『暗殺教室』に学ぶ、教育・子育て論!【5】

『暗殺教室』に学ぶ、教育・子育て論!

現役塾講師の視点で解説します(全5回)

 

第5回は“完璧の時間”“生かす時間”(単行本第15巻収録)“涙の時間”(単行本第21巻収録)からです。

話のメインの人物は“殺せんせー・浅野學峯(理事長)”です。

 理事長が私塾を開いてから今に至ったまでの回想シーンから始まります。そこで語られる彼の教育論は実にすばらしいものです。

「異なる良さを伸ばす」「誰しも欠点はある。それぞれをケアして、社会で長所を発揮できる人材を育てる」等々…。

しかし、教え子がいじめを苦に自殺―。そこから理事長は「強者でなければならない」との教育論に変わりました。

それほど教え子と真剣に向き合ったのでしょう。自責と後悔の念が彼を変えました。しかし、強者であることだけが目標では、結果をひたすら求め、強者になれなければ絶望する。落ちこぼれになることを恐れ、もがく。そういった息苦しい生き方を招きかねません。

では殺せんせーならどう考えるか?ある時、こう生徒に伝えてます。

「理不尽な事が世の中にあるのは当たり前。それを恨んだり諦めているヒマがあったら、楽しんで理不尽と戦おう」

理不尽や不遇の中で過ごしたE組は強いです。理事長が与えた環境と、殺せんせーの指導が重なって、たくましく成長しました。

これからの子どもたちは、より激動の世の中を生きることになります。例えば、「2011年度にアメリカの小学生に入学した子どもたちの65%は、大学卒業時に今存在していない職業につくだろう」と言われています。日本でも同じようになると考えていいでしょう。

先輩たちの足跡を辿る、マニュアル化された仕事、そういったものが無くなる世の中になります。理不尽な要求や立場も増えることと思います。

だからこそ、「思い通りにいかない経験」を積むことも教育に必要です。つい良い環境や体験ばかりを与えたくなりますが、体に色々な栄養が必要なように、苦い経験も欠かせません。

お母さんも先生も、子どもが自分で考えたり悩んだりする「モヤモヤした時間」を与えていますか?

 

全5回の『暗殺教室』に学ぶ、教育・子育て論は以上です。

記事を1つでも読んでいただけたなら、または参考にしていただけたなら幸いです。

 

 

(そのかわ ゆうじ)

『暗殺教室』に学ぶ、教育・子育て論【4】

 『暗殺教室』に学ぶ、教育・子育て論! 

 現役塾講師の視点で解説します(全5回)

 第4回は“2周目の時間”“1周目の時間”“渚の時間”(単行本第13巻収録)からです。話のメインの人物は“潮田渚・広海親子”です。

 

 自身の暗殺の才能を実感した渚。進路相談にて「殺し屋になるべきか」と殺せんせーに問う。殺せんせーは、どのようにしてその才能が開花したのか再び見つめ直して、また相談に来るように言います。その後、渚の母、広海が渚や殺せんせーに対して、教育の思いを語るが、それは母親が出来なかったことを渚に叶わせようとしているだけだった…。

 広海の子育て論は、「失敗を経験している親が道を造ってあげる」「障害物を取り除く」といったものです。親が叶わなかった夢を子どもに託すべく、英才教育やプラン作りをすることは決して否定しません。しかし、度が過ぎると、親が「支配者」となり、子どもが親の顔色を窺って考えるようになります。「自分がやりたいこと」より「親を悲しませないこと」が優先になります。また、親が出した答えが全てという、やせた考えにもなります。

 一方、殺せんせーは、渚に答えを教えるでなく、考えさせる時間を与えました。それは渚自身が納得して前進できるようにと推測できます。さらに、この「答えを自ら出す」姿勢は、現実の2020年大学入試にも求められます。

 こちらが問題の一例です。「公立図書館の今後の在り方」に明確な答えはありません。よって、知識だけでなく、体験したことや将来の予測等を含めて、筋の通った結論を出すのです。

 この問題を自分の言葉で答えるためにも、「考える時間を与える」ことは重要なのです。そしてそれを阻害するのは、教育熱心なお母さんや先生なのです。 

 お母さん、子どもを心配するあまり、綺麗に道を整備し過ぎてませんか?石につまずいて痛みを学ぶ機会を奪ってませんか?

 個別指導のアルバイトをしている学生さん、貴方の教え子が、貴方の言うことを聞くだけになってませんか?

 「教え過ぎない」「口出ししたいのをグッとこらえて、子ども自身に気づかせる」

 そういった時間を作ってみて下さい。

 

 いかがでしたか。

 次回は“殺せんせー・浅野學峯(理事長)”です

 

(そのかわ ゆうじ) 

『暗殺教室』に学ぶ、教育・子育て論!【3】

『暗殺教室』に学ぶ、教育・子育て論! 

 現役塾講師の視点で解説します(全5回)

 

 第3回は“呪いの時間”“竹林の時間”“支配者の時間・2時間目”(単行本第9巻収録)からです。話のメインの人物は“竹林考太郎”です。

 2学期になり、竹林がE組を離れた。話を聞くと、仮に暗殺が成功して、賞金の分け前を得たとしても、医者一家の中では認められない。「出来て当たり前」の家に生まれた竹林にとっては、地球の終わりよりも億というお金よりも、家族に認められる方が大事だというのです。「頑張ったじゃないか」のひと言をもらうためだけに死ぬ気で勉強した、と―。

 ここでは、なぜ竹林が、ここまで親に認められることに熱心だったのかを考察します。

 「認められたい」という欲求はごく自然なことです。欲求に関して、心理学者のアブラハム・マズローが、欲求のプロセスを「欲求5段階説」として説明しています。欲求の段階は、

1.生理的欲求(食事・睡眠・排泄)

2.安全欲求(住居・収入・緊急時のホットライン)

3.愛の欲求(受け入れられている)

4.承認欲求(他人からの賞賛)

5.自己実現欲求(学問追求・自己目標の実現)

に分けられるという考えです。

 竹林はこの中の「承認欲求」の段階といえます。しかし、親が竹林を「勉強が出来るか」でしか見ていないため、血を吐く思いで勉強するしかなかったのです。

 上述の5段階欲求は、1から2、2から3という風に、求めるものが順にステップアップしていきます。よって、自己実現欲求の段階に至るには、承認欲求が満たされる必要があります。つまり、他人から認められて初めて、自分のために自分を磨くようになります。認められている感覚がないと、いつまで経っても自己研鑽に向かわないのです。

 漫画内では、E組の仲間や殺せんせーが、竹林を認めたので、最後には気持ちよくE組に戻ってきました。しかし、本来ならば一番一緒にいる時間が多い親が「認める場所」を作るべきです。

 認める方法は簡単です。それは、子どもをある側面だけで捉えないで見ることです。親子とはいえそれぞれ違う人間です。親の価値観で子どものやることを縛らず、様々なことを体験させましょう。その中で子どもが熱中する姿を見つけ、認めることです。

 何かと比較される世の中です。せめて家庭内では子どもを評価することから始めましょう。

 

 次回は“潮田渚・広海親子”です。

 

(そのかわ ゆうじ)

『暗殺教室』に学ぶ、教育・子育て論!【2】

 『暗殺教室』に学ぶ、教育・子育て論! 

 現役塾講師の視点で解説します(全5回)

 

 第2回は“溺れる時間”“水泳の時間”(単行本第6巻収録)からです。話のメインの人物は“片岡メグ”です。

  人からよく頼られるメグ。メグ自身も頼られることには慣れています。

 しかし、過去に泳ぎの練習をお願いした“多川心菜”に、「役に立たない泳ぎを教えた償いをしろ」と言われ、それから彼女のテスト勉強につきっきりに。結果成績を下げてしまいました。実際は心菜の自業自得だったのだが、責任感の塊であるメグはこの状況を「私が我慢すれば…」と諦めてしまっています。

 これに殺せんせーはすかさず「いけません!」と警告。ダメ夫と別れられない主婦を例えに、「共依存」の説明をします。依存されることに依存してしまい、依存する側は自力で解決することを止め、依存される側は生活が乱れてしまう。実際に心菜は頼ることに慣れ、メグはE組に落ちているので、どちらも不幸になっています。

 何かにすがったり甘えたりしてしまう人に対して、どう接すればよいか。ここでは、アドラー心理学の「課題の分離」をもとにお話しします。

 「課題の分離」とは、自分の課題と相手の課題を分けて考えることを指します。過干渉を防ぎ、円滑な人間関係を送るヒントになる考え方です。これは教育にも応用できます。

 例えば、「勉強ができない」子どもを見かねて、勉強を見たり問題を作ったりする―。それが子どもの力になると思って実行します。ただ、その効果は親の労力に見合わないことが多いです。考えられる理由として、

①親と子どもの熱意がリンクしていない

②親が用意した課題をこなせばよいと、テスト勉強の本質を見失う

 この辺りが挙げられます。①は課題の分離ができていないため起こります。本来勉強を頑張る必要があるのは子ども自身なのに、親ばかりが力が入ってイライラしてしまうのです。②は共依存の恐れがあります。子どもは親の出す課題を待ってやればいい。親は課題を用意してやらせれば一安心。成績アップしなくても「やることはやった」と、奇妙な達成感に満足してしまいます。

 こうした状況から脱却するべく、親がすべきことは「何もしないこと」です。

 勉強しないと困るのは自分自身―。まず子どもがそこに気づき、自分が何かをすること、そこが出発点なのです。とはいえ、どういう勉強をしたらいいか分からないという壁にぶつかるかもしれません。そこで子どもが「どうしたらいいかな」とアドバイスを求めてきたら、そこで初めて親がアドバイスをしてあげましょう。親としては一つの試練のように感じるかもしれません。中々行動に移さない様にイライラしても我慢です。

 テスト勉強は「点を取る」ことが全てではないと私は考えます。塾講師としては、お金を頂いている以上点数を伸ばすことは一つの使命ですが、それ以上に「目標達成のためにどうすればいいか」を試す絶好の機会が定期テストです。それを、親がテスト勉強計画を管理したり、子どもがそれに頼ったりしては自立心が芽生えません。塾の「万全のテスト勉強スケジュール」という「この授業受ければ安心」みたいな謳い文句も私は好きではありません。自分の課題と認識し、自分で試行錯誤する。これが必要です。

2020年の教育改革で、「自分で考え・表現する」「主体的・対話的で深い学び」(アクティブラーニング)が求められています。自分で考える力はこれまで以上に注視されます。

 漫画の話に戻ると、殺せんせーのアドバイスがとてもベストでした。

 「彼女(心菜)が自力でできるようになればいい」「あえて厳しく手を離すべき時もある」とメグに言いました。結果、心菜はメグに頼る必要がないレベルに成長し、できる喜びという頼る以上の喜びを得ました。メグも心菜につきっきりにならず、どちらも良い方向に向かいました。

  子離れできない親御さんや、部下のフォローしっぱなしの上司等、参考にしてみて下さい。

 

 次回は“竹林孝太郎”です

 

(そのかわ ゆうじ)

週刊少年ジャンプ30号掲載、修行コウタ先生の「ミステリア 怪奇コレクション」感想、面白いバトル漫画はパラパラ読みでも面白い

・軽くあらすじ

 バイク屋の息子、「菊池千尋」その友達「村上雄一」から首なしライダーが夜な夜な現れるという噂を確かめに行こうと誘われる、ヒロインみたいな立ち位置の「東絵梨」に押し切られ怖いながらも、その約束を承諾してしまう。そんな中、怪奇ハンター「心」という人物が現れてバトル展開に発展していく。

・感想

 まず第一に画力が高いです。書き込みが多いわけではないですが、新人の方の中で図抜けて読みやすい、見やすい、でもヒロインがあんまり可愛くない、というのが印象でした。

 ジャンル的には王道のバトルものです。画力は素晴らしいなと感じましたが、ストーリー、キャラ、に関しては、全く印象に残らなかったです。なんだか友達三人との掛け合いが魅力と前説には書いてあったのですが、逆に登場人物多すぎてよく覚えられなかったですし、まぁ一応このレビュー書くんでメモしながら読んだんですけど。そうでなければ全然でした。 

 加えて、バトル展開の際も狼男に噛まれたから特殊な能力が使えます。というもので、サプライズにかけるというか、なかなか納得いくものでは無かったです。

・面白い異能バトル漫画はパラパラめくるだけで面白い

 まずそもそもなんですが、今週のジャンプ読んでいて、先頭からパラパラ読んでいる中でこの漫画を飛ばしてしまいました。というのも、この漫画をパラパラ飛ばし読みしていて、なんだか読みづらいなという印象が最初に来てしまったからです。

 どこかで読んだ話しで受け売りなんですが、面白い漫画はパラパラめくるだけで面白い。これを見たとき自分でも確かに、と感じたんです。例えば「ドラゴンボール」「グラップラー刃牙」なんかもパラパラ読んでるだけで大体話の内容入ってきますし、絵柄も派手でキャラのフォルムも特徴的なんで印象に残りやすいんです。

 じゃあ具体的に何が悪いのかというのは一読者なんで、一概に偉そうなこと言えないんですが、最初の数ページで読みづらい、キャラに個性がない、登場人物が多くて全キャラ機能せず終わる、あとネタがありきたり、なんだか書いてて本当に偉そうだなと思いましたが、というのが挙げらるのではないでしょうか。

 ただ、画力は本当に素晴らしいですし、今後の次回作も是非読んでみたいです。

シャーマンキングの未完最終回の感想 286話

こんばんわ 双葉です。 週刊少年ジャンプで連載されていたシャーマンキングの最終回についての感想です。

超展開過ぎる伝説の最終回

大体は最終回と言えば物語が収束するいい感じの最終回ばかりですけど、シャーマンキングは未完だからかそれはもう残念な要素がたくさん詰まっている最終回でした。
今でもこの最終回はネット上でも語り継がれており、伝説となっています。

ラスボスと戦士たちのラストは本当に凄い

最終回なのですからラスボスであるハオや戦士たちがもちろん出てきます。
これしか言えませんが、本当にすごい最終回です。
この作品を知らない人や、まだ読んでない人は絶対読むべきです。
この最終回を見たら、シャーマンキングって凄いなと思えるはずです。

伝説の最終回への賛否

この伝説の最終回は読者にとってはそれはもう凄い衝撃を与え、私もそうでしたが賛否がありました。
絵はいいし仕方ない面が本当にあって残念極まりないのですけど、やはり批判はさせてほしいし、何よりも展開があまりにも凄すぎて言葉として形容出来ない内容なので、アニメの声優を務めた人のラジオ番組でも取り上げられる程でした。

伝説の最終回から数年経ち

伝説の最終回は連載された後から噂が噂を呼んでそれはもう酷い騒動となりました。
それがあったからなのかはわかりませんが、その後シャーマンキングは完全版という事でこの最終回から描き下ろし後日談を収録した大判のコミックスが発売されます。
これはジャンプ至上の異例過ぎる事態であり、この最終回の凄さを物語っています。

個人的な絵が綺麗な少年漫画ランキングベスト5

こんばんわ KNOTです。
今回は、個人的な絵が綺麗な少年漫画ランキングベスト5を紹介します。

1位:BLEACH 久保帯人
少年ジャンプの代表格と言っても過言ではないですね。この漫画家さんはただ絵が上手いのではなくて、キャラクターの書き分けが非常に上手なんです。無駄な線がなくコマ割りもうまいので、画面がすっきりしていて読みやすいのが1位の理由です。

2位:エア・ギア 大暮維人
この漫画家さんに女の子を描かせたら右に出るものはいない、と思っています。それだけでなく、躍動感のあるイラストとメカニックやエンブレムなどのデザイン性と繊細な作画力も持ちあわせているのが素晴らしいです。この漫画を読んでいると漫画というより、画集を見ているかのような感覚がします。

3位:DEATH NOTE 小畑健
絵が綺麗な漫画と言えばやっぱりこの作品です。人間のリアルな精神描写には圧巻します。それを叶えるているのも、あの本物の人間のような強烈な画力があってこそで、本当に力がある人にしかできないことだと思います。

4位:D.Gray-man 星野桂
漫画のモノクロ部分は線が、表紙などのカラー部分は色使いが繊細でともに綺麗です。独特の世界観を背景の細かいところまで表現しているにも関わらず、ごちゃごちゃしていなくて、引き込まれてどんどん読んでしまいます。登場人物に美男、美女が多いのもいいところですね。

5位:新世紀エヴァンゲリオン 貞本義行
この作品は余白の美を感じられます。精神世界の描写が多く、絵で表現するのは難しいと思うのですが、読んでいて心打たれる思いを感じました。漫画でメッセージを伝えられるのは画力あってこそと私は思っています。力強い線で巧みに世界観を表現しています。

女性が読んで面白かった少年漫画ランキングベスト5

こんばんわ ARICHITOです。

今回は、個人的な女性が読んで面白かった少年漫画ランキングベスト5を紹介します。

1位:弱虫ペダル

女性としては弱い人が頑張って強くなろうとしてるところに胸ときめきます。それに主人公のひたむきさが心をうたれました。私も実際に自転車に乗ってみたくなるほどの漫画です。身近にある自転車という存在がより漫画をリアルに感じさせてくれたからかもしれません。

2位:ピューっと吹くジャガー

ジャンプに掲載されていた作品ですが、女性社会で生きていたらあまりない空気がありました。ギャグマンガは受け入れにくいところもありますが、こんなに笑える作品は初めてでした。ギャグの部類でもパイオニアと言えるのではないでしょうか。

3位:アフロ田中

こちらは夫に教えてもらった作品ですが、男の人の本音はこんな感じなんだ・・・とびっくりした作品です。私の描いていた男性像と違うところが多すぎてショックが大きかったです。男性の方は共感される部分が多いのがさらにショックでした(笑)

4位:ワンパンマン

今、勢いのある漫画と言えばこれしかないと思います。原作のとなりのヤングジャンプを含めて両方面白いです。原作は絵がアレなのに面白すぎます。なかなか更新してくれないのもさらに興味をそそられる要因なのではないでしょうか。

5位:ドラゴン桜

受験勉強を漫画の題材にしたのはとても面白かったです。どうしても漫画はファンタジーが多いですが、この漫画は勉強する意欲も湧いてきて実益をともなった漫画でした。読んだら勉強したくなる漫画ってすごい作品だと思います。

異色の遅効性SF ようやく掲載順が安定か ワールドトリガー 第140話 感想 レビュー

こんばんわ sKetchです。
週刊少年ジャンプで連載中の『ワールドトリガー』の140話についての感想です。

掲載順が安定してきた?

2013年から週刊少年ジャンプで連載が始まった本作ですが、開始から1年後にはアニメ化も決まり、人気はあるはず…ですがあまり掲載順が上がらず、作者の怪我などとも重なり、一時は連載終了も囁かれました。しかし今では休載も少なくなり、アニメも終了早々2期の話が上がっています。いよいよ修たちの遠征への道が本格的にひらきはじめました。

玉狛第2の試合運びについて

最新話では現在B級8位の玉狛第2、下がり調子B級9位の香取隊、B級下位には落ちたくないB級13位柿崎隊での三つ巴が展開されています。唯一スナイパーを要する玉狛が、修の新トリガー「スパイダー」を使いそのメリットを生かして有利に試合を運んでいます。玉狛有利に変わりはありませんが、千佳ちゃんの砲撃が派手なため、他2チームの狙いが玉狛に集中します。しかし一刻も早く上位に上がりたい玉狛からすれば、大量得点が狙えるためおそらく作戦のうちかと。ランク戦2戦目で使った地形戦からの標的誘導を、リスキーに使ってきたところを見ると、修の自信と貪欲さが伺えます。

香取隊、柿崎隊のとるべき策

隊長がやや他人任せな香取隊と、格上相手に慎重になりすぎる柿崎隊がとるべきは、修を落とし、千佳ちゃんに迫ることでユーマにプレッシャーをかけることだと思います。更地にされる前にスナイパーを落とすのが最重要ですが、おそらく柿崎隊が3人でかかってもユーマを落とすのは厳しい。一人を囮にユーマを引きつけている間に、修を挟み撃ちにすれば、スナイパーの居場所が分かっているうちに玉狛を減らせます。

玉狛第2の勝利は確定?

“おそらく漫画の展開的には、玉狛が勝利するかと思われますが、大規模侵攻からあまり活躍がない柿崎隊、チーム内に問題のある香取隊はこの試合を通して、何か成長できると良いと思います。特に香取隊は個人的に平和になってほしいです笑
以上、また来週お会いしましょう。”

津軽三味線の音色が絵を通じて伝わってくる【ましろのおと】感想 レビュー

なぜ、今回は少年誌なのか

「ましろのおと」は、羅川真里茂先生による作品ですが、羅川先生は今までは、「花とゆめ」という少女雑誌で作品を出されていましたが、今回はなぜ「月刊少年マガジン」という少年雑誌なのでしょう。あいにく、色々調べても、わからなかったんですが、ついつい考えてしまいます。考え出すと頭から離れません。

「ましとのおと」は津軽三味線の世界を舞台にした漫画で、主人公やそのライバル達は今のところ(コミックで言う14巻まで)男性ばかりで、それぞれイケメンです。これらは、別に少女雑誌にそぐわない内容ではないと思いますし、津軽三味線の世界というのも、別に女性奏者やファンもたくさんいるので、男性向けというわけではないように思えます。まあ、別にいいのですが少しだけ気になります。

何故、津軽三味線なのか

これもどうでもいい謎なんですが、何故「津軽三味線」だったのしょうか。作者の羅川先生が青森の出身だというのは知っているのですが、他の地方に比べて津軽三味線に馴染みが多少なりともあるのはわかるのですが、ご本人が演奏されるのかどうかはわかりません。

音楽を題材にした作品は沢山あるかと思いますが、もっとメジャーな楽器が多いような気がします、なんせ、結局は絵で、文字で音を表現しないといけないですから。私はたまたま津軽三味線を少しは弾くんで、その音には馴染みがあるんで、漫画を読んで音をイメージすることはできるのですが、そうでない方に音をイメージさせつのは結構難易度の高い仕事のような気がするのですが。確かに、吉田兄弟や上妻さんをはじめ、少しメジャーにはなってきたような気はしますが、まだまだマイナーな部分も多い気がするのですが。

澤村兄弟はやっぱり男前

主人公の澤村雪と兄の澤村若菜、この2人ややっぱり男前でかっこいいです、彼らのライバルとなる緒方洸輔しかりです。しかも楽器で人を感動させることができて、さらに決してギラギラした欲望みたいなものを前に出さないし、少しストイックな求道者タイプです。こうなれば、もてないはずがないです。

澤村雪は高校生で東京にでてくるなり、グラドルを目指すキャバクラのおねえちゃんの世話になったり、少しの間編入していた高校でも、ファンができます。しかし、あくまでも恋愛モノという方向には振っていかないのです。あくまで、津軽三味線という少しマニアックな楽器の求道者という像を外しません。今後は、少しでも女関係が出てくることがあるのでしょうか、それも楽しみです。以前に羅川先生の作品でゲイを扱ったものもありましたが、まさかとは思いますが。

複雑な人間関係を圧倒的な音

少しずつ明らかにされていくのですが、人間関係が結構複雑です。澤村雪の母は梅子といって、ビジネスで成功しているのですが、息子2人を祖父の津軽三味線の名人松五郎に預けて青森を出ます。ここまではいいのですが、澤村兄弟は実は神木流絃という神木流の師範の子供で、その神木流絃こと田沼源造の子供が田沼総一と田沼舞だけれども彼らは源造の実の子ではない養子なんだけど、総一と舞が血がつながっているかどうかはまだ不明でといった感じです。これから明らかにされていいくのかもしれませんが、物語に一種に緊張感とニヒルさを与えています。

そして、やっぱり音の表現が凄いです。津軽三味線って、もちろん3本の弦(糸と言います。)弦楽器なんですが弦楽器としての要素と打楽器としての要素を併せ持つもので、しかもわざと音を割れて共鳴させつためのものがついていたりと結構表現しにくい音だと思うのですが、伝わってくるのが凄いです。ここまで連載が続いているのだから、津軽三味線にあんまり馴染みのなかった方にもつたわっているんだと思います。

これからどういうバリエーションの音を伝えながら展開していくのか楽しみです。