12話で無念の打ち切り。 【感想】 新海綴の読解禄 第12話 最終回

3ヶ月で終わってしまった

この連載がはじまったとき、第一話を読んで、素直に面白いと感じました。ミステリーものなのに、殺人事件じゃないので、後味がいい。トリックは、それほど奇想天外なものではないけど、文学と絡めていて新しい感触がある。なにより1話完結でしっかりと楽しめる。なかなか贅沢で、よくできた作品でした。

1話で完結しなくなった

ただ、何話か経過したあと、物語は一話で完結しなくなりました。そもそも殺人事件じゃないですから、緊張感が、それほどないんですね。本がなくなったとか、そういう事件で週を越すのは無理があったのかもしれません。一話完結で、高品質な話を毎週読めると期待していたので、そこが残念でした。

文学と事件が、あまり噛み合っていない

一番のポイントである、文学をメタファーとした事件が起こる部分ですが、それがあまり噛み合っていないんですね。蜘蛛の糸を題材にした話には期待していましたが、どのあたりが蜘蛛の糸っぽいか、よくわかりませんでした。普通に運動部とかの話にして、自分だけが目立とうとする奴が、反省するみたいなベタなものでもよかったと思います。

最後の悪あがき。殺人事件

で、人を殺さないミステリーが売りだったのに、それも捨てて、最後には殺人事件まで起こります。これは残念でした。普通に学校で起こる謎なトラブルを綴が解決していくところが好きだったのに。

終わってしまった理由

この作品は、長期連載も狙えた作品だと思っています。

1話完結
文学としっかりと絡む
学園の中でありそうなリアルな事件

この3つをしっかりとやっていけば、もっと継続したファンがついたと思いますが、いかがでしょうか。結局、1話完結も、文学も、日常的な事件も、すべてを捨て去ってわずか3ヶ月で、この日を迎えました。連載当初期待した読者の一人として無念です

 

男にとって愛は人生の一部、女にとって愛は人生のすべて。 【感想】 それでも僕は君が好き 第22話

山口さんと同棲な感じに

彼女の積極性には毎週、驚くばかりですが、最早、芹澤の部屋に荷物まで持ち込んでますね。彼氏の部屋に荷物を持ち込みたい女子って多いですよね。なんですかね。マーキング?他の女が来たときに自分の存在がわかるようにっていうか、他の女を連れ込めなくするため?
まあ、そんなの意味無いですよね。前の彼女の。もう別れた。とか言っとけば済む話ですよ。いや、芹澤は、そんなことしませんよ。連れ込むとしても事情を知ってるつくしですから。言い訳はいらない。いや、もっと、ひどいだろ。

山口さんが、どんどんかわいくなってきた

やっぱり恋する乙女は美しくなるのでしょうか。彼女、かわいくなってきている気がします。作者がそれを狙って気合を入れて描いているのでしょうか。僕の主観がストーリーにやられはじめているだけでしょうか。芹澤がバイトから出てくるときの待っている彼女。かなり素敵でした。もう、つくしの入る余地ないな。

男はさ、女のことばっかり考えてるわけじゃないよ

男にとって愛は人生の一部、女にとって愛は人生のすべて。

そんな言葉をどこかで聞いたことがあるのですが、少年漫画と少女漫画を見比べるとよく分かりますよね。恋愛が中心の少年漫画は一部ですね。少女漫画は、ほぼ全部ですね。最近は、少女漫画もバリエーションが多くて一概には言えないですけど、傾向は出ていると思います。
で、今回芹澤の過去の友人が出てくるのですが、彼との関係が良くなったので、芹澤はごきげんです。こんなごきげんな芹澤は、はじめてみました。山口さんと付き合うことになっても、こういう感じはありませんでした。なぜか、男は友情でも満たされる必要があるのです。
Sorry, there are no polls available at the moment.

自分自身の浅ましさに気づくのが一番つらい。 【感想】 聲の形 第38話

今週は痛かった

将也が自分の保身を考えた行動を取ります。それを見透かされて、全部が逆効果。それで結局最悪の結果に。
実際、自分の過去の過ちがバレるのは仕方ない部分もあるし、それは、精神的には、それほどのダメージはないと思うんですね。硝子との人間関係も修復されてきているし。
「過去があったから、俺は一生硝子に償わなければいけないとかんがえている」
そんな風に毅然としていれば、自分も恥ずかしくないし、周りも、むしろ応援したい気持ちにもなる。少なくとも理解者は出てくる。
しかし、今回の将也の行動はそれと真逆でした。過去の過ちを取り繕おうとして、それが人に伝わって、挙句の果てには俺だけが悪いわけじゃないという言い訳。このダサい言い訳は致命的に自分の自尊心を破壊しますね。

結局、俺は反省してないのか
そんなに人によく見られたいのか
イザというときに、責任から逃げる人間なのか、

ようするに、自分自身の浅ましさに気がつくわけです。
これは人間にとっては非常にハードなことです。もう自分への自信とか、今までの努力とか、全部、無駄なことだったように感じます。
穴があったら入りたいとはよく言ったものです。今週の彼は、まさに、そんな状況だったでしょう。

女神登場。手を引っ張ってくれる。

絶望的な将也の前に女神が登場します。植野です。彼女はやっぱり将也が好きなんでしょうかね。はっきりとはわかりませんが、とにかく植野が登場します。彼女の顔には基本バツが付いているのですが、今回は最初のコマだけはバツなし。しかも、ものすごく可愛いです。
そして将也を助けます。これは硝子との三角関係の勃発でしょうか。最初の頃の殺伐としたイジメ問題から、ずいぶんと平和的になってきました。

それが成長ってことかもしれない

彼らは高校3年生でしたっけ。そうなってくると思春期も終わりにさしかかっています。未熟人間であった小学生、中学生が終わり、イジメという殺伐とした問題に人間的な成熟で対応ができるようになってきたのだと思います。大人になっていくというのは、こういうことなのかもしれません。
それにしたって今週の将也は痛かった。もし自分がああいう状況で、ああいう行動取ったら、恥ずかしくて恥ずかしくて、のたうち回りますね。作者の表現力は本当にすごいと思います。
ちなみに高校生とか大学生くらいは半熟人間ですね。で、いつしか、人は完熟になるのですが、すぐに熟しすぎて腐臭を放ってしまう。人生は短いものです。

 

山田は昭和の社長みたいだな。本妻と7人の愛人って感じ。 【レビュー】 山田くんと7人の魔女 第110話

よくよく考えると山田のハーレムです

この作品は、ちょっと捉えどころなかったのですが、今週読んで、基本的な仕組みが分かりました。そもそも7人の魔女っていうタイトルから言ってハーレム漫画っぽいのですが、構造がわかりにくかったんですね。他のハーレム漫画と比べてどう違うのかっていう。で、今週ついにわかりました。

パートナー取っ替え引っ替え漫画

とにかく、何か課題があると、それを解決できる魔女の娘と二人で問題解決に向かいます。で、最後には問題解決してキス。あるいは、その最中も不可抗力的な感じでキス。にも係わらず、彼女(本妻)である、白石さんは、それも人助けだからと許してくれる。昭和の社長とかそんな感じですよね。女も甲斐性、仕事の一部みたいな。妻は大人しく待っている。そんな、恐るべき高度経済成長時代の日本が、この作品の中では縮図として描かれているのです。

結局、不可抗力的なキスなのに恋愛感情っぽくなってんじゃん

で、問題解決のためのキスなんですけど、それでも女の子も山田も、なんか恋愛っぽくなっちゃうわけですよ。出てくる女が山田に全員惹かれていってもハーレム漫画だからいいのですが、キスを繰り返したから惹かれるっていう雰囲気で、なんかもう、生々しいです。

 

親が厳しすぎると娘は反動でめちゃくちゃに。 【レビュー】 それでも僕は君が好き 第22話

いやもう、つくしがつけ入る隙がない

山口さんと芹澤が、仲良すぎちゃってもうつくしの入る余地がないですね。こっから、どうするのか。サブタイトルが「牧野つくし」ですから、もっとつくしとの恋愛が中心の展開にならないといけないと思うのですが、今の調子だと厳しいですね。

つくしと芹澤の恋愛が動き出すパターン

パターン1
芹澤がつくしを好きになり、山口さんと別れたくなる。

パターン2
つくしが芹澤を好きになり、山口さんと別れさす

パターン3
山口さん急にいなくなり、つくしに慰めてもらう

ほかに、なんかありますかね。なんか、どれになっても、だらしねーこいつら。みたいな感じで、ちょっと応援したくない感じですよね。ここまで二人が仲良くなったんだから、それなりにちゃんと付き合ってもらえないとな。

親が厳しすぎると娘は反動でめちゃくちゃに

山口さんが、今まで親が厳しかったから、彼氏の家に泊まることは普通とか言いだすわけですよ。普通、ダメだと思いますね。親は。20歳前後で彼氏の家泊まってくるとか言ってOK出す親とか、あんまりいないと思う。反面、思春期くらいから、親が子供をコントロールしようとするのは無理だなと。これ、大人はみんな自分の子供をコントロールしようとするけど、特に母親。自分のことを振り返ってみれば、それがどれだけ不可能かすぐにわかる。それにしたって、山口さん、芹澤のこと、あんまり良く知らないだろ。早過ぎるから。恋に恋しちゃってるパターンね。

ここからのストーリー展開は注目

つくしが読者の支持を受けながら中心人物に帰り咲けるのか、ストーリー展開に注目です。相当、難しいと思います。
Sorry, there are no polls available at the moment.

読者の心の中を少しエグる。うー、ムズムズする。 【レビュー】 聲の形 第37話

誰でもあるだろう。知られたくないこと

最近はずっと将也中心の話しですね。今週は将也は、自分が過去に硝子をイジメていたことがみんなにバレることを恐れて、不安になっています。こういう、人に知られたくないことっていうのは人間だれでもあるものです。もちろん、誰もが、ここまでドラマチックな人生を送っているわけじゃないので、そんなに大きなことじゃなかったりしますが、言われるまで気が付かないような小さなこと。でも、みんなに知られた後に「あ、それ、あんまり知られたくなかったな」という程度のムズムズするやつ。なんか、そういうところをエグル感じでした。

将也が隠したい過去は重大?

彼は硝子を相当にイジメてましたから、正義感の強い真柴君から見れば、もう本当に許せない存在かもしれません。しかし、将也と硝子は、今は仲直りしたのです。しかも小学校の頃の話です。そして将也はイジメた側なのです。普通イジメっ子は、「子供だったから仕方ない」くらいに考えて開き直ってますよ。未だに後悔し続ける将也は誠実だと思います。だからこそ、硝子は将也を許し、結絃ですら彼を認めたのだと思います。だから、真柴くんだって、永束くんだって、そんな軽蔑するようなことはないと思いますが。でもまあ、真柴くんは、なんか目が怖いんだよな。

映画がロールプレイのように

心の傷を癒やすために、辛い過去を演劇のように再現して、自分で演じる治療法があると聞いたことがあります。過去の救いのなかった自分を演じることによって、自分を客観的に見れるようにしたり、気持ちに整理をつける効果があるようです。来週からは、そういった展開になるのでしょうね。将也の心が開放されるときはくるのでしょうか。

とはいえ、将也を好いてる西宮

英語教師、夏目漱石は、「I love you」を、「あなたを愛してます」と訳した生徒に向かってこう言いました。そこは、「月が綺麗だ」とでも言っておきなさい。たまに、これをモチーフにして、告白に月が使われる作品があります。
西宮は、将也に告白しました。しかし彼女は発音がちゃんと出来ません。それで、「うきぃ」とか「つきぃ」とか言ってしまいます。本当は好きと言っているつもりです。やはり愛を告げるときには、月なのかと。奇しくも漱石のようです。いや作者の狙いかな。
それはともかくとして、彼女は将也を好いているのです。たぶん、彼女と結ばれれば将也の心の傷は癒えるでしょうね。一生かけて彼女を幸せにすればいいわけですから、前向きに努力すればいいだけです。
おそらくは、それが、この物語の最後で、それほど先じゃないように感じます。

 

またまた計算?山口さん。 【レビュー】 それでも僕は君が好き 第21話

相変わらずの積極性、山口さん

今週の彼女も良かったです。素直に考えれば厳しい親に大事に育てられてきた可愛い子ちゃんですね。親が厳しすぎて逆に反抗しちゃったのかなって感じで、まあ、わかりやすいっちゃわかりやすいです。

意地悪な見方をしてみよう

彼氏とデートだって言ったら、親に怒られたから家出してきた。だから今日は帰れないから泊めて欲しい。あれ、これってなんかおかしくないですかね?最初っから一線超える気、満々じゃないですか。お嬢様アピールしつつ、寝技に持ち込むっていう計算の可能性もあるなと。この手で今まで何人の男を落として来たのだろうか。

なんで山口さんを、そんなひどい感じでみるかって?

いや、前回のエルメスちゃんもかなりだらしない女だったじゃないですか。だから、まあ、作風的に、そういう方向性かなと思って。それと、山口さんに性悪な部分がないと、つくしの逆転がないような気がします。サブタイトルは牧野つくしですから、最後は彼女と恋愛すると思うんですね。まあ、結ばれるかは分からないんですけど。

付き合ってる大学生カップルが、二人で一晩過ごして何にもないわけないだろ

漫画だからって、そりゃちょっとリアリティがなさすぎますよね。いやあ、来週楽しみだな。つくしの乱入という、偶然展開とかで逃げないでほしい。まあ、山口さんが、やっぱり私帰ります。みたいのが欲しいですね。ちょっと、攻めっぱなしだから、この娘。
Sorry, there are no polls available at the moment.

喧嘩したり、仲直りしたり、そういう普通がいい。 【レビュー】 聲の形 第36話

最近は将也の再生の物語

小学校の先生との邂逅があって、なんとなく、決着ついて、今回は多愛もない友情のすれ違いっぽい話しでした。流れているのは普通の日常なんですね。その普通の中に、硝子もいたりして、意外に植野もいたりする。たぶん、この普通の時間が将也が今まで失ってきた、青春を取り戻してる瞬間なんだろうと感じます。

この作品のテーマはなんだろうか

硝子は耳が聴こえません。だから、耳が聴こえない人の人生を描くことが主題のような気がします。しかし、どうやら違うんですよね。じゃあ、その硝子の周辺の人たちが持つ苦悩や影響を描くことがテーマかというと、それも違うような気がします。コミュニケーションの難しさ。人間同士が心を通わせることの難しさ。そういったものが、この作品の本質なのかなと思います。

硝子という存在は、それを強調する

人間の心の交流の難しさを描くうえで、硝子という存在がそれを強調する役割を果たしています。ただ、硝子がいなくても描ける心の難しさはあって、将也の物語はそういったものですね。それにしても硝子かわいい。今週は特に。

 

この先生はかなり怪しい。 【レビュー】 我妻さんは俺のヨメ 第80話

恋のライバル的に出てきた先生

関先生が、少し恋のライバル的な雰囲気で出てきましたが、さすがに先生だし、ちょっと強引じゃないかなと思っていました。しかし予想以上に性格悪そうな感じです。もしかしたら日常的に女生徒に手を出していて、前の学校から飛ばされて赴任してきたのではないかと。なんとなく今週は、そんなバックボーンを想像させる展開でした。

青島たちは気づかないけど

部員を集めないと主将を辞めさせるというのは、ちょっと先生が出すルールにしては、ひどいと思うんですね。一応、部内でみんなの意思で決まったわけですから、そんな簡単に、先生の意見で引っくり返すのは、どうかと。こういった情報から見えてくるのは、「自分の思い通りにしないと気がすまない」子供のような大人という人物像です。こういう人は生徒にも手を出しそうですよね。青島が心配しているように我妻さんは危険かもしれませんん。

部員勧誘はひどかった

青島たちの勧誘はひどかったですね。もう少しうまくできてもいいんじゃないかと思います。とはいえ、水泳部は、彼女たちにしかできない方法だし、サッカー部も、まあ、特殊な能力をつかったものなんで、真似は出来ませんね。青島は失敗するべくして失敗したのでしょう。来週、大逆転的な展開をしそうなので楽しみです。

 

人気投票で山口さんがつくしを抜いた。 【レビュー】 それでも僕は君が好き 第20話

山口さんの、過去を想像してみる

こうだったらいいなという想像としては、女子校出身なので、恋愛とか全く経験がなく、どのくらい恋愛をがんばっていいかわからなくて、がんばりすぎてしまって、今の感じになってる。たぶん一般的に読者が感じてる山口さんのイメージはこれだと思うし、ぼくも、自然に読むとこのように感じます。

肉食系女子説

あるいは肉食系女子のパターン。好きになると、友達にも合コンのセッティングなどの協力をしてもらって、とにかくアグレッシブにいく。元カレに言わせると「最初は俺の時もそうだったよ」っていう感じ。で、だんだんと「うざくなってくる」とか言われるか、「急に向こうが冷めちゃって」というパターンで別れるか。

男目線からだと、前者に感じますけど、女性目線だと後者に見えるんじゃないかなと、思うのですけど、どうでしょうか。

当サイトの人気投票で山口さんがつくしを抜いた

実は、当サイトの人気投票で山口さんがつくしを抜きました。もともとずっとつくしが1番だったのですが、ここ最近出番が少ないのと、山口さんのがんばりで逆転してしまいました。これ、たぶんマガジン読者の気持ちも同じでしょうから、今後の展開に影響あるかもしれません。サブヒロインが、主ヒロインを押しのけて、主人公と結ばれるというパターンです。ただ、原作がある作品ですから、そんなには内容を変えることはできないでしょうか。

まあ、歯がぶつかったくらいだし純粋説でいこう

とはいえ、歯がぶつかっちゃったくらいですから、まあ、男慣れしてないですよね。山口さんにとっては、はじめての彼氏が芹澤ってことでいいでしょう。それにしても、なんでそんなに芹澤を好きなのか、理由がわかりません。
Sorry, there are no polls available at the moment.