お知らせ

2018年9月28日頃サーバー への不正なアクセスがあり当ページの一部が改ざんされました。2018年10月4日現在サーバーを移転し、これを機会にデザインも一新いたしました。まだ一部ページの設定が完了しておらずリンク切れやエラーなど出ていますが順次対応しております。この度はご迷惑をおかけいたしますが今後とも宜しくお願いいたいます。

無料コミックス表紙一覧、毎日自動更新しています。

毎日、無料漫画(楽天kobo)の情報を更新しています。書店の平積み感覚で表紙を見ながら無料でまんがを読むことができます。

さっと見渡して気になる作品を無料ですぐに読める感覚は非常に面白いです。是非、一度お試しください。

過去14日分までさかのぼって閲覧できます。

期間を過ぎた表紙は自動的に消えます。
まれにシステム上の問題で過去の日付に新しい無料まんがが入ってくることがあります。
1週間に一度程度、表示されている全ての表紙をざっと見ていただくと見逃しがありません。

楽天koboさんの無料まんがの情報を利用しています。
現在(2017/08/15)傾向としては木曜日に新しい無料コミックスが登録されることが多いです。

スマートフォンでもご覧いただけます。
表紙が2列で表示されます。

コミックス無料リストはこちら

無料の電子書籍コミックの一覧を作りました。

電子書籍の場合多くのまんがが無料になっています。
3巻まで試し読み無料みたいなものです。
これは結構気になっているけど、まだ読んでなかったという作品があったりしてお得なのですが意外と見逃します。

そこで楽天koboさんの無料まんがを一覧で表示するページを作成しました。
新刊表紙一覧(https://mangabito.com/newbook/new_comics.php)と同じように
表紙をずらっと並べましたので直感的に読みたいマンガを選ぶことができます。
一度使ってみるとわかりますが意外と10冊、20冊と読みたくなるタイトルが見つかります。
更新は週一回木曜日が多いようです。14日分表示していますので週に一回程度見れば見逃しはないと思います。

コミックス新刊表紙一覧はこちら
(アフィリエイトリンクです。)

他の書店さんの無料情報ページも作って欲しい、こんな風にページを改善してほしいなどありましたらコメント欄に記載ください。できることはがんばります!

作家募集について

e-book事業をはじめました

当社では新しい会社の柱としてebook出版事業をはじめました。ぼくは以前からamazonの個人出版サービスであるKDPを使って自分で書いた本を売ったりしていたんですが、この度、他のe-bookストアの販路が開きましたので、出版社として本造りを行っていくことにしました。

なぜ出版?なぜe-book?

e-bookは普通の紙の書籍に比べてまだまだ数が少なく不足しています。様々なストアで本を検索しても目当ての本がないことが頻発する状況です。ようするに本の供給不足です。ここに「ビジネスチャンスあり!」と見込んで進出することにしました。

また、本は一度作ってしまえば未来永劫(大げさ?)残るものなので、やり甲斐があるとも感じます。1000年残る仕事がしたいじゃないですか。

誰でも書けるのか?

まず最初に言いたいのは、当社で出版すれば誰でも国内の主要e-bookストアに書籍を並べられます。まあ、これは販路を持ってれば当たり前の話ですね。とはいえ、なんでもかんでも出版はできません。やはり、ある程度のレギュレーションはあります。

公序良俗に反しないこと
第三者の権利を侵害しないこと

主にこの二つは守る必要があります。まあ、当たり前ですね。 あとは、普通にブログを書くような感覚で書いていただければ問題ありません。ボリュームは最低1万文字くらいはほしいです。このサイトで言えば一つの漫画レビューが500文字~1000文字くらいなので、10記事から20記事分くらいです。

ほぼ100%作家になれる?

なれます。どうしてかというと、当社で出版できるレベルまで一緒に本造りをするからです。「できるまでやる」そういうやり方です。ただ、このやり方は当社側の手間がかなり掛かることも予想できます。作家さん100人くらいまでは、「ほぼ100%出版」を続けたいと思っています。限界がくるまでやります。

何を書くか

もともとブログなどを書いている方は、そのブログのテーマに沿ったものでもいいですし、ペットなどを飼っている方は、ペット写真集などもできます。神社仏閣が趣味なら、そういったウンチク本だったり、ちなみにぼくが書いた本は下記です。

漫画を無料で全巻読む方法。全ての漫画は無料で全巻読める可能性がある。

ネット通販成功のための10の秘訣 僕が月商2億円のネット通販ショップを0円から作り上げる過程で気が付いた重要事項

漫画の名言でモチベーションを好きなだけ上げる。君が少年漫画の主人公のように生きるための本

10分で読める。文章が劇的にうまくなる本

ネット通販で成功するための50の心得【前編】 -出荷・倉庫編- -仕入れ編- -組織編- -サポート編-

ネット通販で成功するための50の心得【後編】 -経営編- -デザイン編- -メルマガ編- -販促編-

趣味や、今までの仕事の経験から得たもので執筆しました。作家様がお持ちのちょっと変わった経験などがあれば本にしやすいです。思いつきの企画でもいいのでメールいただければ、それを一緒に育てていくこともできます。

費用は一切かかりません。

これは自費出版の勧誘ではありません。著者様から費用をいただくことはありません。印税をお振り込みするさいの金融機関の手数料(数百円程度ですが)だけ、著者様にはご負担いただきます。そのぶんが差し引かれて入金されます。

印税は?

当社規定の印税(売上の10%)を支払わさせていただきます。 印税がどのくらいになるかというところですが、ぼくの本を例えにすると月々数百円~数千円、多いときは1万円を少し超える程度です。これは本によって全く異なりますので一概には言えませんが、「一攫千金ウハウハだぜー」「秒速で富豪」ということは、まずありえません。

まだまだ発展途上のマーケット

金銭的な見返りは1冊あたり月に数千円いけば結構すごい。くらいの感じで考えてください。まだまだ電子書籍マーケットは成長途中です。

自分の文章にお金を出す人がいることが嬉しい

面白いのは自分の本が、少しづつでも売れていくことです。自分の文章読みたさにお金お払う人がいるというのは、なかなかに嬉しいものです。

毎日ブログを書くような感覚で月に1冊出せる

1万文字程度の書籍なら、毎日1時間から2時間ていど執筆していただければ月に1冊発売できると思います。一度書いてしまえば、その本はずっと販売を続けられますから、月に数百円でも数千円でも継続すれば、それなりの金額にはなってきます。ケータイ電話代くらいは払えるようになります。

ちなみに下記の書店に並ぶ可能性があります。

主な書店
iTunes株式会社
アマゾンジャパン株式会社
株式会社アムタス
エヌ・ティ・ティ・ソルマーレ株式会社
株式会社NTTドコモ
株式会社NTTぷらら
株式会社紀伊國屋書店
Kobo Inc.(楽天)
株式会社サイバーエージェント
シャープ株式会社
株式会社セブン&アイ・ネットメディア
株式会社東芝

*50社以上の電子書店に並ぶ可能性があります。
*書店様の判断がございますので、全ての書籍が全ての書店に並ぶわけではありません。

ということで、興味がありましたら連絡ください

下記のお問い合わせフォームからご連絡ください。

作家になりたいです!だけでもいいですし、こんな企画どうですか?だともっと助かりますし、原稿ありますだと、1ヶ月以内には書店に並べられます。

 

[contact-form-7 id=”4678″ title=”コンタクトフォーム 1_copy”]