もう現実とキャプテン翼のあいだ 【レビュー】 ファンタジスタ ステラ 第66話

ツインシュート行くのかと思った

今週はFKを本田が蹴るのか近藤が蹴るのかもめていました。
そして結局結論は出ずに、本田はこう言います。

”チキンレースや”

そしてボールに向かって同時に走り出す二人。
なにこれ、翼君と岬君てきな、二人でボール蹴って金色に光りながらユラユラして落ちるやつじゃね?

と思いましたが、実際には本田が蹴りました。
いや、まあユラユラして落ちたのは一緒なんですね。

もう現実とキャプテン翼のあいだ

サッカーに関しては日本はもう強くなってしまったし、読者も本当のサッカーを見慣れているし、なかなかキャプテン翼の時のようにネットを突き破るシュートのような演出が出来なくなっているなと感じました。

しかし漫画である以上現実と同じ程度では盛り上がらない。
そこで現実以上、キャプ翼未満という些事加減が登場するのでしょう。
「ファンタジスタ ステラ」実在人物である本田が登場しますから現実離れした事は作品の嘘くささを出してしまいます。

その辺の微妙なリアリティのコントロールが、この作品の魅力になっているようにも思います。

ファンタジスタ ステラ 第67話 予想

テッペイが全然出てこないですね。意外と来週あたりで前半戦は終わるのかと思います。
スコアは2-1でポルトガルリードで折り返す気がしますね。それでテッペイ、類、本田のファンタジスタ3人で2点とって最終的に3-3で引き分けと予想します。

-週刊少年サンデー 2014年14号 ファンタジスタ ステラ-

””は、小学館「ファンタジスタ ステラ」 作者:草場道輝 から引用

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です