無情にも10話で打ち切り。 【レビュー】 トーキョーワンダーボーイズ 第10話

ついに打ち切り

連載3回目くらいから、打ち切りの気配がただよっていた当作品ですが、とうとう本当に終わってしまいました。なんていうか、敗因のようなものを分析してみようかと思います。

あまりにマニアックだった設定

二人の主人公が所属するチームはJリーグですらなく、JFLのチームでした。J2じゃないよね?まあ、とにかく、一部リーグですらないんですね。そもそもプロスポーツを漫画で描くのは難しいと思います。高校サッカーや野球と違い、プロは負けても続くので緊張感が作りにくいことと、同じ相手と何度も戦うのでドラマも作りにくい。また、試合数も多いので、丁寧に描けば非常にテンポが悪くなる。プロスポーツを題材にするには、スポーツニュースのダイジェスト的な感じで普段は物語をすすめて、ポイントでしっかりと描くというパターンになるでしょうね。そもそもかなり難しい舞台設定に挑んだと思います。

海外サッカーを前面に押し出して始めた

ゴールは、JFLのチームが海外サッカーに勝利するというものなのですが、そもそもクラブワールドカップ自体が、チャンピオンズリーグやワールドカップに比べると真剣度の低い大会ですから、盛り上がりに欠けていました。素直に海外リーグに挑戦する高校生の主人公という設定で始めてもよかったかもしれません。

二人の主人公

タイプの違う二人の主人公を出したのも、まずかったようです。どちらも主人公というか、どちらが主人公かよく分からない感じでした。さらに、二人に影響を与えた伝説の選手のような登場人物もいて、イマイチ焦点が絞りきれなかったです。

お色気なし

実は、これは評価したいです。最近の漫画は初期のほうでお色気キャラを出して人気を取りに行きますね。この作品ではそういったことを一切しませんでした。ヒロインも胸がないという設定で、徹底的に萌え要素を排除しています。まあ、黒子のバスケのサッカー版を狙った感じもあるので、女性向けだったのでしょうか。だから、主人公はイケメン二人という構成でしょうか。セレッソ大阪のような女性ファンを獲得しようと考えたのかもしれません。安易な、エロシーンがなかったのは良かったです。

難しいことに挑み過ぎたのかも

普通に主人公一人で海外サッカーで、ホームステイ先には巨乳姉妹がいて、みたいな設定だったら、もっと長生きしたかもしれませんね。あとは、サッカーの一つ一つのプレーを、もっと衝撃的に表現してもらえれば。次回作、楽しみにしています。

 

生活感あふれる不思議なキャラクター付け 【レビュー】 トーキョーワンダーボーイズ 第4話

ユニークなキャラクター付け

前回のラストで登場した新キャラクター達のキャラクター付けが非常にユニークでした。登場した4人はアイドルオタク、アニメオタク、ドケチ、恐妻家として紹介されます。普通サッカー漫画なら元日本代表とか、インターハイ出場とかの肩書きか、100m10秒台とか、フリーキックの名手とか、そういうのだと思うのですが、あえて選手の趣味的な部分に触れてきたのはかなり異端です。

あえて深いサッカー描写をしない?

この作品は連載開始当初からですがほとんど深いサッカー描写が出てきません。主人公の何の技術が凄いのか、どんな特別な才能のある選手なのか未だによくわかりません。これはマニアックにならないようにしているのでしょうか。

テニスの王子様を狙ってる?

絵も女性ウケしそうだしテニスの王子様的な女性が楽しめるサッカー漫画を狙っているのかもしれません。今週明らかになったのですがヒロインは貧乳らしいです。中高生を惹きつける圧倒的な武器である巨乳を放棄しているのは相当な覚悟だと思います。これは女性向けをかなり意識している証拠ではないでしょうか?考えすぎ?

黒子のバスケみたいに

黒子のバスケは最近でこそキャプテン翼のように必殺技対決になっていますが連載開始当初は比較的バスケットの描写にリアリティがありました。ジャンプのバスケ漫画だとスラムダンクというリアルバスケ漫画がありましたら、あまり無茶なプレーは受け入れられないだろうという考えがあったのかもしれませんが。

トーキョーワンダーボーイズはどっちだ

当作品はファンタジースポーツ漫画か、リアル系スポーツ漫画か今のところわかりませんね。あんまりプレーしてないですから。そろそろその辺をはっきりしたほうがいいと思います。ただもしかしたら生活系スポーツ漫画という新しいジャンルかもしれません。

トーキョーワンダーボーイズ 第5話予想

そろそろ大きな盛り上がりが欲しいところですね。往年のキャプテン翼のような展開でもいいのかと思いますけど。
リアルな来週の予想は意外と先輩方が強いって事が分かるって感じですかね。

Sorry, there are no polls available at the moment.

フィールドプレーヤーは営業部って感じ? 【レビュー】 トーキョーワンダーボーイズ 第3話

キングが運営・広報・用具係・裏方を集める

キングというのはチームの中心的な選手という意味ですが、そのキングがチームの運営・広報・用具係を集めるという話が非常に面白い発想でした。例えばマラドーナとかメッシとかが広報とか用具係を集めるか?という話です。

スーパープレーヤーがチームを作る

あるかもしれないと思いました。凄い選手が一人いて、その選手にスポンサーが付いて、その選手がいれば勝てると思い他の有力な選手が集まり、見込みのあるチームには有能な広報や用具係などの裏方も集まりやすいでしょう。

フィールドプレーヤーは営業部って感じ?

要するにフィールドプレーヤーは営業部という感じですかね?売る力があればそれにつられてバックオフィスも充実していくという理屈でしょうか?

チームの運営という視点

この漫画の主人公は二人のサッカー選手です。にも関わらずチームの運営というテーマが作品にはあるようです。そこが従来のサッカー漫画とは違うのかもしれません。『ジャイアント・キリング』にはチームの経営という視点もありますが、主役が監督ですからね。ちょっと違うと思います。

主人公はチーム経営を上向けるキングになる

主人公たちはチームの経営を上向けるキングと言われる選手にならなければいけません。それでチームを強くしていってJ1に上がりアジアチャンピオンズリーグで優勝しクラブワールドカップ優勝を目指します。

初期のチームメートはほぼ入れ替え

J2のチームが世界で戦えるようになるには現実的に初期のチームメートはほぼ入れ替えとなってしまうでしょう。外国から強い助っ人選手を呼ぶ必要もあると思います。主人公達の稼いだ金でチームメートを入れ替えていくわけです。これは無慈悲。この辺りの葛藤をどのように描くのか楽しみです。

長期連載が必要

J2チームがクラブワールドカップ優勝を目指すわけで先はまだまだ長いです。物語が面白くなるまでかなり時間がかかると思います。序盤でどの様に盛り上がりを作っていくのか、その辺りも注目です。

トーキョーワンダーボーイズ 第4話予想

そろそろ試合をして欲しいところですね。主人公たちの考えやバックボーンはここまでである程度描けたと思います。そろそろサッカーの面白さを表現するために試合が始まると思います。まずはチーム内での紅白戦でしょうか。

-週刊少年ジャンプ 2014年16号 TOKYO WONDER BOYS 作者:下山健人 伊達恒大-

 

クラブワールドカップという大会 【レビュー】 トーキョーワンダーボーイズ 第2話

バルサとかマンU行きたいのが普通だよな

主人公の一人である究児は海外の名門に行きたいと思っていて、一方の主人公である壱丸は地元のローカルチームを強くして世界と戦いたいと考えている。

どうやら漫画の方向性としては二人の主人公が地元のローカルチームを強くしていくという内容になりそうだ。

クラブワールドカップという大会

ワールドカップと銘打っていてもワールドカップとは格が違う大会だ。
世界一決定戦であるが、ヨーロッパCLと比べてもその地位は高くない。

要するにクラブワールドカップで優勝しても世界一のチームとは言いにくい。

そういった微妙な目標をローカルチームが目指すという地味な目標で果たして面白くなるのだろうか?

素直に海外クラブを目指したり、高校サッカーをやったり、
そういったほうが燃えると思うのだが。

だからこそ楽しみ

この変わった設定だからこそ今までとひと味もふた味も違う
サッカー漫画を見せてくれるのではないかと期待している。

-週刊少年ジャンプ 2014年15号 TOKYO WONDER BOYS-