漫画を電子ブックで読むならkoboかキンドル(Kindle)どっちがいいか?

電子書籍で漫画を読む クーポン充実の楽天kobo

実のところわたしは最近koboの電子書籍(ほぼ漫画)を良く買っています。
理由は割引クーポンの存在です。30%引きは良く来るし50%引きなんてのもある。
また出版社別で70%なんてのもあったのでついつい買ってしまいます。

無料が充実Amazonキンドル(Kindle)の場合

キンドルは無料本が充実しています。無料本のコーナーを毎日見ていると結構楽しめますね。
『黒子のバスケ』が5巻まで無料と言うこともありましたし暗殺教室1巻無料という事もありました。
漫画の無料サービスはどの電子書籍ショップでもやってると思いますがキンドルは使いやすくついつい無料で購読してしまいますね。

結論として

どちらも専用端末は必要ないので、koboとキンドルを両方利用すればいいと思います。
わたしの場合は買うのはkoboで割引クーポンが来た時で普段はキンドルの無料漫画を楽しんでいるという感じです。

漫画以外の書籍を買う場合は割引クーポンを気にしないでキンドルで買う場合が多いですね。
わたしが買う漫画以外の本はビジネス書が多く、今読みたいという事が多いのでクーポンを待てないんですね。
漫画に関しては欲しいものをリスト化しておいて楽天koboのクーポンを利用して買っています。
漫画の新刊は待てるのか?という話はありますが、実のところ新刊でタイミング的に値引きがない場合は電子書籍と紙の書籍で価格差がないか僅かな価格差なので紙の書籍を買ってしまいます。
また新刊の発売が電子書籍のが遅い場合が多く発売日近辺に欲しい場合は紙で買う選択肢が圧倒的に強いです。

読書端末は何が良いか?

koboもキンドルもiPhoneでもiPadでも読めます。koboのアプリは初代のiPadではiOSのバージョンの問題で使えませんので要注意。
とはいえ現在では使っている人は少ないでしょう。(わたしは使っているのでプチ困っている)

一番のおすすめはiPadです。液晶画面の反応もよく画面も美しいので読みやすいです。
9.7インチのフルサイズのiPadが一番いいと思いますがiPad miniも漫画を読むにはいいみたいです。わたしは持ってないので欲しいです。
7インチのアンドロイド端末も試してみました。koboアプリを入れたのですが数年前のモデルなので動きが遅くてページめくりがぎこちなくちょっとつらかったです。

また私はkobo gloというE inkの端末を利用しているのですがE inkの特性上ページをめくる度に画面がリフレッシュするので目が疲れます。
リフレッシュと言うのは一度画面が真っ黒になる現象です。目がチカチカしてしまいます。
個人差はあるかと思いますので慣れる事が出来る人もいるかとは思いますが。
普通の本を読むにはページめくりの頻度が少ないのでそれほど気にならないですしリフレッシュを6ページに一回に出来るので、そこも問題ないです。軽くて充電も長持ちするのでそこはe-ink端末の魅力があります。

したがって漫画を読むならE ink端末は避けた方がいいでしょう。
個人的には画面サイズは7インチあれば十分だと思います。

選択肢としては

アンドロイド7インチ。2013年発売くらいまでか。あまりスペック低いとモッサリでストレス。
iPadシリーズ。電車の中では大きい思いとかあるか。iPad miniならいけるか?店頭で持ってみて想像してみよう。

漫画端末なら上記の2択かなと思います。

 

電子書籍ストアの一覧まとめ

電子書籍ストアをまとめてみました。それぞれの紹介文は各社のウェブサイトからの引用です。

BOOK☆WALKER

ライトノベル・コミック・文芸書など話題の電子書籍を販売中!

独占配信も!
ライトノベルの人気レーベル、熱烈なファンを持つコミック、話題のメディアミックス原作などを中心に、新書、実用、ゲーム関連本等、ユニークなラインナップが自慢。店頭では見つかりにくい「お蔵出し」も充実していく予定です。お楽しみに!

出版社直営
BOOK☆WALKERは出版社直営。だからどの電子書店よりも早く読めるライトノベルやコミック、文芸作品がいっぱい! 紙の本との同時発売も徐々に増えているので、フレッシュな電子書籍をたくさん読めちゃいます。

マルチデバイス進化中
BOOK☆WALKERの会員登録をしていれば、PCストア、Android版、iOS版のいずれかでご購入いただいた電子書籍が、ほかの端末でも読むことができます。また、一度購入した電子書籍はいつでも無料で再ダウンロードできます。

http://bookwalker.jp/pc/

—————————————————–

 

アップルストア

iBooks。まったく新しい読書をしよう。
iBooksとその様々な最新の機能が、あなたをますます本の虫にします。App StoreからiBooksアプリケーションをドして、あなたのiPhone、iPod touch、iPadのライブラリをiBookstoreの本でいっぱいにしましょう。いろいろな場所へいろいろな本を、紙の本より簡単に連れていけます。読みたくなったらデバイスを取り出すだけ。今度はiBooksがすぐにあなたを物語の世界へと連れていきます。

http://www.apple.com/jp/apps/ibooks/

—————————————————–

 キンドルストア

豊富な品揃え
Kindleストアでは『光圀伝』、『ツナグ』、『テルマエ ロマエ』シリーズなどをはじめとした最新のベストセラーやコミックなど、数万冊の豊富な品揃えをご用意しています。

1万冊以上の無料タイトル
太宰治や芥川龍之介をはじめとした過去の作品を無料でダウンロード。不朽の名作を好きなだけ楽しめます。

冒頭部分を試し読み
本の最初の章や冒頭部分を無料でダウンロードして、ご購入前にしっかり内容を確認できます。
本を低価格で
多くのKindle本は、通常の本よりもお安くお求めいただけます。

好きなスタイルでいつでも読書
購入したコンテンツはお好きな読み方で。Kindle本はKindle上だけでなく、Kindle無料アプリを使ってiPhone、iPadやAndroid端末でも読むことができます。

http://www.amazon.co.jp/Kindle-

—————————————————–

グーグルブックス

New! Google Play で書籍を購入

世界最大級の eブックストアにアクセスして、ウェブ、タブレット、携帯端末、電子書籍リーダーで手軽に読書を始めましょう。
http://books.google.co.jp/

—————————————————–

ebook japna

お気に入りの本を、好きな場所、好きな端末で
電子書籍 100,000冊以上のラインナップ
専用ブックリーダーにダウンロードして簡単読書
eBookJapanなら無期限で読める、オフラインでも

http://www.ebookjapan.jp/ebj/

—————————————————–

ガラパゴスストア(シャープ)

GALAPAGOS STOREは、電子書籍を通じ書籍に親しみやすい環境をご提供する事で、日頃から良質な情報・知識・娯楽に触れられる、より良いライフスタイルに役立つサービスを目指しています。高精細・高画質化・高機能化が進むデジタル機器と共に、一人一人の生活価値向上に貢献すべく、進化を続けて参ります。

http://galapagosstore.com/

—————————————————–

SONY ReaderStore

読み方を自由に選べる、ソニーの電子書籍”Reader”
お気に入りの本が、いつでも探せる。
好きなときに、好きな場所で、好きな読み方で楽しめる。

Reader Storeなら、1度購入した本は、ずっと(※)、何度でも、様々なデバイスで読書を楽しめます。
Reader Storeの購入履歴にアクセスすれば、自由にコンテンツをダウンロードできます。本が増えても、部屋のスペースを気にすることはありません。途中まで読んだ本の続きを、家に帰ってから別のデバイスで読めるシンク機能も付いています。
※一部、ダウンロード期間制限のあるコンテンツもあります。

毎週500~1,000冊入荷。充実のラインナップ
Reader Storeでは毎週約500冊~1,000冊を入荷。和書取り扱い冊数が88,000冊を超え(2013年4月現在)、ますます充実のラインナップです。

http://ebookstore.sony.jp/

—————————————————–

 楽天Kobo

電子ブック楽天<Kobo>は、世界190カ国900万人以上から愛用される電子ブック
誰にでも使いやすい1台から、読書の楽しみが広がってゆきます。

http://kobo.rakuten.co.jp/introduction/guide/

—————————————————–

紀伊國屋書店Kinoppy

《コンセプト》
1927年に創業以来、紀伊國屋書店は一貫してお客様の読みたいと言う気持ちに応えるべく邁進してまいりました。
書店はお客様と本との出会いの場。お陰様で国内は元より、海外でも日本文化の発信拠点としてご好評頂いております。

時代と共に書物を囲む環境も変化致しました。弊社ではインターネットの可能性と利便性に着眼、1996年にネットショップサイトBookWebを開設し、リアル店舗と連携しつつお客様に国内外の書籍、雑誌をお届けしてまいりました。

そして電子書籍。
書物の理想形は紙なのか電子なのか、様々な声が聞かれます。
しかし原点にあるのは著者や出版社の皆様の、「表現したい、発信したい」と言う気持ちと、読者であるお客様の「読みたい」と言う気持ち。

紀伊國屋書店は本との新たな出会いの場として、電子書籍サービス「Kinoppy」を開始致しました。

時代に合わせて変わるべきもの、変わってはいけないもの。
「読みたい」、そんな気持ちに応えたい。
紀伊國屋書店は「読む」人を応援します。

http://k-kinoppy.jp/

—————————————————–

BookLive

BookLive!(ブックライブ)は、凸版印刷グループの電子書店です。
東芝、日本政策投資銀行、日本電気、三井物産の出資を受け、日本最大級の電子書籍配信サービスを行っています。

電子書籍ストアBookLive!へようこそ!
BookLive! (ブックライブ)は、国内最大級の電子書籍ストアです。購入した本は、クラウド上のあなたの本棚に保存されるので、お持ちのスマートフォン、タブレット、パソコンで、いつでも手軽に読書をお楽しみいただけます。

ご利用は、【無料会員登録】と【専用アプリをダウンロード】するだけ。
BookLive!でデジタル・ドクショをお楽しみください。

http://booklive.jp/

—————————————————–

 

読みたい漫画を無料、出来る限り安く楽しみたいなら、この順番でトライしていきましょう。お得に漫画を読むための8つの方法。

漫画を無料、あるいは、出来る限りお金を使わないで楽しむ方法をまとめました。

主に漫画を読む方法は下記の8点です。

①友達に借りる
②図書館で借りる
③立ち読みする
④貸本サービスを利用する
⑤漫画喫茶を利用する
⑥古本で買う
⑦新刊を買う
⑧電子書籍の無料サービスを利用する

上記の手段を、お金のかからない方から順番に説明します。 また読みたい漫画が決まっている人を対象に紹介します。 したがって「⑧電子書籍の無料サービスを利用する」はオマケです。

何か面白い漫画を無料で探したいという方はこちらをご覧ください。

①友達に借りる

学生の頃は定番の手段。
社会人だったら漫画を会社に持ってきて貰ったりするのは結構大変です。しかしヒット漫画であれば、社内にかなり高い確率で持っている人がいます。 少年ジャンプや少年マガジンの漫画であれば借りれる確率はかなり高いでしょう。

しかも漫画は読み終わった後に感想を話したいモノ。 その漫画の話で盛り上れるので実は貸すほうも楽しいです。 ワンピースONE PIECEとか全巻読みたいなら多分これが一番。 絶対に誰かしら仲良しの人が持ってるはず。 普通は5冊くらいずつ貸してもらうと思いますので、返すたびに 自分の漫画コレクションからオススメの1巻を貸して上げましょう。 これを繰り返すことによってお互いの漫画コレクションを共有できます。 まさに小学生のように!

これで駄目なら「②図書館で借りる」を試してください。

②図書館で借りる

最近の図書館にはwebで検索、予約が出来るサービスがあります。 ワンピースの様な人気漫画は予約が一杯でかなり待つ ケースが多いですが、少し古い漫画だと大抵すぐに借りれます。

問題点は漫画の蔵書が少ないところ。手塚治や藤子不二夫など大御所の作品は揃っている図書館が多いようです。 「お住まいの市区町村名+図書館」で検索すれば、直ぐに図書館のサイトにいけます。 図書館の凄いところは予約して待てば「必ず借りられる」事です。 これで駄目なら「③立ち読みする」嫌なら「④貸本サービスを利用する」をご覧ください。

図書館の利用方法は下記リンクで更に詳しく解説いたしました。
リンク:漫画を無料で読む方法 図書館編 今図書館はネット通販さながらに使える!https://mangabito.com/column/20140511-mangawomuryotosyokan/

③立ち読みする

ブックオフで立ち読みする。(よく見たら店頭に立ち読みお断りと書いてありました。禁止の書店では立ち読みはやめましょう。追記:2014/4/20)
ブックオフは立ち読み当たり前の雰囲気なので気兼ねなく立ち読みできます。 下記で店舗を探せます。 http://www.bookoff.co.jp/shop/(外部リンク) 大阪のジュンク堂も漫画が立ち読みできる様ですが読みやすい雰囲気かどうか、言ったことないので分かりません。 5冊くらいなら首は疲れません。

ここから下は、有料の方法です。といっても実際に買う事に比べれば1割~3割程度の出費で済ませる事が出来ます。 10倍から3倍の漫画が読めるという事ですね!(手元に漫画が残る方法もあれば、そうでない方法もあります。)

④貸本サービスを利用する

これは有料な方法です。しかし激安です。 ツタヤやGEOなどが貸本サービスを行っています。それを使えば相当安く読めます。 近くに店舗がなければ郵送でレンタルもしてくれます。

では、いくらくらいかかるのか?
一冊45円からです。 古本で買ってしまう手もありますので、そこは比較する必要があります。 後述しますが少し古い本なら古本は一冊100円のケースが多いです。

貸本サービスで 一番安いのはDMMです。

一冊45円からです。 進撃の巨人(現在10巻)を借りて450円です。 返却料と送料で840円なので、ある程度たくさん借りないと損な感じにはなります。 レンタル期間が14泊15日(25冊以上の場合は20泊21日)と非常に長いので、 一回で沢山借りると良いと思います。30冊借りた場合は一冊あたり28円が送料負担となります。 レンタル料金と合計すると1冊あたり73円です。これは漫画喫茶に匹敵するか超える安さです。 DMMの貸本サービスへ(外部リンク)

次はツタヤです。

ツタヤのレンタルコミックサービスへ(外部リンク)

価格は一冊あたり150円で10冊から送料無料、15冊から一冊あたり120円とちょっと複雑です。

ツタヤの料金表はこちらへ(外部リンク)

コンビニ返却なども出来るようなので便利な場合もあります。

GEOもコミックのレンタルを行っています。

料金体系などは一番分かり易いので使いやすいかもしれません。 1冊135円~で送料は無料です。からくりがあって、借りる単位が十数冊のパックになっています。 また巻数が少ない物は一冊あたりの価格に送料が乗っているようです。 ただ分かり易いのは間違いないので使いやすいと思います。 GEOのレンタルコミックサービスはこちらへ(外部リンク)

料金などが記載されている利用案内 GEOの利用料金等の情報はこちらへ(外部リンク)

ゲオやツタヤの店頭でレンタルコミックを扱っている場合もあります。 価格は1冊80円くらいです。もし最寄にある場合は借りに行くのが一番簡単で安いかもしれません。

⑤漫画喫茶を利用する

地域差があると思いますが、価格の相場は15分100円前後です。 したがって15分で1冊読めるなら100円で1冊読めたことになります。 1冊あたり30分くらい時間が必要な人は、借りるか古本を買う方が得です。 しかし漫画喫茶は新刊に強いです。 レンタルだと貸し出し中で結構待つ事が多かったり、古本だと新刊は高いです。 後述しますが新刊は漫画喫茶が一番気軽で強いかもしれません。

こちらで全国の漫画喫茶一覧を見ること出来ます。 全国の漫画喫茶一覧はこちらへ(外部リンク)目当ての漫画があるか、電話してから行ったほうがいいと思います。 意外と無い場合もあるので。

漫画喫茶のデメリットは時間制限があるので慌てて読むため、 没頭し難い事です。

⑥古本で買う

場合によってはレンタル並みの価格で買うことが出来ます。 人気の無い、ある程度古い漫画はかなり安く買うことが出来ます。 連載中のマンガや人気漫画は安くは変えないですね。1冊あたり300円以上する事もあります。 オススメはブックオフオンラインのオトナ買いコーナーです。 全巻セットで出てきますが持っている巻を外す事も出来ます。 また、在庫が無い場合は新品でも用意してくれるので楽です。

ブックオフオンラインはこちらへ(外部リンク)

ためしに「20世紀少年:浦沢直樹」を検索してみました。 21世紀少年とセットで全部で24冊ですが、税込み2,525円でした。 一冊105円です。1500円以上送料無料なので、送料無料です。 これだと漫画喫茶やレンタルよりも買った方が良いでしょう。
ブックオフオンラインでの検索結果(外部リンク)(2013. 7.18の時点です。)

下記に幾つか古本のオススメショップをリストします。 買う前に比較したほうがいいと思います。 数千円違うなんて事は良くあります。

全巻漫画.com(外部リンク)

ネットオフ(外部リンク)

amazon?(外部リンク)

全巻 古本 作品名で検索すると簡単。

⑦新刊を買う

これは安くとも、お得でもないのでコレクション用なら。 新刊を買って直ぐに売るという事をしている人もいます。 人気コミックの最新刊なら250円~350円という買取価格が付くこともありますので、 200円~350円で読めるという場合もあります。

⑧電子書籍の無料サービスを利用する

この項目に関しては読みたい漫画を無料で読むという感じではないので特定の読みたい作品がある方には向きません。

様々な会社がパソコンやスマートフォンで無料で読める漫画を提供しています。 ただ対象の本は限定されていて、無料の中から選ぶという感じになります。

絶版本などが広告付きで読めるサイト
燃えるお兄さんとか読める。読みたい本があったら一番簡単。作品数が少ないのが残念。 「ラブひな」の作者の赤松健氏が運営しているので、「ラブひな」が読める。
Jコミ(外部リンク)

出版社が無料で提供するサービスもあります。
ガンガンオンライン(外部リンク)

アプリのインストールがあったり、会員登録が必要だったりと面倒なことが多いです。 前述の「Jコミ」と「ガンガンオンライン」は違うのですが、最終的に有料になるサービスが多いのも特徴です。

無料コミックス表紙一覧、毎日自動更新しています。

当社で楽天koboの無料コミックスの表紙をまとめたページを作成しました。こちらもご利用いただけます。

コミックス無料リストはこちら

—————

まとめ

では、結局何がいいの?

これは読みたい漫画によります。 例えば現在連載中の人気漫画の場合は、

①友達に借りる。がベストです。

だめならこの二点です。↓

④貸本サービスを利用する。
⑤漫画喫茶を利用する。

お金がなくて根性があるなら、③立ち読みする。でもいいです。

現行の人気漫画は古本では高いのでオススメできません。 図書館では待ちすぎるので可能ですがオススメできません。

最新刊が出たら漫画喫茶がオススメです。 近所にGEOやツタヤがあって貸本が利用できるなら、 それもいいと思います。

一気に読むときは下記4つの方法がオススメ。

①友達に借りる
③立ち読みする
④貸本サービスを利用する
⑤漫画喫茶を利用する

最新刊を読むなら、下記2点がオススメです。

④貸本サービスを利用する
⑤漫画喫茶を利用する

次に、少し古い漫画、あるいは人気の無い漫画。 この場合は、下記4点が中心的な手段になると思います。

②図書館で借りる
④貸本サービスを利用する
⑤漫画喫茶を利用する
⑥古本で買う

友達に借りたいところですが、持ってなかったり実家にあるとか、 いろいろと借りるのが難しいパターンが多いと思います。

②図書館で借りる
結構あります。無料だし、家でゆっくり読めるのでまずは検索。

④貸本サービスを利用する
⑤漫画喫茶を利用する
⑥古本で買う

上記3つの手段で言うと、まず古本で検索したほうがいいです。 1冊の単価が150円以下だったら、買ってしまったほうが楽で、 そのほかのサービスと比べても価格はほとんど変わらないです。

次に、漫画喫茶です。最寄の漫画喫茶に電話をかけて目当ての漫画が蔵書してあるか 必ず確認しましょう。

最後にレンタルコミックです。 回転のいい作品以外は在庫が少なく借り難いですが、 調べてみましょう。

最後に一つ例を。

藤子F不二夫の少年SF短編、異色SF短編を最近全部読みました。 8つの手段で一つ一つ当てはめてみると

①友達に借りる→持ってる同僚が居たが、そこそこレアな本なので借りるのは遠慮した。
②図書館で借りる→予約可能だった。2週間ほど待ったが全て借りれた。
③立ち読みする→流通していない ④貸本サービスを利用する→一部しかない。送料がかかるので新品買うのと変わらない。
⑤漫画喫茶を利用する→最寄の漫画喫茶においてない
⑥古本で買う→プレミア付いてて全然安くない
⑦新刊を買う→買える。定価。
⑧電子書籍の無料サービスを利用する→ない。

という事で、図書館で借りて読みました。

藤子・F・不二雄大全集 少年SF短編の1~3とSF・異色短編1~4の7冊です。 新品を買えば、1冊1,680円なので、11,760円です。

この様に、無料、あるいは激安で読みたい漫画を読む事が出来ますので、 是非トライしてみてください。

 当記事が役立った方は↓のボタンでシェアをお願い致します。