「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」を楽しめたら非リア充ほぼ確定 感想 レビュー

喪女の女子高生による悲しくても笑える学園漫画

学園漫画の多くはラブロマンス系やスポ根系の漫画といったありふれたジャンルだが、その中でも喪女(モテない女)に焦点を当てたのがこの漫画です。中身もですが、タイトルからして明らかに他の学園漫画とは異なります。ストーリーは喪女の黒木智子(通称もこっち)の非リア充としての日々という設定だが、その努力や勘違いが非リア充の方なら一回でも経験したことあることが多いとおもいます。例えば一人でファストフード店で昼ごはんを食べていたら、クラスの人達がやってきて、いかにバレずに脱出するか試行錯誤したり、体育で二人組を組む必要になった時の辛さなどです。これらに含め、野球の全校応援や修学旅行などのイベントも発生し、喜怒哀楽のもこっちを楽しむことが出来ます。

アニメ化やフィギュア化して案外もこっちモテている。

そんな非リア充の気持ちを代弁してくれるこの漫画はアニメ化もされ、映像でももこっちの悲惨さを楽しめます。そして、フィギュア化もされているため、案外もこっちモテ始めているように思えます。もちろんフィギュアもリア充を妬んでいる顔や日頃のどんよりとした顔なども再現されています。そして、ついに他のアニメでもなかなかないプロ野球チームであるロッテとのコラボも果たしました。これは作者がロッテファンであることや、作中に出てくるもこっちのライバル小宮山琴美の異常なロッテ知識の多さが話題になったために実現しました。コラボ用の漫画では、小宮山が恐ろしいほどのロッテ知識を言いまくりもこっちや友人はついていけていません。

続々増えてくる愉快な仲間たち

もちろん高校入学当初はリア充デビューした中学の時の同級生の成瀬優や先程も紹介した小宮山しか友人がいませんでしたが、後々のイベントにより様々な人と関わることんあります。無茶振りをしてくるクラスの教師やクラスの中で唯一喋りやすい根元、ヤンキーの吉田、もこっちに怯えまくる絵文字顔のうっちーなどの愉快なキャラクターがさらに漫画を楽しませてくれます。またもこっちにはイケメンの弟がおり、姉弟で繰り広げられる会話も学校生活とはまた違った面白さがあります。ちなみに、スピンオフとしてもこっちの中学時代の漫画もあり、どうやってもこっちと成瀬優、小宮山は知りあったのかといった疑問を面白おかしく解決することが出来ます。

リア充には分からない世界観。

以上のように、この漫画は非リア充の非リア充による非リア充のための漫画ということができる。高校生の頃には友人に溢れ、恋人作って、部活を楽しんでいたリア充高校生経験者には絶対わからない面白さと極端だけどいえます。しかし、こんなもこっちみたいなモテてはないけど憎めない存在ってクラスに一人はいたような気がします。高校で恋人作れず、友人もそんなに作れなかった悲しい青春を過ごしたかたは共感しながら楽しむことが出来、先程も述べた青春を謳歌したリア充は「こんな悲惨な日々だったのか」といった新たな高校の捉え方を学びつつ楽しめます。是非この機会に単なる学園漫画に飽きた方や少し変わった漫画を読みたい方は読んでみることをおすすめします。

るろうに剣心は難しいテーマに挑戦 感想 レビュー

作品の舞台設定と登場人物

るろうに剣心は、従来の少年漫画、とくに少年ジャンプで多く見られる設定から外れる作品でした。まず、舞台設定です。多くの少年漫画が、架空の世界や現代、近未来を舞台としています。過去の時代であっても、比較的最近の時代であるか、戦国時代などが多く、明治時代という設定は珍しいと思いました。また、主人公や登場人物のキャラクター設定も、従来の少年漫画の多くは、10代の少年少女を主人公とすることが多いのに対し、20代後半の主人公という珍しい設定です。他の登場人物においても、年齢層が高く、人生経験も豊富である点が特徴です。従来の少年漫画では、人生経験が浅く未熟な主人公が、経験を積んで成長するというストーリーが多いのに対し、かなり珍しい設定だと思いました。

贖罪という重いテーマ

この作品の大きなテーマに、過去の贖罪というテーマがあります。幕末から明治維新にかけて、登場人物がそれぞれ自分の信念に従って行動したことに対し、明治時代になってもその責任を負うという重いテーマです。これも少年漫画では珍しいテーマで、週刊少年漫画のエンターテインメント性と両立するのは難しいことに挑戦した作品だと思います。人生経験を積むと、自分の人生において、各場面で後悔のないように最善の選択をしたつもりでも、後になると、色々と問題に直面し、その責任を取らなければならないこともあります。かといって、現実問題、完璧で最良の行動をとることは不可能です。なぜなら、人間社会そのものが歪んでいるからです。人生経験の浅い読者にも、その歪んだ社会を生きる辛さを提示した作品かもしれません。

絶対的な正義と相対的な正義

少年漫画では、「正義」のために戦うという作品が多くあります。多くは、主人公の側が絶対的な正義であり、敵が絶対的な悪であるという、単純な図式です。しかし、この作品では、主人公の剣心は、明治政府を作った維新志士という設定です。歴史上は「正義」といえるかもしれませんが、絶対的な正義ではありません。明治維新の過程で、赤報隊のように切り捨てられた人々も多くいることを作品の中で描いています。そして脇役に、その赤報隊や新撰組の生き残りを登場させることで、維新志士でさえ絶対的な正義でないことと示しています。歴史において、正義とは常に相対的であり、それはすべての人の人生にもつながることです。自分が良かれと思って行動したことでも、立場や考えの異なる人にとっては、そうではないのです。

ストーリー展開について

この作品は、作者によると、最初は女性読者の反響が多かったそうです。歴史を舞台にしていることから、いわゆる歴史好きの歴女の興味をひいたこと、絵柄がきれい(かわいい)ことが影響しているかもしれません。また、贖罪などの人間関係を中心としたストーリーであることも関係しているように思います。しかし連載が続くにつれて、少年漫画にありがちな修行やレベルアップ、バトルのシーンが増え、男性読者が増えたそうです。しかし、他の作品のように、戦う理由が単に「強くなりたい」という理由ではなく、自分の信念であるとか、過去の行動の贖罪のためであるという点が、やはり異色です。そして、重いテーマにもかかわらず、なるべく多くの登場人物を救い、前向きに生きるラストにつなげたのは、偉大な作品だと思います。

ただのギャンブル漫画とは言わせない別格の青年漫画 嘘喰い 感想 レビュー 

嘘喰いとはどういう話なのか

冴えない青年梶隆臣はパチンコ店で斑目獏という男とひょんなことから知り合うことになる。最初は梶の借金返済を手伝うなどいくつかのトラブルを片付けてくれるすごい人と思っていたが、彼が「嘘喰い」と過去に呼ばれていたこと、ギャンブルを取り仕切る「賭郎」という組織を梶は知り、その後次第に裏社会のギャンブルへ巻き込まれていくというのがこの漫画のストーリーです。簡単にジャンル分けをするといわゆるカイジやライアーゲームのようなギャンブル漫画というジャンルに入りますが、この漫画で出てくるゲームの多くがオリジナルであり、様々な工夫と単純なゲーム内容のため案外友人と出来てしまいます(もちろん実際にお金を賭ける行為は辞めましょう)。

ギャンブルの近くに暴力あり

さて、先程も言ったとおりこの漫画はギャンブル漫画ですが、他のギャンブル漫画と比べ全く異なることがあります。それは暴力シーンが多くあることです。他の漫画では心理戦だけがメインですが、実際裏社会においてギャンブルだけで決着がつくのでしょうか。改めて考えるとそんな簡単にはいかないはずです。必ずギャンブルには暴力が影を潜めているのです、漫画の中でもギャンブル負けたのに読んでおいた不良どもを使って主人公たちを襲おうとするシーンがあったり、主人公の仲間と個性豊かな敵がギャンブルの結果をめぐって戦ったりしています。その格闘シーンも読んでいる側をハラハラさせており、少しグロテスクなシーンもありますがそこがさらに格闘のリアリティを演出してくれます。

お気に入りはどれ?「賭郎」と「立会人」

この漫画において切っても切れない存在がギャンブルを取り仕切る組織「賭郎」です。詳しく言うと、賭郎会員達のためにギャンブルを提供したり、そのギャンブルが公平かどうかを見守ったり、不正者を粛清する組織です。その中でもギャンブルを見守ったり、進行役をするのが「立会人」と呼ばれる頭脳明細、並外れた格闘技術を持つ人々です。ギャンブルごとに様々な「立会人」が現れており、「立会人」一最強と呼ばれる夜行妃古壱や車いすの能輪美年、やる気無さそうな弥鱈悠助など沢山個性豊かな「立会人」がいます。また、「賭郎」の仕組みにより「立会人」同士の戦いもあり、これも見どころの一つといえます。一人お気に入りの「立会人」を見つけて、今後どうストーリーに関係していくのかという読み方でも楽しめるはずです。

おまけ漫画なのに不安すぎる

多くの漫画で作者の日常やアナザーストーリーといったおまけ漫画が書かれているパターンがよくあります。それらは本来面白かったり、どんな感じに書いているのかといったことを学ぶことが出来ます。嘘喰いにもそんなおまけ漫画あるのですが、不安定すぎで面白いどころか不安にさせられます。ネタバレになるためきちんとしたことは言えませんが、このおまけ漫画は3つに分かれており、今現在の3つめの漫画は作者である迫稔雄さんの話なので安定していますが、これから初めて嘘喰いを読みつづけようとしている方は最初の2つのおまけ漫画において本当に不安になります。しかし、本編のほうがしっかりと面白いので安心してください。おまけなのに不安になるという不思議な感覚にもこの漫画を読むことで感じられます。

藤原拓海のおかげでAE86はプレミアものに【頭文字D】感想 レビュー

今は少数派ともいえる走り屋達の物語

作者のしげの秀一さんには、これも大ブームとなった「バリバリ伝説」という走り屋を主人公にした作品がありました。こちらはオートバイの世界の話で、これもアニメにもなりました。今では、走り屋という存在自体が一種マニアックな存在となっていますが、マニアックがゆえに輝きをはなつ部分もあると思います。主人公の藤原拓海が乗るトヨタの型式がAE86という車(一般名称ではカローラレビン、トレノ)はその後、中古車市場ではプレミアがつくほどになり、製造元のトヨタでは、昔AE86を乗っていた、あるいは乗りたかった世代を対象にしたその名も「86(ハチロク)」という名の車を発売して、結構は人気をはくしています。若者の車離れが叫ばれてますが、そのうち、また波がくるんじゃないでしょうか。

主人公は無免許運転で英才教育を受けていた

藤原拓海の乗る86のボディーには「藤原豆腐店」と書かれています。そのとおり、彼の実家の豆腐店の配達用にも活躍する車のなのですが、拓海は無免許で豆腐の配達にいかされ、それが実はドライバーとしての英才教育だったのですが、見方によってはクレームがおこりそうな内容だと思ってしまいます。公道を無免許で運転するというのは、勿論、ダメなことはわかりきったことです。いくら、回想シーンで出てくる過去の話とはいえ、本当ならダメなんでしょう、しかも主人公のヒーローがです。しげの先生の実績が許した面もあるのかもしれません。それに、中学生に早朝から毎日毎日豆腐店の手伝いをさせていたというのも、これだけをとらえると涙をさそってしまう物語になってしまいます。しげの先生の巧みな人物設定のおかげでそんなしめっぽさは全くないです。

女の子の果たす役割が以上に少ない

しげの先生の以前の代表作である「バリバリ伝説」では、主人公巨摩郡を支える存在として伊藤歩惟(アニメでは荻野目洋子ちゃんが声を担当)という女の子が出てきて、高校生だった巨摩郡が世界のトップにたつまで寄り添うのですが、今回は、主人公拓海の恋人役として茂木なつきと上原美佳という女の子が登場するがいずれも、拓海の走り屋としてのモチベーションをあげるたり、それを支えていくのに決定的な役割を果たしてはいません。あくまでも、その他登場人物の1人です。ただ唯一なつきちゃんの援助交際をしていたという事実を知った拓海が、怒りにまかせて運転してしまいAE86のエンジンを壊してしまう、それが新しいエンジンへの積み替えとなり次のステップに繋がっていくということだけが、ストーリー上は省くことができないところです。その他には、当然、女の子も登場はするんですが、決定的な役割をはたしていませんから、ほんとに実は硬派な走り屋の物語なんですね。

登場人物がやたらとかっこよくて金持ち

拓海のライバルとして登場する登場人物がやたらとかっこよくて、そして、金持ちなんです、つっこみたくなるぐらい。峠の走り屋を主人公にした漫画ですから、当然、車は必需品で拓海の86などは年代物の方なんですが、その他にも三菱のランサーエボリューションや日産のスカイラインGTR、マツダのRX7と言った効果な車が登場しています。登場人物のうち、実際しっかり自分で稼いでいると思えるのは年配の2人だけで、後は圧倒的に若いです。

拓海のライバルで後に、プロジェクトDとして活動することになる高橋兄弟の愛車は新旧のRX7ですが、彼らは2人とも大学生ですが、大きな病院の御曹司という設定になっています。自分の車のみならずメカニックや情報収集舞台とかを率いて、関東の峠に遠征するんですから相当な出費だったと思います。それを許す高橋兄弟の親御さんの財布は恐ろしく大きいのでしょう。まあ、でも夢があって楽しいですが。でも基本はプロのドライバーなんかも愛読するぐらいだから中身もしっかりしたもんだったんでしょうね。

【レビュー】 ひだまりスケッチ 作者:蒼樹うめ

著者:蒼樹うめ
ジャンル:学園ほのぼの4コマ
特色:学生 美術 女子寮 ほのぼの 先輩後輩 親友

やまぶき高校の門前にあるアパート「ひだまり荘」に入居しているメンバーほのぼの日常ストーリー4コマ漫画です。
 
主人公のゆの、隣部屋の同級生宮子、階下にする上級生ヒロ沙英後輩乃莉なずなの6人が住んでいます。
 
 
ゆの小柄ほんわかした感じの可愛い女の子。
 
宮子天然ボーイッシュな感じの豪快な性格で、ゆののほんわかさを引き立てています。
 
先輩ヒロ料理が得意面倒見がよく、沙英はときどき嘘がつけずおどおどすることがあるものの、みんなのフォローをしてくれるしっかり者です。
 
後輩なずな引っ込み事案大人しく、乃莉思った事をそのまま口に出す実直な性格です。
 
それぞれに同じ学年同志でフォローし合いつつ、先輩後輩らしいやりとりとフォローがほほえましいです。
 
 
個人的には発想が豊かな宮子お気に入りです。
 
積極的な行動力や、豪快さがいいですね。
 
 
アニメにもなっている作品ですので、気になる方はそちらもご覧ください。
 
また、蒼樹氏は魔法少女まどか☆マギカキャラクター原案もされています。
 
こちらはひだまりスケッチとストーリー重さ違いますが、ギャップがあって面白いです。
 
 
年に1冊くらいのペースのため、ちょっと待ち遠しい感じはありますが、ほのぼのしたい方にお勧めです。

この記事は黒羽様の許可を頂いて転載しております。
この記事の作者:黒羽様
転載元URL:黒羽コミックレビュー 
黒羽様の最新の記事は上記URLをクリックください。

 

【レビュー】 週刊少年ガール 作者:中村ゆうひ

著者:中村ゆうひ
ジャンル:学園変SFラブコメ
特色:学園 ラブコメ 変SF ほのぼの? 奇抜

タイトルを見た時はボーイッシュ女の子何かするのかな?と思ったのですが。
 
学園ラブコメが1話で完結するオムニバス形式お話しでした。
 
 
ただ、普通学園ラブコメではなく、何らかの超常現象起きる中でのラブコメです。
 
感情が表に見えてしまうとか、水に溶けてしまう彼氏とか、自分の心をネジで閉めているとか…
 
現象奇抜なのですが、回りがその奇抜さに馴染んでいる反応も、それをさらに悪化させる行動を取るなど、ただでさえ奇抜なのにさらに追い打ちをかける感じです。
 
そこで終わり?今後どうするの?みたいな見捨て感もたまりません。
 
 
少々癖がありますが、奇抜さとほのぼの?と笑える適当さがほしい方にお勧めです。

この記事は黒羽様の許可を頂いて転載しております。
この記事の作者:黒羽様
転載元URL:黒羽コミックレビュー 
黒羽様の最新の記事は上記URLをクリックください。

 

【レビュー】 お気の毒ですが、冒険の書は魔王のモノになりました。 漫画:サイトウミチ 原案:KAKERU

原案:KAKERU
漫画:サイトウミチ
ジャンル:ファンタジー
特色:魔王 制服 権力 財力 知力 実力 才能 怠惰 統率 魔物 アンデット 微エロ 微グロ 微暴力 凌辱

権力、財力、知力、実力、才能を持ち、人材の的確に見抜き、正しく人任せにする怠惰な狂王魔王ヴェルモート13世
 
何もかも満たされているのにまるで満たされない日々に気がつきます。
 
それは、先代魔王から与えられたものすぎないからだと。
 
そこで魔王は自分で作った出来の悪い最強の魔法を使って、地上を征服することを決意します。
 
なぜか魔王をグーで殴っても許されるサラお供に、地上征服していくという物語です。
 
 
単純征服していくだけではなく征服する都市どうするかなどの政治的な部分もあり、なかなか奥深いです。
 
ただの征服ではなく知力を持った魔王恐ろしさが描かれています。
 
 
原案はファンタジーでよくある、勇者や魔王の倒したり倒されたの物語を描くKAKERU氏です。
 
理屈っぽいところはKAKERU氏の十八番なところですが、それをサイトウ氏が漫画で表現するという形でできています。
 
 
中ボスになる人間の兵士達魔王倒していく様を、RPGっぽくイメージして読んでもらえると面白い作品です。
 
多少、性的な描写や残酷な描写、グロい描写がありますので、そういうのが苦手な方は避けてください。

この記事は黒羽様の許可を頂いて転載しております。
この記事の作者:黒羽様
転載元URL:黒羽コミックレビュー 
黒羽様の最新の記事は上記URLをクリックください。

 

【レビュー】 ヨコハマ買い出し紀行 作者:芦奈野ひとし

著者:芦奈野ひとし
ジャンル:近未来
特色:近未来 ほのぼの 日常 ロボット 愛情 出会い 思い 物耽り 衰退 謎

近未来の関東付近のほのぼのした物語が綴られる漫画です。
 
横浜も海の下に沈み、少しずつ海が浸食していますが、大都市ヨコハマも丘の上に移り、ゆったり時の流れる人の街が営まれています。
 
 
なんとなく人類の文明社会が滅びゆく感匂わせる背景ですが、あまりくどい説明などなく独特の間合いがあります。
 
 
主人公の初瀬野アルファ(はつせのアルファ)ロボットですが、ほとんど見た目は女性です。
 
喫茶店「カフェ・アルファ」営みつつ、突如いなくなったオーナーの帰り待ち続け、黄昏の世を見つめ続けます。
 
カフェの近くにはガソリンスタンドを営むおじさんと、タカヒロという少年と、幼馴染の少女真月(まつき)がいて、ゆっくりと流れる時間の中で、アルファ仲良くなっていきます。
 
他にも様々な人との出会いをしながら、ほのぼのとした刻まれていきます。
 
また、謎の女性ミサゴや、ターポンという地上に降りる事が出来ない高高度を飛行する巨大飛行機など、不思議なものも出てきます。
 
 
ほのぼのした漫画ではありますが、時には厳しい自然の猛威があったりします。
 
おじさんタカヒロ真月歳を取っていき、歳を取る事のないアルファさみしい思い感じられうるっとくるところもあります。
 
 
については読者の受け取り方に任されているので、自分なりにしっくりくる解釈に思い耽るのも面白いと思います。
 
 
忙しない世の中で、少し心落ち着けてほんわかしたい方にお勧めの漫画です。

この記事は黒羽様の許可を頂いて転載しております。
この記事の作者:黒羽様
転載元URL:黒羽コミックレビュー 
黒羽様の最新の記事は上記URLをクリックください。

 

【レビュー】 スケッチブック 作者:小箱とたん

著者:小箱とたん
ジャンル:ほのぼの学園4コマ
特色:学園 ほのぼの 部活 個性 ドタバタ 妄想

ほのぼの系学園4コマ漫画です。
 
主人公の梶原空(かじわらそら)は半分無理やり美術部入部させられます。
 
はほとんど吹き出しでしゃべらないのですが、身振り手振り天然ボケ系が面白い女の子です。
 
 
話しとしては学園の日常学生達の日常4コマのんびり綴られる感じです。
 
個性的学生が出てきますので、なんとなくこういう人いたよなぁ、みたいな思い耽ってしまったりしてしまいます。
 
個人的には、自然が好きで動植物の知識が豊富栗原渚(くりはらなぎさ)と、田辺涼(たなべりょう)氷室風(ひむろふう)涼風コンビ漫才お気に入りです。
 
 
細かいストーリーは4コマなので端折りますが、ほのぼの系好きでちょっとずつ読んで軽くクスッと笑いたい方お勧めです。
 
 
アニメ化もされていますので、お時間があればそちらもご覧になっていただければと思います。
 
オープニングの「風さがし」が雰囲気にあっている曲で、今もお気に入りで聴いています。
 
清浦夏実氏が歌っていますが、「狼と香辛料」のオープニングテーマ「旅の途中」も歌っています。
 
ほのぼのした好きな方は、こちらもよかったら聴いていただければ幸いです。

この記事は黒羽様の許可を頂いて転載しております。
この記事の作者:黒羽様
転載元URL:黒羽コミックレビュー 
黒羽様の最新の記事は上記URLをクリックください。

 

【レビュー】 さんかれあ 作者:はっとりみつる

著者:はっとりみつる
ジャンル:現代学園ほのぼのホラー
特色:学園 御嬢様 ゾンビ ホラー 古文書 秘術 蘇生術 ほのぼの 溺愛

たびたびkoboでおすすめに上がっていたので、試しに買ってみました。
 
ぱっと見、ツンデレお嬢系の話しなのかと思ったのですが、そうではありませんでした。
 
 
ゾンビ好きの高校生、降谷千紘(ふるやちひろ)が、ある場所で手に入れた古い書物に記載された秘術を試していることから始まります。
 
秘術、それは蘇生術
 
拾い猫ばーぶを事故で死なせてしまい、その猫を生き返らせることを試しているのでした。
 
ある日、その蘇生術の秘薬を試してるホテル跡の井戸に向かって、御嬢様高に通う散華礼弥(さんかれあ)不満をぶちまけてる現場目撃します。
 
が、気付かれてしまい、秘術の秘薬作っている事を礼弥話します。
 
秘薬を色々と作って試してみますが、失敗に終わります。
 
 
ばーぶの体も腐ってしまうため、翌日ばーぶの葬儀をすることになったのですが、夜中に出歩いていたことを父親が知り、礼弥家に閉じ込められてしまいます。
 
礼弥秘薬失敗したけど毒が入ってるから死ぬことはできると思い、その秘薬飲むのですが、死ぬことできませんでした。
 
父親降谷を去勢するよう指示している事を知り家を抜け出して降谷を助けに行くのですが、父親見つかってしまいます。
 
そこに、蘇生したばーぶが現れ、薬が完成されていた事に気がつきます。
 
ですが、父親がばーぶを追い払おうと鞭を振りおろし、それからばーぶ守ろうとした礼弥崖から転落してしまいます。
 
ばーぶを追いかけて崖下まで来ていた降谷は、礼弥の死体を前に途方に暮れていると、礼弥は起き上ってゾンビとして生き返ります。
 
こうして、ゾンビとなった礼弥姿を保ちつつ、奮闘する日々が始まります。
 
 
内容的にはグロい感じですが、礼弥天然さがその深刻さやわらげていて、なんとなく安心させられます。
 
回りの人達降谷気苦労を気にせず絡んでくるあたり、降谷可哀想で、でも面白い感じになります。
 
 
最初気がつかなかったのですが、「ケンコー全裸系水泳部 ウミショー」や「おとぎのまちのれな」なども描かれている作者でもあります。
 
こちらの作品もほのぼの系ですが、さんかれあとちょっとタッチが違う感じの絵柄です。
 
ほのぼの系好きな人にははっとり氏はお勧めです。

この記事は黒羽様の許可を頂いて転載しております。
この記事の作者:黒羽様
転載元URL:黒羽コミックレビュー 
黒羽様の最新の記事は上記URLをクリックください。