ご機嫌でいる事が何よりも大事 漫画の名言で前向きになる。 【まんがびとの心得】

”これでいいのだ”

天才バカボン バカボンのパパ

ご機嫌というのは人間が生きていくうえで非常に重要なキーワードだ。

機嫌は不思議なもので周囲の人にあっという間に伝染する。
その伝染速度はインフルエンザウィルスよりも遥かに速い。
家族の中に一人不機嫌な人間がいれば30分後には全員発病。みんなで不機嫌になるのは簡単だ。
逆に家族の中に一人でもご機嫌な人がいれば、30分後にはみんな楽しくなってくる。
この法則は職場でも学校でも同じだ。

 

社会は自分の鏡だ。

相手は自分を映しているし自分も相手を映してしまうのだ。

”どっちも自分が正しいと思ってるよ

戦争なんてそんなもんだよ”

ドラえもん

 

賢い人は、まず自分がご機嫌になる。

自分がご機嫌になる事によって周囲をご機嫌にする。

 

類は友を呼ぶ。

 

自分がご機嫌ならご機嫌な人ばかり周りに集まってくるのだ。
想像してみよう、ご機嫌な人に囲まれた、ご機嫌な人生を。

 ご機嫌でいる事が何よりも大事だといつも忘れないでいたい。

”あの少年は、人の幸福を歓び、人の不幸を哀しんでやれる子だ。

人間にとってそれが1番大事なことなんだからね。”

ドラえもん 静香ちゃんのパパ

 

 

””は、講談社「天才バカボン」 作者:赤塚不二夫から引用
””は、小学館「ドラえもん」 作者:藤子・F・不二雄から引用

*まんがびとの心得とは?
漫画の名言を題材にした熱いコラムです。生きるヒント。心の栄養。モチベーションアップをテーマに独自に名言を解釈したコラムです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です