

彼ですね。

秀吉が豊臣を名乗る前に名乗っていたのは、羽柴ですね。

ひらがなで書くと。

はしばひでよし

ましばさとし

ほら、なんか似てるでしょう。

いや、だからなんだってわけでもないんですけど。名前をその辺からとってるのかなと。作者の次回作は関ヶ原モノかもしれませんよ。

 

結絃の死体写真の意味が切なすぎる。凄すぎる伏線回収。 【感想】 聲の形 第45話

植野の気持を考えてみる

先週からメチャクチャしている彼女です。彼女は言うことなす事理不尽で、盗人猛々しいというキャラクターが定着していますし、最初からそういった役割を与えられています。
作品として、彼女は最初から噛ませ犬なんですね。登場時は猫でしたけど。彼女が将也にちょっかいを出すことによって硝子は将也への気持に気がつく。それともう一つの役割もあります。イジメっ子の代弁者です。

彼女はイジメっ子としての理屈を言い続けます。キライなのに入ってくる硝子が悪い。イジメられてもしかたない。歌えないのに合唱に参加する硝子が悪い。などなど、イジメっ子の理屈を披露します。イジメが仕方ないと彼女はぬけぬけと言うわけです。これは作品としては非常に大切なことだと思います。合唱なんて授業ですから、硝子はやるしかないわけです。植野の理屈は、ものすごい身勝手ですが、人間がときに、そういった考え方をしてしまうこともあるし、それを植野で表現してきたわけです。

なぜ硝子を殴るのか

植野が硝子に手を出したのは、ちょっと衝撃的でしたが、手を出さないとしても硝子を憎む気持を植野は持っているのでしょうね。彼女は10年近く将也を思い続けているわけです。自分のことがキライと言って、努力もしない(植野からみたら)女が、その将也を傷つけたわけです。(これも事実とは違うけど植野の認識では)いろいろ、逆恨みですけど、彼女の側から見たら、硝子はずっと好きだった男性を意識不明にした女になるわけです。

植野は植野で切ない

彼女は、まったく硝子のことは考えられないんですね。将也に嫌われることばかりを今週も気にしていました。この自分勝手さは、なかなか酷いです。まあ、ただ、彼女は、彼女で切ない部分があります。小学生のころから将也が好きで、これ、たぶん大好きだったんですね。にも、かかわらずクラスの雰因気で、無視しなきゃいけなくて。なんとかして近づけたと思ったら、無視の原因になった硝子と将也は両想い。

結絃の死体写真の意味が明らかに

そういう意味だったとはまったく気が付きませんでした。硝子が子どものころ言った言葉は、想像出来たし、死体写真を見て硝子が気持ち悪がるのを結絃が喜んでいる描写も散々ありましたし、ヒントはいっぱいあったのですが、つながってませんでした。これは、すごい伏線回収でした。ビックリしたし、結絃の愛情に感動しました。そして、切なかったです。よく出来てるなあ。

これからの展開

たぶん、硝子が強くなっていくんだと思います。彼女が、どうして怒らない性格なのか前回明らかになりました。だからこそ次は強くなる段階だと思います。今週のラストシーンの硝子の表情は、それを表していました。ただ、自殺に至ったきっかけはいまだによくわかりません。なにかあったはずです。そこは、語られないのでしょうか。
正直、続きが気になりすぎて1週間待てない。

 

どんな最終回に向かっているのか興味は尽きない。 【感想】 聲の形 第44話

植野大活躍

最近は出てくるたびに美しく描かれていた彼女ですが今週はすごかったです。将也に対する想いが、それほど強いとは知りませんでした。とはいえ、今回の事件は将也と硝子が結ばれるための重要な導線になりそうです。これで、お互いの家族同士のわだかまりはなくなったでしょうから。

このあとの展開を予想してみる

将也は尻にダメージを受けたという話です。もしかしたら脊髄などにもダメージがあるかもしれません。彼は歩けなくなってしまい、普通の人と同じように出来ないってことが、大変なことだと気がつく。そして将也と硝子はお互いの苦しみを理解しながら、助けあいながら共に生きていくことになるという展開があるかもしれません。ぼくの個人的な好みとしては、これは、あまり望みません。無理矢理な感じがしてしまいます。ご都合主義というか。

将也が助からないパターン

彼の意識はまだ戻っていないという状況なので、そのまま意識が戻らないというパターンはあるかと思います。25歳くらいになって、誰か別の人と結婚して子どもも産んだ硝子が、将也の病室に子どもと一緒にお見舞いに来て、切なく終わるというパターン。イジメたことの因果応報なのか、どうなのかという思いとともに読者に考えさせて終わるというパターンです。硝子の旦那が長束くんとか間柴だとビビりますね。
将也は、こうなってはじめて罪を償えたんだ。みたいな終わり方だったらヒドイなあ。

西宮一家は引っ越してしまい、会えなくなっておしまい。

将也は普通に意識を戻し健康になりますが、西宮一家は引っ越してしまい硝子とは会えずに、物語はおしまい。最終回は5年後とかで、それぞれ別の人と結婚して家族も持っていて、町中で偶然目が会うけど、それ以上は、なにもなく、お互いに自分の家族と歩いていって終わりというパターン。青春っていろいろあるけど、なんだかんだ、みんな大人になって普通にやってくんだよっていう、青春マンガ最終回のアリガチパターン。

来週が気になって仕方ない

こういうバイオレンスな事件は、この作品には合わないと思いましたが、映画作りでの人間関係掘り下げより全然面白くてびっくりです。まあ、その人間関係があるから、今が面白いわけですけど。来週、気になります。一応、あと2回で最終回と予想します。

 

これもう、最終回だな。 【感想】 聲の形 第43話

どういう事件が起きて、どうしてこうなったんだろう

先週からの展開の続きです。当サイトでは毎週、聲の形の感想を書いていたんですけど、実は先週は書きませんでした。なぜかというと、硝子に起こった事件があまりに悲惨すぎて、ちょっと、受け入れがたくて、いまいち感想も浮かばなかったからです。

先週の硝子を見ると

ベランダに立つ彼女の帯がないんですね。あれ、なんていうんでしょう。帯の下にまく紐のようなものだけなんです。たぶん、お祭りから帰る途中に、誰かに襲われたんですね。それで、彼女は抵抗して、帯は取られてしまったけど、家に逃げ帰ったと思うんです。あるいは、人が来て帯を取られたところで助かった。そういう事件が彼女の心にどういう影響を落としたのか、わからないのですが、それでベランダというわけです。

そこまで、過酷な運命はいらない

この物語は、あくまで人と人との心の交流の物語ですから、そこまで過酷で悲しい運命はいらないと思うんですね。それで、すでに将也と硝子は、両想いなわけですから、この物語はハッピーエンドで終わるところだと思うんです。最早、友達がどうとか、小さな問題にしか感じられない状況です。ただ、物語として完結するには、最後に盛り上がりが欲しい。それが今回の事件じゃないでしょうか。この事件を二人は乗り越えるか、乗り越えられないか。そこで一悶着あって話が終わるのかと思います。3週間以内に最終回が来ると予想します。みんな幸せになって終わって欲しいなあ。

 

最近マガジンはコミュニケーション追求路線か? 【感想】 お友達から 作者:長門知大 読み切り 週刊少年マガジン 2014年29号

最近マガジンはコミュニケーション追求路線か?

聲の形がコミュニケーションを追求した作品で、いままでにない少年マガジンの新しい地平を切り開いていますが、今回の読み切り作品は、その方向性の作品です。もちろん、障害とかイジメとかを安易に描いているわけじゃなくて、作品の根底に流れるものが似ているというか、同じテーマというか。要するに「人間関係」と「心」を描いた作品です。

人付き合いがうまい男子となんでも本音な女子の物語

対人スタンスが180度違う二人がお互いのコミュニケーション手段に感化されながら、本当の自分の心と向き合っていく物語です。100%建前人間の男子と100%本音人間の女子。実は、普通人間ってどっちかが100%っていうのはないですね。これはある意味、一人の人間の心のなかの葛藤を、それぞれ別の人物として具現化して物語化したものです。作者がそういった意識で作ったとしたら、そうとうなものです。

よく心の中で天使と悪魔が戦う表現があるじゃないですか

あれと似たような感じで、戦ってるのは本音とタテマエ。で、心の中じゃなくて、現実で別人格の人間で存在しているような物語。男子の気持ちも女子の気持ちもすごくよく分かるのは、誰にでも存在している心の動きを丁寧に描き出しているからです。

連載とかだったらどういうふうにするんだろう

作者の長門さんはかなりの才能があると思いますが、こういう物語の方向性で連載になったらどういう物語になるのでしょうか。今回の読み切りで話しに無駄がなく非常によくできてるんですね。どうやったって間延びした感じになってしまうと思うんですけど、面白く調理して連載して欲しいですね。最後の男子の「叫び」は最高でした。涙出ましたね。ああいうのに弱いんです。ちゃぶ台返すぜ俺だって。